皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

うつ病で休職中に転職活動をしてるが内定がとれた、ただ休職をしたことは面接ではなしていないけど大丈夫かな

うつ病で休職しているが、内定が取れて入社した。もし、休職したことがばれたら内定の取り消しにならないのか

シバッタマン

今回の記事では【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断についてお伝えします。

目次

【うつ病転職バレる】休職を隠して転職先にバレる内定取り消しの可能性ってあるの?

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

YAHOO知恵袋でも休職でうつ病て転職活動をすると転職先にばれるの声が多い

シバッタマン

YAHOO知恵袋でもうつ病で転職活動をすると大丈夫かの不安になっている人たちが沢山いました。このサイトではその回答をしていきたいと考えています。

うつ病での休職が転職先にばれる可能性について 先日、こちらの知恵袋でうつ病による休職中に行う転職活動について質問を載せた者です。

人材紹介会社に自身のうつ病について打ち明けても特にデメリットになることはないと教えて頂いたのですが、この事に関してもう少しお聞きしたく、この質問を書いています。

仮に休職の事実を隠しおおせたまま転職に成功したとして、新しい職場に提出する源泉徴収票や住民税の記録から休職がばれる事はあるのでしょうか?今までネットで情報を集めていたのですが、ばれると言う人と大丈夫と言う人と分かれてしまっているので困惑しています。

引用元:うつ病が休職で転職でバレる

提出する源泉徴収票による給与額で休職が発覚の恐れあり

転職をすると人事担当や総務担当から確定申告のために源泉徴収票を求められます。休職していたことにより、前職の給与がが少なかった場合ですが、人事部や総務部の担当者に給与額がわかるのでバレてしまう可能性があります。

事務的に処理を行う担当者が多いのですが、しっかり確認する人もいるのでこれは会社によるとしか言えません。


例えば、退職前には有給休暇で1ヶ月分程度あり、もし無給期間があったとするのであれば、担当者は特に気にすることはありません。ただ、うつ病となり休職となってしますと半年単位で休職することも多いかと思います。

上記の場合は明らかに不自然であり、と長期で休職をしてしまっていた場合だと考えてしまう可能性は大きくあります。

休職理由は知られない

会社に源泉徴収票を提出したとしても「休職期間があったこと」が知られるだけで「休職理由(うつ病だったこと)」までは知られません。
そのため、仮に休職理由を質問されても、うつ病であったことを正直に答えなければ問題ないとは思われます。働いてから宇鬱の症状がみられる行動がみられたのであれば、疑われる可能性はありますが、基本的には自ら申告をしなければばれることはありません

源泉徴収票を必ずしも会社に提出する必要はない

シバッタマン

今後の信頼関係に響くので、源泉徴収票を提出しないことも検討しましょう。

新しい会社に源泉徴収票を提出しなければうつ病による休職期間があったことがバレることはありません。


源泉徴収票とは、その年の前職における総所得と納税額が記載されたもので、転職先で年末調整をおこなうための書類なので、年末調整を転職先でしなければ提出する必要がありません。

その場合には自分で確定申告をする必要がでてきます。

入社時にに人事部や総務部から源泉徴収票は確実にもとめられますが、その場合に源泉徴収の提出を依頼されても「今年は自分で確定申告をしますので問題はありません」と伝えれば問題ない思います。
ほとんどないと思いますが、もし確定申告をする理由を聞かれたら「前職在職中の副業、株、や土地などの売買益がある」とでもいましょう。

副業禁止の会社であれば現職でも副業をすると思われると思いますが、株や土地、またはブログなどは雑収入などで自分で確定申告はするものなので、問題はないでしょう。

WEB上で確定申告書等作成コーナー(国税庁)で作成して提出するののがおすすめで。確定申告がわからなければ、税務署にきくなり、ココナラで代理でやってもらうなりして確定申告用の書類を作り、提出するのがよいかとおもいます。

参照元:国税庁 確定申告書等作成コーナー

入社後の住民税の納税により休職バレる可能性あり

会社員の「住民税」は、前年の所得額によって決まります。そして、企業の給与から自動で天引きされるので、毎月の納税額が少ないと、期間の休職を疑われる可能性があります。

基本的に経理担当しか触れないので、直属の上司が経理を担当していない限りは知られることがありません。

企業勤めのサラリーマンの場合はは、住民税のの納税法を「普通徴収(給与天引きではなく、分で納付する法)」に切り替えることはできません。
給与を支給している会社(事業主)が、従業員個の住税を源泉徴収して納付しなければならないことになっているからです。

従業員は普通徴収(自分で納税)に変更できない

会社へ勤務しているサラリーマンは、住民税の納税ほうを「普通徴収(給与天引きではなく、分で納付する法)」に切り替えることはできません。
給与を支給している会社(事業主)が、従業員個の住税を源泉徴収して納付しなければならないことになっているからです。

シバッタマン

ただ、会社で得た収入以外の副業なら普通徴収に切り替え可能です。

確定申告書には「住民税の徴収法」に関する項があるので、「分で納付」に◯をつければ問題がございません。確定申告は、WEB上で確定申告書等作成コーナー(国税庁)から作成&提出します。理解ができなければ、税務署で職員に質問しながら書類を作成すると良いでしょう。

また、書類の作成はココナラでも行ってくれるので依頼するのもよいのではないでしょうか。

転職した会社でうつ病が再発し、前職で休職していたことがばれる可能性あり

新しく転職会社に転職をしたとします。

うつ病になって傷病当を申請するときに、前回のうつ病で傷病当を申請してから期間が経っていない申請が通らないことがおおいです。
傷病当は会社の労務担当が申請することになりますが、同じ病気、今回ではうつ病では傷病当の給期間の条件が定めされているので確認されるからです。

シバッタマン

私の場合は転職をしていませんでしたが、1回目は鬱病であり、次回は発達障害が発覚したため傷病手当の申請が通ることができました。ただ、これは保険組合によります。もし転職をしていたら、傷病手当が発覚しなかったら休職したことがばれる可能性があります。

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる可能性?健康診断

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

健康保険書の履歴によりうつ病など既往歴による休職であったことがバレることはない

転職先で健康保険に加したとしても、うつ病をはじめとした過去の診断結果や、休職期間があることがバレることはありえません。


過去の診察履歴は保険証番号によって管理されているので、転職先企業で加入することによって「過去の履歴がみられるのでは?」と思われがちですが、診療情報は個人情報です。個人のプライバシーを会社とは言え、勝手に確認することはできません。個人情報の取り扱いはしっかりかつかなり守らなければいけない法律です。

シバッタマン

会社側が健康保険組合に確認したとしても法律的に個人情報違反になるので確認することはできないでしょう。

健康診断書による休職バレるはない

会社には安全保障義務があり、定期健康診断を毎年うけなくてはいけません。そして、前職で受けた健康診断書の結果を提出したとしても、うつ病であることが会社側にバレることはありません。

シバッタマン

また健康診断書は会社に健康かどうか確認するため、求められることが多いです。よって、不安であれば自分で医者に健康診断を申し込み、提出しても問題はありません。ただ、診察もあると思いますが、健康診断ではうつ病であったことはつたえないようにしましょう。

バレるか不安になるが前職調査はほぼない

前職から転職先企業に情報提供することもありません。これは個人情報の観点から退職する社員の情報を勝手に転職先におしえてはならないことになっています。



そもそも前職からあえて連絡をすることもありませんよね。退社する会社について、わざわざ次の転職先に情報をおしえるなんてことはほぼほぼないと考えられます。退職した社員がどこに転職しようがやめてしまえばそれはもう前職にとっては関係ない話でしょうね。

シバッタマン

転職先会社によっては選考の中盤に、前職への質問がある場合があります。それは警備員や外資系などが多いということがあります。ただ、勝手に入社する社員に確認をとることはせず、同意は必ず必要になるでしょう。前職調査をしたうえで、確認をするはずです。

転職活動で面接官に自らうつ病であったことを伝えてしまう可能性がある

シバッタマン

転職活動をする場合には面接がありますよね。その場合には必ず、今まで苦労したことは何ですかと聞かれることがあると思います。

その苦労した会話の中でうっかりうつ病であったことを伝えてしまう可能性はあります。これは言ってしまったから不採用になるとは言い切れませんが、転職活動において不利になることはまちがいないですよね。

大多数の人が転職活動ではうつ病を明かさずに転職活動をしている

大多数の人が転職活動でうつ病を話さず転職している人がおおいのではないでしょうか。私はIT業界で勤務していましたからうつ病になってしまう人も多数見ました。

それでも別の会社に転職をして、しっかりと働いている人たちを沢山みています。

うつ病になる原因としては、前職の労働環境が悪かったり、上司によるパワハラが会ったりが原因だったりします。転職をすれば再発しない可能性は大きくあります。

シバッタマン

私の場合は、最終的に発達障害ということが発覚し、会社の労働環境が原因ではなく、自分の障害が原因だということがわかりましたけれどもね。

【うつ病転職バレる】転職した会社ににバレたら内定取り消し?

休職中に内定をもらった場合は面接内容により内定取り消しや解雇はある

シバッタマン

例えば、休職中に転職活動をするのは医師もみとめていません。傷病手当をもらうのは鬱病の症状の悪化が悪くなるのを恐れるため、休職となっているわけです。

ただ、実際の問題として休職中に転職先をしている人が多くみました。私も休職中に転職活動をしたことがあります。なぜなら、休職時はうつで働くことがいやだったにも関わらず、働いていくことによって元気になっていき、今の職場に戻ることを前提とされました。

採用面接で虚偽の申告をしていた場合、内定取り消し・解雇のリスクがある

シバッタマン

上司との人間関係がわるかったために、同じ部署にはもどりたくないと考え、休職中に転職活動をしたことがあります。
そして、面接では休職をせずに働いていたと伝えたこともあります。

これは会社は自分を守ってくれないと考えたための行動でした。ただ、入社して新しい上司や仲間ができるとおもいます。その場合に前職での働き方はどうだったかなど聞かれることもあるかもしれません。

その場合にうつ病になりとうっかりと話してしまう可能性はあるでしょう。それで解雇になるかわかりませんが、会社としては大きな問題としてとらえてしまい、解雇などの可能性あるのではないでしょうか。

【うつ病転職バレる】休職中での転職の活動方法は?

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

休職してたことを履歴書や職務経歴書に記載は必要?

シバッタマン

休職期間を履歴書や職務経歴書に記載する必要はありません。会社に勤務中であることは事実であるため、わざわざ休職と書く必要なありません。

休職していたことを履歴者や職務経歴書に記載する義務はありません。履歴者や職務経歴書にうつ病による休職を記載してしまうと転職で不利になってしまい、書類選考もほぼとおらないでしょう。

どうしても話したい場合は面接などで、苦労したエピソードを聞かれることがありますので、その場合に記載するとよいのではないでしょうか休職期間を面接するうつ病を伝えると不利になる可能性は高い

面接で休職期間があったことは話したほうがよいか

私の見解ではやはり面接で休職きかんは話さないほうがよいかと思います。

前職でうつ病になってしまった原因は、あなた自身ではなく、会社の労働環境や上司のパワハラが原因であったためと考えられます。

シバッタマン

次の会社がホワイト会社であれば、前職のようなきつい面はないとかんがえられます。そのため、内定を有利にするためにも、病気をしっかりと直っているのであれば面接では離さないほうがよいと考えられます。


また、休職期間があることを伝えると確実に理由を聞かれることとなりますが、仮に
ここでうつ病であることを正直に伝えたとしても、反対にうつ病をを隠して嘘をついたと
しても、いずれにせよデメリットがしかありません。

休職していたことを転職エージェントにはなしたほうがよい?

シバッタマン

一般的には転職エージェントにもうつ病で休職していたいことは話さないことをおすすめします。転職エージェントに話したら確実に休職理由を聞かれてしまい、その内容を応募先企業に伝える可能性があります。


ただ、うつ病や障害者用の転職エージェントも存在します。そこにはうつ病が前提で転職活動をする人も多いため、正直に話したほうがよいでしょう。

うつ病や障害者ようの転職エージェントを2つほどご紹介します。

dodaチャレンジ

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

dodaチャレンジ」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

dodaチャレンジはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。

dodaチャレンジで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

職種全職種に対応
機能非公開求人の紹介スカウトサービスパートナーエージェントサービス面接のスケジュール調整書類・面接手続きのサポート
得意分野・特徴専門スタッフによるプロ目線での求人紹介転職エピソード転職Q&A
利用可能地域全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

関連記事:【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

鬱病の原因が発達障害がわかった場合には障害者採用も考えたほうがよい

シバッタマン

これは私の体験談でもありますが今までうつ病になりやすかったという人が発達障害だったということがあります。私の場合は発達障害であったことに非常にショックをうけました。

発達障害というのは皆ができることがどうしてもできないものであります。みんなが当たり前のようにできるのに私はできないことも多々ありました。

それとは別に得意なこともよくわかるようになりました。発達障害で医師の診断があれば、失業手当も長くもらえる場合があります。

そこで私は就労支援にかよいました。様々な就労支援がありますが、発達障害について一度見つめなおし見るのもよいかもしれません。

就労支援と転職エージェントが一緒となっているリタリコについて紹介します。

リタリコ

ITALICO基本データ
タイプ就職支援サイト
利用料金無料(※障がい者手帳がなくてもOK)
対象地域全国(北海道〜沖縄まで88支店)
対象障害全て(うつ病/統合失調症/双極性障害/不安障害/精神障害/ADHD/アスペルガー/発達障害/知的障害/難病)
求人件数非公開
運営会社株式会社LITALICO(企業HP
Pマークあり(確認はこちら
公式サイトリタリコ仕事ナビ公式ページ

まとめ【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

いかがでしたでしょうか。

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断についてお伝えしました。

うつ病で休職するとまずは自社への復職が前提になります。ただ、復職するとしても前の会社がパワハラ体質であったり、差残業時間が100時間以上であったありしたら、転職活動をしたくなるのもわかる気がします。

それで休職中に転職活動をしてしまう気持ちもすごくわかります。私も休職中に転職活動をして内定をもらったことがあります。それでも入所する前まで心臓がびくびくしていました。

この記事を読んだ方もおなじような気持ちの方々も多いと思います。

【うつ病転職バレる】休職を隠して入社は転職で内定取り消しになる?健康診断

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次