MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【適応障害でも就職困難者に該当する?】主治医意見書・精神障害者手帳で変わる条件・手続きを解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
シバッタマン

離職した時に、次の仕事を見つけるまでの生活費を一定額保障してくれるのが失業保険(失業給付)です。適応障害の方でも就職困難者として給付申請ができる可能性があります。

適応障害は精神障害の一種として分類されます。

 精神障害者保健福祉手帳を所持している方、適応障害の他に統合失調症、躁うつ病、てんかんといった病気があり、医師の診断書を持っている場合、就職に困難を抱える可能性があります。

失業保険は退職後自動的に給付されるものではなく、必要な書類を用意し、ハローワークでの申請が必要です。

 また、給付を受けるためにはいくつかの条件を満たす必要がありますので、ご注意ください。

 私自身もうつ病や適応障害と発達障害を抱えており、障害手帳を所持しています。また、適応障害であっても、以下の条件を満たせば就職困難者に該当し、手厚い支援を受けることができます

 その結果、失業保険の対象となり、就職に困難を抱える状況になりました。私はこのような就職困難な状況を経験し、また社会保険の専門家の意見に基づいて説明いたします。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • npo法人発達障がい者を支援する会(チームシャイニー)
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と6歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

適応障害で就職困難者と認定される条件とは??

適応障害は就職困難者も該当なの?

就職困難者ってどんな人?ハローワークの定義と適応障害との関係

ハローワークが定義する就職困難者は、以下の要件を満たす人々を指します。

就職困難者の種類要件
身体障害者身体障害者手帳あり
知的障害者療育手帳あり
精神障害者精神障害者保健福祉手帳あり
統合失調症、そう病・うつ病、てんかん医師の診断書あり

下記でもより詳しく説明しますが、精神障害のうち、「統合失調症」「そう病・うつ病(躁うつ病)」「てんかん」の場合は、「手帳なし」でも就職困難者となります。

適応障害は就職困難者も該当なの

厚生労働省が定める就職困難者の定義には、身体障害、知的障害、精神障害(発達障害を含む)その他これに類する障害などが含まれますが、適応障害はこれらの障害に該当しない場合があります。

就職困難者として認定されるためには、原則として、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかを所持しているか、または、てんかん、躁うつ病、統合失調症などの特定の精神疾患の診断を受けている必要があります。

会社が原因で適応障害やうつ病を発症し、就職活動に支障が出ている場合は、就職困難者として認定される可能性があります。

会社が原因で適応障害を発症し、それがうつ病に発展した場合、パワハラ、長時間残業、職場の配置転換などが原因として考えられます。

適応障害であっても、症状の程度や回復状況によっては就職困難者として認められない場合もありますので、まずはハローワークにご相談されることをおすすめします

医師の診断書や意見書の作成を依頼する際には、会社での出来事が原因で適応障害やうつ病を発症したことを詳しく説明し具体的な記載をしてもらうようにしましょう。

適応障害で就職困難者になるには?診断書と主治医の意見書の違い

適応障害で就職困難者になるには?診断書と主治医の意見書の違い

自分が就職困難者に該当するかのセルフチェック!

シバッタマン

就職困難者と一般の失業者の手続きの違いは基本的にはハローワークで精神障害者保健福祉手帳か主治医意見書をだすだけであとは手続きの流れは同様です

就職困難者は「精神障害者保健福祉手帳」または「主治医の意見書」を提出して、自分が就職困難者であることを証明する必要があります。これは、就職困難者に対する支援を受けるための必要な手続きです。

しかし、その点を除けば、手続きの流れ自体は一般の失業者と基本的には同じです。失業した事実を証明する書類を提出し、必要な手続きを進めていくことになります。

就職困難者一般の失業者
基本条件過去1年間のうち少なくとも6ヶ月間雇用保険の被保険者であること過去1年間のうち少なくとも6ヶ月間雇用保険の被保険者であること
特別な条件「精神障害者保健福祉手帳」を持つこと、または「主治医意見書」を提出することなし

医師の診断書を提出すれば就職困難書になる

病院で「医師の診断書」をもらって、あなたからハローワークに申し出れば認められます。

適応障害も就職困難者として認められると受けられる優遇措置を受けることが可能となります。

適応障害であっても、症状の程度や回復状況によっては就職困難者として認められない場合もありますので、まずはハローワークにご相談されることをおすすめします

 失業保険で就職困難者として認められた場合に適用されます。具体的な手続きや必要な書類については、最寄りのハローワークにご確認ください。

参考元:医療保険の給付金請求に診断書は必要?(スマ保険)

傷病手当については私の体験談も含めて下記に記載しています。

主治医の意見書と診断書は違うの?

主治医の意見書と診断書は、どちらも医師が作成する書類ですが、その内容や目的、そしてハローワークでの活用方法には明確な違いがあります。

項目主治医の意見書診断書
目的病状が仕事に与える影響、必要な配慮などを具体的に説明する病名、症状、治療内容などを客観的に証明する
内容診断書の内容に加え、具体的な仕事上の支障、必要な配慮、復職の可否、就労上の留意点病名、発症日、症状、治療経過、就労への影響など
提出場面ハローワークの担当者が詳細な情報が必要と判断した場合、復職支援や職場定着支援を受ける場合、障害者雇用枠で応募する場合就職困難者として認められるための申請時
必要性状況によって必要となる多くの場合、就職困難者と認められるために必須
作成患者本人や職場との調整が必要になる場合がある

診断書は、患者の病名、症状、治療内容などを客観的に記載した書類です。これは、保険金の請求や休職・復職の手続きなど、主に医療機関や保険会社とのやり取りで必要とされます。

参考:主治医の意見書(健康長寿ネット)

一方、主治医の意見書は、患者の病状が仕事に与える影響や、治療と仕事を両立させるために必要な配慮などを詳細に記載した書類です。

就職困難書で主治医の意見書は必要なの?

原則として、就職困難者として認められるためには診断書のみで十分です。しかし、以下のような場合には、主治医の意見書が必要となることがあります。

  • ハローワークの担当者が詳細な情報が必要と判断した場合: 個々の状況に合わせて、より適切な支援を行うために、主治医の意見書を求めることがあります。
  • 復職支援や職場定着支援を受ける場合: 復職後の働き方や必要な配慮などを検討するために、主治医の意見書が参考資料となります。
  • 障害者雇用枠で応募する場合: 企業側が応募者の状況を把握し、適切な配慮を行うために、主治医の意見書を求めることがあります

どちらの書類が必要になるかは、状況によって異なりますので、まずはハローワークの担当者に相談し、指示に従うようにしましょう。

適応障害で精神障害者保健福祉手帳を持っていれば就職困難者になる可能性がある

精神障害者保健福祉手帳を所持している場合、原則として就職困難者と認められます。この場合、診断書の提出で十分です。

就職困難者として認定されるには、通常、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持している方が対象になります。

引用元:就職困難者として認定されるには精神障害者保健福祉手帳が必要(DIAGENT)

精神障害者保健福祉手帳は、精神障害の程度を証明する公的な書類であり、就職困難者と認められるための要件を満たしていると判断されるためです。

ただし、ハローワークの担当者が個々の状況に応じて、より詳細な情報が必要と判断した場合は、主治医の意見書を求める場合があります。例えば、以下のような場合が考えられます。

私の場合は精神障害者保健福祉手帳を持っていても主治医の意見書を求められた

特定理由離職者としてハローワークで支援を受ける際、主治医の意見書の提出が必要になるかどうかは、ハローワークの管轄や担当者によって判断が異なる場合があります。

私の場合は、手帳を持っていても、ハローワークで主治医の意見書もセットとしてもとめられました。

自己都合退職の場合、原則として特定理由離職者には該当しませんが、精神疾患が原因で退職した場合、ハローワークが状況を詳しく把握するために、主治医の意見書を求めるケースがあります。

また、害者手帳を所持していても、症状の程度や就労への影響は個人差があります。そのため、ハローワークは、主治医の意見書を通じて、個々の状況を詳しく把握し、適切な支援につなげようしたのかとかんがえれます。

よって、私のケースでは、障害者手帳を所持していたにもかかわらず、主治医の意見書が求められたと考えられます。

自己都合の場合診断書では理由が不十分

診断書には、病名や症状などが記載されていますが、具体的な就労上の支障や必要な配慮については詳しく書かれていない場合があります。

 主治医の意見書は、これらの情報を詳細に記載しており、ハローワークが適切な就職支援を行うために役立ちます。

就職困難者なら手帳なしなら主治医の意見書が必要条件

うつ病による就職困難者の場合、一般的には「精神障害者保健福祉手帳」を所持していることが、就職困難者であることの証明になります。そのため、手帳を所持している場合は通常、主治医の意見書を提出する必要はありません。

シバッタマン

ただ、手帳がなしでも医師の診断書があれば就職困難者になる可能な場合がございます。一度求職の申し込みをするまえにハローワークに確認されるとよいかと思います。

基本的にはうつ病も働けない状態であるので、診断書でも就職困難者として認定される可能性があります。

 主治医の意見書については、主治医がその患者の状態を詳しく把握し、その患者の病気や症状について詳細な記述を行うことが求められます。

患者の病気や症状、治療内容や経過、投薬内容などが記載されます。

手帳を申請中でも主治医の意見書で就職手当がもらえる可能性がある

シバッタマン

障害手帳の申請中であっても、主治医の意見書があれば失業保険を受給できる可能性があります。

障害手帳の申請中であることをもって、直ちに「失業の状態にある」と認定されるわけではありません。

 しかし、主治医の意見書によって、現在の健康状態が就職困難な状況であることが証明されれば、手帳申請中であっても失業保険を受給できるケースがあると考えられます。

 重要なのは、主治医の意見書の内容です。

 手帳申請中であることだけを理由に認められるわけではないため、意見書には健康状態が就職困難であることを明確に記載してもらう必要があります。

 手帳申請中の段階で、主治医と十分に相談した上で意見書を作成することをおすすめします。ハローワークの審査基準をクリアできる内容となっているか確認が必要です

また、傷病手当をもらっていればさらに延長もできます

適応障害で就職困難者になったら?受けられる支援制度を徹底解説

適応障害で就職困難書として失業保険を受け取るには?

適応障害で失業保険を受け取るタイミング?

シバッタマン

発達障害で失業保険を受け取るタイミングは傷病手当の受給完了後または退職後となります。傷病手当のもらい方は後程お伝えします。

発達障害・適応障害・うつ病で、働けるようになったらすぐに失業保険の申請手続きをしましょう

傷病手当から失業保険に切り替えるときは、待機期間が7日間あるので、すぐに失業保険の手続きを行う事で、受給が途切れる空白期間をなるべく短くすることがおすすめです。

傷病手当と失業保険は、どちらを受け取るのが得といえるのでしょうか。

どちらか一方しか貰えないのなら、より多く貰える方を選びたいものですよね。

一概にどちらが得、どちらが多く受け取れるとは断定できません。退職の理由や退職をした年齢は人によってさまざまです。そして、受給日数や算定に用いる数字は退職した理由や年齢で変わります

就職困難者は失業保険の受給期間が延長されるの?

基本的に離職時に上記に当てはまる人が就職困難者として受給日数を延長できます。

後から正式な診断を受けたり手帳の取得をした場合追加で申請すると期間が延長されることもあります。

自己己都合の退職であっても初月から失業保険(給付)を受けられます。

就職困難者であるうつ病・適応障害が受給する場合は、その条件が緩和されています。

発達障害者が就職困難者である受給する機関
  • 1年未満の退職の場合は45歳未満、45歳以上65歳未満で150日間。
  • 1年以上の加入期間の場合では、45歳未満で300日間
  • 1年以上の加入期間の場合では45歳以上65歳未満で360日間
離職時の年齢1年未満1年以上
45歳未満150日300日
45歳以上
65歳未満
150日360日
シバッタマン

詳しくはハローワークにご確認ください。

参考引用元:障害者等の就職困難者について(ハロワーク

適応障害で失業保険の受ける条件

失業保険は雇用保険に加入している人(被保険者)のうち一定の条件を満たしている人が離職した時に受給できます。

 雇用保険にはフルタイム勤務の場合は全ての人が、パートタイム勤務の場合も31日以上の雇用契約で週20時間以上勤務する場合は加入が必須となります。

加入手続きは企業が行います。

 雇用保険被保険者証が交付されて本人が受け取ることになっていますので、ご自身の手元にあるかどうか確認してください。被保険者証が手元になく自分が雇用保険に加入していたかどうかわからない場合はハローワークで照会することもできます。

条件内容
離職理由・自己都合退職の場合、特定理由離職者として認められる必要がある(例:適応障害が原因で退職した場合)
・適応障害の原因が職場環境にある場合(例:ハラスメント、過重労働など)、会社側に責任があるとして会社都合退職
・退職理由が、病気やケガ、育児・介護などの特定理由に該当すること
・離職後、速やかにハローワークに申し出て、特定理由離職者としての認定を受けること
失業保険の受給資格・離職前の2年間に、雇用保険の被保険者期間が12か月以上ある
・働く意思と能力があり、積極的に求職活動をしている
・ハローワークの指示に従い、再就職のための活動を行っている
給付制限・特定理由離職者や特定受給資格者に該当しない場合、原則として3か月の給付制限がある(この期間は失業保険が支給されない)
待機期間・原則7日間(ただし、特定理由離職者や特定受給資格者など、条件を満たす場合は免除される場合あり)
必要書類・離職票
・雇用保険被保険者証
・本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカードなど)
・印鑑
・写真(縦3cm×横2.5cm)
・預金通帳(本人名義)
・マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカード、通知カードなど)
・医師の診断書(適応障害が離職理由の場合)
その他・傷病手当を受給している場合は、失業保険は受給できない。
・会社都合退職であっても、解雇予告手当や退職金を受け取っている場合は、給付制限の期間が延長されることがある。

就職困難者と一般の失業者の条件の違いは?

シバッタマン

就職困難者と一般の失業者の手続きの違いは基本的にはハローワークで精神障害者保健福祉手帳か主治医意見書をだすだけであとは手続きの流れは同様です

就職困難者は「精神障害者保健福祉手帳」または「主治医の意見書」を提出して、自分が就職困難者であることを証明する必要があります。これは、就職困難者に対する支援を受けるための必要な手続きです。

しかし、その点を除けば、手続きの流れ自体は一般の失業者と基本的には同じです。失業した事実を証明する書類を提出し、必要な手続きを進めていくことになります。

就職困難者一般の失業者
基本条件過去1年間のうち少なくとも6ヶ月間雇用保険の被保険者であること過去1年間のうち少なくとも6ヶ月間雇用保険の被保険者であること
特別な条件「精神障害者保健福祉手帳」を持つこと、または「主治医意見書」を提出することなし

(注意)傷病手当を受給している場合には失業保険は受給条件できない

また、傷病手当金と失業保険は、基本的に同時には受給できません。

私は会社を退職してから傷病手当を受給していましたので、失業保険を貰えることはできませんでした。ただ、主治医の診断書と障害手帳をハローワークに提出することにより、傷病手当の受給がおわってから、失業保険をもらうことになりました。

傷病手当は働ける状態でなく、病気を治す期間です。失業保険は、医師が働ける状況になったと判断し、就職活動ができるようになったという明確な違いがあります。

 傷病手当金は、病気や怪我により働けない状態にある期間に対して支給されます。

 そのため、傷病手当金の受給が終了した後、すぐに働ける状態にないことをハローワークに報告し、失業保険の申請を行うことになります。

職業に就くことができない理由がやんだ後における最初の認定日までに居住地を管轄する公共職業安定所で傷病の認定を受けなければなりません。

なお、傷病手当支給申請書は本人以外の代理人による提出又は郵送によっても差し支えありません。

引用元:傷病手当と失業保険(ハローワークインターネットサービス)

就職困難者として認定されると、失業保険の金額が変わる

基本手当日額は、離職前の賃金日額を基に算出されますが、年齢ごとに上限が設定されています。2023年8月1日以降は、以下のようになっています。

年齢区分上限額(円)
30歳未満6,945
30歳以上45歳未満7,715
45歳以上60歳未満8,490
60歳以上65歳未満7,294

基本手当日額の給付率は、賃金日額(離職前6ヶ月の平均日給)に応じて50%~80%の範囲で変動します。賃金日額が低いほど、給付率は高くなる仕組みです。これは、賃金の低い人ほど失業による生活への影響が大きいと考えられるため、手厚く保護するための措置です。

はい、その理解で概ね合っています。

基本手当日額の給付率は、賃金日額(離職前6ヶ月の平均日給)に応じて50%~80%の範囲で変動します。expand_more賃金日額が低いほど、給付率は高くなる仕組みです。

 これは、賃金の低い人ほど失業による生活への影響が大きいと考えられるため、手厚く保護するための措置です。

ただし、60歳~64歳の方は、賃金日額が低い場合でも給付率が45%からスタートします。

参考記事:特定離職者の支給額(ハローワーク)

傷病手当については私の体験談も含めて下記に記載しています。

手続き方法に迷ったら社会保険給付金アシストでサポートしてもらえます。確認してみたらいかがでしょうか。

まとめ:【適応障害でも就職困難者に該当する?】主治医意見書・精神障害者手帳で変わる条件・手続きを解説

適応障害が原因で離職し、再就職が困難な状況にある方は、ぜひ就職困難者の認定を検討してみてください。

【適応障害でも就職困難者になれる?】主治医意見書・精神障害者手帳で変わる条件・手続きを解説についておつたえします。

私の体験と社労士の専門家の意見、ハロワークに確認しておこなったことを記事にしています。

私自身も初めての経験だったのでわからないことばかりでしたが、社労士さんやハローワークに相談して何とか対応ができました。

私自身の体験談等もありますが、各自自体によって手続き方法などは変わってきます。

必ずハローワークや社労士さんにご確認ください。

【失業保険の就職困難者手帳なし】手帳申請中では?ハローワークで主治医の意見書とは?適応障害・うつ病

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次