MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

当ページのリンクには広告が含まれています。

「契約社員すぐ辞める」と調べて人は現在の職場に満足していないかもしれませんね。

 無理なタスク、人間関係のストレス、キャリアパスの不透明性。

 あるいは、単純に新たな挑戦をしたいのかもしれません。

だからと言って、契約社員として即日で退職することは難しく、契約を破ると損害賠償のリスクもあります。そんなあなたの悩みに対して、本記事は具体的な答えと解決策を提供します。

シバッタマン

この記事を読むことで、契約社員として退職する方法、それに伴うメリットとデメリット、手続きの注意点、そして、支援サービスの利用方法について詳しく解説します。

また、「やむを得ない理由がある場合はいつでも辞められる」など、知らないと損する法的な権利についても触れています。

ある契約社員のAさんが、この情報を利用してスムーズに退職し、新たなキャリアへと舵を切ることができた事例も紹介します。

 Aさんは、本記事で説明する手続きとタイミングを把握し、また必要なときには退職代行サービスを利用することで、損害賠償請求のリスクを回避し、無事に退職を果たしました。

この情報を活用することで、あなたも安心して契約社員からの退職を進めることができます。

しかも、退職後の新たな道も見つけるための情報も提供します。現在の職場から脱出し、新しいキャリアパスへと進むための第一歩です。

それが、本記事を読むことで得られる最大のメリットです。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する?更新しないで辞めるには違約金を説明

原則として契約社員は即日で辞めることは難しい

シバッタマン

契約社員は、正社員とは異なり、期間を定めて雇用されます。そのため、契約期間が満了するまで辞めることができず、原則として即日で辞めることは難しいです。

契約社員の契約期間は、通常、1年から3年程度と短く設定されており、契約期間が満了するまで辞めることはできません。

契約社員が即日で辞めたいと考えている場合は、まず契約書の内容を確認する必要があります。

 契約書に定められた違約金を支払う余裕がない場合は、退職を希望する日までに退職の意思を伝え、会社と交渉する必要があります。

契約期間中の退職もむずかしいことが多い?

シバッタマン

契約社員は、原則として契約期間中は退職できません。

 しかし、契約期間中に退職する必要がある場合は、会社と交渉して退職を認めてもらう必要があります。会社が退職を認めない場合は、契約書に定められた違約金を支払う必要があります。

契約書に即日退職の条項が記載されている場合は、即日退職することができます。

会社の経営が悪化している場合や、契約社員が重大なミスを犯した場合など、会社側が即日退職を認める場合もあります。

例えば、従業員が企業の競合他社に転職することを禁止する「競業禁止条項」が含まれている場合があります。

 また、従業員が特定の期間内に退職する場合に罰金を科す「違約金条項」が含まれている場合もあります

退職を希望する場合は、契約書や規則をよく確認し、法的なアドバイスを受けることをお勧めします。

契約期間中の退職で損害賠償請求される?

シバッタマン

契約社員が契約期間の途中で行う労働契約の解約は、労働契約違反(債務不履行)であり、民法第415条に規定されている債務不履行に該当する可能性があります。

 

契約社員が契約期間の途中で行う労働契約の解約は、契約書に定められた契約期間を満たさない履行であるため、債務不履行に該当する可能性があります。

契約社員に対して、損害賠償請求をすることができる可能性があります。

  1. 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないとき又は債務の履行が不能であるときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。ただし、その債務の不履行が契約その他の債務の発生原因及び取引上の社会通念に照らして債務者の責めに帰することができない事由によるものであるときは、この限りでない。
  2. 前項の規定により損害賠償の請求をすることができる場合において、債権者は、次に掲げるときは、債務の履行に代わる損害賠償の請求をすることができる。
引用元;民法第415条契約社員辞める(wikibooks)

 そのため、契約書に明示的に記載された退職制限がないか確認することが重要です。

また、退職制限がある場合は、契約期間終了後まで勤務することが求められることがあります。

しかしながら、損害賠償請求が成立するかどうかは、退職制限が合理的であるかどうかによります。そ

契約期間中の退職で損害賠償請求された場合は、弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士は、契約書の内容や退職の理由を調査し、損害賠償請求が正当かどうかを判断することができます。また、損害賠償請求を回避するための交渉を行うこともできます。

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法!一年未満退職?

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

契約社員でも会社が認めれば辞めれる

契約社員は、一般的に、期間の定めのある労働契約を締結しています。

 そのため、契約期間中に退職する場合は、会社に退職の申し出を行う必要があります。会社が退職を認めれば、契約社員は、契約期間中に退職することができます。

契約期間中の退職を希望する場合は、退職を希望する日までに退職の意思を伝え、会社と交渉する必要があります。会社と交渉する場合は、次の点に注意してください。

労働契約書に明示された労働条件と労働条件が異なっている場合は辞めれる

シバッタマン

労働基準法第15条では、労働者が、労働契約書に明示された労働条件と実際に提供された労働条件が異なっている場合、労働契約書に拘束されず、いつでも契約を解除することができると定められています。

使用者が労働者を採用するときは、賃金、労働時間その他の労働条件を書面などで明示しなければなりません。 2. 明示された労働条件が事実と相違している場合、労働者は即時に労働契約を解除することができます。

参考:契約社員辞める?労働条件が事実と相違している場合(厚生労働省)

労働契約書に「月給30万円」と明示されているにもかかわらず、実際には月給20万円しか支払われなかった場合、労働者は、労働契約書に拘束されず、いつでも契約を解除することができます。

労働条件が異なっている事例
  • 賃金が少ない
  • 労働時間が多い
  • 休日が少ない
  • 休憩時間が少ない
  • 安全な労働環境ではない

1年を超える契約期間が1年を経過したら退職可能

労働基準法137条では、有期労働契約について、契約期間が1年を超える場合は、契約期間の初日から1年経過した日以後であれば、いつでも退職を申し出ることができると定められています。

シバッタマン

そのため、契約社員は、契約期間の初日から1年経過すれば、途中でやめることができます。

1年を超えて3年以内の労働契約を結んだ場合は、働き始めてから1年が経過していれば労働基準法第137条の規定により、当面の間はその使用者に申し出ることにより、いつでも退職できることとなっています。

引用元:契約社員辞める?労働基準法には契約期間の制限はありますか(厚生労働省)

やむ得ない理由なら契約社員でもいつでも辞めれる

シバッタマン

民法第628条で使用者は、労働者からの退職の申し出があった場合、やむを得ない事由がある場合を除き、退職を拒否することはできないと定められています

期間の定めのある労働契約(有期労働契約)については、あらかじめ使用者と労働者が合意して契約期間を定めたのですから、使用者はやむを得ない事由がある場合でなければ、契約期間の途中で労働者を解雇することはできないこととされています

引用元:契約社員辞める?やむを得ない事由労働契約法第17条(厚生労働省)

やむ得ない理由とは下記のようなものがあります。

やむ得ない理由
  • 病気や怪我で働くことができなくなった場合
  • 親の介護が必要になった場合
  • 配偶者の転勤に伴い転居しなければならなくなった場合
  • 会社の倒産や解雇により、仕事がなくなってしまった場合
  • 職場でのハラスメント

やむ得ない理由でもハラスメントでは会社と揉める場合も

シバッタマン

職場でのハラスメントは、会社がなかなか認めないことが多いです。会社にとってもマイナスイメージを与える行為であるため、なかなか認めようとしない場合があります。

その理由は、次のようなものが挙げられます。

  • ハラスメントを認めてしまうと、会社が責任を負わなければならない可能性があるため
  • ハラスメントを認めてしまうと、会社の評判が悪くなる可能性があるため
  • ハラスメントを認めてしまうと、社内の秩序が乱れる可能性があるため

場でのハラスメントは、労働者の人権を侵害する行為です。

 職場でのハラスメントを受けた場合は、決して我慢せず、会社に相談してください。会社がハラスメントを認めない場合は、労働基準監督署や弁護士に相談することをお勧めします。

やむ得ない理由とは

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する場合の手順

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

退職届の提出

シバッタマン

契約社員が辞める場合は、退職届を提出する必要があります。退職届は、退職日や退職理由などの情報が記載された書類です。

退職届を提出する際には、直属の上司に報告し、提出期限を守ることが重要です。

契約社員が退職する場合には、退職届を提出する必要があります。

 退職届には、退職日や退職理由などの詳細情報が含まれます。退職届を提出する際には、直属の上司に報告するとともに、提出期限を厳守する必要があります。

また、退職前には引継ぎ業務をしっかりと行うことも重要です。引継ぎ業務は、次の担当者にスムーズに業務を引き継ぐために、業務内容や進捗状況、課題などをまとめて伝えることです。

さらに、退職理由に応じて、退職面談を受けることもあります。退職面談では、今後のキャリアプランや会社へのフィードバックなどについて話し合い、今後の方向性を模索することができます。

 有給休暇の消化

シバッタマン

契約社員が退職する場合、まだ取得していない有給休暇がある場合は、有給休暇を消化することが必要です。

有給休暇を消化する際には、直属の上司に報告し、スケジュールを調整する必要があります。

契約社員が退職する場合、まだ取得していない有給休暇がある場合は、有給休暇を消化することが必要です。

有給休暇を消化しない場合、法的な問題が発生する可能性があります。

有給休暇を消化する際には、直属の上司に報告し、スケジュールを調整する必要があります。

ただし、有給休暇を消化する際には、さまざまな方法があります。

たとえば、一度に長期間休暇を取るか、週に数日ずつ休暇を取るか、あるいは残業を減らして休暇を取るかなど、自分に合ったスタイルで消化することができます。

また、有給休暇を消化することで、リフレッシュする時間を確保し、次の仕事に備えることができます。さらに、有給休暇を消化することで、健康にも良い影響を与え、ストレスを軽減することができます。

退職する前に、有給休暇をしっかりと消化して、健康でリフレッシュした状態で次のステップに進みましょう。

退職金の受給

シバッタマン

契約社員が退職する場合、退職金の受給が可能な場合があります。退職金は、契約書や就業規則によって定められた基準に基づいて計算されます。退職金を受け取るためには、直属の上司に報告し、手続きを行う必要があります。

契約社員が退職する場合は、退職金の受給が可能な場合があります。

退職金は、契約書や就業規則によって定められた基準に基づいて計算されます。例えば、勤続年数や平均給与などが考慮される場合があります。また、退職金以外にも、退職手当や失業保険などの支給がある場合があります。

退職金は、退職の際の重要なポイントですが、受給条件や金額については、雇用契約書や就業規則によって異なります。

例えば、勤続年数が長ければ長いほど、退職金の支給額が高くなる場合があります。

退職手続きには時間がかかる場合がありますが、手続きをきちんと行うことが、円滑な退職につながります。

退職前には、契約書や規則を確認し、退職金や支援制度、手続きについて十分に調べておくことをお勧めします。

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する場合のメリット

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

自分のキャリアを見つめ直すことができる

シバッタマン

契約社員からの転職は、自分自身のキャリアを見つめ直す良い機会です。

契約社員として働く中で、自分が本当にやりたいことや、得意とすること、成長したい分野などを考えることができます。

例えば、自分がもっとスキルを磨きたいと思った場合、契約社員として働くことで、新しいプロジェクトに参加する機会が増えるかもしれません。

また、新しい環境で働くことで、自分自身の強みや弱みを発見することができ、今後のキャリアプランを立てる上でのヒントになるでしょう。

さらに、契約社員として働くことで、職場でのネットワークを広げることができ、将来的には新しい機会を開拓するための情報やつながりを持つことができます。

よりやりがいのある仕事に就くことができる

シバッタマン

契約社員からの転職は、よりやりがいのある仕事に就くための良い機会です。

契約社員として働く中で、自分が本当にやりたいことや、自分に合った職種や業界を見つけることができます。また、新しい職場で、チャレンジングな仕事や自分が求める環境で働くことができる可能性があります。

契約社員として働いている方は、転職することで自分自身にとってより適したキャリアパスを見つけることができます。

転職を機に、自分が本当にやりたいことや、自分の強みを生かせる職種や業界に転職することで、よりやりがいのある仕事を見つけることができます。

また、新しい職場でのチャレンジングな業務や自分が求める環境での働き方を実現することができる可能性があります。

新しい環境での出会いや経験も、自己成長につながることがあります。そのため、転職は、自分自身の成長やキャリアアップのための大きなチャンスと言えます。

より良い条件の仕事に就くことができる

シバッタマン

契約社員からの転職は、より良い条件の仕事に就くための良い機会です。契約社員として働く中で、自分が求める待遇や福利厚生、労働条件などを把握することができます。

また、新しい職場で、自分が求める条件を満たす仕事に就くことができる可能性があります。

契約社員からの転職は、より良い条件の仕事に就くための良い機会です。

契約社員として働く中で、自分が求める待遇や福利厚生、労働条件などを把握することができます。

例えば、自分がどのような能力を持っているかを自己評価し、それに合ったキャリアアップの道を模索することもできます。また、自分自身がアピールできるスキルを身につけるための研修や教育プログラムを受けることもできます。

さらに、新しい職場で、自分が求める条件を満たす仕事に就くことができる可能性があります。

例えば、自分が望むような職場環境や文化、または上司や同僚との関係性を持った職場に転職することができます。

また、新しい職場で自分自身が成長できるチャンスを見つけることもできます。これらの新しい経験は、自分自身のキャリアアップにつながるだけでなく、人生の成長にもつながるでしょう。

新しい環境で自分自身を成長させることができる

シバッタマン

契約社員からの転職は、新しい環境で自分自身を成長させるための良い機会です。新しい職場で、新しい仕事や業務に取り組むことで、自分自身のスキルアップや成長を促すことができます。

また、新しい職場での人間関係やコミュニケーションの中で、自分自身のコミュニケーションスキルやマネジメントスキルを向上させることができるでしょう。

新しい職場で、新しい仕事や業務に取り組むことで、自分自身のスキルアップや成長を促すことができます。例えば、新しい業務には繊細さや緻密さが求められる場合があります。

 自分自身がそれまでに経験してきたことと異なる業務に取り組むことで、新しい能力を身につけることができます。また、新しい職場での人間関係やコミュニケーションの中で、自分自身のコミュニケーションスキルやマネジメントスキルを向上させることができます。

 例えば、新しい職場でのチームメンバーとのコミュニケーションにおいて、自分自身がリーダーシップをとることが求められる場合があります。

 そのような場合に、自分自身のマネジメントスキルを磨くことができます。新しい職場での経験は、自分自身の成長やキャリアアップにつながる貴重なものです。

【契約社員すぐ辞める】契約満了前に退職する場合のデメリット

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

損害賠償請求される可能性がある

シバッタマン

契約社員が辞める場合、損害賠償請求を受ける可能性があることがあります。

契約社員が契約期間中に辞める場合、契約書に明示的に記載された退職制限がないか確認することが重要です。

 退職制限がある場合は、契約期間終了後まで勤務することが求められる場合があります。

 また、契約期間中に辞めた場合、損害賠償請求を受ける可能性があります。損害賠償請求が成立するかどうかは、退職制限が合理的であるかどうかによります。

 そのため、労働者は、自分の権利を保護するために、専門家のアドバイスを求めることができます。逆に、雇用者は、退職制限の合法性を確認することが望ましいでしょう。

新しい仕事が見つからない可能性がある

シバッタマン

契約社員が辞めた場合、新しい仕事が見つからない可能性があることがあります。

特に、契約期間中に辞める場合は、次の仕事が見つかるまでの期間が長くなる可能性があります。

そのため、契約期間中に次の仕事を見つけるかどうかをよく考えたうえで、退職を決断することが大切です。

また、退職前には、自分自身の能力や希望に合った仕事を探すことができるよう、履歴書や職務経歴書を準備しておくことをお勧めします。

バックレや無断欠勤による即日退職は懲戒解雇になる可能性もあり 

シバッタマン

バックレや無断欠勤による即日退職は違法ではありませんが、懲戒解雇される可能性があります

懲戒解雇とは、従業員の重大な違反行為に対して、会社が解雇する処分を下すことです。懲戒解雇には、退職金の支給がされないなどの不利益があります。

バックレや無断欠勤は、会社に大きな迷惑をかけることであり、懲戒解雇の理由として認められる可能性があります。

会社は労働者を組織的に使用するため、一部労働者が無断欠勤したからといって直ちに損害が発生するとは認めにくいのも事実です

【契約社員辞める即日】のコツ

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

退職理由を明確にする

シバッタマン

退職する理由は人それぞれですが、理由を明確にすることで、退職後のキャリアプランを明確にすることができます。

たとえば、現在の職場での不満や、新しいスキルを身につけたいという希望など、自分自身のキャリアプランを考える上で重要な情報になります。

退職後のキャリアプランを考えることは、自分自身の将来について考えることでもあります。

 退職後は、新しい職場でのキャリアアップや、独立・起業などの道があります。自分自身のキャリアプランを明確にすることで、次のステップに進むための具体的なアクションを考えることができます。

退職理由を明確にしないと困る事例

退職時期を決める

職時期を決めることは、退職に向けた重要なステップです。退職時期を決める際には、自分自身のキャリアプランを考慮することが重要です。たとえば、次の職場での就業開始日や、起業などの計画に合わせて退職時期を決めることができます。

また、退職時期は、会社や部署の状況によっても異なります。たとえば、プロジェクトの進捗状況や、後任者の採用状況などによって、退職時期を変更する必要がある場合があります。そのため、退職時期を決める際には、周囲の状況も考慮することが重要です。

退職時期を決めることは、自分自身のキャリアプランや、会社・部署の状況に合わせた重要なステップです。

退職届の提出期限を守る

シバッタマン

契約社員が辞める場合には、退職届を提出する必要があります。退職届には退職日や退職理由などの情報が記載されます。退職届を提出する際には、直属の上司に報告し、提出期限を厳守することが重要です。

契約社員が辞める場合には、退職届を提出する必要があります。退職届には退職日や退職理由などの情報が記載されます。

 退職届を提出する際には、直属の上司に報告し、提出期限を厳守することが重要です。なお、退職日は、退職届の提出によって決まりますが、退職日前に業務の引継ぎや報告業務などがある場合は、その業務を完了するまでに日数がかかることがあります。

また、退職理由については、具体的に記載することで、今後の人事異動や業務改善のためのヒントになる場合があります。

退職する際には、様々な注意点があります。例えば、退職届の提出期限を守ることや、有給休暇の消化を忘れないこと、退職金の受給手続きをすることが挙げられます。

また、退職時期を決めることも重要です。退職時期は、自分自身のキャリアプランや、会社・部署の状況に合わせて決めることが望ましいです。

引継ぎや有休消化も検討

退職する際には、退職の準備も必要です。退職届の提出や、引継ぎ業務の準備、有給休暇の消化などが挙げられます。退職の準備をしっかりと行うことで、円滑な退職につながります。

退職前には、契約書や規則を確認し、退職金や支援制度、手続きについて十分に調べておくことをお勧めします。

退職する際には、退職代行サービスや転職エージェントのようなサービスも利用することができます。これらのサービスは、退職や転職をスムーズに行うための支援を行ってくれます

引継ぎの問題

5-2. 有給休暇の消化を忘れない

ただし、有給休暇を消化する際には、さまざまな方法があります。たとえば、一度に長期間休暇を取るか、週に数日ずつ休暇を取るか、あるいは残業を減らして休暇を取るかなど、自分に合ったスタイルで消化することができます。また、有給休暇を消化することで、リフレッシュする時間を確保し、次の仕事に備えることができます。さらに、有給休暇を消化することで、健康にも良い影響を与え、ストレスを軽減することができます。

つまり、有給休暇を消化することは、法的な問題を回避するだけでなく、自分自身のためにも重要なことです。退職する前に、有給休暇をしっかりと消化して、健康でリフレッシュした状態で次のステップに進みましょう。

退職代行での有休の問題

契約社員がすぐに辞める際におすすめのサービス

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

6-1. 退職代行サービス

退職代行サービスとは、労働者が退職する際に、代理人が手続きを代行するサービスです。退職代行サービスとは、会社に退職の意思を伝える手続きを代行してくれるサービスです。

このサービスを利用することで、労働者は、手間やストレスを軽減することができます。

退職代行サービスは、契約社員にとって、退職をスムーズかつ円満に行うための有効な手段です。

 退職代行サービスを利用することで、契約社員は、退職の意思を伝える際に会社と直接話をする必要がなく、退職交渉や退職後のトラブル対応などの煩わしい手続きを任せることができます。

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

100%の成功率を誇る退職代行EXITで、新たな人生への扉を思い切って開けましょう!

EXITは総合転職エージェントとも提携、無料で連携もします。

カウンセラーとしてもにLineで退職代行EXITには気軽に相談が可能です。カウンセラーに相談するには費用がかかりますが、退職の知識があり専門的に無料で親身になって相談に乗ってくれます。

業界最大手にとにかく安く依頼したい/

何回LINEでやり取りをしても追加料金が一切発生しないため、安心して利用できるとの声が多数あります。

もちろん退職代行成功率100%で最安値のため一番人気です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら」

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

6-2. 転職エージェント

シバッタマン

契約社員がすぐに辞める際におすすめのサービスは、転職エージェントです。

転職エージェントとは、転職希望者と企業を結びつけるサービスです。転職エージェントは、転職希望者に対して、求人情報の提供や面接の調整、履歴書や職務経歴書のアドバイスなどのサポートを行います。

また、企業側に対しては、求人情報の募集や書類審査、面接の実施などを代行します。

契約社員がすぐに辞める際には、転職エージェントに依頼することをおすすめします。転職エージェントは、転職活動をスムーズかつ効率的に行うためのサポートをしてくれます

おすすめビズリーチ

【確実に退職できる理由】例文!病気!男!転職や介護!絶対やめれる退職理由?新卒

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

【契約社員すぐ辞める即日】よくある質問

【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

契約社員はすぐに辞めることができますか?

シバッタマン

契約社員は、原則として契約期間が満了するまで退職することはできません。

ただし、やむを得ない理由がある場合は、契約期間中でも退職することができます。やむを得ない理由とは、例えば、会社の倒産、会社の移転、会社の解雇、本人の病気やケガなどです。

契約社員がすぐに辞める際に、注意すべき点は?

シバッタマン

契約社員がすぐに辞める際には、次の点に注意する必要があります。

  • 退職の意思を会社に伝える
  • 退職の時期を決める
  • 退職届を提出する
  • 有給休暇を消化する

契約社員がすぐに辞める際には、これらの点に注意することで、円満に退職することができます。

契約社員 辞める時 いつまで?

シバッタマン

契約社員は、原則として契約期間が満了するまで辞めることができません。しかし、いくつかの理由で契約期間の途中でも辞めることができます。

  • やむを得ない理由で辞める場合
  • 契約書に退職の自由度が認められている場合
  • 契約期間が1年を超える場合

上記のようなやむを得ない理由がある場合は、契約期間中に退職することができます。ただし、退職する際には、会社に退職の意思を伝え、退職に必要な手続きを行う必要があります。

まとめ:【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

契約社員が即日で辞めることは原則として困難であり、特に契約期間中の退職は慎重に検討すべきです。理由としては、労働契約の違反により損害賠償請求されるリスクがあります

しかし、以下のようなケースでは退職が可能です:

  • 会社が認める場合
  • 労働契約書に明示された労働条件と実際の労働条件が異なる場合
  • やむを得ない理由がある場合(ただしハラスメント等の問題を抱えている場合は会社とのトラブルになる可能性あり)

契約社員が即日で辞める際の手続きは、退職届の提出、有給休暇の消化、退職金の受給等があります。

早期退職のメリットとして、自分のキャリアを見つめ直すチャンスを得られたり、よりやりがいのある仕事に転職できる可能性があります。

デメリットとしては、新しい仕事が見つからないリスクや損害賠償請求される可能性があります。

退職の際には退職理由の明確化、退職時期の設定、退職届の提出期限の遵守等が必要です。

また、転職エージェントや退職代行サービスの利用も考慮すると良いでしょう。

重要なポイント
  • 即日での退職は原則として難しい
  • 会社が認める場合、契約条件と異なる場合、やむを得ない理由がある場合は退職可能
  • 退職時の手続きを適切に行う(退職届提出、有給休暇の消化等)
  • 新しい仕事に就く機会が得られるが、損害賠償請求されるリスクも
  • 転職エージェントや退職代行サービスの利用を考慮する
【契約社員すぐ辞める即日】契約満了前に退職する方法?一年未満退職違約金は

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次