MENU

【インフラエンジニアキャリアパス】SESから転職脱出の方法?

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?

インフラエンジニアキャリアパスってどうすればよい

インフラエンジニアから未経験なんでだけど大丈夫

インフラエンジニアはSESが多いって聞くけど何なの

シバッタマン

私はインフラエンジニアとしてCCNAやLPIC、MCPなどの資格を取得してプログラマからインフラエンジニアにキャリアチェンジをしています。そのため、今のクラウド時代よりオンプレ時代からインフラエンジニアに対して詳しいとおもっていますが、きついところも多くしています。

今回の記事では【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?についてお伝えします。

目次

【インフラエンジニアキャリアパス】の将来性はどうなの?転職脱出?

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?

【インフラエンジニアキャリアパス】の将来性はどうなの?転職脱出したほうがよい

シバッタマン

インフラエンジニアの技術の進化と共に開発に携わるエンジニアの数は増加し、ツールは多様化しつつあります。複雑化していくソフトウェアの開発において、デプロイや運用監視などのプロセスを自動化するDevOpsの手法を導入する企業は増加しています。

そのため、インフラエンジニアにも常に勉強をしたほうがよいです。

開発環境を整備し、プロセスの自動化を推進してチームの生産性を向上させるDevOpsエンジニアは今後さらに不可欠な存在となるでしょう。

インフラエンジニアからDevOpsエンジニアの年収は?

米キャリア情報サイト、コンパラブリー(Comparably)は発表した年収ランキングでは6位に位置しています

1位 データサイエンティスト(11万850ドル)
2位 プロダクトマネジャー(10万5000ドル)
3位 モバイル開発者(9万8000ドル)
4位 開発者(9万6000ドル)
5位 セールスエンジニア(9万3000ドル)
6位 DevOps(デブオプス)エンジニア(9万ドル)

引用元:インフエンジニアのキャリアパス年収

インフラエンジニアからDevOpsエンジニアの求人の例文

某有名WEBサイト

開発・運用業務の効率化のために以下のような業務を担当していただきます。
運用環境の企画、構築
自動化ツールの導入、開発
システム監視、パフォーマンスチューニング
オペレーションの改善
チーム内のエンジニアのリード

某有名グルメサイト

・ミドルウェアバージョンアップ対応(アプリケーション改修も含む)
・アプリケーション、ミドルウェアのパフォーマンスチューニング
・運用および開発改善を目的としたアプリケーション改修
・運用および開発改善を目的とした新規システムのアーキテクチャ設計および構築(ミドルウェア等の技術選定/検証、導入も含む)
・デプロイ、テスト環境、CI環境、開発環境の改善
・開発エンジニアへの技術的な支援
・Ansibleを用いたミドルウェアの構成管理

大手メーカー

・5年以上のIT経験、特にハンズオンでご自身で構築した経験
・5年以上のシニアエンジニアに相当する経験と後進指導経験
・3年相当のAWSやGCPのクラウド構築・運用経験、自動化経験
・日本語及び英語での卓越したコミュニケーション能力(口頭、書面、プレゼンテーション)
・継続インテグレーション・継続デプロイメントの構築運用経験
※以下の内から2つ
・Eコマースシステムの構築・運用経験
・大規模ウェブサービスの構築・運用経験
・継続インテグレーション・継続デプロイメントの実行経験・適用経験
・開発プロセス方法論の導入経験。特にScrum/Agile手法
・テスト方法論や品質管理方法論の導入経験

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験ならSESのメリット・デメリット

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアでもオンプレミスからクラウドに変化を遂げています。

SREとDevOpsは、いずれも開発スピードだけではなく、ソフトウェア・サービスの品質を向上するための開発手法です。

これらを導入することで、「ビジネスの変化に適応可能なスピードを重視する開発部門」と「安全性・安定性を重視する運用部門」の間のギャップの解消が期待できます。

開発・運用するソフトウェア/システムによってビジネスの価値をより高めるだけでなく、そのビジネスの価値をより確実かつ迅速にエンドユーザーに届け続けるという概念があります。

安定したサービス稼働を志向する運用チームと、開発を次々進めたい開発チームの対立が大きくなる中で生まれました。

開発プロセスの円滑化までを担当する点においては、従来のインフラエンジニアと異なりさらに上級のスキルが必要になるでしょう。

何かしらの不具合があった場合、プログラムに詳しくない運用者は対処や報告に苦慮するでしょう。

その際DevOpsエンジニアは、正しい判断で的確に報告することが可能なため、開発の高速化や開発プロセスの円滑化に繋がるといえます。

SESのインフラエンジニアといえば

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?

SESとは、System Engineering Service(システムエンジニアリングサービス)の頭文字をとった用語です。

ITエンジニアの技術力を企業や組織に提供するサービスのことを指します。 SESは、クライアントがエンジニアの成果に対価を支払う「請負契約」ではなく、エンジニアの業務遂行に対価を支払う「準委任契約」が一般的です。そのため、SESのエンジニアは、契約で定められた期間‧作業時間に業務を行うことでクライアントにサービスを提供し、収入を得ているケースが多いです。

労働者派遣とは違い、クライアントがエンジニアに指揮命令を下すことはできません。エンジニアへの指示は、サービスを受注したベンダーの担当者が行います。

引用元:SESインフラエンジニア(IPA)

シバッタマン

それではSESのインフラエンジニアのメリットとデメリットをお伝えします。

インフラエンジニアがSESのメリット①:エンジニアとして幅広く専門的なスキルを習得

SESに向いている人は、発想力に富んでいてアイディアが豊富であったり、好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる環境であることは特性がいきれば楽しい職場になるでしょうね。

シバッタマン

SESのインフラエンジニアは参画するプロジェクトごとに様々な企業の開発現場に常駐し、開発作業を行うことになります。

プロジェクトによって必要とされる技術も異なることから、多くのプロジェクトを経験することでインフラエンジニアとして幅広く専門的なスキルを習得できるでしょう。

インフラエンジニアがSESのメリット②:人間関係を変えることができる

シバッタマン

インフラエンジニアの人は自分にとって苦手な人と付き合うのが苦手な人がいます。SESでは人間関係が固定化することはありません。

私の場合は気が合わない人にはとことんに嫌われることがありました。それを別の職場環境に変更できるのであればどんなに楽だろうと思ったことは多々あります。

SESのインフラエンジニアはクライアントの開発現場で仕事をすることになるため、他の様々なSESのエンジニアともつながりができやすい状況にあります。

仕事を通して高いスキルを持っていることが伝われば、人脈を利用して良い転職先を見つけられる可能性もあります。

インフラエンジニアがSESのメリット③:残業時間がすくなくてもよい

私の体験談であればSESはエンジニアの労働力を提供するためです。あらかじめ決められた契約で時間を労働以上に強いられません。過集中を防ぐことは可能かと感じます。よって2次障害の病気になることもすくないかもしれません。ただホワイト起業でのSESが前提となりますのでご注意ください。

SESのインフラエンジニアは成果物に対する責任を持つ必要がありません。

シバッタマン

SESのインフラエンジニアは成果物に対する責任を持つ必要がありません。

そのため、残業してでもシステムを完成させなければ契約違反になるということもありません

インフラエンジニアがSESのデメリット①:システムの最後まで携わらない

シバッタマン

これはインフラエンジニアにとってはメリットかもしれませんが。

SESで働くインフラエンジニアが関わるプロジェクトは、大きな案件のほんの一部分であることが多いです。

 SI業界は多重下請け構造になっており、基本的に大手SIerが大規模なプロジェクトを受注し、案件を細かく分けて下請けである中小企業に発注します。

インフラエンジニアがSESで働くためのデメリット②:年齢によってできない案件がある

シバッタマン

私の場合はインフラエンジニアへ20代前半でCCNAとLPICを取得して転職しました。。新しく覚えるにはやはり若い人間のほうが給料もやすいですし、起業も使いやすいと感じます。

インフラエンジニアとして受注した案件の中でも比較的スキルや経験を要求されないようなプロジェクトは、育成を目的として若手のエンジニアに回されるケースが多いでしょう。ある程度の年齢になると選べる案件がへってきます。

もちろん、高いスキルをもっていればインフラエンジニのSESえもどのような現場でもニーズはたかいと思います。とにかく、発達障害の特性を活かして仕事の幅を広げる必要がありあります。

インフラエンジニアががSESで働くためのデメリット③:保守・監視が多くて設計や構築ができない

シバッタマン

一番のデメリット保守・監視が多くて設計や構築ができないだと思われます。保守や監視も重要な仕事ではあるが、ITやSIの大手企業が関わることはすくないかと考えられます。

若い頃は良いのですが、保守や監視は夜勤が多く体力が持たなくなる可能性があります。年を重ねるにつれて厳しくなると考えられます。また、設計・企画・構築のエンジニアよりも給与が低い傾向があります。

そのため、インフラエンジニアのSESの場合は転職して脱出したほうがよいのではないかと考えられます。

【インフラエンジニアキャリアパス】SESから転職脱出にはクラウドがおすすめ

インフラエンジニアのSESから転職脱出にはDeVOPS・クラウドがおすすめ

DEVOPSとは?

DevOpsとは開発チーム(Development)と運用チーム(Operations)がお互いに協調し合います。

シバッタマン

SREとDevOpsは、いずれも開発スピードだけではなく、ソフトウェア・サービスの品質を向上するための開発手法です。

これらを導入することで、「ビジネスの変化に適応可能なスピードを重視する開発部門」と「安全性・安定性を重視する運用部門」の間のギャップの解消が期待できます。

開発・運用するソフトウェア/システムによってビジネスの価値をより高めるだけでなく、そのビジネスの価値をより確実かつ迅速にエンドユーザーに届け続けるという概念があります。

安定したサービス稼働を志向する運用チームと、開発を次々進めたい開発チームの対立が大きくなる中で生まれました。

品質上の課題を解決し、素早いリリースを実現するために、ビルドやデプロイ、テストなどを短いスパンで継続的に行える仕組み(継続的デリバリー環境)を整えることなどが代表的です。

ただ、非常に多くのツールやプラクティスがあり、その中から正しい選択を選ぶことはとても大変です。

「どのツールを学ぶべきか?」「どちらのプラクティスを追いかけるべき?」「MavenとJenkinsを学「DockerとKubernetesはどうなの?」 「インフラの自動化はDevOpsの一部なのか?」 などなど。

開発プロセスの円滑化までを担当する点においては、従来のインフラエンジニアと異なりさらに上級のスキルが必要になるでしょう。

何かしらの不具合があった場合、プログラムに詳しくない運用者は対処や報告に苦慮するでしょう。その際DevOpsエンジニアは、正しい判断で的確に報告することが可能なため、開発の高速化や開発プロセスの円滑化に繋がるといえます。

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からDEVOPSへ脱出方法!クラウドも

シバッタマン

インフラエンジニアキャリアとして下記をおぼえていくことをお勧めします。結果と収入の高いDevOPSエンジニアになれます。

未経験からDEVOPSへ脱出方法①Chefやansibleなどの構成管理ツールの経験

Chef / Puppet / Ansibleの実務経験がある、または他同様のツールでの実務経験が求められます。経験者の母数が少ないためか、試した事がある、興味がある人の募集も散見できます。

未経験からDEVOPSへ脱出方法②クラウドサービス

オンプレミスよりもAWS/Azure等のパブリッククラウド利用経験が重要視されます。

構成管理ツールを使いパブリッククラウドにアプリケーションを設置する前提の求人が多く見られます。

未経験からDEVOPSへ脱出方法③プログラミングの経験

プログラミングの言語は、大きく分けてスクリプト言語とコンパイラ言語の2つがあり、DevOpsエンジニアにとって必須となる構成管理ツールなどは、主にスクリプト言語が使用されています。

スクリプト言語でのプログラミング経験は必須です。

ほとんどの構成管理ツールはスクリプト言語で設定情報を記述します。

シェルスクリプトの利用機会も多い為、サーバーサイドでシェルを使ったプログラミング経験もあると歓迎されます。

未経験からDEVOPSへ脱出方法④サーバー負荷経験

クラウドサービスと構成管理ツールを合わせて使う目的に、負荷状況に応じたスケーラビリティ確保があります。

サーバーのパフォーマンスチューニングによって解決する問題と、ロードバランサーを使い負荷分散させて解決する問題の両方が存在しますが、どちらかというと後者の負荷分散スキルが求められているようです。

未経験からDEVOPSへ脱出方法⑤Linuxサーバーの保守経験

クラウド上のインスタンスに新しく環境構築し、そこから保守・運用を行うためにはLinuxサーバー運用の知識と経験が必要になってきます。

脆弱性が見付かった際にはパッチを当てる等の対応が当然求められますので、トラブルを抑えたサービス運営のために必要となります。

未経験からDEVOPSへ脱出方法⑥インフラ・ネットワークの理解を深める

パブリッククラウドではCISCOやYAMAHA等の特定ネットワーク機器の知識が求められることは少なくなりますが、これらを使ったようなネットワーク設計をクラウド上で行いますので、ネットワークエンジニアの経験があると役に立ちそうです。

未経験からDEVOPSへ脱出方法⑦テストやセキュリティの対策と対処

DevOpsエンジニアの必須スキルの5つ目は、テストスキルやセキュリティの対策と対処ができるという点です。

ネットワークを使用する環境では、外的な攻撃から保護するためにもセキュリティが求められます。不正アクセスやハッキングなどの外部攻撃から、重要なデータの流出などを防ぐためです。

セキュリティの脆弱性や外部攻撃から保護し、不具合が発生した場合に適切な対処がとれるテストスキルを持った人材は、非常に重要になります。

未経験からDEVOPSへ脱出方法⑧アジャイル開発の知識

従来のシステム管理では、反復的なタスクを自動化するためのシェルスクリプトが作成されていました。

それに加えて高度なソフトウェア開発・コードレビュー・ソース管理などのアジャイル開発についても理解している必要があります。

【インフラエンジニアキャリアパス】転職エージェントに相談してSES脱出する方法

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?

スクールで転職先を紹介してもらう

インフラエンジニアでは多くのスキルが身に着けることができます。

インフラを学びなおすためにスクールをうまく活用するのもよいかもしません

一人だけで勉強すると未経験では時間がかかってしまい、間違った方向へすすんでしまう可能性があります。

無料体験などで現状のスキル感・悩み・キャリアプランなどを相談してみるのはいかがでしょうか。未経験であることを伝えば、あなたにとってもっともよいカリキュラムを組んでもらうこともあります。

転職サポートをしてくれるところも多いスクールもおおいです。スキルアップだけでなく転職も選択肢に入っている方にとってもおすすめできます。

最近ではDevOPSがはやっており、

Chef / Puppet / Ansibleの実務経験がある、または他同様のツールでの実務経験が求められます。経験者の母数が少ないためか、試した事がある、興味がある人の募集も散見できます。

また、オンプレミスよりもAWS/Azure等のパブリッククラウド利用経験が重要視されます。本当に多くの知識やスキルを身に着けることが可能となります。

最近ではインフラエンジニアもプログラミングの知識が身につく

プログラミングの言語は、大きく分けてスクリプト言語とコンパイラ言語の2つがあり、DevOpsエンジニアにとって必須となる構成管理ツールなどは、主にスクリプト言語が使用されています。

スクリプト言語でのプログラミング経験は必須です。

ほとんどの構成管理ツールはスクリプト言語で設定情報を記述します。

シェルスクリプトの利用機会も多い為、サーバーサイドでシェルを使ったプログラミング経験もあると歓迎されます。

インフラエンジニアの資格を目指すならLinuC


ウズウズカレッジではインフラエンジニア(特にサーバーエンジニア)を目指す求職者にとって 非常に有利になる「LinuC」という資格を取得するためのITスクールです。もっとお手頃に、気軽に、 自分のペースでITスキルを身につけられるサービスです

 20代の就職サポート実績は17,500人以上 UZUZでは、創業以来20代の若者向けの就職支援サービスを提供しています。 特に「未経験からITエンジニアへの就職支援」に強みがあり、プロのキャリアアドバイザーが万全のサポートを 提供。

【インフラエンジニアキャリアパス】転職エージェントに相談する

「インフラエンジニアという仕事そのもの」は、どの会社で働いても業務内容は同じです。アマゾンのAWSであったりGoogleのGCPであったり使う技術はどこも一緒です。

シバッタマン

システムエンジニアに比べても顧客とのやりとりも大きな差がありません。

その上で、インフラのスキルがある人は、限られています。

「インフラの仕事は好きだけど、今の職場の人間関係やルールが合わない」という悩みが生じたときに、「自分により合う他の会社に転職して、インフラエンジニアとして働き続ける」ことが、他の職種よりもしやすいと言えるでしょう。

ただし、「スキルを身につける」ためには、真面目に働くことと、新しい知識や技術の勉強を続けていくことが大切です。

シバッタマン

転職を考えている場合の転職エージェントもご紹介します。

マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【マイナビ転職の評判・口コミ】良い?悪い?マイナビ転職キャリアパートナー

まとめ:【インフラエンジニアキャリアパス】SESから転職脱出の方法?

いかがでしょうか。

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?についておつたえしました。

全般的にはネットワークエンジニア・インフラエンジニアをDevOpsエンジニアとなっているのでしょう。

インフラエンジニアが生き残るにはプログラミングができないといけないと感じます。

この記事はあなたのインフラエンジニアのキャリアパスに役立つことを願っています。

【インフラエンジニアキャリアパス】未経験からキャリアップ?SESから転職脱出?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次