MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【鬱で仕事辞めたら人生終わり?】うつ病で無職焦りや仕事辞める生活費の対策

当ページのリンクには広告が含まれています。

「鬱で仕事辞めたら人生終わり?」こう思うあなた、その不安は深刻ですよね。

シバッタマン

自分の心が悲鳴を上げ、日々の仕事が身体に堪え、それでもなお「鬱で辞めたら人生が終わる」という恐怖に襲われている…それは非常に厳しい状況であることは私自身も理解しています。

でも安心してください。あなたの悩みは、これから一つひとつ解決していきましょう。

 本記事では「鬱で仕事を辞める」ことに関して、多くの人々がうつ病を乗り越えて、再び充実した人生を送っている実例を提供します。

具体的な実例から学びましょう。

 私はうつ病により一度は仕事を辞めましたが、適切な治療と休養を経て、現在は新たな職場で活躍中。仕事を辞めることで人生が終わるわけではない、ということがいえます。

つまり、「鬱で仕事を辞めても人生は終わらない」のです。本記事を通じて、あなたが心に希望を取り戻し、新たな一歩を踏み出す力を得られますよう願っています

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
目次

【鬱で仕事辞めたら人生終わり?】ではない理由

【うつ病人生は終了なの?】鬱病で仕事辞めたら人生終わりにならない対処

①うつ病は誰にでもなる可能性がある

シバッタマン

私は、学生時代は明るく元気な人間でした。周りの人からは「悩みがないのが悩み」と言われるほど、メンタルが強いと言われていました。

しかし、社会人になってからは、生活が狂い、メンタルと体はつながっていることを初めて知りました。

 社会人になってからは、仕事のストレスや人間関係のトラブルなど、様々なことが重なり、メンタル不調に陥りました。

 最初は、仕事に行きたくない、人と会いたくない、何もしたくないという気持ちが日に日に強くなっていきました。しかし、

 私は、自分のメンタルが弱いと思い込んでいました。そのため、周りの人に相談するどころか、自分の気持ちを誰にも言えませんでした。

そんなある日、私は、仕事でミスをしてしまい、上司から怒鳴られました。そのことが、私のメンタルを完全に崩壊させました。

 私は、仕事に行けなくなり、家で一人ひっそりと過ごすようになりました。食欲もなくなり、体重も減り、毎日が地獄のようでした。

シバッタマン

そんな私を心配した母が、地元に帰っていたところで病院に連れて行きました。病院で診察を受けたところ、私はうつ病と診断されました

うつ病は、誰にでも起こりうる病気であり、メンタルと体はつながっていることを初めて知りました。

もし、あなたがメンタル不調に悩んでいるなら、一人で悩まないでください。周りの人に相談してください。私のように母が気づく場合もありますが、そうでない場合もあります。

 また、医者に相談することも大切です。メンタル不調は、早期に治療することで、回復することができます。

私は、メンタル不調に陥った経験から、メンタルと体はつながっていることを学びました。そのため、今は、自分のメンタルを大切にするようにしています。

 人生をより豊かに生きるために大切なことです。メンタルを大切にすることで、仕事や勉強、人間関係など、様々な場面で力を発揮することができます。メンタルを大切にすることで、人生をより充実させることができます。

②休息と専門家の助けで復活はできる

メンタル不調は、誰にでも起こりうる病気です。仕事のストレス、人間関係のトラブル、家庭環境の変化など、様々な原因でメンタル不調に陥る可能性があります。

メンタル不調に陥った場合、まずは休息をとることが大切です。

 仕事や学校を休んで、ゆっくり休んでください。また、メンタルヘルスの専門家に相談することも大切です。専門家に相談することで、メンタル不調の原因を理解し、適切な治療を受けることができます。

シバッタマン

私の経験談ですが心配した母が、地元に帰っていたところで病院に連れて行きましたとお話をしましたが、メンタルクリニックは、私にうつ病と診断し、薬を処方してくれました。

また、メンタルクリニックは、私に休息をとることと、専門家の助けを求めることを勧めました。

そして一人暮らしをしていたのですが、地元の友達も私を支えてくれました。一人ではできなかったことを友人が色々と考えてくれて、車で色々な場所へ連れてってくれました。

結果として、20代でも1年ほど休職をしましたが、仕事にも復職し、元の生活を取り戻すことができました。

私は、メンタル不調の経験から、友人との遊ぶことで休息の大切さと専門家の助けが大切であることを学びました。

もし、あなたがメンタル不調に悩んでいるなら、一人で悩まないでください。周りの人に相談してください。

③休職することでじっくりと自己分析ができる

職でじっくりと自己分析をすることは、メンタル不調から立ち直るうえで有効な方法です。

 休職中は、仕事のストレスから解放され、自分の心と向き合うことができます。

 自分の強みや弱み、好きなことや嫌いなこと、将来の目標などを見つめ直し、自分らしい生き方を見つけることができます。

 また、休職中は、趣味や好きなことに没頭したり、友人や家族と過ごしたりして、リフレッシュすることもできます。メンタル不調から立ち直るためには、休職は有効な手段の一つです。

シバッタマン

私は休職中は、自分の強みや弱み、好きなことや嫌いなこと、将来の目標などを見つめ直しました。また、資格を取得したり、今までやっていなことを試したり、また逆に今までのことをしたりしました。

その結果、Webマーケティングに興味があることに気づきました。

 Webマーケティングは、自分の好きなことや得意なことが活かせる仕事だと思いました。また、Webマーケティングは、将来性のある仕事だとも思いました。

休職中に取得した資格とWebマーケティングの知識を活かして、Webマーケティングの仕事に部署移動を。

今は、フリーランスとしてWebマーケティングの仕事に取り組んでいます。

休職は、メンタル不調から立ち直るうえで有効な方法です。休職中は、自分の心と向き合い、自分らしい生き方を見つけてください。

【鬱で仕事辞めたら人生終わり?】無職焦りへの対策

【うつ病人生は終了なの?】鬱病で仕事辞めたら人生終わりにならない対処

①うつ病で仕事から休職となったらリワークなどで人生を再評価してみよう

シバッタマン

私は32歳のとき、うつ病になり始めて休職をしました。仕事のストレスが原因で、食欲不振、睡眠障害、疲労感、意欲低下などの症状が出ていました。仕事に行けなくなり、休職をしました。

休職中は、何もする気が起きませんでした。ただベッドに横になって、テレビを見たり、ゲームをしたりしていました。

 そんなある日、勤めていた会社の先生リワークに参加することを勧められました。

リワークとは、精神疾患を患った方が、社会復帰に向けて必要な知識やスキルを身につけるためのプログラムです。私は、半信半疑でリワークに参加しましたが、そこで多くのことを学びました。

リワークで学んだことは、仕事に復帰するだけでなく、その後の人生においても役立つものでした。

 たとえば、リワークでは生活リズム改善では、規則正しい生活を送ることの大切さを学ぶことができました。コミュニケーションスキル向上では、他人と円滑にコミュニケーションをとる方法を学ぶことができました。ストレスマネジメントでは、ストレスをうまく対処する方法を学ぶことができました。

具体的にはリワークでは下記を学び人生のキャリアや生活について再評価ができました。

  • 自分の好きなことに時間を費やす。
  • 自分の人生の目標や目的を考える。
  • 自分の強みや弱みを分析する。
  • 自分の性格や価値観を見つめ直す
  • 自分の周りの環境を整える
  • リワークのカウンセラーに相談する

これらの知識やスキルを身につけることで、メンタル不調を再発させずに、健康的で充実した人生を送ることができるようになりました。

今40代ではありますが、あの頃にリワークに参加して、多くのうつで休職をした仲間と出会い色々なことを学びました。人生の再評価ができてよかったとかんじています。

②うつ病を抱えても、誰にでも起こりうる

シバッタマン

私自身、うつ病で休職を繰り返してきました。原因は、実は発達障害だったのです。その事実に気付いたのは、医者の診断を受けてからでした。

 この発見は大きな驚きでしたが、同時に私がうつ病を繰り返していた理由が明らかになりました。もし私がそのまま仕事を続けていたら、今も苦しんでいたでしょう。

私の経験からうつ病を抱えても、人生は終わらない 理由は下記です。

うつ病は、誰にでも起こりうる病気です。

 仕事のストレス、人間関係のストレス、家庭の事情など、さまざまな原因でメンタル不調になることがあります。私のように、発達障害が影響してうつ病を繰り返すこともあります。

うつ病は、早期発見・早期治療で回復することができます。早めに専門家に相談し、治療を受けることが大切です。私自身、専門家の診断により発達障害と気付くことができました。

うつ病を抱えていても、働くことは可能です。ただし、無理をせず、自分のペースで仕事をすることが大切です。また、メンタル不調を抱えていることを上司や同僚に伝え、理解と協力を求めることが大切です。

うつ病かもしれない自分を大切にすることが大切です。

メンタルが不調な場合は、趣味や好きなことに没頭したり、家族や友人と過ごしたりすることで、心の平安を得ることができます。

もしあなたがうつ病で悩んでいるなら、一人で悩まずに、医者に相談してください。

 専門家は、あなたの状況を理解し、適切なアドバイスやサポートを提供することができます。私のように、思いがけない原因が見つかるかもしれません。

③30代40代はうつ病ならまだ立ち直るための体力がある

30代は、一般的に体力や気力も充実している時期です。そのため、メンタル不調に陥ったとしても、まだ立ち直るための体力があると言えます。

下記については心影たほうがよいです。

  • 十分な睡眠をとる
  • 規則正しい食生活を心がける
  • 運動をする
  • 趣味や好きなことに没頭する
  • 友人や家族と話をする
  • 専門家に相談する
シバッタマン

私は30代でWEBエンジニアからWEBマーケティングに職を替えました。WEBエンジニアの仕事は、技術的な知識やスキルが求められる一方で、体力的な負担も大きくありました。

しかし、WEBマーケティングの仕事は、クリエイティブな思考やコミュニケーション能力が求められる一方で、体力的な負担はWEBエンジニアの仕事に比べると少ないです。

 そのため、30代でWEBエンジニアからWEBマーケティングに職を替えたことで、体力的な負担が減り、メンタル不調から立ち直ることができました。

また、子供ができて人生の価値観も変わりました。

 以前は、仕事が第一で、プライベートよりも仕事を優先していました。しかし、子供ができてからは、仕事とプライベートのバランスをとるように心がけています。

 子供との時間を大切にすることで、仕事のモチベーションも上がり、メンタルヘルスも改善されました。

このように、30代でWEBエンジニアからWEBマーケティングに職を替えたことで、体力的な負担が減り、メンタル不調から立ち直りました。

 また、子供ができて人生の価値観も変わり、仕事とプライベートのバランスをとることで、メンタルヘルスも改善されました。

④うつ病で仕事を辞めたことでストレスが軽減

私は40歳のとき、発達障害であることを初めて知りました。

シバッタマン

 私は、社会人の人生で、人とうまくコミュニケーションがとれなかったり、細かい作業が苦手だったり、集中力が続かなかったり、といった困難を抱えていました

うつで転職や就職を繰り返しました。一度は契約社員を経験し、正社員にもどったりしました。

しかし、それらは発達障害によるものだとは知らず、自分の性格や能力のせいだと思っていました。

40歳のとき、私は退職代行を利用して会社をやめました。

 一年半の療養で、障害であることをフリーランスであることを相談したところフリーランスを勧められました。

今まで私はうつ病で苦しんできたきました。

 うつ病の症状は、食欲不振、睡眠障害、疲労感、意欲の低下、などです。私は、これらの症状に苦しめられ、仕事に行くこともままなりませんでした。

うつ病の治療は、薬物療法と精神療法の組み合わせが一般的です。

私は、薬物療法と認知行動療法を受けました。認知行動療法とは、自分の考え方や行動パターンを分析し、変えていく療法です。

この療法で、自分の考え方や行動パターンを変えることができ、うつ病から回復することができました。

うつ病は、重症化すると死に至ることもある、とても深刻な病気です。

 しかし、早期発見と早期治療により、回復することは可能です。もし、あなたがうつ病かもしれないと思ったら、すぐに専門家に相談してください。

うつ病で仕事を探している場合は下記の記事を参考にしてください。

【鬱で仕事辞めたら人生終わり?】仕事辞める生活費の検討

【うつ病人生は終了なの?】鬱病で仕事辞めたら人生終わりにならない対処

①現在の仕事環境を健康面を含めて検討する

私は、半年ほど喘息で苦しんでいました。発作も頻繁に起こり、朝早く起きてしまって生活リズムが崩れていました。

シバッタマン

半年ほど耳鼻咽喉科にかよっていたのですが、最終的にはメンタルが問題であるとわかりメンタルクリニックに通うことになりました。

 喘息の原因は、ストレスだということを知りました。仕事のストレスや人間関係のストレスが、私の喘息を悪化させていたのです。

休職から復職してからは、仕事のストレスを減らすために、退職をしました。

喘息の症状はほとんどありません。朝もゆっくりと起きることができ、生活リズムが整ってきました。

喘息で苦しんでいる人は、一人で悩まないでください。休職や転職など、自分の人生を大切にするために、必要なことは何でもしてください。

②仕事を続ける気力があるかを考える

シバッタマン

仕事を続ける気力があるかを考えてみましょう。私の場合は仕事を続ける気力がなかったので退職をしてしまいました。

理由として私の発達障害だったのです。

 私は障害者センターにいき合理的配慮を学び、自己分析をして、ナビゲーションブックを作り、職場にもどるよう努力したのですが、解決には至りませんでした。

発達障害やうつ病という問題を抱えている場合、それを無視して仕事を続けようとすると、どれだけ頑張っても、状況は改善しません。

自分自身を理解し、その上で適切な支援を求めることが大切です。その支援が会社からもらえないとわかり退職を選びました。

私が発達障害と診断され、二次障害としてうつ病になったと知ったとき、その事実は私を深く打ちのめしました。

 しかし、それは同時に、自分が何故苦しんでいるのかを理解するきっかけとなりました。

仕事を続ける気力があるかどうかを真剣に考えるための重要な一歩だったのです。

仕事を続けるためには、医療専門家からのサポートや職場の理解と協力、そして家族や友人からの心の支えが欠かせません。

私もそれらの支えを得ることで、自分自身を取り巻く環境を理解し、少しずつ前に進むことができました。

仕事を辞めても金銭面や家族を養えるかの観点から検討する

私がうつ病を患い、休職を繰り返すようになったとき、私の心は混沌としていました。

シバッタマン

 自分が発達障害だと知った瞬間、私の世界は一変しました。聞いたことはあったのですが衝撃は大きく、私は何もかもが自分の手から滑り落ちていくように感じました。

だからこそ、私が一歩ずつ前に進むためには、自分の「生活の地盤」を固めることが重要だと考えました。私は、金銭面や家族を養うこと、家のローン、そして自分自身の健康を守るためにはを考えました。

仕事を辞めるという選択をする前に、私は自分の生活を支えるためにインターネットや地域の障害者サポートのを確認しました。

失業保険や傷病手当、そして私の妻の共働きなど、さまざまな手段を考慮しました。

 また、自分の健康と向き合うことも大切だと認識しました。医療専門家と共に、私自身のメンタルヘルスに対する理解を深め、適切な治療を受けることにしました。

これらの検討を通して、私は自分の生活の地盤を少しずつ固め、自分自身を守ることができました。

 仕事を続けることが精神的に困難である場合、私たち自身の健康と安全を最優先に考えることが大切です。だからこそ、自分自身の状況を正確に理解し、適切なサポートを得ることが不可欠です。

【鬱で仕事辞めたら人生終わり?】うつ病で無職焦りで生活費の対策を紹介

傷病手当金で休職を検討する

シバッタマン

メンタル不調で働けない場合は、傷病手当金を受給できる可能性があります

傷病手当金は、病気やけがで労働不能となった場合に支給される給付金です。支給額は、平均賃金の3分の2で、最長1年6か月間支給されます。 対象は、健康保険に加入してる被保険者やその家族です。

条件説明
被保険者であること傷病手当金を受給するには、厚生年金保険に加入していることが必要です。
業務上または通勤による傷病であること傷病手当金は、業務上または通勤による傷病で労働不能となった場合に支給されます。
労働不能であること傷病手当金は、労働不能となった場合に支給されます。
休業していること傷病手当金は、休業している場合に支給されます。

傷病手当金の支給額は、平均賃金の3分の2で、最長1年6か月間支給されます。傷病手当金の受給を希望する場合は、まず医師から「休職が必要」との診断書をもらう必要があります。

傷病手当については下記で詳しく記載しています。

退職しても失業保険が長くもらえる可能性がある

失業手当は、離職した労働者が再就職活動を行うために支給される給付金です。支給額は、離職前の賃金や離職理由などによって異なりますが、原則として、離職前の賃金の60%から80%が支給されます。

また、うつ病での失業手当は、失業保険を受け取る場合、通常よりも長く受給できる可能性があります。これは、メンタル不調は病気であり、病気のために離職した場合は、再就職活動に時間がかかる可能性があるためです。

メンタル不調で失業保険を受け取る場合、まず医師から「就労可能」との診断書をもらう必要があります。

 その後、失業手当の支給申請書をハローワークに提出します。ハローワークは、申請書の審査を行い、受給が認められると失業手当を支給します。

私も失業保険を長くもらっています。うつ病でしたので医師の診断書もありました。

下記のうつ病での失業保険の記事を参考にしてください。私の体験談を記載しています。

仕事を辞めても金銭面や家族を養えるかの観点から検討する

私がうつ病を患い、休職を繰り返すようになったとき、私の心は混沌としていました。

シバッタマン

 自分が発達障害だと知った瞬間、私の世界は一変しました。聞いたことはあったのですが衝撃は大きく、私は何もかもが自分の手から滑り落ちていくように感じました。

だからこそ、私が一歩ずつ前に進むためには、自分の「生活の地盤」を固めることが重要だと考えました。私は、金銭面や家族を養うこと、家のローン、そして自分自身の健康を守るためにはを考えました。

仕事を辞めるという選択をする前に、私は自分の生活を支えるためにインターネットや地域の障害者サポートのを確認しました。

失業保険や傷病手当、そして私の妻の共働きなど、さまざまな手段を考慮しました。

 また、自分の健康と向き合うことも大切だと認識しました。医療専門家と共に、私自身のメンタルヘルスに対する理解を深め、適切な治療を受けることにしました。

これらの検討を通して、私は自分の生活の地盤を少しずつ固め、自分自身を守ることができました。

 仕事を続けることが精神的に困難である場合、私たち自身の健康と安全を最優先に考えることが大切です。だからこそ、自分自身の状況を正確に理解し、適切なサポートを得ることが不可欠です。

うつ病で無職焦りがあるなんら退職代行に転職サポートの相談をする

メンタルで無職に焦っていて、生活費の対策を退職代行に相談したことがあります。退職代行業者は退職の相談するだけでなく、退職代行業者の転職サポートを利用することができます。

シバッタマン

当時、私はIT業界で働いていて、仕事の量がとても多くて、休む暇もありませんでした。

そのため、睡眠不足や食欲不振で体調が悪くなり、仕事に集中できなくなっていました。また、上司に相談しても理解してもらえず、ますます追い詰められていました。

そんなとき、退職代行業者に相談しました。退職代行業者は、私の話を親身に聞いてくれて、退職に向けてのサポートをしてくれました。

 退職代行業者は、上司に退職を申し出る代わりに、退職届を作成して、退職日を決めてくれました。

 また、退職後の生活費の心配についても、退職代行業者は、転職サポートや生活費の支援をしてくれると教えてくれました。

退職代行業者のサポートのおかげで、私は無事に退職することができました。退職した後は、しばらく休養をとりました。

退職代行は、転職サポートも行っているので、新しい仕事を見つけるお手伝いをすることができます。

 その後、退職代行業者の転職サポートを利用して、新しい仕事を見つけることができました。現在は、新しい仕事で充実した日々を送っています。

おすすめの退職代行は

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

【鬱で仕事辞めたら人生終わり?】うつ病で無職焦りよくある質問

【うつ病人生は終了なの?】鬱病で仕事辞めたら人生終わりにならない対処

うつ病になり、仕事を辞めざるを得なくなったが、それが人生の終わりになるのか心配です

うつ病で仕事を辞めたとしても、それは決して人生の終わりではありません。一時的な休息が必要なだけで、その後のリカバリーや再就職の可能性は十分にあります。

うつ病で仕事を辞めたら、ストレスは軽減しますか?

うつ病で仕事を辞めると、一時的にストレス源から解放され、症状が軽減することがあります。しかし、それはあくまで一時的な解決策であり、適切な治療とケアが必要です。

うつ病で仕事を辞めると、どのように人生を再評価すべきですか?

うつ病で仕事を辞めた場合、リワークやカウンセリングを通じて自己を再評価することが重要です。それにより、新たな視点から自身の能力や価値観を見つめ直すことができ、新たな道を見つけることができます。

下記にお勧めの仕事等を紹介します。

うつ病で仕事を辞める前に、何を考慮すべきですか?

うつ病で仕事を辞める前に、現在の仕事環境と自身の健康状態を評価し、仕事を続ける気力があるか、金銭面や家族のサポートがあるかを考える必要があります。

 また、退職を考える場合は、専門的な支援を受けることも検討すべきです。例えば、退職代行サービスなどがあります。

まとめ:【鬱で仕事辞めたら人生終わり?】うつ病で無職焦りや仕事辞める生活費の対策

今回の記事では、「鬱で仕事を辞めたら人生終わり?」という深刻な疑問に対し、具体的な知識と私の実体験を通じて、再び生き生きとした人生を歩むためのアドバイスをお伝えしました。

私自身、かつてうつ病を抱いていました。今もまだ直っていないかもしれません。

 しかし私の体験談でも示す通り、うつ病で仕事を辞めたからといって人生が終わるわけではありません。今はフリーランスで働いています。

 私は仕事を辞め、専門家の助けを得て治療を受け、自分自身を見つめ直す時間を持つことができました。

あなたにも、自分自身を大切にすること、適切な休養と治療を受けること、そして自身の心身の健康を優先することを忘れないでください。

また、心がつらい時は専門家に相談することも大切です。退職代行などを利用すると、心の負担を軽減できます。

それでは本記事のまとめをお伝えします。

本記事のまとめ
  • うつ病で仕事を辞めても人生は終わらない
  • ストレスを与える環境から一時的に離れることで、心身の回復が期待できる
  • 適切な治療と休息をとることで、再び充実した人生を歩むことが可能
  • うつ病は誰にでもなる可能性があるため、自己責任ではない
  • 退職代行や専門家に相談することで、適切なアドバイスを得られる
退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

【うつ病人生は終了なの?】鬱病で仕事辞めたら人生終わりにならない対処

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次