皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【社内SEやめとけ】大変で辞めたい・向いていないと考える理由と対処

【社内SEやめとけ】きつい大変の理由と魅力を解説?新卒の悩みは仕事つまらない?

エンジニアとしてバリバリコード書きたいんだと言う人に社内SEはおすすめしません。
上述したようにマネージメントや推進が主な仕事であって、自分でシステムを実装する機会が多いかというと決してそうではありません
そういった仕事をやるのは新卒で配属された若手やパートナー会社のエンジニアにお願いする事であって、自分で手を動かしてやる事にはあたらないわけです。
どちらかと言うと進捗管理や人員管理、予算管理、機器管理といった管理業務主体になるケースが多いため、管理業務に耐えられない人にとっては社内SEは向いていないですので、他の業種を目指した方がいいです。

今回の記事では【社内SEやめとけ】きつい大変の理由と魅力を解説?新卒の悩みは仕事つまらない?についてお伝えします。

目次

【社内SEはやめとけ】きつい大変の・向いていないと考えるの理由?

社内SEの仕事内容は?

社内システムを管理、統括していくエンジニアの事です。
いわゆる企業の中にいるシステムエンジニアの事を指します。
システムと言っても企業によって様々で、大規模システムの場合もあれば、社員が使うパソコンも含めて管理していく事になりますし、企業の規模によって様々でしょう。

大企業であればかなり大規模な基幹システムを持っている事がほとんどですが、中小企業の場合は数個のPCやサーバで社内業務全てを担っている事もあります。
それらの社内システムを支え、会社内の中のシステム戦略も含めてシステム管理を行っていくのが社内SEの役割なのです

社内SEの仕事内容

社内システムの運用保守
社内システムの資産管理
社内システムの管理
社内システムの障害対応
新規システムの導入、企画
新規システムの設計、構築、テスト


システムに関する問い合わせ実に色々な仕事があるわけですが、これらの仕事を社内SEで担当を決めて対応していく事になります。

1:他部門からの丸投げで仕事がきつい

中小企業では仕事が分担されておらず、「仕事丸投げ」は中小企業の社内SEに多いパターンです。
いつまでに、誰が何をといった詳細がなくアバウトに指示が来るパターンです。
幅広い技術力がもとめられることはもちろん、ゴール設定力やコミュニケーション力も求められます。
私はインフラ担当でありましたが、よく上司から下記のような丸投げされていました。

上司:「拠点へのネットワークがつながらないから見といて」
上司:「AさんのPCがインターネットみれないらしい見といて」

上司は一言で済ませますが、ネットワークは幅広いのです。すべてができるというわけではありません。

指示の背景の共有や、仕事の目的、期間や予算などありません。トラブルが起きたら全て丸投げされてしまいます。とても非常に負荷がかかります。
私は疲弊しながらただ目の前の業務をこなしていました。

プロジェクトを回す前の社内SEの仕事
  • 関係部署とのスケジュール調整
  • ベンダーとの要件・スケジュール調整
  • 資料作成
  • 稟議書を回す
  • ネットワーク設定の確認
  • 設定の投入

2:スキルアップが見込めない

社内SEの仕事には定形業務が多く、スキルアップする機会がない職場もあります。経験年数の割にITエンジニアとしてはスキルが低いキャリアになってしまうことがあります。

仕事を分解してみると一つ一つは、単純な作業ですしエンジニアとして活動する部分もありますが、同じ活動を年中行っている場合は新しい要素が少なくスキルアップにつながらないことが多々あります。

 実態としてほとんどの実作業は社内SEがパートナーと呼ばれる外注先に頼むというのが現在の社内SEの主流になっています。
例えば社内システムの運用保守については方針を決めたり課題管理を行うのは社内SEの仕事ですが、プログラムの作成とか新規ユーザーの作成とかシステムにパッチを当てたりといったシステムを触る実作業はパートナーと呼ばれる他社にお願いします。
パートナー会社として常駐している会社の中にはかの有名なSES企業も存在します。

社内SEとパートナー企業とのやりとり
  • 関係部署とのスケジュール調整
  • ベンダーとの要件・スケジュール調整
  • 資料作成
  • 稟議書を回す
  • ネットワーク設定の確認
  • 設定の投入


もし「スキルを付けたい」というような上昇志向が強い方は社内SEはやめておいた方が賢明です成長していない自分と職場に嫌気がさし、遅かれ早かれ退職することになります。

3:雑用な仕事が多い

社内SEとなるとエンジニアとしての仕事が主に考える人もいますが、決してそんな仕事ばかりではありません。

むしろパソコンが動かない時の問い合わせや情報機器の資産管理など、あまりシステムに関係ない仕事の方が多い事もあります。
そういった仕事でもしっかりとこなしていくという覚悟の方が社内SEには一番必要なのは間違いありません。雑務も含めて業務の一部だという事を覚えておきましょう。

4:プログラミングはできない


エンジニアとしてバリバリコード書きたいんだと言う人に社内SEはおすすめしません。
マネージメントや推進が主な仕事であって、自分でシステムを実装する機会が多いかというと決してそうではありません。

そういった仕事をやるのは新卒で配属された若手やパートナー会社のエンジニアにお願いする事であって、自分で手を動かしてやる事にはあたらないわけです。

社内SE進捗管理や人員管理、予算管理、機器管理といった管理業務主体になるケースが多いため、管理業務に耐えられない人にとっては社内SEは向いていないです

ビジネス推進の一部としてシステムの立案やプロジェクト管理をしていき、周囲の力を借りながらシステムを作り上げたり運用保守したりするのが社内SEの仕事なので、エンジニアとしてバリバリコード書いてフルスタックでやりたい!!

と考えている人は社内SEではなくてパートナー側の会社やWeb系企業を目指しましょう。

そうではなく数億、数十億といった予算が動く規模が大きな仕事に携わりたいとか大きな目標に向かってチームで仕事をしていきたいといった想いを持って仕事を進めていきたい人は社内SEという業種は向いていると思いますので、目指してみると良いと思います。

5:やりがいないし評価もない

社内SEは仕事を頑張っても周囲から評価されにくく、やりがいが見出しにくい面があります。
例えば社内のシステムやネットワークの保守のために下記の仕事ような仕事をします。

保守の仕事
  • 社内回線の調整
  • PCキッティング(初期設定)
  • 使用ソフトの選定
  • HP更新・保守
  • 社内システム仕様の変更
  • セキュリティパッチの更新
  • Excelでの資料作成
  • 不明点のレクチャー

1つ1つの負荷は周りが思っている以上に作業内容やプレッシャーが重いのですが無事に完了して当たり前であるため誰からも評価されません。
ネットワークや基幹システムが止まれば即座に混乱になるため、非常に神経質を使う仕事ですが動いて当たり前です。

「こんなにも大変なことをしているのに認めてくれない」状態になりがちです。やりがいを仕事に求める方は社内SEはやめておいた方が良い方もいるでしょう。

6:給料が上がらない

社内SEと呼ばれる業種の平均年収は500万円前後と比較的に高い傾向にあります。

社内SEとして採用する企業がある程度の大きな売上を持つ企業である場合が多いからです。

シバッタマン

社内SEの部門自体は間接部門である事から社内情報部門に一定額以上の投資を行っていく企業である事が大きな理由になります。

社内SEはSIerや事業会社のWeb系エンジニアと比べて間接部門(コストセンター)として扱われていることが多い傾向です。

どれだけ仕事をしても売上・利益としった経営指標に貢献しづらいです。そして、経営者から評価されづらく給料が上がりにくいといった特徴があります。


売上が安定しない企業や中小企業の場合、社内SEを専属で雇用する事自体ができなかったり、無駄だと考えている事も多いです。一定規模以上の企業にならないと社内SEという職種自体が存在しない会社も多かったりします。

7:技術よりマネージメント

社内SEはどちらかと言うと企業の情報戦略を進めたり、マネージャー業務やリーダー業務が多い位置づけになります。その為、プロジェクトのスケジュールを作ったり、計画書を作っってきます。

部下や外注を管理して物事を進める能力が必要になります。特にプロジェクト推進する場合、
パートナー会社にタスクを依頼したり、仕事がうまく進むようにしなければならない為、部下や外注のマネージメント能力がモノを言います。普通は上司が部下を持つとマネージメント能力が求められる事がほとんどですが、社内SEは新人であろうとパートナーを管理する立場になる事もあるので、そのあたりは要注意です

マネージメントやプロジェクト推進がものを言うポジションの為、当然課題解決能力も求められます。ただ、自分で課題を解決するというよりは、いかに知っている人に指示を出して解決させるか?

という能力がより求められるというのが正直なところです。

ぶっちゃけた話、自分が解決するというよりはいかに周囲を使って解決できるかどうかが重要なので、システムに詳しい人やちゃんと課題解決まで導いてくれる人をどれだけ知っている?が重要になります。

【社内SEはやめとけ】新卒・未経験も?悩みは仕事がつまらない

未経験や新卒も仕事がつまらない?

シバッタマン

社内SEって未経験や新卒でもなれるのと思う人はいると思います。エンジニアとしてのスキルが求められるわけではなくマネージメント能力の方が求められますので、それらの能力を活かしたいというのであれば未経験でもなれます

前職がシステム業界かそうではない業界なのかで、仕事の覚えやすさは変わってきますし、中途採用となると情報系の資格をいくつか取得して知識を獲得しておくのが望ましいです。

例えばIPAが提供している基本情報技術者や応用情報技術者の資格、更に上位の高度情報を取得しておくと社内SEの採用に有利になる場合が多いでしょう

【社内SEはやめとけ】つまらないが魅力はある?

魅力①:SI企業よりは定時出社・定時退社ができます

シバッタマン

SI企業に比べて、社内SEは毎日、定時出社・定時退社が可能な職業です。クライアントも社内の人間のため、SIよりは無理はいってこないです。明日でお願いできますかが通用できます。


定時退社できる理由は三つあります。

定時退社ができる理由
  • 社内対応が業務のメインのため
  • 作業時間に余裕のあるため
  • 作業に前例があるため作業時間が事前に分かるため


これらの理由から、作業を自分で組み立てることができ無理のない作業スケジュールを組むことが可能です。
そのため、作業を明日に残したり、余裕のあるスケジュールを自分で組んだりして定時出
社・定時退社することが可能です。

システムトラブルや夜間監視の運用業務がなければ土日出勤・残業・深夜勤務に働く理由はありません。


Si企業よりプライベートに時間を割きたい方に適した仕事だと言えるでしょう。

魅力2:働いている人は穏やかな人が多い

社内SEの職場では、SI企業より穏やかな人が多いです。人間関係に悩むことは少ないと言えるでしょう。


シバッタマン

システムインテグレータは納期が厳しくピリピリしている人も多いですが精神的に余裕はあるのかもしれません。職場でも温和な人が多いです。


穏やかな人が多くなる理由は時間的余裕があるためです。
そのため、職場の雰囲気に染まり落ち着いた雰囲気の人が多くなる傾向にあります。
公務員的な感じで目の前のことを淡々とこなす方が多いです。
落ち着いた人間関係の中で働きたい人には適した職場です。

魅力3:やりがいはなくても長く働ける、定型業務が多い

シバッタマン

社内SEの職場は、作業を覚えてしまえばあとはルーティンや覚えたことの応用で何とかなるケースが多いです。
業務習熟したあとは安定して働くことができます。


スキルアップはしにくい反面、「仕事でやりがいは不要、やりたいことはプライベートでやります」という方にはおすすめです。

魅力4:WeB系会社の社内SEなら経験ができる

シバッタマン

最近人気が高まっているWEB系会社の社内SEになると技術が全くいらないなんてことはないです。
自社サービスを抱えている企業の場合、自分たちでサービスを推進、改善していく必要があるのである意味エンジニアがビジネスの生命線になります。

楽天なんかはプログラミングを社員全員に必修としていますし、LINEやSky、サイバーエージェントなんかも技術のあるエンジニアを自社に抱えています。

・シェル、UNIX/LINUXの基本コマンド
・JP1などのジョブスケジューラ
・Oracle Database、WebLogicなど

引用元:楽天の社内SEの仕事
  • WA
    Go, Node.js, TypeScript, Protocol buffers, MongoDB, Elasticsearch, Redis,
    AWS, GCP, Docker, Terraform, ストリーミング配信
  • Ameba
    Go, Java, AWS, Microservices, gRPC, GCP , CyCloud , MySQL/Aurora , EKS, k8s, OpenStack
  • ピグ
    Node.js, TypeScript, Golang, MongoDB, Kubernetes, GKE, GCP, OpenStack, Docker
  • CL
    Go, GCP, AWS, Microservices, gRPC, protocol buffer, Docker, Kubernetes, Cloud Spanner, Elemental Media Service
引用元:サイバーエージェントの社内SEの求人内容


ただ、上流工程に上がるにつれてビジネスを推進させる仕事が多くなるというのは覚えておいてください。Web系企業にもパートナー会社というのは存在しますし、技術があれば何でも良いという話では済まないのです

【社内SEはやめとけ】社内SEへ転職する方法

社内SEへ転職するには目的をしっかりともつこと

シバッタマン

社内SEにチャレンジするためには転職エージェントがおすすめです。目的意識を保ったまま転職活動をすすめることがで
きるからです。目的意識が重要にもなってきます。


社内SEへ転職の目的意識
  • 社内SEでは楽な職場ではたきたい
  • 社内SEでは9時〜17時
  • WeB系企業で社内SEをばりばりやりたい
  • 社内SEでは新技術はもういいルーティンワークメインがいい


社内SEになるための目的意識を忘れてしまうと「こんなはずではなかった」ということになりかねません。

目的意識を保ちながら転職活動を進めることができる3ステップを紹介します。

自分の強みを見つける

シバッタマン

社内SEになるうえで強みを見つけることが重要な理由は「強みを認識しておくだけで転職活動がぐんと下がる」ということです。社内SE転職はありとあらゆることが強みになります。


社内SEは業務が幅広いため、さまざまな求人が多いです。WEB系の企業の社内SEと一般的な企業の社内SEでは求められる仕事が全くことなってきます。



社内SEを目指される方は、ぜひ自身のスキルを棚卸してみましょう。

社内SEの仕事
  • Excel(マクロ・VBA構築)
  • プログラミング
  • システム構築
  • ネットワーク・サーバスキル
  • 営業力(調整業務も多いため重宝される)
  • プロジェクトマネジメント経験
  • フットワークが軽い(転勤どこでもOK等)

転職エージェントに登録し、紹介してもらう

シバッタマン

転職エージェントに登録して、希望の職場を探しましょう。明確にした内容を転職エージェントにしっかりと伝えることが足せいつになります。


あなたの本音の志望動機を明確にすることが必要です。

相談者

「楽をしたい」「9時〜5時がいい」「上昇志向なくまったり働きたいのか」等自分の中での志望動機を明確にしましょう。
本音の志望動機を転職エージェントに伝え、希望に沿う職場を紹介してもらいましょう。


狙い目は、大手企業の子会社の社内SEともいわれます。ただ、私は大手総合商社系の社内SIではたらいていましたが、働く前に状況はきいていました。

シバッタマン

子会社の場合は上司は親会社の仕事がおりてきます。また、稟議も自分の会社だけでなく親会社でもとおさなきゃいけないため結構大変でした。



また、牛種によると思いますが、親会社より福利厚生費や給与がかなり悪いです。身分の差も感じます。

ただ、パートナーには知名度で優秀な人としてあつかわれます。


大手企業は知名度の高い転職エージェントを利用する傾向にあります。大手の転職エージェントを利用することで高待遇の求人を見つけることができるでしょう。
非公開求人が中心のため登録しなければ求人を見ることもできないためご注意ください。

子会社の場合は上司は親会社の仕事がおりてきます。また、稟議も自分の会社だけでなく親会社でもとおさなきゃいけないため結構大変でした。

40代女性におすすめの転職サイト・マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

連記事:【マイナビ転職の評判・口コミ】良い?悪い?マイナビ転職キャリアパートナー

40代女性におすすめの転職サイト・エン転職

エン転職は有名な転職サイトです。

ネットでは様々な口コミが飛び交っています。

エン転職は会員数約600万人の内、約67%以上が35歳以下の若者で構成されています。 若者が気軽に求人を検索できるように、使いやすいサービスになっていることが特徴です。

例えばマイページには画面上部に求人検索・スカウト・カレンダーといったメニューバーがあり、使いたいサービスをクリックするとそのページに移行します。 必要な情報だけを簡単にチェックできるため、「使いやすい」と評判です。

さまざまな事業でIT化を図っているので、その時のノウハウが活かされていると言えるでしょう。 さらに、エン転職のアプリはパソコン版とほぼ変わらない充実した機能が搭載されています。

転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数(非公開求人・公開求人)1,000万人 うちスカウト会員数310万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

40代女性におすすめの転職サイト・リクルートエージェント

実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。知名度が高いため利用者も多く、これまでに37万名以上もの転職成功を実現しています。

公開求人・非公開求人含め、常時20万件以上の求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数(非公開求人・公開求人)117,600(公開求人)、35,646(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連ページ:【リクルートエージェントの評判/口コミ】転職サイトと求人と費用?悪い?最悪

40代女性におすすめの転職サイト・doda

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【dodaの評判】転職サイトのデューダのエージェントの口コミ

40代女性におすすめの転職サイト・ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

関連記事:【ビズリーチの口コミ・評判・最悪】転職サイトと年収と評価は使えない?bizreach

企業に応募する

社内SEはやめとけと聞き不安に感じる方もいるでしょうが、社内SE自体がまずい訳ではありません。
なぜなら社内SEは企業によって仕事内容が全く異なるためです。
社内SEが1人しかいない企業の場合は経営者が無理難題の指示が毎日のようにくるでしょう

社内SEの仕事内容に興味を持った方は年収だけではなく企業風土や上司、社内の評価制度に着目して求人をチェックしてみましょう。

まとめ:【社内SEやめとけ】大変で辞めたい・向いていないと考える理由と対処

社内SEはやめとけと聞き不安に感じる方もいるでしょうが、社内SE自体がまずい訳ではありません。

社内SEは企業によって仕事内容が全く異なるためです。
社内SEが1人しかいない企業の場合は経営者が無理難題の指示が毎日のようにくるでしょう
大手企業になると複数名おり、計画的に仕事を進められます。

WEB系業ならばりばり技術にさわることができます。

求人によってまったく変わってしまうため社内SEの仕事内容に興味を持った方は年収だけではなく企業風土や上司、社内の評価制度に着目して求人をチェックしてみましう。

【社内SEやめとけ】きつい大変の理由と魅力を解説?新卒の悩みは仕事つまらない?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次