MENU

【WEB系やめとけ】プログラマー未経験でも向かない?無理?

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

「これからプログラマーはやめとけ」

 

相談者

転職や就職活動をする場合には聞く人がおおいのではないのでしょうか。プログラマはやめとめ家といわれるが何故なのか理由なのかと考える人もおおいのではないでしょうか。

たしかにプログラマーには向いている人向いていない人がいるのはまちがいありません。ただ、将来性があるのもまちがいありません。それではなぜ辞めとけと言われるのでしょうか。

今回の記事では【プログラマーやめとけ】 WEBやホワイト企業は後悔する?向いている人は?についてお伝えします。

目次

【WEB系やめとけ】プログラマー未経験でも向かない?無理

プログラマーのやめとけといわれるが仕事内容は

プログラマーはが制作した仕様書をもとに、システムがきちんと作動するようにプログラミングを行います。

  • 仕様書(プログラムの設計書)に沿ったコード作成(プログラミング)
  • プログラミングのテスト作業

 仕様書通りにプログラミングを書いてもうまくシステムが作動しないこともあり、その際は仕様書の不備を見つけることも仕事の一部となります。

 対応する言語によって、アプリケーションプログラマーやWebプログラマーといった呼び方をされることもあります。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由①長時残業が多い

シバッタマン

プログラマーは辞めとけが多いといわれる理由は、「残業が多い」とか「肉体的精神的にもきつい」だとか、「本当に好きな人くらいしか楽しめない」などと意見があります。

情報をプログラマーって大丈夫かなと心配になりますよね。プログラマーはやめとけとなりますが、人にもよりますし、企業にも大きく左右されます。

また、繁忙期があり、納期の前は忙しく、それ以外はプログラマの仕事がなく残業が全く発生しないという露骨な業種がプログラマーなのです。あなたも一度、プログラマーの友人がいれば他人に聞いてみるのもいかがでしょうか。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由②残業代が未払い

プログラマーやめとけと言われる理由としては会社によっては残業代が未払いの会社あります。残業をしても、仕事の量に対して残業は未払いだとと「辞めたい」と思うプログラマーは多いですね。経験者や未経験者に限らずですね。

シバッタマン

プログラマーは基本的に経験やスキルによって給料の増減が大きい職種のため、特に経験が少ないうちは給料が低い傾向にあります。

また、プログラマはゼネコン体質のため上流工程にいかないと給料がひくくなる傾向があります。よ下請け(SES)になるほど給料は少なくなるため、仕事量の割には給料が低い、頑張っているのに全然給料が上がらないといったこともよくあるはなしです。

ただ、上流工程は大手SIが多く、求められる知識はプログラミングより、上流工程の仕事が増えてきます。顧客との折衝であったり、マニュアル作成だったり、要件定義やプログラマに支持をだすための設計書だったりとプログラマとしてやる仕事は減ってきてしまう可能性は高いです。

米国の企業であればプログラマであっても高収入をえることは可能となりま

【プログラマーやめとけ】といわれる理由④運動せず体調が悪くなる

若くて体力があるうちは深夜や朝方まで続く残業に耐えることができるかもしれません。しかし、加齢とともに体力が低下することで徹夜作業に集中できなくなります。残業によって溜まった疲れを残したまま働くことで仕事の質にも影響が出るでしょう。

体調がわるくなりメンタルの調子がおかしくなる人もいます。

シバッタマン

体力だけでなく学習能力の低下も大きな問題です。新しい言語を習得しづらくなれば、第一線での活躍が厳しくなる可能性もあります。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由④人手不足ゆえ忙しい

シバッタマン

日本のIT業界において人材の需要と供給のバランスが大きく崩れる問題があります。なぜなら、IT業界の急な成長速度に人材の教育が追いついていないためです。少子高齢化問題も解決しないため、今後も人材不足の状況が続くでしょう。

比較的参入しやすいWebプログラマーなどは、ある程度人手が足りている傾向にあります。セキュリティエンジニアや先端技術を扱うビッグデータ・AIプログラマーなどは人手不足です。


エプログラマーになりたい人や、現在プログラマーとして働いている人にとって、人手不足の時代に求められるエンジニアになるのは、課題になるでしょう。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑤納期でばてる

シバッタマン

プログラマーはは辞めとけと言われるのは35歳定年説があるからです。。なぜなら納期でばてるからです。私も実際にそうで社内SEを目指しました。

『これまでプログラミングを学んだことがない。興味持てるかわからない』と悩んでいたら、プログラミング無料体験で学んでみるのもよいかもしれません。

HTML,CSS,Javascriptを無料で学ぶことができます。無料体験を通して、「本当にエンジニア(プログラミング)に興味持てるのか」試すことができるのです。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑥SES勤務がやめとけ

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

T業界におけるシステム開発の契約形態は下記のように2つあります。

[1]顧客から依頼されたシステムの完成を約束し、納品する
(この場合、顧客は納品物の対価を支払います)
[2]技術者の労働を提供する
(この場合、顧客は技術者の労働の対価を支払います)

シバッタマン

SESは[2]に当てはまります

SES契約では、プログラマの能力を契約の対象とし、客先のオフィスにエンジニアを派遣して(常駐)、技術的なサービスを提供します。

とくに下記の三つに分けられると思います。大きく分けると派遣契約との違いは、指揮命令権の所在となります。SES契約でありながら、実態として顧客の指示で動いていた場合、違法な偽装請負となります。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑦休日も勉強はかかせない

プログラマーは辞めとけと言われる理由はプログラミングの他に開発のOSやデータベース、ネットワーク、構成管理システム、フレームワークなど覚える必要があります。会社によってそれぞれです。

これは業務では利用しないので休日でも勉強をしなくてはならないことがプログラマは辞めとけにつながりますよね。

また、開発スタイルによっては最近ではアジャイル開発もはやってきています。

シバッタマン

IT業界は他の業界に比べると、変化のスピードが早く次々に新しい技術が登場します。プログラマーとして活躍するためには、常に最新情報をキャッチアップして、新しい技術を身につける必要があります。

本当にさまざまなスキルが必要なのです。ただ、私の経験からすると一つでも言語を覚えておけばあとは経験でなんとかなります。未経験でも最初にはった言語をしっかり覚えておけばそのあとは経験で覚えるスピードははやくなります。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑧休日でも深夜でも障害対応で呼び出される

プログラマーの仕事は順調に進んでいても突発的な問題や障害対応が頻繁に発生します。無事に完了したと思ったら「エラーが発見される」「クライアントから急に仕様変更の指示が入る」といったアクシデントは珍しくありません。


最初からやり直すことになっても納期を変更できなければ徹夜や休日出勤で埋め合わせが必要です。緊急対応が求められプライベートの予定がキャンセルになってしまうこともあります。

シバッタマン

現在では少なくなりましたがオンプレミスで構築している企業もあります。機械なので壊れることが多く障害があったら休日も深夜も関係ありません。お客様に呼び出されシステムを復旧することが優先されます。クラウドでだいぶ改善されましたが、私は休日対応や深夜作業は当たり前でしたね。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑨日々の同じことの繰り返し

プログラマをやめとけといわれることは日々同じことをやめることの繰り返しがありますよね。

プログラマーの仕事は、プログラミングでシステムやアプリを開発することが一般的です。企業や案件によっては、毎日開発の仕事に明け暮れることもあります。

プログラミングが楽しいと言っていた人でも、毎日ずっとパソコンに向かい続けるに従って苦痛になってくる場合もあります。

今までパソコンにずっと向き合っていた人であれば未経験であっても苦痛ではないかもしれませんが、残業時間も多く毎日パソコンに向き合う仕事のスタイルは苦痛に感じる人はいるかもしれません。

シバッタマン

本当にプログラミングが好きな人はいずれなれてくるかと思います。ただ、未経験プログラマーの場合はそこまでの状態ではないと思うため苦痛に思う可能性が十分にありえますね。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑧ 契約でリリース後も責任が重い

納期までにリリースできたとしても油断は禁物です。テストを重ねた場合でも、リリース後に何らかのエラーや障害が発生する可能性があります。障害が起きれば、もちろん迅速に対応しなければなりません。

シバッタマン

プログラムの場合や契約でリリース後も責任が重いことが多いです。ようは請負契約が多く、バグがあっても無償でシステムを改修しなければなりません。これが瑕疵担保というものです。


メンテナンスやアップデートが必要なときにも仕事で呼び出されます。プログラマーにとってリリースはゴールではなくひとつの通過点です。

新しい案件への着手とリリース済みのシステムに関する対応が重なれば、業務量は一気に増えるでしょう。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑨ 35歳定年説はいまだにある

若くて体力があるうちは深夜や朝方まで続く残業に耐えることができるかもしれません。しかし、加齢とともに体力が低下することで徹夜作業に集中できなくなります。残業によって溜まった疲れを残したまま働くことで仕事の質にも影響が出るでしょう。

シバッタマン

プログラマーはは辞めとけと言われるのは35歳定年説があるからです。。なぜなら納期でばてるからです。私も実際にそうで社内SEを目指しました。

また、プログラマーではなくシステムエンジニアを目指さなきゃいけない可能性もありますね。

【プログラマーやめとけ】といわれる理由⑩ 向き不向きが激しい仕事

プログラマー(PG)を辞めとけと言われる理由としては、経験を積むと、システムエンジニア(SE)という職種への転向を求められることがあります。プログラマーに適性があってもシステムエンジニアには向き不向きが激しく、できるとは限りません。

シバッタマン

プログラマー(PG)として経験を積むと、システムエンジニア(SE)という職種への転向を求められることがあります。

プログラミングとあまり関係のない部署への異動もあるでしょう。SEや他部署は、プログラマーと比べ、対人コミュニケーションが多く求められがちです。

また、他部署の場合は、その仕事に興味を持てるかがわかりません。ADHDの特性に伴って対人関係や興味の範囲に困難がある方は、「SEや他部署への変更が求められる職場」の場合は、向いていないかもしれません。

ただし、「SEや他部署になっても、周りのサポートが手厚い職場」などなら、問題ないケースもあるでしょう。

【WEB系やめとけ】プログラマー!ホワイトは無理でも対策できる?

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

プログラマーやめとけでも対策①文系・理系は関係ない

シバッタマン

前提として、プログラミング・プログラマー職に興味のある方は、プログラマーに向いている可能性があります。

「それは当たり前じゃないの?」と思うかもしれませんね。文系と理系は関係ありません。

プログラマーとして楽しみながら、成果を出しながら働き続けられる可能性があるのです。

プログラマーやめとけでも対策②プログラマーという仕事は常にある

極論ではありますが、「プログラミングという仕事そのもの」は、どの会社で働いても業務内容は同じです。

その上で、プログラミングのスキルがある人は、限られています。

「エンジニアの仕事は好きだけど、)今の職場の人間関係やルールが合わない」という悩みが生じたときに、「自分により合う他の会社に転職して、エンジニアとして働き続ける」ことが、他の職種よりもしやすいと言えるでしょう。

ただし、「スキルを身につける」ためには、真面目に働くことと、新しい知識や技術の勉強を続けていくことが大切です。これができるなどは可能です。

プログラマーやめとけでも対策③WEB業界ではフリーランスなど給与アップの機会は多い

シバッタマン

WEB業界ではフリーランスが多く、給与アップの機会は非常に多いです。最初はSESで勤務してもそのあとフリーランスとなり高収入を稼げるひとは多いです。

チームで仕事することがなく、担当者と1対1(担当者の指示に従っていれば良い)で業務を進めることができます。

クラウドワーカにプログラミングの業務を依頼してきたが、クラウドワーカーが数人のチームで仕事をすることはなかったと思います。

クラウドワークスの仕事は、市場に比べると安い料金で働くことが多いです。

 

プログラマーやめとけでも対策④社会に貢献したい人にはピッタリ

シバッタマン

プログラマー似向いている人は、発想力に富んでいてアイディアが豊富であったり、好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる環境であることは特性がいきれば楽しい職場になるでしょうね。

プロジェクトによって必要とされる技術も異なることから、多くのプロジェクトを経験することでITエンジニアとして幅広く専門的なスキルを習得できるでしょう。

ただ、IT業界は社会貢献ができる仕事は多いです。AIなどもプログラミングですからね。

WEB系やめとけ】プログラマー!未経験でWEB系転職で後悔しない人?

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

転職で後悔しない人①論理的思考

プログラミング力をつけることは易しくはありません。学んでおくべきことは広範囲にわたり非常に多い上、様々な分野をそれぞれ身につけるのには時間がかかります

シバッタマン

ただ、論理的思考がある人は習得が速いと感じま

転職で後悔しない人②迅速な対応

プログラマは納期が求められる仕事です。また、トラブルがあった場合には迅速な対応が櫃王となります。

トレーニングとしては「期限や目標を決めて頑張ってみること」もよいかもしれません。

迅速な対応が大いにも関わらず、会社の業務や会社の人間関係に慣れておらず辞めてしまうことが非常に多いです。

悩みも解消しプログラミングもできるようになります。これは私の経験でもそうです。

退職や転職をする前に目標や期限を決めて頑張ってみてください。「あと半年」「このプロジェクトが終わるまで」のように、期限を決めることで頑張れる人も多いでしょう。

そして一度目標や期限を決めたら、その期間は本気で頑張ってみましょう。

シバッタマン

また、プログラミングに熱中すると過集中になりやすい傾向もあります。期限や目標を決めないと残業がふぇてしまい体がこわれてしまう、もしくは正常な判断ができなくなります。それで仕事が嫌になってしまう可能性もあります。一度過集中からはなれて、退職や転職を検討するのもおそくはないかと考えれます。

転職で後悔しない人④プログラミングが好きな人

『これまでプログラミングを学んだことがない。興味持てるかわからない』と悩んでいたら、プログラミング無料体験で学んでみるのもよいかもしれません。

HTML,CSS,Javascriptを無料で学ぶことができます。無料体験を通して、「本当にエンジニア(プログラミング)に興味持てるのか」試すことができるのです。

大学でプログラミングを学んでいた方でも入社してからプログラミングで勉強するのには苦労することがあります。その場合はプログラミングを学びなおすこともたいせつかもしれませんね。

プログラミングは、独学やスクールなど、さまざまな方法で学習することが可能です。

コツコツ学びたいなら書籍、ゲーム感覚で学びたいならスマホアプリなど、手軽にプログラミングを学びやすい環境が整えられています。

転職で後悔しない人⑤流行を追っていく人

プログラマは未経験で数か月まなんだだけけでなんとかなるような職業でありません。

学ぶべき知識・技術は一度学んで終わりではなく、新しい知識・技術が日々現れ、学んだそばから陳腐化していきます。他分野に比べると、IT分野は未成熟な上に変化も速い分野です。

転職で後悔しない人⑥常に課題を持って取り組める人

シバッタマン

プログラマーに向いている人になるには企業がどのような人材を求めているのか把握し、自分とマッチしていることを確認することも大切です。

企業が求めている条件と自身の条件があっていない場合、転職活動がうまくいかない可能性があるでしょう。

自分のスキルに合っているかを判断するには、まず自分のスキルレベルを正しく把握する必要があります。あなたは自分の強みを正確に理解されていますか。プログラミングスキルは習得するのが大変なスキルですが、このスキルだけでは不十分です。
プログラミングのスキルをベースに今求められているスキルを他の人よりも早く習得していることも必要です。

WEB系やめとけ】プログラマー!向かない人やホワイト企業に転職

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

人間関係が不得意

人間関係に難しさやストレスを感じる場合もあります。

シバッタマン

プログラマーは、他職種と比べた一般論として、「PCと向き合う時間が多く、対人関係が少ない職種」であるため、対人関係のストレスなども少ないと言えるでしょう。

ただし、対人関係は「全くない」というわけではありません。

集中力の無い人

プログラミングとは、PCやスマホなどで様々なアプリなどを動かしているコンピュータープログラムを表現する文字列のことです。

複雑なプログラムほど、たくさんのコードを書く必要があります。

「適度な休憩を挟む」などをして過集中をうまく利用できれば、「より短時間に、より多くのコード」を書くことができます(一般的には、タイマーなどを利用して時間の区切りをつけることで休憩を挟みやすくなります)。

複雑なプログラムほど、たくさんのコードを書く必要があります。

ただし、「うまく利用できれば」とは言いつつも、過集中の後には疲れが生じます。

デジタルな人

デジタル思考は余計な感情をプラスしないため、何ごとも判断基準がクリアです。

数字で表せないことも明確な判断ルールがあるので、素早く状況を察知するでしょう。デジタル思考は、理論的な処理に優れているのが特徴で、計算したり情報処理したりするのが得意です。

きっぱりと一線を引くので、間違いが少ないのがメリットですが、柔軟な姿勢が見られないので周囲とぶつかる人が多い点も特徴。

スマホやパソコンなど、生活の中でもデジタルだらけの今の時代。人間の思考も、徐々にデジタル表示されているのかもしれません。

完璧主義ではない

相談者

プログラマーは完璧主義の人には向いていないかもしれません。

プログラミングは、コードを作り、動かし、改善やミス・不具合の修正を行う…という作業です。

つまり、プログラマーは、「ミスとやり直しが前提の職種」と言えますでの、完璧主義の人だと疲れてしまう可能性があります。

WEB系やめとけ】プログラマー!ITやWEB系開発でホワイトで後悔しない方法

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

後悔しない方法①プログラミングは常に勉強

プログラミング力をつけることは易しくはありません。

学んでおくべきことは広範囲にわたり非常に多い上、様々な分野をそれぞれ身につけるのには時間がかかります。プログラマーは経験があればあるほど転職でも有利になるといわれています。

プログラマは未経験で数か月まなんだだけけでなんとかなるような職業でありません。

学ぶべき知識・技術は一度学んで終わりではなく、新しい知識・技術が日々現れ、学んだそばから陳腐化していきます。他分野に比べると、IT分野は未成熟な上に変化も速い分野です。

後悔しない方法②クラウドワークスなど働き方を考える

未経験からでも本気になってプログラミングを学習すれば、フリーランスエンジニアになることはできるとおもいます。

最終的には本人のスキルと営業力などにかかってくるため、フリーランスエンジニアになれる確証があるわけではないことは注意しておきましょう。

後悔しない方法③IT・WEBに得意な転職エージェントに相談する

シバッタマン

後悔しない方法としてはITやWEBに得意な転職エージェントに相談するのも必要かと思います。例えばDodaやビズリーチはITやWEBに得意です。

doda

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

プログラミングスクールに通う

プログラミングを学びなおすためにスクールをうまく活用するのもよいかもしません

一人だけで勉強すると未経験では時間がかかってしまい、間違った方向へすすんでしまう可能性があります。

無料体験などで現状のスキル感・悩み・キャリアプランなどを相談してみるのはいかがでしょうか。未経験であることを伝えば、あなたにとってもっともよいカリキュラムを組んでもらうこともあります。

転職サポートをしてくれるところも多いスクールもおおいです。スキルアップだけでなく転職も選択肢に入っている方にとってもおすすめできます。

インフラエンジニアを目指すならLinuC


ウズウズカレッジではインフラエンジニア(特にサーバーエンジニア)を目指す求職者にとって 非常に有利になる「LinuC」という資格を取得するためのITスクールです。もっとお手頃に、気軽に、 自分のペースでITスキルを身につけられるサービスです

 20代の就職サポート実績は17,500人以上 UZUZでは、創業以来20代の若者向けの就職支援サービスを提供しています。 特に「未経験からITエンジニアへの就職支援」に強みがあり、プロのキャリアアドバイザーが万全のサポートを 提供。

IT系の優良求人も豊富に用意しています。

月額33,000円(税込)でお手軽に利用できるサブスクモデル もっと気軽にITスキルを身につけたいけど、どれも高額でなかなか手が出ない…。 そういったIT学習希望者は世の中にたくさんいます。

料金比較

料金比較
A社:696,000円(税込)
B社:418,000円(税込)
ウズウズカレッジ:33,000円(税込)

圧倒的な安さで、充実の学習サポートを提供します。

【CODE×CODE CAREER

プログラミングスクール「CODE×CODE」との連携 ITエンジニアを目指すにあたって、活動を有利に進めるために資格が有効です。

そこでITスクールと連携することで、IT資格を取得してもらった上での就職活動を可能としています。T業界は全ての職種が存在する業界です。エンジニア職はもちろん、 事務、営業、販売、マーケティングなどただその職種に就くよりも 「IT」という価値をプラスすることで自身のキャリア価値を高めることができます。

メリット

・未経験者のITエンジニア就職をサポートする特化型就職サービス
・ITスクール「CODE×CODE」の利用(有料)
・無料カウンセリング ・就職/転職サポート

まとめ:【WEB系やめとけ】プログラマー未経験でも向かない?無理?

本記事ではプログラマーはやめとけについてご紹介しました。プログラマーはやめるべき職業ではありませんが、適正や心がまえがわかったかと思います。


プログラマーの仕事は確かにつらい部分もあり、ホワイト企業ではなくブラック企業では毎日長時間労働を強いられるので、やめとけというのは正しいのかもしれません。しかしやり方次第でいくらでも変われるチャンスはあります。

親しい知人がいれば、会社への愚痴を話せますし、もしかすると知人から会社へのお誘いがあるかもしれません
ね。プログラミングスクールなどで仲間を探すのも良いかもしれませんね。

関連記事:【手取り15万生きていけない】正社員/地方?一人暮らしきつい?貧困から抜け出す

【プログラマーやめとけ】向かない?未経験はWEBやホワイト企業でも転職の後悔?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次