皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 

うつ病のようだ。今まで働いてた会社を退職した場合のデメリットって何

うつ病で会社を辞めるように言われた、自分はどうしたらよいのか、今後は後悔するのだろうか

シバッタマン

うつ病になってしまったら、休職もしくは会社によっては退職をしてしまったほうがよいです。ただ、うつ病だけに退職であると会社へのデメリットばかりみえてしまいます。その場合の対処方法をお伝えしますね。

今回の記事では【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 についてお伝えします。

目次

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた場合の対応

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 

休職とするよう求める

条件を満たしていれば、勤務開始から半年で年次有給休暇が取得できます。ではうつ病になったとき、有給休暇を使ったあとに休職できるのでしょうか。

結論からいえば、使えるかどうかは会社に休職制度があるか、どのような制度になっているのかによります。もし制度がない場合は退職を余儀なくされることもあります。

シバッタマン

自社において休職制度が存在するのかどうか確認することが必須です。休職制度は、上記のとおり企業の自主的制度であるため、その制度設計も企業の自由です

休職要件・期間・復職事由・復職の処理などは各企業により異なりますが、多くの場合、就業規則に「どのような場合に従業員の休業が認められるか」を記載された箇所があるはずです。制度利用にあたり、その内容をある程度把握しておくべきでしょう

会社に責任追及し、補償を求める

退職を決意をして、上司になにをいわれようとしぶといもうじたばたしないのであれば、何があっても揺るがないほどこと伝えましょう。

隙を見せない微動だにしない非の打ちどころがない一切意に介さない気持ち些細なで臨みましょう。上司からの引き止めをスパッと断るのは、多少なりとも気が引けるはずです。

些細なことで逡巡するような活路を見出す素ぶりを見せてしまうと、上司は引き止められる活路を見出す可能性があると心を奪われる興味をかきたてられるかんがえます。

上司が引き止めしようとすると、引き継ぎや退職日の確定が先延ばしになってしまい、転職先への入社に影響が出るかもしれないのです

退職勧奨には応じない


退職勧奨とは、使用者である会社側が、労働者である従業員に自主退職を促すことをいいます。退職勧奨を行う場合の流れと注意点について説明します

シバッタマン

一般的には退職勧奨は、解雇と比較するとトラブルに発展する可能性は低いですが、慎重に進める必要があります。

    退職勧奨の流れ
    1. 退職勧奨通知書‧退職勧奨同意書の用意
    2. 面談‧退職勧奨通知書を渡す
    3. 退職勧奨同意書に署名をもらう

発達障害者が職場内でのトラブル等により精神的なダメージを受けたとします。二次障害としてうつ病や適応障害等の
精神疾患を発症するケースはあります。私がそうでしたし、発達障害者は自分が発達障害と認識していない人もおおいでしょう。

退職勧奨の対象となる従業員が二次障害を発症していた場合、退職勧奨を行う前に治療のために休職させる等の対応が必要となります。


発達障害者が職場に関連するストレス等が原因で精神疾患を発症した従業員に対して、会社が適切な対応を怠った場合、安全配慮義務違反に問われる可能性があるので慎重な対応が求められます。

会社の業務が原因なら退職理由を「会社都合退職」とする

シバッタマン

以下のような場合であれば、うつ病による退職が会社都合退職になります。ハローワークに相談してみてください。

    会社都合退職になるケース
    • パワハラによってうつ病になった
    • 退職勧奨を受けた
    • 長時間労働でうつ病になった

    証明する資料をもってハローワークへ行きましょう。上司から届いたメールや指示書、シフト表、営業日報の写し、給与明細書、退職勧告の通知書や録音データなどが証拠となります。

    うつ病で離職した場合、会社都合退職でなくても給付制限期間を適用されない可能性があります。傷病による離職者は「特定理由離職者」となるためです。

    シバッタマン

    特定理由離職者扱いになると、自己都合退職であっても2ヶ月の給付制限が適用されず、給付日数も会社都合退職と同じになります。

    特定理由離職者であることを証明するには、医師の作成した診断書などの医療記録が必要です。

【うつ病退職デメリット】うつ病で仕事・会社を辞めた人の後悔はない?

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 

上司の圧力やストレスから解放される

うつ病などで何か心当たりがある場合、早めに心療内科や精神科を受診してみることをおすすめします。

シバッタマン

うつ病など場合に、「この程度で受診しても良いのだろうか」「医師の診察を受けるほどの状態なのか分からない」と遠慮を感じるかもしれませんが、不安が生活に支障をきたしているなら現状を医師に相談してみましょう。

医師に相談するまえに会社では産業医もいますので一度相談してみるのもよいかもしれませんね。

うつ病の回避策を診療内科では対応してくれるでしょう。

中高年体験談②ストレスの原因を考える

誰でも社会人である以上、ストレスははあります。そのストレスで日々耐え難い日々を送っている人もいるでしょう。
会社のストレスは、職種や業界によって大きく異なるります。
ストレスのある仕事もあれば溜まらないという仕事もあります。

シバッタマン

仕事にストレスがないという人にあった人はいませんか。

ストレスがない職場であれば、毎日の出勤も楽しくできてやりがいのある仕事ができるかと思います。

厚生労働省が調査した「令和2年雇用動向調査結果の概況」が発表した結果があります。

ストレスがない職場であれば、毎日の出勤も楽しくできてやりがいのある仕事ができるかと思います。

シバッタマン

2020年の転職入職者数は約469.2万人であり、これは常用労働者数の9.2%です。つまり、2020年だけで1割近くもの労働者が転職していまうす。

ひと昔にくらめて転職は以前に比べて珍しいものではなくなってきています。そのなかで転職理由も人間関係や給与が低いなどやりがいが感じられないものが多かったです。

サービス残業や長時間残業から解放される

平日は終電まで仕事、休日は疲労回復のために寝るだけの時間になってしまいます。

おまけに学生時代までの友達とも付き合いが悪くなり友達がいなくなった。そんな状況に陥っている人は少なくないようですね。

忙しい分だけ、仕事の経験やスキルは身に付いています。

 一つの仕事の区切りには、それなりに達成感も感じられる。そのため、潔く退職を決断できないないが疲労がたまって疲れています。

気持ちより先に体力に限界を感じ「辞めたい」と思うことがあります。

長時間残業や休日出勤が多いことも、会社を辞めたくなる主な原因の1つとなります。仕事量が多すぎる激務は拘束時間が長くなるため、睡眠時間も満足に取ることができなくなります。

 心も体も疲れ切ってしまいます。一般的に一ヶ月の残業時間が40時間を超えると激務です。

シバッタマン

 なお、「月80時間以上の残業が続くと、過労死ラインである」と厚生労働省は公表しています。

厚生労働省では「賃金不払残業の解消を図るために講ずべき措置等に関する指針」を定め(4㌻参照)、労働時間の管理の適正化と賃金丌払残業の解消のために各企業の労使が取り組むべきことを示しています。

引用元:賃金不払残業(サービス残業)の解消のための取組事例集(厚生

自分の生きがいややりたいことが見えるようになる

シバッタマン

多くの人が「今の仕事は本当に向いているのか」と考え直す年代です。

長く働いていると、その分会社の長所だけでなく、短所が目につきやすくなってきます。

「辞めたい」という勢いだけに任せて行動してしまうと、退職してから後悔する可能性もありますね。


不満に思う部分に改善の余地がある場合、まずは解決のために自分ができることを実践するのが大切です。


仕事がうまくいかない場合はスキルアップのために勉強をする、待遇に不満がある場合は上司に相談してみるなど、可能な範囲で状況を変える努力をしましょう

特に未経験の業界や職種に挑戦したいと考えている場合は、若いうちに転職したほうが得策といえるでしょう。

鬱が直って社会貢献の仕事ができるようになる

社会にもっと役立つ仕事がしたいと考えていても、社会貢献ができる仕事とはどういうものなのかが、明確になっていないという場合もあるでしょう。

社会貢献とは、社会の利益になる行動を指します。

社会にもっと役立つ仕事がしたいと考えていても、社会貢献ができる仕事とはどういうものなのかが、明確になっていないという場合もあるでしょう。

社会貢献とは、社会の利益になる行動を指します。

【うつ病退職デメリット】会社・仕事を辞める・辞めた人の後悔デメリット

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 

生活費な経済面が心配になる

勤めている会社を退職すれば当然収入は途絶えてしまうことになります。

上司からパワハラを受けていたり、職場で同僚からひどいいじめにあっていたり、あまりに長時間のサービス残業を強いられていたりと、それ以上仕事を続けることが困難となっている人もいることでしょう。

もし貯金があるならばとりあえず当面の生活ができる為、すぐに退職するという手段をとることができます。

退職するとどれほどお金がかかるのか、一度考えてみましょう。

部署や配置換えなどで解決できるケース

 ・生活費

・転職活動の費用

・服飾費

・国民健康保険料・年金・住民税

・交通費

・書籍代

・資格や免許取得にかかる費用

・交遊費

貯金がないと退職した後に悩むのが目に見えてわかりま

やりたい仕事ができなくなり後悔する

シバッタマン

退職後のビジョンがないと次の転職先への入社に空白が生まれる可能性が高いです。鬱病ならなおさらそのような心の余裕はないかとかんがえられます。

退職業界や企業にもよりますが、数カ月程度の空白期間であっても書類選考で不採用とするケースも見られます。空白期間がある人に対し、企業が懸念しているのは主に次のようなポイントです。

次の転職先への入社に空白が生まれる可能性が高いです。

【うつ病退職デメリット】仕事を辞める・仕事を辞めたいときにはうつ病診断など対処

心療内科を受診して診断書をもらう

仕事によるうつ病は、退職や転職によって改善されることもしばしばありますが、職場をそう簡単に辞められないという方は多いのではないでしょうか。

辞められないという使命感やプレッシャーが、さらにうつを進行させる原因にもつながるため、早い段階で気持ちを軽くすることが大切です。

自己判断でうつ状態、あるいはうつ病と決めつけるのは良くないことです。

シバッタマン

休職時には、医師の診断書を必要とする場合が大半ですし、様々な保障を受ける際にも医師に記入してもらう書類があります。適切な診断のもと適切な治療を受けることが、状態の改善の近道です。

「少し休めば治る」などと考えずに、心療内科や精神科を受診し、専門医の判断のもと治療を行いましょう。うつ病を理由にスムーズに仕事を退職するには、まずは医師に“診断書”を発行してもらいましょう。

医師に「診断書を発行してほしいです」と相談してみましょう。 そこで医師が「診断書を発行することができる」と判断した場合に、発行してもらうことができます。

診断書とは、うつ病など心の病気で学校や会社を休む際に必要となる書類です。 診断書と一口に言っても、クリニックの書式で作成する休業や配慮に関する診断書は即日発行可能です。

診断書はもらっておいたほうがよいです

心療内科・精神科でドクターストップして労災も検討

仕事によるうつ病は、退職や転職によって改善されることもしばしばありますが、職場をそう簡単に辞められないという方は多いのではないでしょうか。

辞められないという使命感やプレッシャーが、さらにうつを進行させる原因にもつながるため、早い段階で気持ちを軽くすることが大切です。

自己判断でうつ状態、あるいはうつ病と決めつけるのは良くないことです。

シバッタマン

休職時には、医師の診断書を必要とする場合が大半ですし、様々な保障を受ける際にも医師に記入してもらう書類があります。適切な診断のもと適切な治療を受けることが、状態の改善の近道です。

うつ病かなと思ったら、自己判断をせずに、総合病院の精神科や心療内科、精神科のクリニックなどに相談しましょう。内科などのかかりつけの医師に相談したり、保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用することもできます。うつ病を克服するためには、早めに専門家に相談し、しっかりと休養をとることが大切です。

引用元:うつ病(厚生労働省)

「少し休めば治る」などと考えずに、心療内科や精神科を受診し、専門医の判断のもと治療を行いましょう。うつ病を理由にスムーズに仕事を退職するには、まずは医師に“診断書”を発行してもらいましょう。

医師に「診断書を発行してほしいです」と相談してみましょう。 そこで医師が「診断書を発行することができる」と判断した場合に、発行してもらうことができま

上司にうつ病でメンタル不調、精神的に退職したい意思を伝える

シバッタマン

うつ病が原因で仕事を辞めたいと思ったとしても、すぐに退職届を出してしまうのは性急かもしれません。

退職日は、業務の状況や有給休暇の消化状況などを考慮して、労働者が会社と相談して決めることになります。退職日までは出勤する限り通常どおり賃金が発生しますので、この点も考慮しつつ、会社に対して退職日の希望を伝えるようにしましょう。

うつ病の状況が深刻な場合、退職を上司に切り出すことだけでも精神的な負担が大きいでしょう。上司などから退職を思いとどまるよう引き止められてしまうかもしれません。

弁護士に退職代行を依頼するのも1つの方法です

人事部に傷病手相手の申請をする

シバッタマン

傷病手当はもらえます。ただ、傷病手当金を受給しているということは、「労務不能」と認定されているわけですから、「失業」状態にはなく、同時に失業給付はもらえません

病気やケガの治癒に時間がかかり、退職してから30日以上働けないという場合はどのような手順で失業手当への切り替えを行うの必要があります。

シバッタマン

冒頭でもお話をしましたが、傷病手当から失業保険に切り替えることで、傷病手当の受給が終わっても失業保険を受け取ることができるようになります。下記の手続きを行うようにしておきましょう。

傷病手当を受ける条件1・業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること

健康保険給付として受ける療養に限らず、自費で診療を受けた場合でも、仕事に就くことができないことについての証明があるときは支給対象となります。

自宅療養の期間についても支給対象となります。ただし、業務上・通勤災害によるもの(労災保険の給付対象)や
病気と見なされないもの(美容整形など)は支給対象外です。

引用元:病気やケガで会社を休んだとき(傷病手当金)国民健康保険協会

傷病手当を受ける条件2・仕事に就くことができないこと

仕事に就くことができない状態の判定は、療養担当者の意見等を基に、被保険者の仕事の内容を考慮して判断されます。

生活保障のためのものですから、給与が支払われている間は、傷病手当金は支給されません。ただし、給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、差額が支給されます。疾病任意継続被保険者については、その資格を取得してから1年以上を経過した後に発生した病気・ケガに対して、傷病手当金は支給されません。

引用元:病気やケガで会社を休んだとき(傷病手当金)国民健康保険協会

ハローワークに失業手当の申請をする

シバッタマン

失業保険の基本的な流れは以下のとおりになります。

引用元
  • ハローワークで求職の申し込み(離職票と求職票の提出)を行う
  • 7日間の待期期間
  • 雇用保険受給説明会と失業認定日に出席
  • その後1週間程度で初給付
  • 以降は毎月(4週間に一度)の失業認定日に出席、その後約1週間程度で給付

偽りその他不正の行為で基本手当等を受けたり、又は受けようとした場合には、以後これらの基本手当等を受けることができなくなるほか、その返還を命ぜられます。

失業保険を受け取るタイミングは傷病手当の受給完了後または退職後

シバッタマン

失業保険を受け取るタイミングは傷病手当の受給完了後または退職後となります。

病気やケガが治り、働けるようになったらすぐに失業保険の申請手続きをしましょう

傷病手当から失業保険に切り替えるときは、待機期間が7日間あるので、すぐに失業保険の手続きを行う事で、受給が途切れる空白期間をなるべく短くすることがおすすめです。

傷病手当と失業保険は、どちらを受け取るのが得といえるのでしょうか。

どちらか一方しか貰えないのなら、より多く貰える方を選びたいものですよね。

一概にどちらが得、どちらが多く受け取れるとは断定できません。退職の理由や退職をした年齢は人によってさまざまです。そして、受給日数や算定に用いる数字は退職した理由や年齢で変わります。

失業保険の期間は通常1年/傷病手当を貰っている場合は最長4年間

シバッタマン

失業保険の期間は通常1年でございます。ただ傷病手当をもらっている場合は最大受給資格者の申出によって、基本手当の受給期間を最大4年間まで延長できます。

受給期間を延長した後、その延長理由と同様の疾病又は負傷を理由として傷病手当の支給を申請したときの支給日数は、その受給期間の延長がないものとした場合における支給できる日数が限度となります。

病気やケガで30日以上働けない場合は、働けない期間分を当初の基本手当の受給期間に加算することができます。延長できる期間は最大3年間で、離職日の翌日から最大4年まで基本手当の受給

うつで会社に伝えられない場合は退職代行

シバッタマン

うつ病が原因で仕事を辞めたいと思ったとしても、すぐに退職届を出してしまうのは性急かもしれません。

退職日は、業務の状況や有給休暇の消化状況などを考慮して、労働者が会社と相談して決めることになります。退職日までは出勤する限り通常どおり賃金が発生しますので、この点も考慮しつつ、会社に対して退職日の希望を伝えるようにしましょう。

うつ病の状況が深刻な場合、退職を上司に切り出すことだけでも精神的な負担が大きいでしょう。上司などから退職を思いとどまるよう引き止められてしまうかもしれません。

弁護士に退職代行を依頼するのも1つの方法です。

まとめ:【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 

いかがでしょうか。

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 についてお伝えしました。

うつ病と診断された場合には退職をしてしまったほうがよいです。自分にとってお金は大切かもしれませんが、最も大切なのは健康です。退職してからでもお金について考えればよいのです。まずは健康のことを一番にかんがえましょう。

退職して症状がよくなってきたら、転職エージェントはいくらでもあります。就労支援もあります。働くことはまだできます。それまでゆっくり休みましょう。もしやめれない場合には退職代行などを利用してしまってかまわないと思います。

うつ病にも関わらず、ましては診断書がでているにも関わらず退職ができなければそれは会社側が安全保障をまもっていないことになります。そのような会社と会話しても意味がありません。弁護士や退職代行を利用して会社をやめてしまいましょう。

うつ病における退職代行の記事は下記に記載しておきます。即日退職ができます。

【うつ病退職デメリット】会社に仕事を辞めると言われた・辞めた人の後悔は?うつ病診断 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次