MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断

当ページのリンクには広告が含まれています。


プログラミングに向いているかどうか迷っているなら、少し立ち止まって、自分の可能性を見極めてみましょう。

 
プログラミングに向いているかどうか悩んでいる人は、まずはどのようなものなのかを理解することから始めましょう。

シバッタマン

プログラムは、ハードウェアに指示を与えて、特定のタスクを実行させるものです。そのためには、論理的思考力、問題解決能力、数学的な思考力、英語力、そしてコミュニケーション能力など、様々なスキルが必要です。

 

あなたが本当にプログラミングに向いているのかどうかを掴む最善の方法は、自ら実際に手を動かして体験してみることです。

 コードを書き、バグを修正し、その過程と結果から自分自身の適性を見つけ出すことができます。

 そのために、プログラミングスクールを活用することをおすすめします。初心者向けのカリキュラムからキャリアアップのサポートまで、自分のペースで学べる環境が整っています。

最後に、プログラミングの世界は、様々な背景や視点を持つ人々が新たな発見をし、進歩を生み出します。

 プログラミングは、とても難しい技術です。しかし、努力すれば誰でも習得することができます。プログラミングに興味がある人は、ぜひ挑戦してみてください。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
目次

【プログラマー向いてる人の性格?】プログラミング向いている人の共通スキル

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断
シバッタマン

プログラミングは論理的思考や問題解決能力が重要なため、これらのスキルを持つ人は一般的にプログラマーとしての素質があります。また、プログラミングは絶えず新しい技術が出てきており、それらを学び続ける能力も重要です。したがって、以下の要素が該当するでしょう。

①論理的思考が出来る人

プログラミング力をつけることは易しくはありません。学んでおくべきことは広範囲にわたり非常に多い上、様々な分野をそれぞれ身につけるのには時間がかかります

シバッタマン

ただ、プログラマは、コンピュータープログラムを開発する仕事です。そのため、論理的思考能力が非常に重要です。

 論理的思考能力は、問題を分解して、小さな問題に分ける能力につながります。

問題を解くために、合理的で客観的な方法で考えることであり、問題を小さな問題に分割することは、論理的思考の基本的な方法のひとつだからです。

問題を小さな問題に分割することで、問題の解決方法をより簡単に考えることができます。

例えば、あるWebアプリケーションを開発する際に、下記のように問題を小さくすることで論理的思考ができるプログラマは、以下のようなことができます

タスク論理的思考の役割解決できる内容
ユーザーのニーズを理解するユーザーのニーズを小さな問題に分割することで、理解しやすくなります。ユーザーのニーズをより具体的に理解し、より良いユーザー体験を提供することができます。
アルゴリズムを設計するアルゴリズムをより効率的に設計することができます。アルゴリズムをより具体的に設計し、より効率的に問題を解決することができます。
プログラムをテストするテストを効率的に行うことができます。プログラムをより具体的にテストし、バグをより簡単に見つけることができます。
プログラムをメンテナンスするメンテナンスを効率的に行うことができます。プログラムをより具体的にメンテナンスし、バグをより簡単に修正することができます。

また、論理的思考能力は問題を解決する能力に優れており、バグの原因を特定して修正することができます。そのため、プログラマとして成功する可能性が高くなります。

②継続的に学習できる人

シバッタマン

 プログラミングは、日々進化している技術です。新しい技術やフレームワークが登場し、常に最新の技術を学習する必要があります。

 あきっぽい人は、新しい技術を学習するモチベーションが続かない可能性があります。センスがあってもあきっぽいと、新しい技術を学習する時間が足りず、経験も積めません。

 また、トラブルシューティングの際に、諦めてしまう可能性がありますプログラマーとして成功するためには、継続的に学習できることが重要です。

③集中力がある人

シバッタマン

 プログラミングは、日々進化している技術です。新しい技術やフレームワークが登場し、常に最新の技術を学習する必要があります。

 あきっぽい人は、新しい技術を学習するモチベーションが続かない可能性があります。センスがあってもあきっぽいと、新しい技術を学習する時間が足りず、経験も積めません。

 また、トラブルシューティングの際に、諦めてしまう可能性がありますプログラマーとして成功するためには、継続的に学習できることが重要です。

④リモート環境で自己管理ができる人

シバッタマン

昨今は、プログラマ系の仕事はリモート環境で自己管理ができる人も求められるようになっています。

自宅で一人で仕事もやることがあり、チャットやZoomなどで質問したり、チームメンバーと連携したりしています。

リモートワークでは、自宅で仕事をするため、自分のペースで仕事ができるというメリットがあります。

 しかし、同時に、周りの目を気にせずに仕事をしてしまい、集中力が途切れてしまうというデメリットもあります。また、チャットやZoomなどのツールを使ってチームメンバーと連携する際に、コミュニケーションがうまくいかず、トラブルが発生してしまうこともあります。

また、IT環境・ツールの整備、ペーパーレス化、データアクセスを含むセキュリティポリシーの見直し、コミュニケーションの強化、環境・ツールの教育などがリモートワークの業務効率性を上げる提案も必要でしょう。

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミングセンスがある人

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断
シバッタマン

プログラミングセンスがある人は、新しいトレンドに対応できる人、困難な問題を解決することに熱心な人は、プログラミングに純粋に向いていると言えます。

①迅速な対応が出来る人

プログラマは納期が求められる仕事です。また、トラブルがあった場合には迅速な対応が櫃王となります。

トレーニングとしては「期限や目標を決めて頑張ってみること」もよいかもしれません。

迅速な対応が大いにも関わらず、会社の業務や会社の人間関係に慣れておらず辞めてしまうことが非常に多いです。

悩みも解消しプログラミングもできるようになります。これは私の経験でもそうです。

退職や転職をする前に目標や期限を決めて頑張ってみてください。「あと半年」「このプロジェクトが終わるまで」のように、期限を決めることで頑張れる人も多いでしょう。

そして一度目標や期限を決めたら、その期間は本気で頑張ってみましょう。

シバッタマン

また、プログラミングに熱中すると過集中になりやすい傾向もあります。期限や目標を決めないと残業がふぇてしまい体がこわれてしまう、もしくは正常な判断ができなくなります。それで仕事が嫌になってしまう可能性もあります。一度過集中からはなれて、退職や転職を検討するのもおそくはないかと考えれます。

②プログラミングが好きな人

シバッタマン

プログラミングが好きな人はプログラミングに向いています。

プログラミングは、論理的思考力、問題解決力、創造力など、さまざまなスキルが必要な複雑な仕事です。

 しかし、プログラミングが好きな人であれば、これらのスキルを身につけ、プログラミングに打ち込むことができます。

大学でプログラミングを学んでいた方でも、入社してからプログラミングで勉強するのには苦労することがあります。

 これは、大学で学んだプログラミングの知識と、実際のビジネスで必要なプログラミングの知識が異なるためです。その場合は、プログラミングを学びなおすことも大切です。

プログラミングが好きな人は、プログラミングを学びなおすことで、プログラミングに向いた人になれます。

③流行を追っている人

シバッタマン

プログラマになるためには、流行に敏感で、自分で主体的に学ぶ姿勢が不可欠です。

プログラマという職業は、簡単に始められるものではありません。

 プログラミング言語やフレームワーク、ライブラリやツールなど、使うべき知識・技術は多岐にわたります。

 しかも、それらは日々進化し、新しいものが次々と登場します。

一方で、古いものはすぐに時代遅れになり、サポートが打ち切られたり、セキュリティ上の問題が発生したりします。

そのため、プログラマは常に最新の情報をキャッチアップし、自分のスキルをアップデートする必要があります。

 数か月の勉強だけでプログラマになれるというのは幻想ではあります。

④常に課題を持って取り組める人

シバッタマン

プログラマーに向いている人になるには企業がどのような人材を求めているのか把握し、自分とマッチしていることを確認することも大切です。

企業が求めている条件と自身の条件があっていない場合、転職活動がうまくいかない可能性があるでしょう。

自分のスキルに合っているかを判断するには、まず自分のスキルレベルを正しく把握する必要があります。あなたは自分の強みを正確に理解されていますか。プログラミングスキルは習得するのが大変なスキルですが、このスキルだけでは不十分です。

⑤英語に抵抗がない人

シバッタマン

プログラマーに向いている人になるには企業がどのような人材を求めているのか把握し、自分とマッチしていることを確認することも大切です。

企業が求めている条件と自身の条件があっていない場合、転職活動がうまくいかない可能性があるでしょう。

自分のスキルに合っているかを判断するには、まず自分のスキルレベルを正しく把握する必要があります。あなたは自分の強みを正確に理解されていますか。プログラミングスキルは習得するのが大変なスキルですが、このスキルだけでは不十分です。

⑥明確なコミュニケーションが取れる人

シバッタマン

プログラマに向いている人は、明確なコミュニケーションが取れる人は、とても重要だと思います。

バグを見つけたりしたプロマネに報告が必要になり、それを表現するのに言語化したりホワイトボードにかいたり、工夫をしなくてはいけません。

私は報告の仕方で何度も怒られました。試行錯誤もしました。

なプログラマは、自分の書いたコードを、他のエンジニアや非エンジニアに説明する必要もあります。

そのため、プログラマは、自分の考えを明確に伝える必要があります。それはバグの報告書であったり、提案書であったりもしましたね。

【プログラマー向いてる人の性格は?】特に活躍する適性がある人

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断
シバッタマン

プログラミングが好きな人、新しいトレンドに対応できる人、困難な問題を解決することに熱心な人は、プログラミングに純粋に向いていると言えます。

①チームで協調して仕事ができる人

シバッタマン

チームで協調して仕事ができる人はプログラマーに向いています。

プロジェクトというのは、プログラマーだけではなく、システムエンジニア、インフラエンジニア、QA担当、営業、クライアントなど、さまざまな職種の人と協力して仕事をします。

そのため、チームメンバーとコミュニケーションをとったり、協力したりすることが重要です。もし、プログラマーに興味があるなら、まずはチームで協調して仕事ができる人を目指しましょう。

②地道な作業も苦にならない人

シバッタマン

チームで協調して仕事ができる人はプログラマーに向いています。

プロジェクトというのは、プログラマーだけではなく、システムエンジニア、インフラエンジニア、QA担当、営業、クライアントなど、さまざまな職種の人と協力して仕事をします。

そのため、チームメンバーとコミュニケーションをとったり、協力したりすることが重要です。もし、プログラマーに興味があるなら、まずはチームで協調して仕事ができる人を目指しましょう。

③柔軟な発想を持っている人

シバッタマン

プログラマーは、問題解決にあたって、既存の枠組みにとらわれずに、新しいアイデアや解決策を考え出す必要があります。

また、ユーザーのニーズを理解し、それに応えるようなプログラムを開発する必要があります。

たとえば、iOSエンジニアなどのゲームを作る人は、ユーザーに興奮を与えなければなりません。

 そのためには、ユーザーが何を喜ぶのかを柔軟に考えられる人、ユーザーの感情を理解できる人、そしてユーザーの期待を超えるゲームを作りたいと思っている人であれば、面白いゲームを作ることができるのではないでしょうか。

IOSエンジニアについては下記で記載しています。

【プログラマー向いてる人の性格は?】隠れた才能がある人

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断

隠れた才能とは、一見明らかでないが、役立つ能力のことを指します。

シバッタマン

 プログラマーにとって人間関係が得意でない、集中力がない、完璧主義でない、デジタルな人は、これらの特徴がプログラミングにおける隠れた才能になる可能性があります

① 人間関係が不得意

シバッタマン

人間関係が不得意な人の中には、実は、非常に優れた才能を持っている人もいます。

 例えば、芸術、音楽、科学、技術など、特定の分野で非常に優れた才能を持っている人もいます。

 また、非常に真面目で努力家な人も多いです。

人間関係が不得意な人は、自分の世界に没頭し、自分の好きなことに集中することができます。そのため、集中力や論理的思考力、創造力、分析力などの能力が優れていることが多いです。

また、人間関係に時間やエネルギーを費やすことなく、自分の目標や夢に集中することができます。そのため、独立心が強く、努力家で、几帳面で、細部にこだわり、完璧主義である傾向があります。

②完璧主義ではない人

シバッタマン

完璧主義ではない人でも、プログラマーとしての隠れた才能がある可能性があります。

完璧主義ではない人は、失敗を恐れずに新しいことに挑戦することができます。そのため、新しい技術や新しい手法を積極的に学び、自分のスキルを向上させることができます。

また、完璧主義の人は、失敗を恐れて、新しいことに挑戦することができません。そのため、メンタル面が弱くなり、仕事に行き詰まってしまうことがあります。

完璧主義ではない人は、失敗を恐れず、ミスを犯しても気にしません。そのため、メンタル面が強く、仕事に打ち込むことができます。

③他の分野に対する深い知識や経験がある人

シバッタマン

他の分野に対する深い知識や経験がある人はプログラマーとしての隠れた才能がある可能性があります。他のことに集中して勉強した経験があるなら、プログラミングの勉強の仕方もわかっているかもしれません

他のことに集中して勉強した経験があるなら、プログラミングの勉強の仕方もわかっているかもしれません

また、経理の業務の経験があれば、経理がわかっているので会計などプログラミングで業務に活かすことができます。

例えば、経理の業務では、会計ソフトを使って帳簿を作ったり、税務申告をしたりする必要があります。プログラミングのスキルがあれば、これらの業務を効率化することができます。

④発達障害者の人

発達障害を持つ人々は、興味を持った領域に対する深い集中力と情熱を持つことがあります。これはプログラミングの世界では大きな強みとなり、隠れた才能を発揮する可能性があります。

シバッタマン

これは私の体験談ですが、発達障害がある人々がプログラミングの分野で隠れた才能を発揮できると感じています。

発達障害の中には、特定の領域に深い関心を持ち、長時間集中する能力を持つ人もおり、これはプログラミングに非常に適した特性です。

過集中や好きなものに対する情熱は健常者にはまけない才能をもっています。私の経験上、プロマネはできませんでしたが、マネージメント職ではなく専門職であるプログラマ―には発達障害者は十分に発揮すると考えています。

また、発達障害を持つ人や疑いのある人がIT業界で成功を収めることができた人たちの例です。

名前職業発達障害との事例引用元
スティーブ・ジョブズAppleの創業者プレジデント誌によれば、彼のコミュニケーションのスタイルや一部の行動パターンが自閉症スペクトラムの特性と一致すると指摘されています。プレジデント
ビル・ゲイツMicrosoftの創業者プレジデント誌によると、彼のコミュニケーションのスタイルや一部の行動パターンが自閉症スペクトラムの特性と一致すると指摘されています。プレジデント
Nicolas NeumannSAP テクニカルエディターNRIによれば、彼は自閉症スペクトラムで、SAPの自閉症者雇用プログラムの一環として採用されました。彼はSAPのHasso Plattner Founders’ Awardコンペティションのファイナリストとなりました。NRI

上記の表は、自閉症スペクトラムとIT業界における成功の可能性との間にある可能性のある関連性を示す一例です。

ただ、SAPの例のように、多くの大企業が自閉症スペクトラムの人々を積極的に採用し、その特性を活かすことで企業の競争力を高めています。

 これは自閉症スペクトラムの人々が持つ、例えばパターン認識の能力や詳細への注目力、高い集中力などが、特にソフトウェア開発やデータ分析のような領域で有用だと認識されているためです。

ただ、NRIのような企業も、発達障害を持つ人々の才能を最大限に活用するための環境整備や支援策を実施しています。

 これらの企業は、個々の社員が自身の特性を理解し、自分自身を最大限に活かすことができる職場環境を提供することで、全体の生産性と創造性を高めると認識しています。

参考元:デジタル社会における発達障害人材の更なる活躍機会(NRI)

プログラマー向いてる人ではなくプログラミング適性!向いてない人は?

①集中力の無い人

シバッタマン

集中力が無い人は、一つのことに集中するのが苦手です。そのため、プログラミングのように、長時間集中して作業を続けることが必要な仕事には向いていないかもしれません

プログラミングの複雑な概念を理解したり、長時間集中してコードを書いたりすることが難しくなります。

② チームワークを嫌う人

シバッタマン

チームワークを嫌う人はプログラマに向いていないと言えるでしょう。プログラマの仕事は、他のエンジニアやデザイナーと協力してソフトウェアを開発することです。

 チームワークが苦手だと、コミュニケーションがうまくいかず、プロジェクトが遅延したり、失敗したりする可能性があります。

 また、チームワークが苦手だと、他の人の意見を聞き入れることができず、自分の意見ばかり押し通そうとする傾向があります。これは、チームの士気を低下させ、プロジェクトの成功を妨げる可能性があります。

③独学が苦手な人

シバッタマン

独学が苦手な人は、プログラマとして成功するために、いくつかの課題を克服する必要があります。

独学が苦手な人は、わからないことがあったときに自分で調べるのが難しいかもしれません。

 そのため、わからないことがあったときには、ネットで検索したり、プログラミングのフォーラムや掲示板で質問したりして、わからないことを解決する必要があります。

モチベーションを維持するのが難しいかもしれません。そのため、プログラミングを学ぶ目標を明確にして、モチベーションを維持する必要があります。

④デバッグやエラー解析が苦手な人

シバッタマン

デバッグやエラー解析が苦手な人でも、プログラマになれる可能性はあります。しかし、プログラマとして成功するためには、デバッグやエラー解析のスキルを向上させる必要があります。

デバッグやエラー解析が苦手な人は、プログラムの実行中に発生するエラーを特定して解決することが難しいかもしれません。そのため、デバッグやエラー解析の技術を習得する必要があります。

 問題解決能力を向上させる必要があります。問題解決能力を向上させるには、日々の生活の中で、問題が発生したときに、自分で解決策を探すようにしましょう。

⑤長時間座っている作業が苦手な人

シバッタマン

長時間座っている作業が苦手な人は、プログラマに向いていない可能性があります。

プログラマの仕事は、パソコンに向かって長時間座ってコードを書くことです。

 そのため、長時間座っていると、腰痛や肩こりなどの身体的な問題が発生する可能性があります。また、長時間座っていると、集中力が低下し、ミスをしてしまう可能性があります。

 長時間座っている作業が苦手な人は、プログラマとして成功するために、いくつかの対策を講じる必要があります。例えば、スタンディングデスクを使用したり、定期的にストレッチをしたり、休憩をとったりすることで、長時間座っている作業による健康問題を予防することができます。

 また、集中力が散漫にならないように、作業環境を整えたり、作業を分割したりすることで、ミスを減らすことができます。

【プログラマー向いてる人の性格は?】おすすめのプログラミングスクール

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断

TechAcademy(テックアカデミー)

完全オンラインのプログラミングスクールで、Web開発やデータサイエンスなど幅広いコースを提供しています。プロのメンターがつき、1対1で質問に応じる体制が整っています。

CodeCamp(コードキャンプ)

プログラミング初心者から、既に経験がある方まで対応したカリキュラムを提供しています。1対1のメンタリングがあり、自身のペースで学べる環境が魅力です。

DIVE INTO CODE

強化週間という集中学習期間を設けて、自力で考えてプログラムを作成する力を身につけます。Webアプリケーション開発、データサイエンスなど、複数のコースが用意されています。

Progate(プロゲート)

オンラインのプログラミング学習サービスで、自分のペースで学習が進められます。初心者向けのコースから上級者向けのコースまで豊富に揃っています。

【プログラマー向いてる人の性格は?】よくある質問

【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断

プログラマーに多い性格は?

シバッタマン

プログラマーに多い性格は、論理的思考力がまず大切といわれます。

また、その他にも問題解決能力、新しいことに興味がある、自ら学ぶ意欲がある、チームワークを大切にする、コミュニケーション能力が高い、クリエイティブな思考力、集中力が高い、忍耐力がある、などです。

自分がこれらの特性を持っていれば、プログラミングに対する自身の適性を再確認する一助になり、新たなスキル習得の自信につながります。

ゲームプログラマーに向いている性格とは?

シバッタマン

ゲームプログラマーに向いている性格は、まずは何よりゲームが好きであることです。

 その他にも論理的思考力があること、問題解決能力があること、新しいことに興味があること、自ら学ぶ意欲があること、チームワークを大切にできること、コミュニケーション能力が高いこと、クリエイティブな思考力があること、集中力があること、忍耐力があることです。

プログラミングの天才の特徴は?

シバッタマン

プログラミングの天才とは、論理的思考力、問題解決能力、新しいことに興味があります。

プログラミングの天才は、生まれ持った才能だけではなれません。努力と継続的な学習によって、プログラミングの天才になることは可能です。

プログラミングに適性があるかどうかどのように判断すれば良いですか?

シバッタマン

プログラミングの適性を判断する最善の方法は、実際に自分自身でプログラミングを体験してみることです。

例えば、オンラインのプログラミング学習プラットフォームを利用して基本的なコードを書いてみたり、小さなプロジェクトを自分で作成してみることで、プログラミングに対する適性や興味を具体的に掴むことができます。

 これにより、自分自身がプログラミングに向いているのか、それとも他の分野に才能があるのかを具体的に理解でき、次のステップを確信を持って進むことが可能となります。

まとめ:【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断

今回の記事では、プログラマーとしての適性について深堀りしました。

 自己の性格やスキル、そして隠れた才能を知ることで、プログラミングへの道を判断する情報を提供しました。

 また、プログラミングが得意な人々の特性についても触れ、これらが自身のスキル習得の自信として活かせることを示しています。

プログラミングの世界は、自己の可能性を探求する場であり、自己実現の舞台でもあります。

 私自身も以前は「自分はプログラミングに向いているのだろうか」と迷い、不安を抱えていました。

 しかし、実際にプログラミングを始めてみると、自分の中にある論理的思考や問題解決能力、学習欲求が活きてくることを感じました。それが自信となり、さらにスキルを磨くことに繋がりました。

ですから、もしもあなたがプログラミングに向いているかどうか迷っているのであれば、ぜひ実際に手を動かして体験してみてください。

 プログラミングスクールやオンライン学習プラットフォームは、その一歩を踏み出すのに適した場所です。

それでは本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • プログラマーに向いている性格やスキルには、問題解決能力、論理的思考力、持続的な学習欲求、集中力、自己管理力がある
  • プログラミングが得意な人は、迅速な対応ができ、プログラミングが好きで、最新の技術トレンドを追いかけている
  • プログラミングの適性を判断する最善の方法は、実際に自分自身でプログラミングを体験してみること
  • プログラミングスクールやオンライン学習プラットフォームは、プログラミングに対する適性を試すのに適した場所」
【プログラマー向いてる人の性格は?】プログラミング適性向いてない人や得意な人の診断

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次