MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【ADHD結婚しない方がいい】離婚してよかった?離婚率!結婚は向いていない?結婚後悔無理?結婚率

当ページのリンクには広告が含まれています。

ADHD(注意欠如・多動性障害)のパートナーと結婚し、その独特な特性による日々の挑戦に疲れ果て、離婚を考えていませんか?

 もしくは、すでに離婚を選択し、その決断について揺らぎを感じていませんか?あなたの悩み、絶望感、孤独感は、決してただ一人のものではありません。

ADHDの特性による離婚率は一般の約2倍と言われ、多くの人が同様の経験をしています。

ここで重要なのは、離婚は失敗ではなく、あなた自身の生活をより良いものにするための手段であると理解することです。

ADHDを持つパートナーとの結婚生活は、予想外の課題や困難をもたらすことがあります

 。相手の注意散漫さや多動性が一部の生活の面で問題を引き起こし、またパートナーが感じる孤独感はあなたにとってのストレスとなります。

しかし、この問題を乗り越える解決策も存在します。

 ADHDの特性を理解し、相手とのコミュニケーションを強化することで、関係性の改善が可能です。

 また、専門的なカウンセリングを受けることで、より具体的な対策を学び、それらを実践することで良好な関係性を築くことができます。

シバッタマン

私もADHDで結婚していますが、障害が原因で家庭内での緊張が高まり、何度も離婚をしそうになりました。結婚してくれただけでありがたいのにです。次は結婚できるかもわかりません。

だから何とかしようと試みました。

私自身はADHDであり、就労支援やリワークでカウンセリングや医者などで勉強はしてきました。

妻には申し訳ないが、オンラインのカウンセリングを通じてADHDの特性を理解してもらうようにしました。オンラインなので妻にも負担かかかりません。

 カウンセリングを受けることで夫婦間のコミュニケーションが改善して、関係性は大きく改善しました。

 今では、私の妻はADHDを持つ夫の特性を理解し、その特性を活かす方法を見つけ、夫婦間の絆を深めることができました。

あなたも、この記事を通じてADHDとの向き合い方、対策を学び、より良い選択をするための一助となることを願っています。

後悔せず、あなた自身の幸せを最優先に、次の一歩を踏み出しましょう

私自身ADHDでもあり、自分の妻をみていてADHDの夫を持つとこれだけ大変なんだよと考え懺悔もあり、この記事を書くことにしました。

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
シバッタマン

かもみーるは医者にいかずご自宅から心の専門家に相談ができます。発達障害や適応障害に医師やカウンセラーがオンラインで対応しています

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 24時間以内に悩みを専門家に相談することができます
  • 発達障害や適応障害といった医師の監修のオンラインカウンセリングサービス
  • 心理士は臨床心理士・公認心理師を中心とした有資格者のみ在籍
  • 科学的知見からあなたに一番合った心理士をご紹介いたします。
  • プライバシー・個人情報の厳守が徹底されている
  • かもみーる」では、精神科医のオンライン診療(保険対応)です。

\ 精神疾患のオンラインのカウンセラーはこちら/

精神科医のオンライン診療にはなんと保険にも対応しています。

シバッタマン

ご自宅でカウンセラーだけでなく医師からの受診ができるのは、とても便利です。オンライン診療は、外出が困難な方や、遠方に住んでいる方にとっても有益です。

目次

【ADHD離婚してよかった】離婚率!結婚に無理?後悔しない方法?結婚しな方がいい?発達障害

ADHDとは結婚しないほうがいい?まずは特性を理解しよう

ADHD(注意欠如多動症)とは、「発達障害(神経発達障害、神経発達症)」という、脳の機能障害の分類の一つです。

ADHD以外の発達障害には、ASD(自閉スペクトラム症)やSLD(限局性学習症群)などがあります。

【ADHD 結婚しないほうがいい】離婚率!結婚向いていない無理で後悔しない方法?

発達障害における「脳の機能障害」とは、脳の機能のバランスにばらつきがある、つまり突出している機能や十分に発達していない機能があるといった状態のことを指します。

もちろん、誰の脳機能にも多少のばらつきはあります。

その上で、ばらつきが大きく、学校や家庭での生活の妨げとなる場合に、医師の診察のもと、発達障害という診断がなされます。

かつては、「育て方や環境によって発達障害になるのではないか」という見方もされていました。

ですが、現在では「発達障害は後天的になるものではなく、脳の機能の偏りが関係する生まれつきの特性である」と結論づけられています

発達障害のある子と家族のためのサポートBOOK 小学生編

ADHDの特性

ADHDには多くの特性がありますが、その中でも下記の2点がよく見られるものとして挙げられます。(参考:田中康雄『大人のAD/HD』)

  • 不注意…忘れ物やケアレスミスが多く、確認作業を苦手とする
  • 多動・衝動性…気が散りやすく、貧乏ゆすりなど常に身体を動かしていないと落ちつかない

その他にもよく挙がる特徴として、「マルチタスクやスケジュール管理が苦手」といったものがあります。

ADHDの強み!(発達障害)

ADHDの特性の職業上の強みは、例えば下記の5つを挙げることができます(参考:榊原洋一『図解 よくわかる大人のADHD』)。

  • 発想力に富んでいてアイディアが豊富
  • 好奇心旺盛で新しいことにチャレンジできる
  • 興味のある分野には没頭することができる
  • 決断力があるのでスピーディーに物事を判断できる
  • 感覚に優れていて周囲の環境に敏感

上記の特性をうまく活かすことができれば、主に多動・衝動性から生まれる、職業上の強みにつながるかもしれません。

ADHDの弱み(発達障害)

反対に、ADHDの特性が、仕事の上で弱みになることもあります。

代表的なものは、以下の5つです。(参考:日本精神神経学会「今村明先生に「ADHD」を訊く」)

  • 書類の記入漏れなどのミスをしやすい
  • 仕事の優先順位をつけるのが苦手で先延ばししやすい
  • 複数案件を処理しようとすると業務効率がぐんと落ちる
  • 整理整頓が苦手で書類や物をなくすことが多い
  • 感覚に優れていて他人の意見に耳を傾ける前に発言したり行動したりする

ADHDの特性により結婚しないほうがいいの?

シバッタマン

ADHDの特性には以下の傾向があります。

清潔さ、締め切りの遅れなどもあり、ADHDでない配偶者は、自分の大切な人は清潔感に気にしていないだけだと思い込むことがあります。それは私の経験上のはなしですが、これが原因で夫婦の対立を引き起こしたことがありました。

上記の他にADHDの特性を管理できていない人には、下記の問題が発生することがあります。

ADHDの特性で起きる結婚してからの問題
  • ADHDの特性による慢性的な口うるささ、怒り
  • 家事の分担の偏りが発生してしまう
  • 親と子のような関係になぅってしまう。
  • ADHDの特性として誰かと常に論争している
  • ADHDの特性で、夫婦がはなしあったことをよく覚えていない、または同調していない
  • 夫婦がはなしあったことでも実行するのが非常に苦手である。
  • 夫婦での性的関係や感情的な親密さの崩壊がする

このようなパターンの結果、夫婦はしばしば孤独、不幸、負担を感じるようになります。

頻繁な口論、コミュニケーションの欠如、関係からの離脱はよくあることです。

ADHDの離婚率は2倍といわれている

オハイオ大学とアパラチア州立大学が2021年に発表した研究によると、パートナーのどちらかがADHDである場合、パートナーがADHDでない場合よりも、人間関係が破綻する可能性が2倍高いそうです。

引用元:ADHDの結婚率が2倍高い

残念ながら、この夫婦の機能不全は、人間関係を深刻な危険にさらす可能性があります。

 統計によると、ADHDの影響を受けた夫婦の離婚率は、影響を受けていない夫婦の約2倍であると言われています。

しかし、ADHDの特徴が結婚に与える影響を理解し、解決策を探すための手段を講じることは、関係を改善するのに役立ちます。

シバッタマン

また、米国では下記のような統計結果がでているため結婚しないほうがよいとわれています。

さらに明らかになったのは、ADHDの回答者の38パーセントが、過去に結婚生活が離婚に近い状態に陥ったことがあると答えたという事実である。さらに22パーセントは、離婚が「頭をよぎった」と言い、ADHDの回答者のちょうど31パーセントは、離婚を考えたことがないと言った

引用元:Does ADHD Lead To Divorce? – ADHD Online Blog

【ADHD離婚してよかった】結婚しない方がいい無理と感じる理由?

【ADHD 結婚しないほうがいい】離婚率!結婚向いていない無理で後悔しない方法?

ADHDの本人が結婚した場合に抱える問題は?

 ADHDの特性は人によって異なり、その特性が個人や人間関係に及ぼす影響もさまざまです。

 人によっては、仕事などのある場面ではADHDの特性を効果的に管理できるのに、人間関係になると苦労する、という人もいます。

ADHDの人間関係の問題
  • ADHDの場合、日常生活をコントロールするのは他の人が思っているよりずっと大変であうる。
  • 特に親子に関係がある場合、「物事を動かしている」配偶者に従属する。
  • 愛されていない、あるいは必要とされていないとかんじなければ、ADHDの彼は「変わる」べき、あるいはもっとうまくやるべきだというメッセージを聞き続けているからだ。
  • ADHDの人は失敗することを恐れる。あなたの関係が悪化してしまうと 典型的なADHDの特性でまたあ関係が悪化したらどうしようという不安になります。次回失敗したらどうしようという 不安がおおきくなるのです

【ADHD結婚しない方がいい】離婚してよかった?無理で後悔しない方法?

【ADHD 結婚しないほうがいい】離婚率!結婚向いていない無理で後悔しない方法?

ADHDと付き合うかたと結婚した相手への影響は?

ADHDでない配偶者も、こうした課題や関係性の形成に影響を受けることがよくあります。

シバッタマン

ADHDが軽度の場合、結婚したADHDでない方ががいつも他のことに気を取られていたり、忙しそうにしていることに不満を感じるかもしれません。

非ADHDのパートナーが配偶者を子供のように扱い始め、責任を引き継ぎ、対等なパートナーになることを許さないという関係です。

孤独を感じてしまう

シバッタマン

ADHDでないほうからすると、ADHDの結婚相手から関心を持たれていないと感じる場合があります。研究によると、ADHDでないパートナーは、自分たちの関係における親密さの欠如に不満を感じることが多いということです

、ADHDでないパートナーは、自分たちの関係における親密さの欠如に不満を感じることが多いということです

怒りをかんじてしまう

彼らは、パートナーが自分の行動を制御したり、変更することができないことを怒るかもしれません。非ADHDのパートナーは、この怒りをあからさまに表現することがありますし、彼らは限界点に達するまでそれを瓶詰めにすることがあります。

③ストレスをかんじてしまう

シバッタマン

非ADHDの夫婦は、彼らが自分の信念にあまりにも多くを持っていると十分な助けをひつようとします。他の人の責任をなhしつけて、自分は悪くないと感じる可能性もあります。

これは、ストレスだけでなく、怒り、苦味、恨みの感情にもつながる可能性があります。

疲れ果てて、絶望して、悲しくなる

時間が経つと、どんなに忍耐強い人でも、圧倒され、疲れ果ててしまうことがあります。このままでは何も変わらない、状況や人間関係を改善する方法はない、と感じ始めるかもしれません。

④子供が生まれたら家事や育児が困難になる

ADHDの成人の配偶者は、パートナーの症状によって家事や育児が困難になると報告している研究結果があります。

【ADHD結婚しない方がいい】離婚してよかった?結婚は向いていない?

【ADHD 結婚しないほうがいい】離婚率!結婚向いていない無理で後悔しない方法?

ADHDの特性で様々な問題が発生する

シバッタマン

ADHDの人と結婚すると、二人の関係における問題をすべてADHDのせいにする傾向が現れるかもしれません。

ADHD患者もそうでない夫婦も苦痛の一因となる自分の役割を認識する必要があります。

ADHDの特性は、人間関係において予期せぬストレスを生み出します。その結果、誤解が生じることもありますが、条件の特性、その特性に対する反応、反応に対する反応など、破壊的なパターンにつながることもあります。

ADHDの注意散漫が増加する

ADHDの人は、頻繁に注意散漫の感情が増加します。これは、特に個人のADHDが未診断の場合、パートナーに無視されたと感じさせることがあります。

シバッタマン

結婚相手に対して気晴らしのための説明がなければ、ADHDでないパートナーは、ケアと懸念の欠如として、その行動を誤解する可能性があります。

これは、傷つけ、口論し、憤慨することにつながります。そして、ADHDの人は相手の怒りの原因を理解していないため、自己強化型の負の連鎖に陥ってしまいます。

ADHDでないパートナーは孤独を感じるかも

シバッタマン

大人のADHDの正確な診断は、これらの特性が彼らの関係にどのような影響を与えるかもしれないかを、両方の人々がよりよく理解するのに役立ちます。

上記の例では、非ADHDパートナーは言うかもしれない、 “あなたは最近気を取られていると私は孤独を感じているんだ。一緒に何か特別なことをしに行こうか”。

【ADHD結婚しない方がいい】離婚してよかった?無理で後悔でも対策は?

【ADHD離婚してよかった】離婚率!結婚に無理?後悔しない方法?結婚しな方がいい?発達障害

①相手としっかりと話し合う

ADHDの特性がある人との結婚においては、相手と話し合うことが重要です。

シバッタマン

あなたが、正論だとしても、ADHDの特性上、ADHDの彼氏の性格を把握していないとお互いの関係が悪くなる可能性を秘めています。

ADHDは不注意・多動性・衝動性が主な特性です。
そのため、恋愛や結婚においても、その特性が影響することがあります。

 例えば、物の管理が苦手であったり、喜怒哀楽が激しい印象を周囲に与えたり、じっとしていられなかったりすることもあります。

基本的にADHDの人は、実行機能やモチベーション、ある程度の満足感をつかさどる脳の部分に、ドーパミンを運ぶためのタンパク質が少ないということがわかっています。 「言ってみれば、サプライチェーンが大幅に不足しているようなもの。

改善して欲しい部分があるのであれば、それを伝えるタイミングが重要です。冷静な話し合いができるタイミングで相手のことを理解した上で優しく伝える会話の技術も必要になってくるかと思います。

ただ、特性上、完全に治すことはできません。工夫して別のやり方でつきあうことが必要になってきます。ADHDの彼氏に疲れてしまう可能性もありますが、好きであれば乗り切れるはずです。

お互いの特性を理解し合い、困りごとを解決する方法を話し合うことが大切です。

②ADHDの特性上と受け入れる

シバッタマン

ADHDの彼氏に対してイライラしてしまったら、とりあえずADHDの特性のせいで仕方ないと理解をもって受け入れましょう。


何でも特性のせいにして、発達障害差別だという人もかも知れませんが、恋人間でトラブルを解消するためなら仕方ありません。

ADHDの特性を受け入れることは、お互いの理解を深める上で重要です。お互いがお互いの特性を理解し、受け入れることで、より良い関係を築くことができます。

③ADHDのパートナーの話は受け流す

お互いがお互いの意見を尊重し、話し合うことが大切です。

ただ、疲れた場合は、一時的に話を受け流すこともあります。。

シバッタマン

ADHDの彼氏をと仲良く付き合っていくために取るべき態度は、「大変そうだね」と軽く受け流すことが必要かもしれません。

ADHDの彼氏だから、何かしてあげなければいけない、サポートしてあげなければいけない、と気負ってい
ては、あなたが疲れてしまいます。「大変そうだね」「手伝えることはあるかな?」と客観的に支援を申し出ましょう。


ADHDの彼氏の苦手部分をサポートしてあげたり、一緒に道筋を考えたりするのは、とても助かる事だし、喜びも大きくなるものですが、すぐに命に係わる問題ではありません。


ただし、その場合でも、後で改めて話し合うことが重要です。お互いがお互いの意見を尊重し、話し合うことで、より良い関係を築くことができます

④ADHDは優しい一途も多い

ADHDの特性がある人は、優しい一途な面も多くあります。ADHDの特性がある人との結婚においては、お互いの特性を理解し合い、困りごとを解決する方法を話し合うことが重要です。

また、社会において多くの悩みを抱ているきた彼氏かもしれません。相手のまたは彼女の気持ちになって考える優しさはもちあわせています。ただ、自分がADHDの特性のためうまくいきていくことができず、喧嘩になってしまうことがあります。

ADHDの彼氏が彼女に怒る場合は大変に心を許している場合があり、本来はとてもやさしくあなたをみています。

シバッタマン

「あなたのこんところがダメなのよ」と言ってしまっては、プライドも傷つけることになります。また、喧嘩に繋がってしまう可能性があります。天才的なところもあるので、あなたがADHDの彼氏を伸ばしてあげようという気持ちになれば彼氏はとてもやさしく接してくれると思います。

⑤一緒にカウンセリングを受ける

シバッタマン

一緒にカウンセリングを受けることも、ADHDの特性がある人との結婚においては有益です。

カウンセリングでは、お互いの特性を理解し合い、困りごとを解決する方法を話し合うことができます。また、専門家のアドバイスを受けることで、より良い関係を築くことができます。

今はオンラインでカウンセリングや医師の診察もできます。一緒にカウンセリングをうけるのもよいのではないでしょうか。

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
シバッタマン

かもみーるは医者にいかずご自宅から心の専門家に相談ができます。発達障害や適応障害に医師やカウンセラーがオンラインで対応しています

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 24時間以内に悩みを専門家に相談することができます
  • 発達障害や適応障害といった医師の監修のオンラインカウンセリングサービス
  • 心理士は臨床心理士・公認心理師を中心とした有資格者のみ在籍
  • 科学的知見からあなたに一番合った心理士をご紹介いたします。
  • プライバシー・個人情報の厳守が徹底されている
  • かもみーる」では、精神科医のオンライン診療(保険対応)です。

\ 精神疾患のオンラインのカウンセラーはこちら/

精神科医のオンライン診療にはなんと保険にも対応しています。

シバッタマン

ご自宅でカウンセラーだけでなく医師からの受診ができるのは、とても便利です。オンライン診療は、外出が困難な方や、遠方に住んでいる方にとっても有益です。

【ADHD結婚しない方がいい】離婚してよかった?よくある質問

【ADHD離婚してよかった】離婚率!結婚に無理?後悔しない方法?結婚しな方がいい?発達障害

ADHDとは結婚しないほうがいいの?

ADHDが持つ特性によりますが、結婚を避けるべきかどうかは、その人それぞれの価値観や理解ができるか、そして関係性によります

  例えば、結婚相手のADHDの特性を理解し、相手の弱みをあなたがサポートすることができるのであれば、結婚は十分可能です。

また、ADHDの特性を理解し、コミュニケーションと問題解決の方法を学ぶことで、より強固な関係を築くことも可能です。

ADHDの離婚率が高いというのは本当ですか?

シバッタマン

研究によると、ADHDがある人々の離婚率は確かに高い傾向があります。

 しかし、それはADHD自体が離婚を引き起こす主要な原因ではありません。

 問題は、ADHDの特性が理解されず、適切な対処法が取られないこともあります。また、そもそもADHDではなく相性の問題化かしれません。結婚というのはとても難しいので必ずしもADHDだからというわけではありません。

 ADHDを持つパートナーとの関係を良好に保つためには、まずその特性を理解し、お互いの夫婦関係を大切にしましょう。

ADHDのパートナーが結婚生活に疲れ果ててしまったら、どうすればいいですか?

ADHDを持つパートナーとの結婚生活は確かに困難を伴うことがあります。私も結婚してからのほうが困難が多いです。

ただ、解決策はいつも見つけるようにしています。

 まず、相手としっかりと話し合い、自分の感じている困難やストレスを共有することが重要です。

 そして、奥さんはADHDの特性を理解してもらい、その特性を受け入れてもらっています。

私自身が過集中であることを理解し、その特性を受け入れた上で、共にライフスキルの改善に取り組むことができます。

また、一緒にカウンセリングを受けました。

 専門家から具体的なアドバイスを得ることも有効です。このような対策を通じて、結婚生活の質を向上させることが可能です。

まとめ:【ADHD結婚しない方がいい】離婚してよかった?離婚率!結婚は向いていない?結婚後悔無理?結婚率

いかがでしょうか。

今回の記事では、ADHDの特性がもたらす離婚問題について具体的に解説し、その解決策を提供しました。

 私自身、かつてはADHDのパートナーとの結婚生活に疲れ、離婚を決断しましたが、踏みとどまりました。

 その経験から得た教訓と共に、あなたが自分の人生に対して前向きに、自分らしく生きることができるように、以下に重要なポイントをまとめます。

本記事のまとめ
  1. ADHDの特性を理解する: ADHDのパートナーとの結婚は、その特性による困難を伴うことがあります。そのため、ADHDの特性を理解し、それに対応するための対策を考えることが重要です。
  2. コミュニケーションを強化する: ADHDのパートナーとの関係改善には、互いの理解を深めるためのコミュニケーションが欠かせません。何を感じているのか、何が困難なのかを素直に伝えることで、関係性をより良いものにすることが可能です。
  3. 専門的なカウンセリングを受ける: ADHDの特性について深く理解し、それをどのように受け入れ、向き合うべきかを知るために、カウンセリングを受けることを推奨します。これは、問題解決のための新たな視点を提供し、具体的な対策を学ぶことができます。

ADHDのパートナーとの関係に悩んでいるなら、まずは自分自身を大切にし、自分にとって最善の選択をすることが大切です。

 離婚は失敗ではなく、より良い人生を送るための一つの手段です。あなたの幸せはあなた自身が最優先するべきものです。前向きに、一歩一歩、あなたらしい生活を歩み始めましょう。

またお互いにカウンセリングをうけてパートナーの特性を理解しましょう。

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
シバッタマン

かもみーるは医者にいかずご自宅から心の専門家に相談ができます。発達障害や適応障害に医師やカウンセラーがオンラインで対応しています

医師監修のオンラインカウンセリング「かもみーる」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 24時間以内に悩みを専門家に相談することができます
  • 発達障害や適応障害といった医師の監修のオンラインカウンセリングサービス
  • 心理士は臨床心理士・公認心理師を中心とした有資格者のみ在籍
  • 科学的知見からあなたに一番合った心理士をご紹介いたします。
  • プライバシー・個人情報の厳守が徹底されている
  • かもみーる」では、精神科医のオンライン診療(保険対応)です。

\ 精神疾患のオンラインのカウンセラーはこちら/

精神科医のオンライン診療にはなんと保険にも対応しています。

シバッタマン

ご自宅でカウンセラーだけでなく医師からの受診ができるのは、とても便利です。オンライン診療は、外出が困難な方や、遠方に住んでいる方にとっても有益です。

【ADHD 結婚しないほうがいい】離婚率!結婚向いていない無理で後悔しない方法?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次