MENU

【IT業界から足を洗う】40代SEから合わないし離れたいので転職?理由や対処!

【IT業界から足を洗う】離れたいので転職!向き不向き転職など理由や対処!30 代40代

30代になったけどIT業界から足を払うこともかんがえようかな。

IT業界って向き不向きが大きい気がする足を払うのもかんがえようかな、転職もひとつかな

シバッタマン

エンジニアとして日々悪戦苦闘していて自分に課せられた業務についていけない人向けの記事になっています。IT業界から足を払いたいとおもっているひとも多いでしょう。向き不向きを考えて居る人もいるでしょう。

ITエンジニアとして様々なプロジェクトに携わっていた経験から【IT業界から足を洗う】離れたいので転職!向き不向き転職など理由や対処!30 代についてお伝えします。

目次

【IT業界から足を洗う】40代SEから合わないし離れたいので転職を検討する理由

【IT業界から足を洗う】離れたいので転職!向き不向き転職など理由や対処!30 代40代

IT業界から足を洗う理由①40代以降で業務が激務で体力が持たない

シバッタマン

IT業界は未経験に限らず「残業が多い」とか「肉体的精神的にもきつい」だとか、「本当に好きな人くらいしか楽しめない」などといった評価があります。

IT業界って大丈夫かなとしんぱいになりますよね。プログラマーはきつい、きつくないは人にもよりますし、企業にも大きく左右されます。

下記はIT業界のざんぎょおう時間です。激務ですね。

引用元:IT業界の足を払う残業時間が激務(DODA)

また、繁忙期があり、納期の前は忙しく、それ以外は IT業界では仕事がなく残業が全く発生しないという露骨な業種がプログラマーなのです。

あなたも一度、 IT業界の友人がいれば他人に聞いてみるのもいかがでしょうか。

IT業界から足を洗う理由②30 代40代以降で技術のキャッチアップが出来なくなった

シバッタマン

30代になってかんがえるけど、数年やってみたけどスキルが思ったより身についていないし、相変わらずついて行けていないと感じることがあります。

新人の頃はやる気はあったにもかかわらず、いつからか技術のキャッチアップが出来なくなり先行きが不安になってきたという人は多いのではないでしょうか。

もちろん、年齢を重ねたうえでの体力の衰えや興味関心の薄れもあると思います。

この場合は、一旦自分を見つめ直してIT業界という軸はズラさずにマネージャーや営業職に目を向けてみたり、別業界のことに目を向けてみるのもよいかもしれませんね。

IT業界から足を洗う 理由③30 代40代でも収入が増えない

仕事の量に対して給料が少ないと「辞めたい」と思うIT業界のエンジニアやプログラマは多いですね。経験者や未経験者に限らずですね。

シバッタマン

プログラマーは基本的に経験やスキルによって給料の増減が大きい職種のため、特に経験が少ないうちは給料が低い傾向にあります。

また、IT業界のはゼネコン体質のため上流工程にいかないと給料がひくくなる傾向があります。

下請け(SES)になるほど給料は少なくなるため、仕事量の割には給料が低い、頑張っているのに全然給料が上がらないといったこともよくあるはなしです。IT業界にいても収入がふえないなどはありえます。

ただ、上流工程は大手IT業界が多く、求められる知識はプログラミングより、上流工程の仕事が増えます。

 顧客との折衝であったり、マニュアル作成だったり、要件定義やプログラマに支持をだすための設計書だったりとIT業界から足を洗う感じる人は多いです

IT業界から足を洗う理由④周囲のより自分のレベルが低いと感じた

シバッタマン

ITエンジニアとしてのスキルを伸ばすための環境は会社に所属するまでもなく、PCとインターネット環境があれば誰でも開発できて伸ばせる状況にあります。

したがって、入社した時点でも新人同士でも場合によってはかなり差があるでしょうし、数年先輩でもポッと入ってきた新人のほうがスキルがあるということは珍しくありません。それがIT業界であり、しょうがいないことでもあります

周囲のより自分のレベルが低いと感じる理由

分からないことは聞いて吸収していく。

マネージャーに現時点で自分はどれくらいの能力や成果を求められているか聞いて逆算して動く。

プライベートの時間も自己研鑽にはげむ。

IT業界から足を洗う理由⑥振られている業務をこなせない

シバッタマン

IT業界は様々なシステム・業務知識が櫃よとなります。振られている業務をこなせないなんてことはよくありまます。
自社開発の会社では自分より仕事が出来るメンバーや上の人に聞いたりすれば解決していきます。

そもそもスキルが不足しているのに、そのような業務内容を割り振られている時点でマネージャーの理解不足の面もあります。

振られている業務をこなせない理由としては、問題はSES、客先へ単独で常駐している場合、つまり業界の体質が影響している場合が多いですね。

経歴にどうしようもないレベルでウソをついている場合はどうしようもないと思います。そうでない場合は、周囲の人との人間関係を作っていき、困った場合にお互いに助け合えるようにしておくことが大事だと思います。

経験年数にもよりますが、ITについて何でも知っている人はいません。周囲の人の力を借りられるような人間関係を作っておくことは非常に大事だと思います。

IT業界から足を洗う理由⑦スケジュールに余裕がなく追い込まれていることが多い

シバッタマン

IT業界ではできるエンジニアほど勘違いしている人が多いです。ITエンジニアには多いような気がするのですが、スキルの高さは万能ではありません。

エンジニアとはいえチームで動くものです。1人でこなせる業務量には限界があります。フリーランスがはやっているもののチームとなって業務を行います。

そもそもの見積もりの時点や人数が不足していて、結果的に炎上していることがあります。そのような状況に置かれて、ITエンジニアとして無力感を感じて、ついて行けていないと感じる人がいるようですね。

しかし、この場合は冷静に落ち着いて分析してほしいです。あなたのスキルが不足しているのか、そもそもリソースなどが不足しているのか考えてみる必要があるかもしれまえん。

【IT業界から足を洗う】40代SEから離れたいのか考える

IT業界・エンジニアの向き・不向きを考えて足を払うか考える

また会社によっては、多部署との調整業務が多いところがあります。下記については合理的配慮で上司に伝えるというほうほうがありますので対策はできることもあります。

  • 常にメンバーと話しながら進めるケース
  • 電話応対、外注とのやりとり、お金にやりとりが多い
  • 周りの状況を見て自分でタスク、優先順を決めて進めるもの。

ITとは遠い業界へ進む

狩られるというか酷い目に会う職場があるのはまちがいありません。それを避けつつ、自分の強みをうまく生かして、ビジネスを作るというゲームと私は理解しています。そのための職場は必ずあります。

おすすめのキャリア①ライター

シバッタマン

Webライターは、まったく人に会わず、全ての作業を完結することができる仕事です。外に出たいけど出れない問題については、私の働き方にも原因があるのですが、とりあえずWebライターは、まったく人に会わなくてもできる仕事、ということができます。

直接人に会わないだけで、人に関わらないというわけではありません。企業や個人と契約したり、誰かから仕事を受注したりしている以上は、必ずその人たちとの繋がりが発生します。

Webライターに限らず、Webデザイナーや漫画家など、ほとんど人に会わないようなあらゆるジャンルの職業にいえることです。

直接、顔と顔を合わせたり、話したりする機会が極端に少ない仕事でも、人との関わりや必要なコミュニケーションがすべて無くなるというわけではありません。

おすすめのキャリア②データ入力

シバッタマン

「データ入力」で検索すると、「電話応対あり」の案件と「電話応対なし」の案件が表示されます。

 電話応対ありの案件は、コールセンターの受付などのように、電話応対をしながら情報を打ち込むなど、データ入力以外にもメインの業務がある仕事が多いようです。

静かな環境で集中してデータを入力したい場合は「電話応対なし」の案件に応募するとよいでしょう。 「電話応対なし」の場合、時間帯を問わずに仕事ができるため、シフト制で深夜に働くことができるものや、在宅勤務可の案件などもあります。

 そのため昼の時間忙しい方でも働くことができます。ある程度PCスキルあり、ブラインドタッチができるのであれば、通勤するよりも自宅で働く方が効率的かもしれません。そういった場合は在宅のデータ入力に応募するというのもひとつの選択です。

おすすめのキャリア③翻訳

シバッタマン

翻訳者の仕事というと、外国文学を訳す仕事を思い浮かべますが、圧倒的に多いのはビジネスに関連したマニュアルや契約書です。そのため輸出で成り立っている日本では需要の多い仕事になります。

 ほとんど部屋にこもりきりで仕事をし、打ち合わせもメールでやりとりするため、人間関係のストレスも少なく、人とかかわるのが苦手な人には向いている仕事です。

般的に翻訳家と言うと、代表的なのは文芸翻訳ですが、そのなかでもSFやミステリーなどがあり、そのほかにも科学や歴史などの学術書の翻訳、絵本の翻訳、ビジネス書の翻訳、雑誌の翻訳など他にもいろいろあります。

もし翻訳を仕事にしようとするのであれば、自分の得意分野を持っていることが大切です。そうしたことも考慮した上で、翻訳家としての雑学知識があり、日本語の表現力もある人は翻訳の仕事に向いています。

おすすめのキャリア④・動画編集(YouTubeなど)

シバッタマン

動画編集作業も一昔前であれば動画編集はテレビ局などと提携している制作会社がおこなうものです。
現代は個人で動画を制作し、発表する時代です。

 フリーランス向けの案件が豊富にあるばかりか、自分でもYoutubeなどに動画をアップロードします。

 収入を得ることができます。動画編集に使うソフトウェアとある程度のスペックを持ったパソコンが必要ですが、逆をいえばそれさえあればすぐにでも始めることのできる人と関わらない仕事の1つです。

動画編集をすることができるソフトは色々とあります。

ィンドウズのムービーメーカー、Adobeプレミアなどが挙げられます。ムービーメーカーはウィンドウズ搭載パソコンならば基本的に実装されています。Adobeは購入する必要があります。

専門的なソフトが必要になる場合は自分に合ったもの、必要としている機能があるものを購入する必要があります。

おすすめのキャリア⑤・投資家(株・FX・仮想通貨など)

シバッタマン

専業投資家と似た言葉に兼業投資家がありますが、兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家と似た言葉に兼業投資家があります。

兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家は、株式や外貨など金融資産への投資活動だけで、生活に必要な収入を得ることを意味するのです。

 専業投資家の仕事は会社勤めをせず、自宅でインターネットさえ利用できれば実現します。会社での人間関係が必要ではないので、コミュ障向きだと言えるでしょう。

また住む場所についても、自由度が高まります。

 人との関わりを少なくするという面から、快適な場所を探せるのが専業投資家のメリットです。地方など住宅費の安い場所を選べば、生活に必要な資金が圧縮できます。投資で稼がなければならない生活費を、減らすことが可能です。

【IT業界から足を洗う】40代SEから離れたいので転職など対処方法

IT業界から足を洗う前の対処①今の業界とは業務が違うシステムの部署移動を申し出る

シバッタマン

IT業界でもエンジニアでは銀行システムやWEBのシステムでは求めらえるものが違います。また、エンジニアやマーケティング、プリセールス、営業、プロマネなどそれもまた求められるスキルがちがいますよね。

もし、転職をせずにあなたのキャリアを変更することが可能であれば、上司に部署移動を申し出てみるのもいかがでしょう。例えば私の場合はエンジニアという仕事につかれていたのですが、たまたまかかわったマーケティングという仕事に興味を持ち部署移動を申し出ました。

私の場合は部署移動ができず、結果として転職をしてしまったのですが、今の会社にとどまる予定なのであればエンジニアではなく別の部署に申し出るのもよいかもしれませんね。

IT業界から足を洗う前の対処②詳しい人間にIT業界のエンジニアスキルを教わる

シバッタマン

もしあなたの周りに仕事が出来る人が周りにいることはチャンスとかんがえましょう。できる人に聞いていって自分のスキルを伸ばしていきましょう。やる気があって聞いてくる人を無下に扱う人はそうそういないはずです。

自分の中で明確になりたいエンジニア像があれば別ですが、特になければマネージャーに現時点でどれくらいのスキルや成果を求められているか聞いてみましょう。

それで今の頑張りでも問題なければ変に焦る必要はありません。

スキルなど不足しているのであればプライベートの時間を使用して自己研鑽するしかありません。

知識やスキルの習熟は時間がかかるものなので焦らずやっていくことが大事だと思います。

IT業界から足を洗う前の対処③ エンジニアやプログラミングスクールに通う

シバッタマン

プログラミングやスキルを学びなおすためにスクールに通うのはどうでしょう。プログラミングスクールをうまく活用してみましょう。

一人だけで勉強すると未経験では時間がかかってしまい、間違った方向へすすんでしまう可能性があります。またIT業界は技術の移り変わりがはやく、会社や業種によって関わる仕事が全く違う可能性もあります。

無料体験などで現状のスキル感・悩み・キャリアプランなどを相談してみるのはいかがでしょうか。未経験であることを伝えば、あなたにとってもっともよいカリキュラムを組んでもらうこともあります。

転職サポートをしてくれるところも多いスクールもおおいです。スキルアップだけでなく転職も選択肢に入っている方にとってもおすすめできます。

インフラエンジニアの資格を目指すならLinuC


ウズウズカレッジではインフラエンジニア(特にサーバーエンジニア)を目指す求職者にとって 非常に有利になる「LinuC」という資格を取得するためのITスクールです。もっとお手頃に、気軽に、 自分のペースでITスキルを身につけられるサービスです

 20代の就職サポート実績は17,500人以上 UZUZでは、創業以来20代の若者向けの就職支援サービスを提供しています。 特に「未経験からITエンジニアへの就職支援」に強みがあり、プロのキャリアアドバイザーが万全のサポートを 提供。

IT系の優良求人も豊富に用意しています。

月額33,000円(税込)でお手軽に利用できるサブスクモデル もっと気軽にITスキルを身につけたいけど、どれも高額でなかなか手が出ない…。 そういったIT学習希望者は世の中にたくさんいます。

料金比較

料金比較
A社:696,000円(税込)
B社:418,000円(税込)
ウズウズカレッジ:33,000円(税込)

プログラマーの資格を目指すなら【CODE×CODE CAREER

プログラミングスクール「CODE×CODE」との連携 ITエンジニアを目指すにあたって、活動を有利に進めるために資格が有効です。

そこでITスクールと連携することで、IT資格を取得してもらった上での就職活動を可能としています。T業界は全ての職種が存在する業界です。エンジニア職はもちろん、 事務、営業、販売、マーケティングなどただその職種に就くよりも 「IT」という価値をプラスすることで自身のキャリア価値を高めることができます。

メリット

・未経験者のITエンジニア就職をサポートする特化型就職サービス
・ITスクール「CODE×CODE」の利用(有料)
・無料カウンセリング ・就職/転職サポート

IT業界から足を洗う前の対処④転職エージェントに相談する

論ではありますが、「プログラマーという仕事そのもの」は、どの会社で働いても業務内容は同じです。

その上で、プログラミングのスキルがある人は、限られています。

「プログラマーの仕事は好きだけど、(ADHDの特性に関連して)今の職場の人間関係やルールが合わない」という悩みが生じたときに、「自分により合う他の会社に転職して、プログラマーとして働き続ける」ことが、他の職種よりもしやすいと言えるでしょう。

シバッタマン

ただ、IT業界はさまざまな仕事があります。その場合には転職エージェントに相談するのもありではないでしょうか。

DODA

シバッタマン

後悔しない方法としてはITやWEBに得意な転職エージェントに相談するのも必要かと思います。例えばDodaやビズリーチはITやWEBに得意です。

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代

IT業界から足を洗う前の対処⑤フリーランスとしてクラウドソーシングも検討

チームで仕事することがなく、担当者と1対1(担当者の指示に従っていれば良い)で業務を進めることができます。

クラウドワーカにプログラミングの業務を依頼してきたが、クラウドワーカーが数人のチームで仕事をすることはなかったと思います。

クラウドワークスの仕事は、市場に比べると安い料金で働くことが多いです。

 実績をつくるまではクラウドソーシングで経験を積みましょう。実績がついてきたら自分でサービスを作ったり、企業から直接受注したりして稼いでいくのがよいかと感じます。

まとめ:【IT業界から足を洗う】40代SEから合わないし離れたいので転職?理由や対処!

いかがでしたでしょうか。

【IT業界から足を洗う】離れたいので転職!向き不向き転職など理由や対処!30 代についてお伝えします。

IT業界から足を払う、転職をしたい、向き不向きなどを考えるエンジニアは多いかとおもいます。その場合にはすぐにIT業界から足をはらうことはせず、本当にやめてよいのかどうかかんがえてみるのもよいかもしれません。

この記事があなたにとって、素晴らしい人生を過ごすために有益な情報になれればと考えています。

【IT業界から足を洗う】離れたいので転職!向き不向き転職など理由や対処!30 代40代

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次