MENU

【プログラマー未経験きつい】仕事が辛い!実態での対処と解説

【プログラマー未経験きつい】辞めたいの実態を解説?プログラミングが辛い?新卒は?

「未経験のプログラマーがきついが転職に影響あるの?」

「未経験のプログラミングのスキルに自信がなくて転職しようかな」

未経験のプログラマが辛い・辞めたいモチベ―ジョンを向上する方法はある」

シバッタマン

1年以内に早期離職をしている未経験プログラマーは約4割もといわれているのです。新卒の場合だとプログラマーに未経験でなるときつい仕事が待っているかもしれないと感じている人もいるかもしれません。

プログラマの募集をかけているのに長期的に応募がなく困っている企業は意外と多いのも事実です。それでも辞めてしまう人が多いのは事実

仕事に就く際は、誰しもが『未経験』から始まります。プログラマーを辞めたいと考え、向いてない・出来ないと考える原因と対処についてお伝えします。

目次

【プログラマー未経験きつい】仕事が辛いと感じる実態は?

プログラマー仕事内容は?システムエンジニアとの違いは?

プログラマーの仕事内容

プログラマーはが制作した仕様書をもとに、システムがきちんと作動するようにプログラミングを行います。

  • 仕様書(プログラムの設計書)に沿ったコード作成(プログラミング)
  • プログラミングのテスト作業

 仕様書通りにプログラミングを書いてもうまくシステムが作動しないこともあり、その際は仕様書の不備を見つけることも仕事の一部となります。

 対応する言語によって、アプリケーションプログラマーやWebプログラマーといった呼び方をされることもあります。

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)とは、コンピュータシステムを開発する際に提案、設計、開発、テストまでの一連の流れを担当するITエンジニアです。

  • 顧客へのヒアリング(要望の聞き取り)
  • 要望に沿った仕様書(プログラムの設計書)の作成
  • プログラマーのマネジメント(業務管理)

 システムエンジニア(SE)の主な仕事内容として、クライアントからのヒアリング、その後のシステム設計が挙げられます。所属している企業や開発チームによってシステムエンジニア(SE)の仕事の幅は異なり、実際にプログラミングを書く場合、テストを行う場合もあります。

プログラマーとシステムエンジニア(SE)の違い?

シバッタマン

プログラマーとシステムエンジニアの、どちらが「よい」「悪い」ということはありません。

ですが、特性や性格・能力などによって向き不向きはあるでしょう。

ADHDの特性で「人間関係」に困難があるようでしたら、「プログラマーには向いていても、システムエンジニアには向いていない」という可能性はあります。

プログラマーきついと感じる実態①仕事量が多く残業が多い

シバッタマン

プログラマーは未経験に限らず「残業が多い」とか「肉体的精神的にもきつい」だとか、「本当に好きな人くらいしか楽しめない」などといった評価があります。

そのような情報をプログラマーって大丈夫かなとしんぱいになりますよね。プログラマーはきつい、きつくないは人にもよりますし、企業にも大きく左右されます。

また、繁忙期があり、納期の前は忙しく、それ以外はプログラマの仕事がなく残業が全く発生しないという露骨な業種がプログラマーなのです。あなたも一度、プログラマーの友人がいれば他人に聞いてみるのもいかがでしょうか。

プログラマーきついと感じる実態②仕事量に対して給料が少ない

仕事の量に対して給料が少ないと「辞めたい」と思うプログラマーは多いですね。経験者や未経験者に限らずですね。

シバッタマン

プログラマーは基本的に経験やスキルによって給料の増減が大きい職種のため、特に経験が少ないうちは給料が低い傾向にあります。

また、プログラマはゼネコン体質のため上流工程にいかないと給料がひくくなる傾向があります。よ下請け(SES)になるほど給料は少なくなるため、仕事量の割には給料が低い、頑張っているのに全然給料が上がらないといったこともよくあるはなしです。

ただ、上流工程は大手SIが多く、求められる知識はプログラミングより、上流工程の仕事が増えてきます。顧客との折衝であったり、マニュアル作成だったり、要件定義やプログラマに支持をだすための設計書だったりとプログラマとしてやる仕事は減ってきてしまう可能性は高いです。

米国の企業であればプログラマであっても高収入をえることは可能となります。

プログラマーきついと感じる実態③入社前と仕事がイメージと違った

プログラマーの仕事は、業務内容により大きく異なります。理想に近い仕事をするなら、プログラマーの仕事内容を理解し、自分に適した業務に就くことが大切です。

入社前と仕事がイメージと違った要因は?

一人で黙々と仕事をこなすイメージ
→実際は他人とのやり取りが多く、コミュニケーション能力が必要
難しい仕事をこなすかっこいいイメージ
→実際は毎日同じような作業を繰り返す地道な仕事

また、契約内容を調べておいた方がよいかもしれません。請負か派遣業務であるか、会社によってもプログラマは派遣業務であることも多く、望んでいた言語を必ずしもできるとは限りません。

できれば未経験プログラマは仕事を請け負っている会社に入社することをお勧めします。教育制度もしっかりしているものかと考えられます。

プログラマーきついと感じる実態④ 毎日同じことの繰り返し

未経験でプログラマー・エンジニアを辞めたい理由は「毎日同じことの繰り返しの仕事であること」です。

ログラマーの仕事は、プログラミングでシステムやアプリを開発することが一般的です。企業や案件によっては、毎日開発の仕事に明け暮れることもあります。

プログラミングが楽しいと言っていた人でも、毎日ずっとパソコンに向かい続けるに従って苦痛になってくる場合もあります。

今までパソコンにずっと向き合っていた人であれば未経験であっても苦痛ではないかもしれませんが、残業時間も多く毎日パソコンに向き合う仕事のスタイルは苦痛に感じる人はいるかもしれません。

シバッタマン

本当にプログラミングが好きな人はいずれなれてくるかと思います。ただ、未経験プログラマーの場合はそこまでの状態ではないと思うため苦痛に思う可能性が十分にありえますね。

プログラマーきついと感じる実態⑤チームへうまく馴染めない

未経験でプログラマー・エンジニアを辞めたい理由は「チームへ馴染めないであること」です。

これは学生時代にアルバイトをした人、または転職経験がある人なら既に把握していると思いますが、どの会社へ行っても同じではあります。

新しく入ったチームや組織に馴染むのはなかなか難しいです。知らない人が多い場合、なかなか溶け込むことができません。もしプログラマーの仕事、会社のしきたりを質問をするにしてもチームへなじめていないとなかなか質問ができなかったりするものです。

シバッタマン

チームに溶け込むことができないと、会社内に相談できる環境ができず、未経験なおさら何の仕事をしてよいのかわりませんし、プログラミングも作れませんね

結果として会社内で相談できる人がいない場合は、ストレスがたまっていく一方です。ストレスが溜まるにつれて、辞めたいという気持ちが大きくなってしまいます。

プログラマーきついと感じる実態⑥覚えることが多すぎる

プログラマーと言っても、会社によって開発するものによって使うプログラミング言語が異なってきます

例えば働く業務によって利用する言語がかわってきます。

入社前と仕事がイメージと違った要因は?
  • Webサイト制作:HTML/CSS・PHP・JavaScript等
  • スマートフォンアプリ:JavaやSwift
  • 業務システム:JAVA、C言語
  • AIシステム;PYTHON、R言語
  • OS:Linux、Windows,UNIX
  • データベース:Oracle,mysql,postgressql
  • GIT,GITHUB

未経験でかかわった会社開発の種類によっては新しくプログラミング言語が必要になります。

プログラマーきついと感じる実態⑦プログラミング以外でも覚えること多い

また、開発のOSやデータベース、ネットワーク、構成管理システム、フレームワークなど会社によってそれぞれです。

また、開発スタイルによっては最近ではアジャイル開発もはやってきています。

シバッタマン

IT業界は他の業界に比べると、変化のスピードが早く次々に新しい技術が登場します。プログラマーとして活躍するためには、常に最新情報をキャッチアップして、新しい技術を身につける必要があります。

本当にさまざまなスキルが必要なのです。ただ、私の経験からすると一つでも言語を覚えておけばあとは経験でなんとかなります。未経験でも最初にはった言語をしっかり覚えておけばそのあとは経験で覚えるスピードははやくなります。

【プログラマー未経験きつい】辛いと感じた実態での対処?

プログラマーきつい・辛い場合の対処方法① プログラミングを勉強し直す

大学でプログラミングを学んでいた方でも入社してからプログラミングで勉強するのには苦労することがあります。その場合はプログラミングを学びなおすこともたいせつかもしれませんね。

プログラミングは、独学やスクールなど、さまざまな方法で学習することが可能です。

コツコツ学びたいなら書籍、ゲーム感覚で学びたいならスマホアプリなど、手軽にプログラミングを学びやすい環境が整えられています。

シバッタマン

未経験プログラマーは会社でプログラミングをすることで自分は何を将来実現したいのかを考え直すのはよいかもしれません。会社にはいってから自分が作りたかったシステムにはどのようなプログラミング言語が必要かわかることも多いかと思います。

YouTubeなどの動画でもプログラミングは学べるため、お金をかけずにプログラミング学習を始めたい人も、気軽に挑戦しやすいことがメリットです。

勉強をしなおすことも検討するのはいかがでしょうか。

プログラマーきつい・辛い場合のの対処方法② やりたいことを仕事以外の場所でやる

プログラマーは、弁護士や医師のような、いわゆる士業ではありません。

プログラマーとは何であるかの公的な定義はないのですが、一般的には、プログラマーはプログラミング言語の知識や経験を生かしてプログラムを作り、プログラムのテストまで行うのを主な仕事とする人、とされます。

社内ではエンジニア職や技術職の扱いとなり、設計や運用保守などの、システムに関わる別の業務を兼務することが一般的

シバッタマン

つまりプログラミングに必ずしも関われるというわけではありません。よって仕事以外でプログラミングを仕事以外で行い実績をつむのもよいのではないでしょうか。

プログラマーきつい・辛い場合のの対処方法③期限や目標を決めて頑張ってみる

未経験のプログラマは「期限や目標を決めて頑張ってみること」もよいかもしれません。

理由として新卒や未経験からプログラマーになった場合、会社の業務や会社の人間関係に慣れておらず辞めてしまうことが非常に多いです。

その仕事でも一緒ではありますが、会社の業務や会社の人間関係に慣れさえすれば、悩みも解消しプログラミングもできるようになります。これは私の経験でもそうです。

退職や転職をする前に目標や期限を決めて頑張ってみてください。「あと半年」「このプロジェクトが終わるまで」のように、期限を決めることで頑張れる人も多いでしょう。

そして一度目標や期限を決めたら、その期間は本気で頑張ってみましょう。

シバッタマン

また、プログラミングに熱中すると過集中になりやすい傾向もあります。期限や目標を決めないと残業がふぇてしまい体がこわれてしまう、もしくは正常な判断ができなくなります。それで仕事が嫌になってしまう可能性もあります。一度過集中からはなれて、退職や転職を検討するのもおそくはないかと考えれます。

プログラマーきつい・辛い場合の対処方法④どんなことシステムを作りたいのか考える

未経験でプログラマー・エンジニアを辞めたい場合には休日やプログラミングを忘れることも重要です。

勉強しなおすとは反対の考え方ですが、距離をとるということも重要な考え方になります。

シバッタマン

プログラマーは納期があるため、それまでに納品をしなくてはいけないと考えてしまいます。ましてや未経験のプログラマーとなるとスキルが足りないと感じてしまい、休日返上で勉強したり、または仕事をしてtしまったり無理をしてしまうことがあります

結果として、疲れが溜まってしまってプログラマーの仕事を辞めたいとなってしまいます。

いったん休日は勉強をせずに思い切ってプログラマーの勉強や仕事以外を行うようにしましょう。プログラミングとは違うことにチャレンジして、趣味や習い事、たまには飲み会に参加するなどがおすすめです。

プログラマーきつい・辛い場合⑤企業と自分の条件が合っているか確認

企業がどのような人材を求めているのか把握し、自分とマッチしていることを確認することも大切です。企業が求めている条件と自身の条件があっていない場合、転職活動がうまくいかない可能性があるでしょう。

自分のスキルに合っているかを判断するには、まず自分のスキルレベルを正しく把握する必要があります。あなたは自分の強みを正確に理解されていますか。プログラミングスキルは習得するのが大変なスキルですが、このスキルだけでは不十分です。
プログラミングのスキルをベースに今求められているスキルを他の人よりも早く習得していることも必要です。

プログラマーきつい・辛い場合⑥派遣エンジニアのスタートがで実態をみる

未経験から本気でプログラマーを目指すのであれば、プログラミングスクールに通うのと『派遣エージェント』
に登録して派遣エンジニアとしてよいかもしれません。

会社によっては派遣エンジニアで研修に行かせてくれることもあります。資格をとって、そのまま給料が上がる可能性もあります。

プログラマーとして実務経験を積むことができれば、いずれは正社員として働くこともできますし、フリーランスプログラマーになって高給取りになることも可能です。


シバッタマン

私も派遣でプログラマーで開始しましたが、IT業界の実態を知ることができましたし、適正もわかりました。そして今フリーランスとして働いています。

プログラマーきつい・辛い場合⑥転職エージェントに相談に実態を相談

マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【マイナビ転職の評判・口コミ】良い?悪い?マイナビ転職キャリアパートナー

DODAチャレンジ

相談者

例えば転職サイトDODAの求人をみてみましょう。システムエンジニアを募集しているのがわかります。
また、

統合失調症、双極性障害、うつ、発達障害、高次脳機能障害のある方々のご支援実績がございます。就業経験の少ない方、支援機関通所中の方はもちろん、現職中の方の年収アップのご支援も多数ございます。

よくある質問①発達障害ADHDの特性がプログラマーやシステムエンジニアの求人はあるの?

私が大切にしていることは、求職者ご自身の想いに真摯に向き合うことです。転職を考えておられる方は叶えたい希望や不安、うまく言葉にならないモヤモヤした気持ちなど、様々な想いを抱えていらっしゃると思います。まずはそのようなお気持ちをお話して頂き、整理することが私の役目だと考えています。時にはプロとして客観的なアドバイスをさせて頂くこともありますが、カウンセリングでは話しやすい雰囲気を心がけご自身のお気持ちに丁寧に寄り添うことを何よりも大切にしています。こんなことまで職場にお願いしてもいいの?前職ではこんな時に困ったのだけれど……、というお話を是非お聞かせください。職場に理解して頂ける伝え方やご自身で取り組める対処法を一緒に考えていきましょう。法人営業で学んだ企業の人事視点を取り入れてご提案致します。

引用元:https://doda.jp/challenge/service/adviser/nm.html

また、発達障害の方がDODAで仕事を続けるコツが記載されています。

社名パーソルチャレンジ株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
創立年月日2008年1月1日(特例認定 2008年11月)
※ 2017年6月1日付、株式会社フロンティアチャレンジから社名変更
取締役代表取締役井上 雅博取締役中村 淳
事業内容障害者専門の人材紹介、コンサルティング、就労移行支援、委託訓練、教育・アセスメント、公共事業受託、事務アウトソーシング
許可番号有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-040608
従業員数1,241名
(2022年4月1日現在、うち障害者人数 747名 : 身体107名/知的52名/精神588名)
サポート体制精神保健福祉士、GCDF-Japanキャリアカウンセラー
第2号職場適応援助者(ジョブコーチ)、障害者職業生活相談員
関連会社パーソルホールディングス株式会社
【プログラマー未経験きつい】辞めたいの実態を解説?プログラミングが辛い?新卒は?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次