MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】辞めたい?の対処を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。

「未経験のプログラマーが辞めたいが転職に影響ある?」「未経験のプログラミングの辞めたいの未経験だときつい」

1年以内に早期離職をしている未経験プログラマーは約4割もといわれているのです。

新卒の場合だとプログラマーに未経験でなるときつい仕事が待っているかもしれないと感じている人もいるかもしれません

プログラマーとしての経験がなくなりたいと思っている原因はさまざまですが、対処方法もあります。

プログラミングに対する情熱が足りないことから辞めたいと思っているかもしれません。

自分が選んだキャリアが自分の情熱や興味と一致するかを考えてみましょう。

もし一致しないのであれば、他の業界や役割を探求することも検討してみてください。

自分にとって喜びと充実感をもたらすキャリアを見つけることが大切です。

また、不十分なサポートを受けていることがやる気を削いでいる原因かもしれません。

経験豊富な同僚やメンターからアドバイスや指導を受けることをおすすめします。

仕事に就く際は、誰しもが『未経験』から始まります。

プログラマーを辞めたいと考え、向いてない・出来ないと考える原因と対処についてお伝えします。

今回の記事は【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】辞めたい?の対処を解説についてお伝えします。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】となる仕事内容なの?

①まずはプログラマーは向いていないの?まずプログラミング仕事内容は

相談者

プログラマーとシステムエンジニアはよく同じ職種と考えられますが、も求められる技術やスキルは全く違います。よってまずはプログラマーの仕事を理解してシステムエンジニアとの違いを説明します。

プログラマーの仕事内容

プログラマーはが制作した仕様書をもとに、システムがきちんと作動するようにプログラミングを行います。

  • 仕様書(プログラムの設計書)に沿ったコード作成(プログラミング)
  • プログラミングのテスト作業

 仕様書通りにプログラミングを書いてもうまくシステムが作動しないこともあり、その際は仕様書の不備を見つけることも仕事の一部となります。

 対応する言語によって、アプリケーションプログラマーやWebプログラマーといった呼び方をされることもあります。

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)とは、コンピュータシステムを開発する際に提案、設計、開発、テストまでの一連の流れを担当するITエンジニアです。

  • 顧客へのヒアリング(要望の聞き取り)
  • 要望に沿った仕様書(プログラムの設計書)の作成
  • プログラマーのマネジメント(業務管理)

 システムエンジニア(SE)の主な仕事内容として、クライアントからのヒアリング、その後のシステム設計が挙げられます。所属している企業や開発チームによってシステムエンジニア(SE)の仕事の幅は異なり、実際にプログラミングを書く場合、テストを行う場合もあります。

②プログラマーとシステムエンジニア(SE)の違い?

シバッタマン

プログラマーとシステムエンジニアの、どちらが「よい」「悪い」ということはありません。

ですが、特性や性格・能力などによって向き不向きはあるでしょう。

ADHDの特性で「人間関係」に困難があるようでしたら、「プログラマーには向いていても、システムエンジニアには向いていない」という可能性はあります。

【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】辞めたい理由は

【プログラミングできない奴ちょっと来い】できない辞めたい!無理だったを解説

①プログラミングへのモチベーションが低い

シバッタマン

プログラミングのモチベーションが低い原因は、人によって様々です。しかし、多くの場合、成功経験がないことが挙げられます。

プログラミングは、最初はなかなか思うようにいかないことが多く、挫折してしまいます

  しかし、少しずつ進歩していくと、成功体験を得ることができます。この成功体験が、モチベーションを高め、プログラミングを学ぶ意欲を継続させてくれます。

私も、学生時代にC言語を学んでいましたが、最初はなかなか面白くありませんでした。

 しかし、あるとき、簡単なプログラムを書いて、それが動いたとき、とても嬉しかったことを覚えています。その成功体験が、プログラミングを続けるモチベーションになりました。

この経験が、プログラミングを学ぶモチベーションを高め、最終的にエンジニアになることができました。

プロログラミングのモチベーションが低い場合は、まずは簡単なプログラムを作ってみることをおすすめします。

 簡単なプログラムでも、動かすことができれば、大きな達成感を得ることができます。この達成感を積み重ねていくことで、プログラミングのモチベーションを高め、学習を継続していくことができます

②残業が多い

プログラマー辞めたいと考える理由の1番目の理由は残業が多いです

シバッタマン

プログラマー辞めたいと考える理由は未経験に限らず「残業が多い」とか「肉体的精神的にもきつい」だとか、「本当に好きな人くらいしか楽しめない」などといった評価があります。

そのような情報をプログラマーって大丈夫かなとしんぱいになりますよね。プログラマーを辞めたいは人にもよりますし、企業にも大きく左右されます。

また、繁忙期があり、納期の前は忙しく、それ以外はプログラマの仕事がなく残業が全く発生しないという露骨な業種がプログラマーなのです。

あなたも一度、プログラマーの友人がいれば他人に他社の状況を聞いてみるのもいかがでしょうか。

③給与が少ない

プログラマー辞めたいと考える理由は②番目の理由はサービス残業が多く給与が少ないです。

サービス残業が多く給与が少ないと「辞めたい」と思うプログラマーは多いですね。経験者や未経験者に限らずですね。

シバッタマン

プログラマー辞めたいと考える理由として、経験やスキルによって給料の増減が大きい職種です。未経験ですと、経験が少ないうちは給料が低いと考えらます。

また、プログラマはゼネコン体質のため上流工程にいかないと給料がひくくなる傾向があります。

下請け(SES)になるほど給料は少なくなるため、仕事量の割には給料が低い、頑張っているのに全然給料が上がらないといったこともよくあるはなしです。

ただ、上流工程は大手SIが多く、求められる知識はプログラミングより、上流工程の仕事が増えてきます。

 顧客との折衝であったり、マニュアル作成だったり、要件定義やプログラマに支持をだすための設計書だったりとプログラマとしてやる仕事は減ってきてしまう可能性は高いですし、前途しましたがプログラマーを辞めたいではなくシステムエンジニアをやめたいとなる可能性もありますね。

外資系IT企業であればプログラマであっても高収入をえることは可能となります。

④自分の想像していたイメージと違った

プログラマー辞めたいと考える理由は③番目の理由は自分の想像していたイメージと違ったです。

プログラマーの仕事は、業務内容により大きく異なります。理想に近い仕事をするなら、プログラマーの仕事内容を理解し、自分に適した業務に就くことが大切です。

入社前と仕事がイメージと違った要因は?

一人で黙々と仕事をこなすイメージ
→実際は他人とのやり取りが多く、コミュニケーション能力が必要
難しい仕事をこなすかっこいいイメージ
→実際は毎日同じような作業を繰り返す地道な仕事

また、契約内容を調べておいた方がよいかもしれません。請負か派遣業務であるか、会社によってもプログラマは派遣業務であることも多く、望んでいた言語を必ずしもできるとは限りません。

できれば未経験プログラマは仕事を請け負っている会社に入社することをお勧めします。教育制度もしっかりしているものかと考えられます。

⑤毎日同じことの繰返しでしかない

プログラマー辞めたいと考える理由は③番目の理由は毎日同じことの繰返しでしかないです。

プログラマーの仕事は、プログラミングでシステムやアプリを開発することが一般的です。企業や案件によっては、毎日開発の仕事に明け暮れることもあります

プログラミングが楽しいと言っていた人でも、毎日ずっとパソコンに向かい続けるに従って苦痛になってくる場合もあります。

シバッタマン

本当にプログラミングが好きな人はいずれなれてくるかと思います。ただ、未経験プログラマーの場合はそこまでの状態ではないと思うため苦痛に思う可能性が十分にありえますね。

SESで入社してプログラミングの研修がなかった

シバッタマン

私は、SESで未経験のエンジニアとして働き始めました。研修は一切なく、次の日から現場に配属されました

 現場では、先輩エンジニアがいましたが、仕事内容を教えてくれませんでした。私は、必死に自分で勉強しましたが、なかなか理解できませんでした。

ある日、私は、先輩エンジニアに仕事内容を教えて欲しいと頼みました。しかし、先輩エンジニアは、忙しいから教えられないと怒鳴ってきました。私は、ショックを受けました。

SESは、未経験のエンジニアにとって、とても厳しい環境かもしれませんが、諦めずに勉強を続ければ、必ず成長することができます。

SESの関連記事は下記です。

タスクが多すぎて余裕がない

プログラマー辞めたいと考える理由は④番目の理由はタスクが多すぎて余裕がないです。

プログラマーと言っても、会社によって開発するものによって使うプログラミング言語が異なってきます

例えば働く業務によって利用する言語がかわってきます。

入社前と仕事がイメージと違った要因は?
  • Webサイト制作:HTML/CSS・PHP・JavaScript等
  • スマートフォンアプリ:JavaやSwift
  • 業務システム:JAVA、C言語
  • AIシステム;PYTHON、R言語
  • OS:Linux、Windows,UNIX
  • データベース:Oracle,mysql,postgressql
  • GIT,GITHUB

未経験でかかわった会社開発の種類によっては新しくプログラミング言語が必要になります。

また、開発のOSやデータベース、ネットワーク、構成管理システム、フレームワークなど会社によってそれぞれです。

また、開発スタイルによっては最近ではアジャイル開発もはやってきています。

シバッタマン

IT業界は他の業界に比べると、変化のスピードが早く次々に新しい技術が登場します。プログラマーとして活躍するためには、常に最新情報をキャッチアップして、新しい技術を身につける必要があります。

本当にさまざまなスキルが必要なのです。ただ、私の経験からすると一つでも言語を覚えておけばあとは経験でなんとかなります。未経験でも最初にはった言語をしっかり覚えておけばそのあとは経験で覚えるスピードははやくなります。

人間関係が悪い

プログラマー辞めたいと考える理由は⑤番目の理由は人間関係が悪いです。

未経験でプログラマー・エンジニアを辞めたい理由は「チームへ馴染めないであること」です。

これは学生時代にアルバイトをした人、または転職経験がある人なら既に把握していると思いますが、どの会社へ行っても同じではあります。

新しく入ったチームや組織に馴染むのはなかなか難しいです。知らない人が多い場合、なかなか溶け込むことができません。もしプログラマーの仕事、会社のしきたりを質問をするにしてもチームへなじめていないとなかなか質問ができなかったりするものです。

シバッタマン

チームに溶け込むことができないと、会社内に相談できる環境ができず、未経験なおさら何の仕事をしてよいのかわりませんし、プログラミングも作れませんね

結果として会社内で相談できる人がいない場合は、ストレスがたまっていく一方です。ストレスが溜まるにつれて、辞めたいという気持ちが大きくなってしまいます。

⑦プログラミングが難しい

プログラマー辞めたいと考える理由は⑦番目の理由はプログラミングが悪いです。

プログラマーはが制作した仕様書をもとに、システムがきちんと作動するようにプログラミングを行います。

  • 仕様書(プログラムの設計書)に沿ったコード作成(プログラミング)
  • プログラミングのテスト作業

 仕様書通りにプログラミングを書いてもうまくシステムが作動しないこともあり、その際は仕様書の不備を見つけることも仕事の一部となります。

 対応する言語によって、アプリケーションプログラマーやWebプログラマーといった呼び方をされることもあります。

プログラミングが苦手のようであれば、プログラミングに関する本や動画などを見てみて、興味が持てそうかを検討してみることをオススメします。

『これまでプログラミングを学んだことがない。興味持てるかわからない』と悩んでいたら、プログラミング無料体験で学んでみるのもよいかもしれません。

HTML,CSS,Javascriptを無料で学ぶことができます。無料体験を通して、「本当に(プログラミング)に興味持てるのか」試すことができるのです。

理由⑨トラブルが起きてすぐ対応が嫌

プログラマー辞めたいと考える理由は⑨番目の理由はトラブルが起きてすぐ対応するのがです。

プログラマーの仕事は順調に進んでいても突発的な問題や障害対応が頻繁に発生します。無事に完了したと思ったら「エラーが発見される」「クライアントから急に仕様変更の指示が入る」といったアクシデントは珍しくありません。


最初からやり直すことになっても納期を変更できなければ徹夜や休日出勤で埋め合わせが必要です。緊急対応が求められプライベートの予定がキャンセルになってしまうこともあります。

シバッタマン

現在では少なくなりましたがオンプレミスで構築している企業もあります。機械なので壊れることが多く障害があったら休日も深夜も関係ありません。お客様に呼び出されシステムを復旧することが優先されます。クラウドでだいぶ改善されましたが、私は休日対応や深夜作業は当たり前でしたね。

理由⓾興味のないシステムをやらされている

プログラマー辞めたいと考える理由は⓾番目の理由はトラブルが起きてすぐ対応するのがです。

プログラマー(PG)を辞めとけと言われる理由としては、経験を積むと、システムエンジニア(SE)という職種への転向を求められることがあります。プログラマーに適性があってもシステムエンジニアには向き不向きが激しく、できるとは限りません。

シバッタマン

プログラマー(PG)として経験を積むと、システムエンジニア(SE)という職種への転向を求められることがあります。

プログラミングとあまり関係のない部署への異動もあるでしょう。SEや他部署は、プログラマーと比べ、対人コミュニケーションが多く求められがちです。

また、他部署の場合は、その仕事に興味を持てるかがわかりません。ADHDの特性に伴って対人関係や興味の範囲に困難がある方は、「SEや他部署への変更が求められる職場」の場合は、向いていないかもしれません。

ただし、「SEや他部署になっても、周りのサポートが手厚い職場」などなら、問題ないケースもあるでしょう。

【プログラミングできない奴ちょっと来い】辞めたいけど懸念は?

【プログラミングできない奴ちょっと来い】できない辞めたい無理だったの対処

①プログラミングの勉強を続けた時間が無駄になる

プログラミングを学ぶには、時間と労力がかかります

  もし、途中で挫折してしまうと、今までに費やした時間と労力が無駄になってしまう可能性があります。

そのため、プログラミングを学ぶ前に、自分の目的を明確にして、勉強を継続できるように計画を立てることが大切です。

シバッタマン

私も、プログラミングを始めた頃は、全くわかりませんでした。

しかし、コツコツと勉強を続けた結果、ある日突然、プログラミングができるようになってしまいました。それは、プログラミングの基礎知識が身についてきたからだと思います。

プログラミングの基礎知識が身につけば、あとは経験を積んでいくことで、どんどん上達することができます。

難しく挫折しやすい分野ですが、諦めずに勉強を続ければ、必ずできるようになると思います。

② 収入源が途絶える

勤めている会社を退職すれば当然収入は途絶えてしまうことになります。

上司からパワハラを受けていたり、職場で同僚からひどいいじめにあっていたり、あまりに長時間のサービス残業を強いられていたりと、それ以上仕事を続けることが困難となっている人もいることでしょう。

もし貯金があるならばとりあえず当面の生活ができる為、すぐに退職するという手段をとることができます。

シバッタマン

退職するとどれほどお金がかかるのか、一度考えてみましょう。

職するとどれほどお金がかかるのか、一度考えてみましょう。

部署や配置換えなどで解決できるケース

 ・生活費

・転職活動の費用

・服飾費

・国民健康保険料・年金・住民税

・交通費

・書籍代

・資格や免許取得にかかる費用

・交遊費

③職歴に空白ができる

シバッタマン

退職後のビジョンがないと次の転職先への入社に空白が生まれる可能性が高いです。

退職業界や企業にもよりますが、数カ月程度の空白期間であっても書類選考で不採用とするケースも見られます。空白期間がある人に対し、企業が懸念しているのは主に次のようなポイントです。

次の転職先への入社に空白が生まれる可能性が高いです。

④すぐやめた場合の企業のイメージが悪い可能性がある

職歴の傷とは、「学校を中退している」「ニート期間がある」「社会人経験がない」「短期離職を繰り返している」などの経歴を指します。

職歴に傷があるからといって必ずしも悪印象になるとは限りませんが、場合によっては評価が下がることもあります。

職歴の傷が採用担当者にどのような印象を与えるかは、退職の仕方や空白期間の過ごし方、企業側の判断基準によって異なります。

退職の仕方を例に挙げると、キャリアアップやスキルアップの目的があって退職した場合は、好印象につながりやすいでしょう。

「職歴に傷がつかないように…」という理由で在籍期間をむやみに延ばすのは、逆効果になる場合があります

【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】すぐ辞めたほうが良いと考えたら対処

【プログラミングできない奴ちょっと来い】できない辞めたい!無理だったを解説

①プログラミングを学びなおす

『これまでプログラミングを学んだことがない。興味持てるかわからない』と悩んでいたら、プログラミング無料体験で学んでみるのもよいかもしれません。

HTML,CSS,Javascriptを無料で学ぶことができます。無料体験を通して、「本当にエンジニア(プログラミング)に興味持てるのか」試すことができるのです。

①SESから脱出し上流工程にいく

シバッタマン

プログラミングの将来性や年収に不安がある場合は、SESに就職するのではなく、上流工程の仕事を目指してみるのもいいかもしれません。

将来性や年収に不安を感じている方は、SESなどの仕事に就いているかもしれません。

 IT業界はピラミッド構造になっているため、上流工程にいかないと収入は上がりません。収入を上げるためには、転職が最も効果的である可能性があります。

 上流工程の仕事は、システムの設計や開発、テストなどの上流工程を担当する仕事です。SESに比べて、上流工程の仕事は、より責任ややりがいのある仕事です。

また、上流工程の仕事は、SESに比べて、収入が高い傾向にあります。上流工程の仕事に就くためには、プログラミングのスキルだけでなく、システムの設計や開発、テストなどのスキルも必要です。

上流工程の仕事に興味がある場合は、これらのスキルを身につけるために、勉強や経験を積んでみてください。

②仕事でメンタル不調でうつ病になった

シバッタマン

メンタル不調ならプログラマをやめてもよいでしょう。

プログラミングは、難しく、ストレスの多い仕事です。そのため、メンタル不調を抱えている人は、プログラミングを続けることが難しい場合があります。

治してから、プログラミングを再開するかどうかを検討してください。ストレスやうつ病でやめる場合は傷病手当などもかんがえてください。

私は、24歳のころです。SESで働いていましたが、メンタル不調で休職しました。

仕事は、とても忙しく、ストレスも多くありました。また、上司から怒られることも多く、精神的に追い詰められていました。

ある日、仕事中にパニック発作を起こし、休職することになりました。

休職中は、ゆっくり休んで、自分の心と体を休めるために努力しました。また、友人や家族に話を聞いてもらい、サポートしてもらいました。

休職して半年後、少しずつ仕事に復帰しました。最初は、不安でしたが、周りのサポートもあり、徐々に仕事に慣れていきました。

仕事に復帰して1年が経ちました。仕事は、以前よりも忙しいですが、メンタル面でも安定しています。

メンタル不調で悩んでいる人がいたら、休職することを勧めます。休職は、自分の心と体を休めるための大切な時間です。

下記は私がうつ病になって傷病手当をもらった体験談です。参考にしてください。

自己分析ができていてい転職の説明ができる

シバッタマン

やはりキャリアに一貫性があればそれほどマイナスになることはないのではないでしょうか。特にIT業界やWEB業界など比較的新しい業界では転職することによってキャリアを積んでいるのであればメリットになる可能性も十分に考えらえます。

私の経験上でもそのような業界では上司も転職をかんがえていることがありますから。

だ、早期で退職した場合には転職先の面接で退職理由を聞かれるケースが多いですね。そこでは何を回答するかが重要になってくると思います。

回答例としては

「前職の業務内容が合わず、入社後1年も経たずに退職しました。早期離職に至った大きな原因は、自己分析や企業分析をせずに『何となく』で就職先をしてしまいました。今度は自分に合う企業で長く働けるように、空白期間を利用して転職セミナーに参加したり、職業訓練を受けたりとスキルアップは常に行っていました。」

ポイントは、職歴に傷があることを素直に受け止めて、前向きに行動する姿勢をアピールすることです

職歴に傷がついたことを人のせいにしたり、過去の失敗にとらわれ過ぎたりすると、「他責思考・ネガティブ思考が強い」「『今』に目を向けられていない」といったマイナスイメージを持たれる可能性があるので気をつけましょう。

④別の職種に移籍

別の職種でもよいと思います。

 Webマーケティングや社内SEなど、プログラミングの経験が活かせる職種はたくさんあります。また、AIでもプログラミングは重要です。

また、じょうじゅつしましたが、私っはメンタル不調で休職した経験があります。私にとって、大きな財産になりました。メンタルの大切さを学び、メンタルを健康に保つ方法を身につけました。

シバッタマン

この経験を通して、自分のやりたいことが何かを考えました。私は、プログラミングが好きで、WebサイトやWebサービスを作りたいと思い、Webマーケティングや社内SEの仕事に興味を持ちました。

そのために、CCNAやLPICなどのネットワークエンジニアの資格や、SEO検定などのWebマーケティングの資格を取得しました。

現在は、Webマーケティングの仕事に就いていて、とてもやりがいを感じています。自分のスキルを活かして、WebサイトやWebサービスをより効果的に運用することに、とても喜びを感じています。

メンタル不調で休職した経験を活かして、メンタルヘルスのサポートをする仕事にも興味があります。

⑤資格を取得する

プログラミングを学びなおすために資格を取得するのはどうでしょうか。プログラミングスクールをうまく活用してみましょう。

一人だけで勉強すると未経験では時間がかかってしまい、間違った方向へすすんでしまう可能性があります。

無料体験などで現状のスキル感・悩み・キャリアプランなどを相談してみるのはいかがでしょうか。未経験であることを伝えば、あなたにとってもっともよいカリキュラムを組んでもらうこともあります。

転職サポートをしてくれるところも多いスクールもおおいです。スキルアップだけでなく転職も選択肢に入っている方にとってもおすすめできます。

インフラエンジニアの資格を目指すならLinuC


ウズウズカレッジではインフラエンジニア(特にサーバーエンジニア)を目指す求職者にとって 非常に有利になる「LinuC」という資格を取得するためのITスクールです。もっとお手頃に、気軽に、 自分のペースでITスキルを身につけられるサービスです

 20代の就職サポート実績は17,500人以上 UZUZでは、創業以来20代の若者向けの就職支援サービスを提供しています。 特に「未経験からITエンジニアへの就職支援」に強みがあり、プロのキャリアアドバイザーが万全のサポートを 提供。

IT系の優良求人も豊富に用意しています。

⑥とにかくプログラミングだけはやめたい

シバッタマン

やりたいことが本当にわからなくて、とりあえずプログラミングができないとわかったら、やめてもよいでしょう。

プログラミング以外のスキルを身につけることもできます。

 例えば、Webデザイン、グラフィックデザイン、ライティング、マーケティングなど、さまざまなスキルがあります。これらのスキルは、プログラミングよりも習得しやすいかもしれません。

 自分の興味や能力に合った仕事を見つけることが大切です。もし、プログラミングに興味がなければ、無理に勉強する必要はありません。プログラミング以外のスキルを身につけたり、プログラミング以外の仕事に就いたりすることもできます

おすすめのキャリア①ライター

シバッタマン

Webライターは、まったく人に会わず、全ての作業を完結することができる仕事です。外に出たいけど出れない問題については、私の働き方にも原因があるのですが、とりあえずWebライターは、まったく人に会わなくてもできる仕事、ということができます。

直接人に会わないだけで、人に関わらないというわけではありません。企業や個人と契約したり、誰かから仕事を受注したりしている以上は、必ずその人たちとの繋がりが発生します。

Webライターに限らず、Webデザイナーや漫画家など、ほとんど人に会わないようなあらゆるジャンルの職業にいえることです。

直接、顔と顔を合わせたり、話したりする機会が極端に少ない仕事でも、人との関わりや必要なコミュニケーションがすべて無くなるというわけではありません。

おすすめのキャリア②データ入力

シバッタマン

「データ入力」で検索すると、「電話応対あり」の案件と「電話応対なし」の案件が表示されます。

 電話応対ありの案件は、コールセンターの受付などのように、電話応対をしながら情報を打ち込むなど、データ入力以外にもメインの業務がある仕事が多いようです。

静かな環境で集中してデータを入力したい場合は「電話応対なし」の案件に応募するとよいでしょう。 「電話応対なし」の場合、時間帯を問わずに仕事ができるため、シフト制で深夜に働くことができるものや、在宅勤務可の案件などもあります。

 そのため昼の時間忙しい方でも働くことができます。ある程度PCスキルあり、ブラインドタッチができるのであれば、通勤するよりも自宅で働く方が効率的かもしれません。そういった場合は在宅のデータ入力に応募するというのもひとつの選択です。

おすすめのキャリア③翻訳

シバッタマン

翻訳者の仕事というと、外国文学を訳す仕事を思い浮かべますが、圧倒的に多いのはビジネスに関連したマニュアルや契約書です。そのため輸出で成り立っている日本では需要の多い仕事になります。

 ほとんど部屋にこもりきりで仕事をし、打ち合わせもメールでやりとりするため、人間関係のストレスも少なく、人とかかわるのが苦手な人には向いている仕事です。

般的に翻訳家と言うと、代表的なのは文芸翻訳ですが、そのなかでもSFやミステリーなどがあり、そのほかにも科学や歴史などの学術書の翻訳、絵本の翻訳、ビジネス書の翻訳、雑誌の翻訳など他にもいろいろあります。

もし翻訳を仕事にしようとするのであれば、自分の得意分野を持っていることが大切です。そうしたことも考慮した上で、翻訳家としての雑学知識があり、日本語の表現力もある人は翻訳の仕事に向いています。

おすすめのキャリア④・動画編集(YouTubeなど)

シバッタマン

動画編集作業も一昔前であれば動画編集はテレビ局などと提携している制作会社がおこなうものです。
現代は個人で動画を制作し、発表する時代です。

 フリーランス向けの案件が豊富にあるばかりか、自分でもYoutubeなどに動画をアップロードします。

 収入を得ることができます。動画編集に使うソフトウェアとある程度のスペックを持ったパソコンが必要ですが、逆をいえばそれさえあればすぐにでも始めることのできる人と関わらない仕事の1つです。

動画編集をすることができるソフトは色々とあります。

ィンドウズのムービーメーカー、Adobeプレミアなどが挙げられます。ムービーメーカーはウィンドウズ搭載パソコンならば基本的に実装されています。Adobeは購入する必要があります。

専門的なソフトが必要になる場合は自分に合ったもの、必要としている機能があるものを購入する必要があります。

おすすめのキャリア⑤・投資家(株・FX・仮想通貨など)

シバッタマン

専業投資家と似た言葉に兼業投資家がありますが、兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家と似た言葉に兼業投資家があります。

兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家は、株式や外貨など金融資産への投資活動だけで、生活に必要な収入を得ることを意味するのです。

 専業投資家の仕事は会社勤めをせず、自宅でインターネットさえ利用できれば実現します。会社での人間関係が必要ではないので、コミュ障向きだと言えるでしょう。

また住む場所についても、自由度が高まります。

 人との関わりを少なくするという面から、快適な場所を探せるのが専業投資家のメリットです。地方など住宅費の安い場所を選べば、生活に必要な資金が圧縮できます。投資で稼がなければならない生活費を、減らすことが可能です。

おすすめのキャリア⑥・アフィリエイト、ブログ

シバッタマン

人と関わらない仕事で紹介するのが、アフィリエイトです。私自身もアフェリエイトをやっていますが本当に人と接することはないですね。

アフィリエイトは、自分のサイトやブログに広告を貼り、広告の商品を買ってもらえると紹介手数料がもらえる仕組みです。

 広告はクリックされるだけでももらえるものがあります。

 アフィリエイトの良いところは、好きな時に、好きな場所で作業できることです。また、一度作ったサイトやブログをほっておいても、そこからお金を稼ぐことができます

常に自分が働いている必要はなく、自分の変わりにサイトやブログが働いて、お金を稼いでくれるのです。これが、アフィリエイトの良さと言えるでしょう。ただし、誰でも参加できやすく、参入障壁が低いのですが、稼げるまでに苦労します。最初はなかなか簡単に稼げないので、諦める人も多いです。

おすすめのキャリア⑤・校正・校閲

校正と校閲は同じ仕事に見えますが、細かく見ると異なります。

 校正は、文法上のミスや文字、漢字の単純な間違いを見つける仕事です。

 校閲は、事実確認や時代考証を行い、文章全体の内容に間違いがないかを探します。

 業務内容は異なる二つの仕事ですが、企業によってはこの二つをまとめて一つの仕事にしているところもあるので、応募の際は必ずチェックしましょう。

文章を読んで間違いを見つけるという点では同じ職業と言えます。

シバッタマン

校正・校閲の仕事に就くうえで特別な資格は必要ありませんが、文章を正しく読み、間違いを見つける能力が必要となります。

おすすめのキャリア⑤デザイナー

1点目は「デザイナー」という仕事です。プログラマーと同様、依頼された内容に対して仕事を行っていくだけなので、受け身の姿勢で仕事を進めることができるでしょう。

おすすめのキャリア⑥動画クリエイター

2点目は「動画クリエイター」という仕事です。

動画編集の仕事は聞き馴染みがないかもしれないですが、今youyubeが流行ってきているので、動画編集の単価は非常に高いです。

おすすめのキャリア⑦WEBマーケティング

  • Webライターがブログをやるのと同様で、動画クリエイターをやりつつYoutuber(ユーチューバー)になるという方法が非常におすすめです。

自分で顔を出さなくともできる動画なんて山ほどありますし、ジャンル次第でまだまだ稼げる分野は沢山あります。動画クリエイターと合わせて、是非同時に実践してみると良いでしょう。

プログラミングを辞めたいなら転職エージェントに相談する

ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません。

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ運営会社株式会社ビズリーチ求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)対象エリア全国対象年齢30代〜50代得意分野ハイクラス求人

【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】よくある質問

【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】よくある質問

プログラミングを使わない仕事は何ですか?

シバッタマン

プログラミングを使わないIT系の仕事はたくさんあります。以下に、いくつか例を挙げてみます。

職種概要プログラミングの必要性
システムエンジニアコンピュータシステムの設計・開発・運用を担当する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あると仕事の効率化や品質向上に役立ちます。
ネットワークエンジニアコンピュータネットワークの設計・構築・運用を担当する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あると仕事の効率化や品質向上に役立ちます。
データサイエンティストデータの収集・分析・解析を行い、そこから新しい価値を創出する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あるとデータの分析・解析を効率的に行うことができます。
セキュリティエンジニアコンピュータシステムやネットワークを不正アクセスから守る仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あるとセキュリティ対策を効率的に行うことができます。
プロジェクトマネージャープロジェクトの計画・管理・実行を担当する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あるとプロジェクトの進捗管理やリスク管理を効率的に行うことができます。
品質管理者製品やサービスの品質を保証する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あると製品やサービスの品質を検査・評価を効率的に行うことができます。
ユーザーサポートユーザーからの問い合わせに対応する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あるとユーザーからの問い合わせを効率的に解決することができます。
教育・研修担当者社員や顧客にITスキルを教育・研修する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あるとITスキルを効率的に教育・研修することができます。
営業IT製品やサービスを販売する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あるとIT製品やサービスを効率的に販売することができます。
マーケティングIT製品やサービスを宣伝・販売促進する仕事です。プログラミングのスキルは必須ではありませんが、あるとIT製品やサービスを効率的に宣伝・販売促進することができます。

プログラミングに向かない人は?

シバッタマン

プログラミングは、論理的思考力や問題解決能力が必要な仕事です。そのため、以下のような人はプログラミングに向かない可能性があります。

向かない人理由
論理的思考力が苦手な人論理的思考力が必要な仕事です。問題を分解して解決する能力が必要です。
問題解決能力が苦手な人問題解決能力が必要な仕事です。問題が発生したときに、原因を特定して解決する能力が必要です。
細かい作業が苦手な人プ細かい作業が必要な仕事です。プログラムは、細かいコードの組み合わせで作られています。
新しいことを学ぶのが苦手プ常に新しい技術が生まれています。新しい技術を学ぶのに抵抗がある人は、プログラミングに向いていないかもしれません。
一人で作業するのが苦手一人で作業することが多い仕事です。チームで作業するのが好きな人は、プログラミングに向いていないかもしれません。

プログラマに向いている人や向いていない人の記事です。

プログラミング学習は時間の無駄になる?

シバッタマン

プログラミング学習は、時間の無駄になることはありません。

 プログラミングは、コンピュータに指示を出すための言語です。

 この言語を理解することで、コンピュータを自分の思い通りに動かすことができます。多くの分野で必要とされるスキルです。

 例えば、Web開発、ゲーム開発、データサイエンス、機械学習などです。プログラミングを学ぶことで、これらの分野での仕事に就いたり、自分のビジネスを立ち上げたりすることができます。

まとめ:【プログラミング無理だった?できない奴ちょっと来い】辞めたい?の対処を解説

本記事では【プログラマー辞めたい】未経験?向いていない人?すぐ辞める前に転職についてお伝えしました。

シバッタマン

「プログラマー辞めたい」と思っている方も多いでしょうね。

ただ今の職場が合わないだけで、プログラマーとしてのキャリアを捨ててしまうのはもったいないですよね。

転職やフリーランスも視野に入れればできることはたくさんあります。

未経験でも学習できるプログラミングサービス・スクールが充実していますし、やろうと思えば即現場で働くこともできます。

【プログラミングできない奴ちょっと来い】できない辞めたい!無理だったを解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次