MENU

【ADHD恋愛傾向女性】あるある!顔つきが美人で顔が整ってモテるが恋愛できない理由!

【ADHD恋愛傾向女性】あるある!顔つきが美人で顔が整ってモテるが恋愛できない理由!好きな人への態度

ADHD恋愛傾向女性の恋愛傾向について説明いたします。

ADHDの女性は「イヤ」という感情を言葉で伝えることが難しいため、恋にトラウマがあります。

ADHDの人は恋愛に対してもストレス耐性が低い、ストレスに弱い傾向にあるといわれます。

基本的にADHDの人は、実行機能やモチベーション、ある程度の満足感をつかさどる脳の部分に、ドーパミンを運ぶためのタンパク質が少ないということがわかっています。 「言ってみれば、サプライチェーンが大幅に不足しているようなもの

 感情のコントロールが苦手で他人からの何気ない言葉に 深く傷ついたり、他人からしたら些細と思われることでも怒りの感情を 爆発させてしまったりと、感情の起伏が激しく不安定なことも多くあります。

トラウマとなり恋愛ができない女性が多いです。

その反面、かわいいや美人などいわれる顔つきの女性が多いのもたしかです。

シバッタマン

今回の記事は【ADHD恋愛傾向女性】あるある!顔つきが美人で顔が整ってモテるが恋愛できない理由!好きな人への態度についてお伝えします。

目次

【ADHD恋愛傾向女性】恋愛できないのも発達障害?

ADHDとは発達障害のひとつ

ADHD(注意欠如多動症)とは、「発達障害(神経発達障害、神経発達症)」という、脳の機能障害の分類の一つです。

ADHD以外の発達障害には、ASD(自閉スペクトラム症)やSLD(限局性学習症群)などがあります。

発達障害における「脳の機能障害」とは、脳の機能のバランスにばらつきがある、つまり突出している機能や十分に発達していない機能があるといった状態のことを指します。

もちろん、誰の脳機能にも多少のばらつきはあります。

その上で、ばらつきが大きく、学校や家庭での生活の妨げとなる場合に、医師の診察のもと、発達障害という診断がなされます。

かつては、「育て方や環境によって発達障害になるのではないか」という見方もされていました。

ですが、現在では「発達障害は後天的になるものではなく、脳の機能の偏りが関係する生まれつきの特性である」と結論づけられています

発達障害のある子と家族のためのサポートBOOK 小学生編

ADHDの特性

ADHDには多くの特性がありますが、その中でも下記の2点がよく見られるものとして挙げられます。(参考:田中康雄『大人のAD/HD』)

  • 不注意…忘れ物やケアレスミスが多く、確認作業を苦手とする
  • 多動・衝動性…気が散りやすく、貧乏ゆすりなど常に身体を動かしていないと落ちつかない

その他にもよく挙がる特徴として、「マルチタスクやスケジュール管理が苦手」といったものがあります。

ADHDの強み!(発達障害)

ADHDの特性の職業上の強みは、例えば下記の5つを挙げることができます(参考:榊原洋一『図解 よくわかる大人のADHD』)。

  • 発想力に富んでいてアイディアが豊富
  • 好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる
  • 興味のある分野には没頭することができる
  • 決断力があるのでスピーディーに物事を判断できる
  • 感覚に優れていて周囲の環境に敏感

上記の特性をうまく活かすことができれば、主に多動・衝動性から生まれる、職業上の強みにつながるかもしれません。

ADHDの弱み(発達障害)

反対に、ADHDの特性が、仕事の上で弱みになることもあります。

代表的なものは、以下の5つです。(参考:日本精神神経学会「今村明先生に「ADHD」を訊く」)

  • 書類の記入漏れなどのミスをしやすい
  • 仕事の優先順位をつけるのが苦手で先延ばししやすい
  • 複数案件を処理しようとすると業務効率がぐんと落ちる
  • 整理整頓が苦手で書類や物をなくすことが多い
  • 感覚に優れていて他人の意見に耳を傾ける前に発言したり行動したりする

【ADHD恋愛傾向女性】顔つきが美人で顔が整ってモテる

ADHDには美女が多い

ADHDの女性は、美女である傾向が高いです。顔が均等に整っていて、年齢より若々しい印象をもちます。

なぜかというとADHDだと『不注意』『多動性』『衝動性』であり、色々なことに興味があるといわれています。よって、美容に気を付ける人も多いといわれています。

ADHD女性は若いし美女に見える

シバッタマン

ADHDは女性ともに、年齢のわりに若く見られることが多いとよく聞きます。


若いというより「幼く」見られることが多いです。年齢に見合っていない、精神的に未熟に見えて、こどもっぽく見えるということですね。

ADHDは表情が乏しく、表情筋をあまり使いません。喜怒哀楽が激しい人ほど、年齢を重ねるにつれてシワが増え、年齢相応の顔立ちになってきます。

頭が大きい

ADHDは頭がふつうの人と比べて大きいということが多いです。大きい人では、ふつうの人の1.5倍ほど、後頭部が膨らんでいることもあります。

ADHDの女性でも男性ホルモン量は通常より多く、そのため発達障害の女性は、男性寄りな合理的な考え方をします。

男性の頭はかなり大きくなるので、後頭部は見分けやすいポイントといえます。

顔が色白

シバッタマン

私自身がそうですがADHDは色白な人が多いです。

日に焼けても赤くなってしまう、なぜか黒く焼けないので、色白の人が多いようです。

遺伝子的にアレルギーを持っている場合が多いので、日に弱い体質の人が多いのかもしれません

また、そのほかなぜかとかんがえたら、一人がすきで外にでるのが好きではありません。よって日にあたることもありませんので、色白になるのかもしれません。

【ADHD恋愛傾向女性】恋愛できない理由あるある

シバッタマン

ADHD特徴である『不注意』『多動性』『衝動性』が原因で恋愛でもトラブルや悩み、トラウマを抱えてしまう女性が多いです。そのため恋愛ができないとかんがえているひとがいます。

デートや記念日をわすれてしまう

不注意ゆえにデートの日程や大切な記念日を忘れてしまったり、衝動性が強いがゆえに相手の気持ちがわからず、思ったことを衝動的に発言、行動してしまうなどがあります。

好きな人への態度や特徴の深さがない

シバッタマン

自閉症スペクトラムやアスペルガーの人の愛し方は普通とは少し異なる場合があるはずです。

普通なら二人の記念日やイベントを一緒に祝ったり、付き合った日や出会った日までもが大切な日になるのですがADHD女性の人にとってはあまり大切でない場合が多いのです。

そしてそれを何とも思わないのはADHD女性

彼氏を作るのが面倒くさい

シバッタマン

「彼氏」ってAmazonに売っているわけじゃないし、デリバリーみたいに電話一本で家に届くわけじゃないですよ?

彼氏を作る場合、それなりに時間とエネルギーを要するプロセスが必要です。

ADHD女子の大人はそのプロセスを楽しいとは思えません。面倒と思ってしまうため、積極的に恋愛をしようとは思えないんです。

ひとりの時間を大切にしたい

ぼっち好きの女性からしたら、彼氏との時間よりも、ひとりの時間の方が価値を高く感じていたり…。

ADHD女子は彼氏との時間よりも、ひとりの時間の方が価値を高く感じていることもあります。

ADHD女子に彼氏がいると、彼氏との時間を捻出するために、自分の時間を削らなければいけないこともあります。普段、発達障害のため、ある種ストレスがあります。

ADHD女子はひとりの時間を大切にするために、あえて恋愛と距離を置いているんです。

自分に自信を持てない

ADHDには『不注意』『多動性』『衝動性』の傾向があるとお伝えしました。

シバッタマン

昔から自分に自信がないコンプレックスをいじられ自信喪失…というADH女性は、心のどこかに「恋愛をしたい」という気持ちが残っていても、「きっと私なんて、見向きもされないだろうし」と卑屈な自分が邪魔をして、恋愛から遠ざかっていたり…。

ADHD女子の自信の有無は、恋愛のモチベーションに影響を感じます。自信が持てないでいるのは、恋愛においてネックでしょう。

アニメやゲームキャラに魅力を感じる

ADHD女子じゃアニメの主人公やゲームキャラに恋をしている可能性があります。

2次元の男性は裏切らないし、架空の存在だからいくらでも妄想を楽しめるし、十分ドキドキさせてくれると感じる場合があります。

シバッタマン

正直、ADHD女子は2次元好き女性から見れば、3次元の男性は欠点ばかりに感じたりします。

過去の恋愛がトラウマ

シバッタマン

恋愛に限らず何事もそうだと思うのですが、最初は好きでも、多大なショックや痛手を被ったらとかんがえています。それもADHDの特性が影響となり、トラウマになって、ちょっと恋がトラウマになり距離をおくと考えられます。

ADHD女子で「恋愛したくない」という女性の中には、過去の恋愛でかなり辛い思いをしたせいで恋愛が怖く、距離を置いている人もいます。

ただこの場合、トラウマを乗り越えられたら、また恋愛を楽しめるタイプです。

恋人に気を遣うのが嫌だ

気にしいな性格で、必要以上に周りに気を遣ってしまう人は、そもそも人間関係というのはちょっと億劫で、ストレスだったりします。

そういう人からしたら、恋人って安定した関係になるまで、かなり気を遣う相手。

デートをしても、家に帰ったらどっと疲れが出てしまって、 “楽しい”よりも“なんか疲れた”という感想が強く…、どうしても心のどこかで恋を「面倒くさい」と思ってしまうんです。

結婚はしたい

「恋愛したくない」と思いつつ、「でも、いずれは結婚したい」と思っている断食女子も多いです。

恋愛は面倒! ぼっちが好き!…でも、生涯ぼっちはイヤなんですよね。

老後のことを考えると、やっぱりどこかのタイミングで結婚をしたいなぁとは思うのですが…なかなか行動に起こせないんですよ、なんせ恋愛に消極的だから。

頭の中で葛藤して、二の足を踏んでいる状態のADHDの女性がおいです。

【ADHD恋愛傾向女性】好きな人への態度は距離をとる!あるある

ADHD女性は好きな人への態度は距離をとる

シバッタマン

ADHD女性は好きな人への態度は距離をとることがおおいです。それは、上記でもお伝えしましたが、『不注意』『多動性』『衝動性』が原因で恋愛でもトラブルや悩みがあります。

大人のADHD恋愛女性特徴としては、【恋愛したくない女性】【恋愛と距離を置いている女性】をとります。

大人のADHD恋愛女性の特徴は「彼氏が欲しいと思っていない」「恋愛したくない」と、恋愛をしなくない

好きな人への態度は距離はとるが友達とは遊びたい

シバッタマン

ADHD女性は友達と遊んだり働いたりすることは楽しむ一方で、恋愛に対してだけは興味がありません。

ADHD女性が好きな人と距離を置く理由としては、トラウマで恋愛したくない理由は人それぞれですが、よくあるのは「仕事が忙しく、恋愛の優先順位が低い」とか、「過去、恋愛でたくさん傷ついたから、恋愛が怖い」とかがあります。

女子会の話題といえば恋バナですし、周囲が結婚したり婚活したりしている姿を見て「このままでいいのかな……」と不安に思うことも当然あります。
結果、とりあえずは相手に合わせて恋バナを振られると「彼氏欲しい」と言ってしまったり、また一時の不安に駆られて「結婚したい」とこぼしたりすることもあります。でも、それは本心ではないのです。

トラウマがあるからです。

発達障害の人は一度興味を持つと飽きるまで同じ事を繰り返す特徴があります。恋になると同じようにその人だけしか見えなくなってしまいます。

不安症候群のような現実に起こっていないのに起こるかもしれないという不安が束縛や執着に繋がってしまう事もあるのです。

シバッタマン

愛されていると感じる事と囚われていると感じる事は紙一重なのでしょうね。

これは恋愛としては良い事なのですが、時には束縛や執着が酷くなりお付き合いをしている事が怖くなってしまう定型発達の人にとってはマイナス要素になりかねません。

発達障害の恋愛が一途に相手を出来るのは特徴
  • 連絡を直ぐに返さないと怒る
  • 所在地を明らかにしなければならない
  • スマホが繋がらない場所に行けない

まとめ:【ADHD恋愛傾向女性】あるある!

いかがでしたでしょうか。

【ADHD恋愛傾向女性】あるある!顔つきが美人で顔が整ってモテるが恋愛できない理由!好きな人への態度についてお伝えしました。

ADHD(注意欠陥多動性障害)の女性は、多動・衝動性の特性により一般の方より活動量が多くなります。 また、特性をコントロールしようと力を使っているため、精神的にも疲れやすい傾向があります。また木津付きや面もあります。

ADHDの症状は脳の「実行機能の障害」により起こると考えられています。 実行機能とは目的を達成するために必要な脳の機能のことです。 目標達成のために自分をコントロールし、処理を進めていく脳の機能とも言えます。 ADHDではこの実行機能がうまく働いておらず、行動がちぐはぐになってしまいます

【ADHD恋愛傾向女性】あるある!顔つきが美人で顔が整ってモテるが恋愛できない理由!好きな人への態度

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次