MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【うつ病転職ばれるの?】休職が転職先にバレるのを隠す対処方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

過去のうつ病や休職経験が、転職活動で不利になるのでは…」
そんな不安を抱えていませんか?

転職活動中は、誰しも不安を抱えるものですが、過去の経験を理由に不利な立場に立たされるかもしれないという不安は、大きなストレスになります。
情報を遮断したまま一人で悩み続けると、不安はさらに大きくなり、転職活動自体が辛くなってしまうことも。

この記事では、うつ病の転職で気になる「バレる理由」や「バレたときの対処法」を具体的に解説し、さらに、転職を成功させるための具体的なステップを紹介します。

この記事を読めば、あなたに合った対策を理解し、不安を軽減しながら、自信を持って転職活動を進めることができます。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • npo法人発達障がい者を支援する会(チームシャイニー)
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と6歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

うつ病で転職や休職中バレる理由は?

うつ病・適応障害の転職や休職中バレる可能性は?

①休職でうつ病て転職活動をすると転職先にばれるの声があるから

シバッタマン

YAHOO知恵袋でもうつ病で転職活動をすると大丈夫かの不安になっている人たちが沢山いました

。このサイトではその回答をしていきたいと考えています。

うつ病での休職が転職先にばれる可能性について 先日、こちらの知恵袋でうつ病による休職中に行う転職活動について質問を載せた者です。

人材紹介会社に自身のうつ病について打ち明けても特にデメリットになることはないと教えて頂いたのですが、この事に関してもう少しお聞きしたく、この質問を書いています。

引用元:うつ病が休職で転職でバレる

②提出する源泉徴収票による給与額で休職が発覚の恐れあり

シバッタマン

転職をすると人事担当や総務担当から確定申告のために源泉徴収票を求められます。休職していたことにより、前職の給与がが少なかった場合ですが、人事部や総務部の担当者に給与額がわかるのでバレてしまう可能性があります。

事務的に処理を行う担当者が多いのですが、しっかり確認する人もいるのでこれは会社によるとしか言えません。


例えば、退職前には有給休暇で1ヶ月分程度あり、もし無給期間があったとするのであれば、担当者は特に気にすることはありません。ただ、うつ病となり休職となってしますと半年単位で休職することも多いかと思います。

上記の場合は明らかに不自然であり、と長期で休職をしてしまっていた場合だと考えてしまう可能性は大きくあります。

③入社後の住民税の納税により休職バレる可能性あり

会社員の「住民税」は、前年の所得額によって決まります。そして、企業の給与から自動で天引きされるので、毎月の納税額が少ないと、期間の休職を疑われる可能性があります。

企業勤めのサラリーマンの場合はは、住民税のの納税法を「普通徴収(給与天引きではなく、分で納付する法)」に切り替えることはできません。

 
 給与を支給している会社(事業主)が、従業員個の住税を源泉徴収して納付しなければならないことになっているからです。

④転職した会社でうつ病が再発し、前職で休職していたことがばれる可能性あり

新しく転職会社に転職をしたとします。

うつ病になって傷病当を申請するときに、前回のうつ病で傷病当を申請してから期間が経っていない申請が通らないことがおおいです。
傷病当は会社の労務担当が申請することになりますが、同じ病気、今回ではうつ病では傷病当の給期間の条件が定めされているので確認されるからです。

シバッタマン

私の場合は転職をしていませんでしたが、1回目は鬱病であり、次回は発達障害が発覚したため傷病手当の申請が通ることができました。

⑤前職調査でバレる可能性があり。

シバッタマン

前職から転職先企業に情報提供することもありません。これは個人情報の観点から退職する社員の情報を勝手に転職先におしえてはならないことになっています。



そもそも前職からあえて連絡をすることもありませんよね。

ただ、転職先会社によっては選考の中盤に、前職への質問がある場合があります。それは警備員や外資系などが多いということがあります

⑥転職面接で自らは発言して可能性ある

シバッタマン

転職活動をする場合には面接がありますよね。その場合には必ず、今まで苦労したことは何ですかと聞かれることがあると思います。

その苦労した会話の中でうっかりうつ病や心療内科あったことを伝えてしまう可能性はあります。これは言ってしまったから不採用になるとは言い切れませんが、転職活動において不利になることはまちがいないですよね。

うつ病で引き止めを困っている場合に下記を参考にしてください。

【うつ病転職ばれる?】隠して転職するがバレるならどうなる?

①内定をもらった場合は面接内容により解雇はある

シバッタマン

例えば、休職中に転職活動をするのは医師もみとめていません。傷病手当をもらうのは鬱病の症状の悪化が悪くなるのを恐れるため、休職となっているわけです。

ただ、実際の問題として休職中に転職先をしている人が多くみました。

 私も休職中に転職活動をしたことがあります。なぜなら、休職時はうつで働くことがいやだったにも関わらず、働いていくことによって元気になっていき、今の職場に戻ることを前提とされました。

②解雇にはできない判決もあり、軽度であれば退職はされない

シバッタマン

精神疾患歴を隠して入社したとしても、精神疾患が軽度であり、労働能力に影響が少ない場合は、解雇無効となることがあります。

これは、精神疾患は、病気であり、労働者側に非があるわけではありません。

過去に、精神疾患歴を偽って入社し、後日、そのことが判明した労働者が解雇された裁判がありました。

 この裁判では、精神疾患が軽度であり、労働能力に影響が少ないことが認められました。そのため、労働者が解雇されたのは不当であると判断され、解雇無効となりました。

具体的にはキャノンソフト情報システム事件(大阪地方裁判所平成20年1月25日判決) です。

参考元: キャノンソフト情報システム事件(労働基準関係団体連合会)

この判例は、精神疾患歴を偽って入社した労働者を保護する重要な判例です。精神疾患歴を偽った労働者でも、精神疾患が軽度であり、労働能力に影響が少ない場合は、解雇は認められない可能性があります。

もし、精神疾患歴を偽って入社し、後日、そのことが判明した場合は、弁護士に相談することをお勧めします。弁護士は、あなたの権利を守り、解雇を回避するために、適切なアドバイスをすることができます。

③配置転換などの配慮をしてくれる会社もある

シバッタマン

入社後に精神疾患の罹患歴が判明した場合、その精神疾患が仕事にどの程度影響するか、配置転換などの配慮をすることができるか、などを総合的に考えた上で対処方法を話し合いで決めていく会社があります。

具体的には、以下の点について話し合う必要があります。

内容
精神疾患の種類や程度うつ病、不安症、パニック障害、統合失調症など
仕事への影響仕事に集中できない、ミスが増える、休職を余儀なくされるなど
配置転換などの配慮内容残業や休日出勤を免除する、在宅勤務を認める、職場環境を改善するなど
復職の条件医師の診断書を提出する、休職期間を経て復職するなど

話し合いは、労働者側と会社側が対等な立場で行うことが重要です。

 労働者側は、自分の精神疾患について正直に話すことが重要です。会社側は、労働者の精神疾患を理解し、配慮をす

うつ病での転職先にバレたときの対応

正直に状況を説明する

うつ病の転職活動では、嘘や隠蔽は状況を悪化させるリスクがあります。

例えば、面接で病歴を隠すと、入社後に健康問題が発覚した場合、信頼を損なう可能性が高まります。企業は従業員の健康と安全を重視するため、正直に状況を説明することで、適切なサポートや配慮を受けやすくなります。

嘘をつくと一時的には入社できても、長期的に見ると、ストレスや再発のリスクが増大する可能性があります。また、法的に重要な情報を隠すと問題になるケースもあります。

正直に伝えることで企業との信頼関係を築き、健全な環境で働く一歩を踏み出せます。

健康を最優先し、ありのままを説明しましょう。企業によっては、病歴開示で配慮やサポートを提供するケースもあります。

業務への影響がないことを伝える方法

うつ病で転職がバレた場合でも、業務への影響がないことを伝えることが重要です。

病歴が知られることで、雇用主は業務に支障が出ると懸念するかもしれません。しかし、適切な対応と説明をすることで、その懸念を解消できます。企業は従業員の健康管理に関心を持っていますが、実際の業務に影響がないことがわかれば、安心してもらえます。

例えば、前職での業務成績や現在の健康状態を具体的に説明しましょう。「前職では年間を通じて評価が高く、チームリーダーとして成果を上げました」と伝えることで、信頼を得られます。

また、「現在は医師の指導の下、安定した状態を保っています」と健康面についても具体的に述べます。

業務に影響がないことを明確に伝えることで、転職先の懸念を解消し、円滑に転職活動を進めることができます。

効果的な伝え方

  1. 前職の業績を示す
    • 「前職では年間売上目標を120%達成しました。」
    • 「リーダーシップを発揮し、プロジェクトを成功に導きました。」
  2. 現在の健康状態を説明する
    • 「現在は医師の診断に基づき、安定した状態です。」
    • 「定期的な通院と適切な治療で、健康を維持しています。」
  3. 具体的な対策を共有する
    • 「職場でのストレス管理を徹底し、自己管理を強化しています。」
    • 「必要な場合は柔軟な働き方を提案し、パフォーマンスを維持します。」

これらのポイントを押さえ、誠実かつ具体的に説明することで、転職先の信頼を得やすくなります。

仕事の両立に意欲的であることを示す

うつ病転職の成功事例と失敗事例

成功事例から学ぶうつ病転職のポイント

失敗事例から学ぶうつ病転職の注意点

うつ病で休職中でも転職先にバレるのを隠す対処方法

【うつ病転職バレる?】健康診断は隠す?うつ病を隠して転職する方法と対処!精神疾患

①休職してたことを履歴書や職務経歴書に記載は必要?

シバッタマン

休職期間を履歴書や職務経歴書に記載する必要はありません。会社に勤務中であることは事実であるため、わざわざ休職と書く必要なありません。

休職していたことを履歴者や職務経歴書に記載する義務はありません。履歴者や職務経歴書にうつ病による休職を記載してしまうと転職で不利になってしまい、書類選考もほぼとおらないでしょう。

どうしても話したい場合は面接などで、苦労したエピソードを聞かれることがありますので、その場合に記載するとよいのではないでしょうか休職期間を面接するうつ病を伝えると不利になる可能性は高い

②面接で休職期間があったことは話したほうがよいか

私の見解ではやはり面接で休職きかんは話さないほうがよいかと思います。

前職でうつ病になってしまった原因は、あなた自身ではなく、会社の労働環境や上司のパワハラが原因であったためと考えられます。

シバッタマン

次の会社がホワイト会社であれば、前職のようなきつい面はないとかんがえられます。そのため、内定を有利にするためにも、病気をしっかりと直っているのであれば面接では離さないほうがよいと考えられます。


また、休職期間があることを伝えると確実に理由を聞かれることとなりますが、仮に
ここでうつ病であることを正直に伝えたとしても、反対にうつ病をを隠して嘘をついたと
しても、いずれにせよデメリットがしかありません。

③大多数の人が転職活動ではうつ病を明かさずに転職活動をしている

大多数の人が転職活動でうつ病を話さず転職している人がおおいのではないでしょうか。私はIT業界で勤務していましたからうつ病になってしまう人も多数見ました。

それでも別の会社に転職をして、しっかりと働いている人たちを沢山みています。

うつ病になる原因としては、前職の労働環境が悪かったり、上司によるパワハラが会ったりが原因だったりします。転職をすれば再発しない可能性は大きくあります。

シバッタマン

私の場合は、最終的に発達障害ということが発覚し、会社の労働環境が原因ではなく、自分の障害が原因だということがわかりましたけれどもね。

④うつ病での転職がバレた場合の法律的な対策

うつ病で転職した後に、過去の休職経験が発覚した場合の法律的な対策を2つのパターンに分けて解説します。

1. 過去の休職を隠して入社した場合: 採用時に聞かれなくても、重要な事実の不告知とみなされる可能性があります。企業側は、労働契約法に基づき、内定取り消しや解雇を行う可能性があります。しかし、申告義務があったとまでは言えず、現在の健康状態や業務への支障がないことを主張できます。

2. 入社後にうつ病が再発した場合: 企業は、過去の休職歴を理由に解雇を検討するかもしれませんが、労働契約法では、客観的に合理的な理由のない解雇は無効とされています。再発は転職先での環境変化が影響している可能性を主張し、治療への専念や職場復帰の意思を示しましょう。

重要なのは、労働法は労働者を保護するものであり、一人で抱え込まないことです。不安があれば、労働組合や弁護士に相談しましょう。また、面接や会社とのやり取りは記録しておきましょう。

⑤転職をサポートしてくれる退職代行に相談する

うつ病の場合、転職をサポートしてくれる退職代行に相談することもありでしょう。

シバッタマン

退職代行は、雇用者との間に生じる潜在的な摩擦を緩和し、雇用者との交渉を代行することで、退職手続きをスムーズに進める役割を果たします。

また、退職代行は、退職を検討している従業員の心理的ストレスを軽減する役割も果たします。

 うつ病の症状を抱える方々にとっては、退職を決断すること自体が大きなストレスとなり得ますので、このようなサポートが提供できる退職代行は非常に役立つと言えます。

ただし、退職代行を利用する際は、その業者が信頼できるものであることを確認し、料金体系やサービス内容を理解した上で契約を結ぶことが重要です。

 また、具体的なサービス内容や対応範囲は業者により異なるため、自身の状況やニーズに合った業者を選ぶことも大切です。

おすすめの退職代行は転職サポートに強いEXITです。EXITは転職サポート大手と取引をしていて退職する経緯も把握してくれます。

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

うつ病での転職先にバレたときの対応

うつ病での転職先にバレたときの対応

正直に状況を説明する

うつ病の転職活動では、嘘や隠蔽は状況を悪化させるリスクがあります。

例えば、面接で病歴を隠すと、入社後に健康問題が発覚した場合、信頼を損なう可能性が高まります。企業は従業員の健康と安全を重視するため、正直に状況を説明することで、適切なサポートや配慮を受けやすくなります。

嘘をつくと一時的には入社できても、長期的に見ると、ストレスや再発のリスクが増大する可能性があります。また、法的に重要な情報を隠すと問題になるケースもあります。

正直に伝えることで企業との信頼関係を築き、健全な環境で働く一歩を踏み出せます。

健康を最優先し、ありのままを説明しましょう。企業によっては、病歴開示で配慮やサポートを提供するケースもあります。

②業務への影響がないことを伝える方法

うつ病で転職がバレた場合でも、業務への影響がないことを伝えることが重要です。

病歴が知られることで、雇用主は業務に支障が出ると懸念するかもしれません。しかし、適切な対応と説明をすることで、その懸念を解消できます。企業は従業員の健康管理に関心を持っていますが、実際の業務に影響がないことがわかれば、安心してもらえます。

例えば、前職での業務成績や現在の健康状態を具体的に説明しましょう。「前職では年間を通じて評価が高く、チームリーダーとして成果を上げました」と伝えることで、信頼を得られます。

また、「現在は医師の指導の下、安定した状態を保っています」と健康面についても具体的に述べます。

業務に影響がないことを明確に伝えることで、転職先の懸念を解消し、円滑に転職活動を進めることができます。

③仕事の両立に意欲的であることを示す

うつ病の経験が会社に伝わった場合でも、治療を継続しながら仕事に責任を持って取り組む意思を伝えましょう。

例えば、「現在は服薬治療を継続しており、体調管理に努めています。仕事にも意欲的に取り組んでいきたいと考えています」と伝えることで、企業側に安心感を与えることができます。

焦らず、誠実に対応することで、状況は好転する可能性があります。

【うつ病の転職でバレる?】よくある質問

【うつ病の転職でバレる?】よくある質問

うつ病で休職した経験がある私が、転職先の面接でそのことを明かすべきですか?

シバッタマン

これはケースバイケースですが、通常、転職活動では私生活の詳細を深く話すことはなかったです。

多くの転職者はうつ病を明かさずに転職活動を行っています。

ただし、休職期間が長かったり、その期間があなたのスキルや能力に影響を及ぼしている場合は、それを説明することが有利に働くこともあります。

しかし、その際は具体的な病名ではなく、健康上の理由やパーソナルな事情などと説明することが推奨されます。

病気で転職活動をしたらバレる?

シバッタマン

休職した事実は転職先に直接ばれることは少ないです。

しかし、源泉徴収票や入社後の住民税の納税等により、間接的に休職の事実が示唆されることはあります。

 その際も、具体的には「うつ病で休職した」とは知られにくいです。

万が一、再びうつ病が再発した場合には、その際に適切な対応を考えることが重要です。

私のようにうつ病で転職を考えている場合、退職代行サービスはどのようなサポートを提供してくれますか?

退職代行サービスはあなたの転職活動を全般的にサポートします。具体的には、退職手続きのサポートや、新たな職場探しのアドバイス、そしてあなたが再びうつ病を発症しないような職場環境を見つけるための助言などを提供します。

 特に、”退職代行EXIT”はサービスは、個々の状況に対応した具体的なアドバイスを提供することで評価が高いです。

心療内科に通院していると転職にバレますか?

一般的には、心療内科の通院歴が周囲にバレることはあまりありません。

 通院歴がバレるかどうかは個別のケースによります。一般的には、通院歴の調査を行う場合、個人情報保護法に基づき、本人の同意を得る必要があります。

休職中に転職活動をしてもバレないですか?

シバッタマン

休職中に転職活動をしてもバレない可能性はありますが、確実にバレないわけではありません。

休職中に転職活動をバレないようにするには、注意が必要ですが、できるだけバレないように工夫することで、転職活動を成功させることができます。

休職の理由を会社に伝えるかどうかは、個人の判断です。

 休職の理由を会社に伝えると、会社は休職期間中の転職活動を認めてくれる可能性があります。しかし、会社から休職を解除される可能性もあります。

上記を参考にしてうつ病の転職を成功させてくださいね。

まとめ:【うつ病転職でバレる?】休職中でも対処方法

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では【うつ病転職ばれる?】適応障害?健康診断でうつ病隠す? 就活する方法と対処!精神疾患についておつたえしました。

今回の記事では、悩み深く「うつ病で転職先にバレるのではないか?」と恐れる皆さんに対して、具体的な解決策を提供しました。

健康診断でうつ病や適応障害を隠し、休職を通じて病気を乗り越えてきましたが、これは私自身の経験からおつたえしました。

 私は発達障害者で、何度もうつ病を経験し転職してきましたが、転職先にうつ病で会社を辞めた事実を一度も伝えたことはありません。

うつ病のために休職し、その事実を隠して再び社会へと戻る方法について解説しました。

覚えておいてほしいのは、あなたは一人ではないということです。

うつ病と闘っている人はたくさんいます。私もいまだにうつ病と発達障害と闘っています。

 そして、それをなんとかし、再び社会に戻る人もいます。

 自分を信じ、この記事で紹介した方法を試してみるのもいかがでしょう。

 そして、どうしても自分だけで解決できないときは、専門家に助けを求めることも忘れないでください。

 退職代行などのサポートを利用することも一つの選択肢です。どんなに暗闇が続いても、必ずその先に光はあると信じて、一歩一歩進んでいきましょう。あなたの成功を心から願っています。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

【うつ病転職バレる?】健康診断は隠す?うつ病を隠して転職する方法と対処!精神疾患

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次