MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【iOSエンジニアの未経験】swift 学習のロードマップ!スキル

当ページのリンクには広告が含まれています。

iOSエンジニアへの道は遠いと感じていませんか?

 この記事では、あなたがiOSエンジニアになるためのロードマップを詳しく解説します。

シバッタマン

 本記事ではiOSエンジニアの市場需要から求められるスキルセット、そして未経験者がどのようにステップアップしていけるのかまで、幅広く取り扱います。

iOSエンジニアとしての需要は高まり続けています。その背景には、世界中でiOSデバイスの利用者が増え続けていること、そして新しい技術トレンドとしてARやVRが台頭してきていることがあります

未経験者がiOSエンジニアになるには、まずは基本的なプログラミングスキルを身につけ、その後、ポートフォリオを作成して実力を証明することが大切です。

 そして、自己成長を続けることで、チームリーダーやアーキテクトといった上級の役職へとステップアップしていくことが可能です。

「未経験からどう始めればいいのか」「どんなスキルを身につけるべきなのか」など、これからiOSエンジニアになるあなたの疑問や不安を解消するための情報が満載です。今すぐ始めて、iOSエンジニアへの夢を現実にしましょう

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【iOSエンジニアの未経験】スキルに需要はあるの?

iOSエンジニアが社会的に必要とされる背景は

シバッタマン

iOSエンジニアが社会的に必要とされる背景にはユーザーの生活をより便利で快適にするために、重要な役割を果たしています。

例えば、iOSエンジニアは、地図アプリやナビゲーションアプリ、ゲームアプリ、ビジネスアプリなど、さまざまな種類のアプリを開発しています。

既にiOSアプリユーザーの生活をより便利で快適にするために、欠かせないものとなっています。

IOSエンジニアの需要は?

シバッタマン

iOSエンジニアの需要は、すでに増加しています。

 iPhoneやiPadなどのiOSデバイスの普及が進んでいるためです。iOSデバイスは、世界中で多くのユーザーに利用されており、その数は今後も増加していくことが予想されます。

そのため、iOSエンジニアの需要も今後も増加していくと考えられます。

IOSエンジニアが足りない

iOSエンジニアになるための資格や経験が必要なため、供給は需要に追いついていません。そのため、iOSエンジニアは、他のエンジニアに比べて高い給与をもらうことができます。

iOSエンジニアを目指す方は、SwiftやObjective-Cなどのプログラミング言語を習得することが必要であります。そのうえでiOSデバイスの開発環境や開発手法についても理解する必要があります。

ARやVRが必要となってきた

スマホはすでに多くの機能を備えており、それ以上の進歩としてARやVRが求められています。

シバッタマン

ARとは、拡張現実の略で、現実世界にコンピューターによって生成された仮想物体を重ね合わせて表示する技術です。VRとは、仮想現実の略で、ユーザーを仮想の世界に没入させる技術です。

ARやVRは、まだ新しい技術であり、その潜在的な可能性は非常に高いです。

 一方、ARやVRは、まだ開発途上にあり、今後ますます進歩していくことが予想されます。そのため、ARやVRは、スマホよりも将来性があると考えられています。

ARやVRは、教育、医療、エンターテイメントなど、さまざまな分野で活用されています。

 例えば、ARは、教育分野で、生徒が現実世界に表示された仮想物体と触れ合ったり、操作したりすることで、より効果的に学習できるようにすることができます。

 また、VRは、医療分野で、患者が仮想の世界に没入して、手術の練習をしたり、治療を受けたりするのに使用されています。

 さらに、ARやVRは、エンターテイメント分野で、ゲームや映画をより没入感のあるものにすることができます。

また、ARやVRは、スマホとは異なる体験を提供することができます。

 例えば、ARやVRでは、ユーザーは現実世界に仮想物体を重ね合わせて表示したり、仮想の世界に没入したりすることができます。

これは、スマホではできない体験であり、ユーザーに新しい楽しみを提供することができます。

【iOSエンジニアの未経験】swift 学習のロードマップ!

【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】なるには?年収は?

①iosエンジニアが必要なスキルセットは?

シバッタマン

下記はIOSエンジニアが必要なスキルセットです。

iOSエンジニアが必要なスキルセットは?
  • プログラミング言語:Swift、Objective-C
  • アプリ開発フレームワーク:UIKit、Cocoa Touch
  • データベース:Core Data、SQLite
  • ネットワーク:NSURLSession、AFNetworking
  • テスト:XCTest、UITest
  • 品質管理:Xcode
  • 構成管理:Git、Subversion
  • 運用管理:App Store Connect、Google Play Console

 

②iosエンジニアが必要な言語はSwiftやObjective-C

iOSエンジニアは、SwiftやObjective-Cなどのプログラミング言語を習得し、iOSデバイスの開発環境や開発手法についても理解する必要があります。また、ユーザーの要望を理解し、それをアプリの機能に反映させる能力も必要です。

シバッタマン

iOSエンジニアは、需要が高く、給与水準も高い職業です。そのため、iOSエンジニアを目指す方は、ぜひチャレンジしてみてください。

特にSwiftは、Appleが開発したプログラミング言語です。

 2014年に発表され、Objective-Cの後継言語として開発されました。Swiftは、Objective-Cよりもコードが読みやすく、書きやすく、保守しやすいという特徴があります。

 Objective-Cは、Appleが開発したプログラミング言語です。1980年代に開発され、iOSアプリ開発の標準言語として使用されてきました。しかし、Objective-Cはコードが読みにくく、書きにくく、保守しにくいという特徴があります。

③今後はSwiftが必要

シバッタマン

今後はSwiftは将来のiOSアプリ開発には必要不可欠な言語と言えます。

Swiftはコードの読みやすさ、書きやすさ、保守性に優れており、開発速度も速いため、iOSアプリ開発に最適な言語です。

SwiftはARやVRなどの新しい技術にも対応しているため、今後ますます需要が高まると予想されます。

SwiftとObjective-Cの比較

項目SwiftObjective-C
登場年2014年1984年
静的型付け静的型付け動的型付け
メモリ管理自動メモリ管理手動メモリ管理
コードの読みやすさ読みやすい標準レベル
コードの書きやすさ読みやすい標準レベル
コードの保守性読みやすい標準レベル
開発速度速い遅い
コミュニティ活発活発ではない
将来性明るい不透明

④IOSガイドランを学びついていく

シバッタマン

iOSのデザインガイドラインは、iOSアプリのデザインに関するガイドラインです。iOSのデザインガイドラインを遵守することで、iOSアプリのデザインを統一し、ユーザーにとって使いやすいアプリを開発することができます。

また、iOSのデザインガイドラインは、頻繁に更新されています。iOSのデザインガイドラインは、iOSの機能やデザインが更新されるたびに更新されます。

ただ、iOSのデザインガイドラインは、1年に数回更新されるのに対し、Googleのデザインガイドラインは、数か月に1回更新されています。

引用元:IOSデザインガイドライン


iOSデザインのガイドラインは、日本では「iOS Human Interface Guidelines」と呼ばれています。

 このガイドラインでは、iOSアプリのデザインに関するガイドラインが提供されています。iOSアプリのデザインを統一し、ユーザーにとって使いやすいアプリを開発するために、このガイドラインを参考にしてください。

⑤SwiftとIOSフレームワークを習得する

Swift は、Apple が開発したオープンソースのプログラミング言語です。

引用元:Swift(APPLE公式サイト)

シバッタマン

2014 年に最初にリリースされ、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS などの Apple プラットフォーム向けのアプリケーションを開発するために使用されています。


はい、UIKit以外のフレームワークもiOSアプリ開発で使用されています。

 たとえば、Foundationフレームワークは、基本的な機能を提供するためのフレームワークです。

 Foundationフレームワークには、文字列処理、数値処理、ファイル操作などの機能が用意されています。Core Dataフレームワークは、データベースを管理するためのフレームワークです。

 Core Dataフレームワークは、データの保存、検索、更新などの機能を提供します。

iOSフレームワークは、iOSアプリ開発に必要な機能を提供しています。

iOSアプリ開発者は、自分のアプリの要件に合わせて、適切なフレームワークを選択する必要があります。

例えば、UIKitは、ユーザーインターフェイスを構築するためのフレームワークです。

 ボタン、テキストフィールド、画像ビューなどのUI要素が用意されています。UIKitは、iOSアプリ開発の基本的なフレームワークであり、ほとんどのiOSアプリで使用されています。

【iOSエンジニアの未経験】swift 学習の未経験からのスキルのステップアップ

STEP
iOSエンジニア

iOSエンジニアになるためには、まず、アプリ開発の基礎を学ぶ必要があります。

シバッタマン

アプリ開発の基礎には、プログラミング言語、データ構造、アルゴリズム、オブジェクト指向プログラミング、ソフトウェアテストなどがあります。

 

プリ開発の基礎を学んだ後、iOSアプリを開発します。iOSアプリを開発するには、Xcodeという開発ツールを使用します。Xcodeは、Appleが開発したiOSアプリの開発ツールです。

プリの品質向上やパフォーマンス改善にも取り組みます。アプリの品質向上とは、アプリの動作を安定させる、アプリのセキュリティを向上させる、アプリのユーザーエクスペリエンスを向上させるなどのことです

STEP
iOSチームリーダー
シバッタマン

iOSエンジニアのチームを率いて、アプリ開発プロジェクトを成功させる責任があります。

 iOSチームリーダーは、チームメンバーのスキルアップを支援し、アプリ開発の品質やパフォーマンスを向上させるために、さまざまな取り組みを行います。

そして、アプリ開発プロジェクトを成功させる責任があります

iOSチームリーダーは、チームメンバーのスキルや経験を活かして、アプリ開発プロジェクトを成功させるために、さまざまな取り組みを行います。

 iOSチームリーダーは、アプリ開発の品質やパフォーマンスを向上させるために、チームメンバーのスキルアップを支援します。

また、チームメンバーのモチベーションを向上させ、チームメンバーとのコミュニケーションを円滑にすることで、チームメンバーが力を発揮できるようにします。

STEP
iOSアーキテクト
シバッタマン

iOSアーキテクトは、アプリのアーキテクチャ設計を担当するエンジニアです。そして、アプリの品質管理やセキュリティも担当します。つまり、構成管理のシステムまで幅を広げることができます。

また、VRやARなどの新しい技術にも対応することができます。

 アプリのアーキテクチャ設計を担当し、アプリの品質管理、構成管理のシステム、VRやARなどの新しい技術まで幅を広げることで、ユーザーに満足度の高いアプリを提供します。

 iOSアーキテクトは、アプリのパフォーマンスやセキュリティを向上させるために、さまざまな設計を行っています。また、アプリ開発の品質を向上させるために、さまざまな取り組みを行っています

アプリのアーキテクチャ設計を担当し、アプリのパフォーマンスやセキュリティを向上させます。また、アプリ開発の品質を向上させるために、アプリ開発チームとコミュニケーションを取ります。

STEP
iOSコンサルタント
シバッタマン

iOSコンサルタントは、技術的な知識だけでなく、企業の方針計画にiOSがどのように役立つかについての知識も必要です。

  • 企業の戦略や目標を理解し、iOSアプリ開発を支援する
  • iOSアプリ開発が企業にどのように利益をもたらすかを検討する
  • iOSアプリ開発のコストやリスクを評価する
  • iOSアプリ開発の成功事例や失敗事例を共有する

iOSコンサルタントは、企業のビジネス目標を理解し、iOSアプリ開発を通じてビジネス目標を達成するためのソリューションを提供します。

iOSコンサルタントは、企業のiOSアプリ開発を支援し、ビジネス目標の達成に貢献します。ユーザーに満足度の高いアプリを提供することで、企業の利益向上に貢献します。

STEP
独立や起業へ

 iOSコンサルタントとして経験を積み、自分のアプリを開発し、独立するキャリアパスは十分に考えられます。

企業となると、営業や経理、マーケティング等も必要となり、とても大変ではありますが、独立までみえるとてもやりがいのある仕事です。

 

  • iOSアプリ開発のスキル
  • アプリ開発のノウハウや技術
  • アプリ開発のプロジェクトマネジメント
  • 営業スキル
  • 経理スキル
  • マーケティングスキル

また、企業の方針計画にiOSがどのように役立つかという点も理解することができます。

未経験からのポートフォリオは

シバッタマン

ポートフォリオは、自分のスキルや経験をアピールするためのものです。そのため、自分の強みや得意分野を活かしたものを作成することが重要です。

ポートフォリオは、常に更新していくことが大切です。最新の技術やトレンドを取り入れることで、自分のスキルをアピールすることができます。

  • 自分のオリジナルのアプリを作成する
  • 既存のアプリを改造する。
  • アプリ開発のプロジェクトマネジメント
  • 課題を解決するためのアプリを作成する
  • 自分のスキルをアピールするブログやウェブサイトを作成する

未経験からのポートフォリオで意識することは、自分のスキルや経験をアピール、最新の技術やトレンドを取り入れること、常に更新することを意識しましょう。

【iOSエンジニアの未経験】swift 学習をするには?

iOSを勉強するには4種類ある

シバッタマン

iOSエンジニアの勉強方法は4種類あります。それぞれのメリットとデメリットを表にしています。

学習方法メリットデメリット
Udemy自分のペースで学習できる費用がかかる
自習用の書籍やウェブサイト費用が安い自分のペースで学習するのが難しい
コミュニティとネットワーク他のエンジニアから学ぶことができる時間と労力が必要
スクール講師から直接指導を受けられる費用がかかる

iOSエンジニアになるには費用がかかるがスクールがおすすめ

シバッタマン

iOSエンジニアになるにはやはり費用がかかるもののスクールがお勧めとなります。

スクールでは、講師から直接指導を受けることができ、効率的に学ぶことができます。

 また、コミュニティとネットワークも形成されているので、他のエンジニアから学ぶこともできます。

iOSエンジニアは、特殊な分野であるため、独学で学習するのは難しいです。スクールでは、iOS開発の基礎から応用までを学ぶことができ、就職や転職にも有利です

【iOSエンジニアの未経験】swift 学習よくある質問

iOSエンジニアとしての需要はどの程度ありますか?なぜ需要があるのですか?

シバッタマン

iOSエンジニアの需要は非常に高いです。これは、iOSが世界中で広く利用されているプラットフォームであるためです。

 さらに、新たなテクノロジーの浸透、例えばARやVRなどの技術が一般的になるにつれて、これらの技術を統合するためのiOSエンジニアが必要となります。

iOSエンジニアが習得すべき主要なスキルセットは何ですか?

シバッタマン

iOSエンジニアにとって重要なスキルセットの一部には、SwiftやObjective-Cのようなプログラミング言語の知識が含まれます。

 特に、近年ではSwiftの需要が高まっています。また、iOSのガイドラインやフレームワークの理解も重要です。

未経験者がiOSエンジニアになるためのステップは何ですか?また、ポートフォリオの作成は重要ですか?

シバッタマン

未経験者がiOSエンジニアになるための一般的なステップには、必要なプログラミング言語を学ぶ、iOSのガイドラインとフレームワークを理解する、

 そして自分のスキルを実証するためのポートフォリオを作成する、といったものがあります。ポートフォリオは、あなたが実際に何を作成し、解決できる問題が何かを示す非常に有効な手段です。

そのため、ポートフォリオの作成は非常に重要と言えます。

iOSエンジニアはやばい、やめとけ”という意見についてはどう思いますか?

シバッタマン

iOSエンジニアはやばい、やめとけ”という意見は、個々の経験や視点に基づいています。

 iOSエンジニアとしてのキャリアは、技術的なスキルを磨くことから、アプリケーションのアーキテクチャ設計、チームリーダーシップ、さらには独立や起業へと進むことが可能で、非常に広範で成長可能なキャリアパスを提供します。

 また、iOSアプリは世界中で広く利用されており、その需要は高いです。

しかしながら、技術の進歩に追従するための継続的な学習や、時には高度な問題解決スキルが求められるため、すべての人にとって最適なキャリアパスとは言えません。

したがって、iOSエンジニアとしてのキャリアを選択する際には、自身の興味、スキル、キャリア目標をしっかりと考慮することが重要です。

関連記事はかきとなります。

iOSエンジニアにはスクールが必要ですか?

OSエンジニアになるためには、SwiftやObjective-Cといったプログラミング言語の知識と、iOSアプリケーション開発の経験が必要です。

 これらのスキルを自己学習で習得することも可能ですが、プログラミングスクールでは、経験豊富な講師から直接学ぶことができ、また他の学習者との交流を通じて、より効率的にスキルを身につけることができます。

学習スタイルや目標、予算などもありますの上、検討したうえで受講したほうがよいでしょう。

iOSエンジニアの年収はいくらですか?

iOSエンジニアの年収は、経験やスキルによって大きな幅があります。

シバッタマン

会社員のiOSエンジニアの平均年収は約550万円と言われています。初任給の相場は22万円程度です。

また、フリーランスのiOSエンジニアの月収相場は、30万円~100万円ほどが目安となり、平均月収は75万円ほどとなっております。

これらの情報から、iOSエンジニアの年収は、経験やスキル、働き方によって異なることがわかります。

iOSエンジニアに求められるスキルは?

シバッタマン

iOSエンジニアに求められるスキルは以下のようになります。

スキル内容
IT技術に関する基礎知識コンピューターサイエンスやネットワークなどの基本的な知識が必要です1
プログラミングの基礎プログラミング言語の基本概念やアルゴリズム、データ構造などの理解が求められます。
Swiftの習得iOSアプリ開発において主要なプログラミング言語であるSwiftの習得が必要です。
開発環境Xcodeの利用iOSアプリ開発において主要な開発環境であるXcodeの使い方を理解することが求められます。
プロジェクトに関する知識プロジェクト管理やバージョン管理システム(Gitなど)の利用方法など、開発プロジェクトに関する知識が必要です

まとめ:【iOSエンジニアの未経験】swift 学習のロードマップ!スキル

iOSエンジニアのロードマップを理解することは、未経験者からプロフェッショナルまで、そのキャリアの進行を計画する際に不可欠です。

iOSエンジニアの需要は高まっています。iOSは世界中で利用されています。

 主なスキルセットとしては、Appleが開発したプログラミング言語であるSwiftや、Objective-Cが必要となります。特に、最近ではSwiftの方が人気が高く、将来性も高いとされています​1

特に、iOSは世界中で利用されているため、iOSエンジニアは世界中で求められています。また、最新の技術トレンドであるARやVRの開発にもiOSエンジニアは必要とされています。

未経験からiOSエンジニア、iOSチームリーダー、iOSアーキテクト、iOSコンサルタントへとキャリアアップすることが可能です。また、自分自身のスキルを証明するために、ポートフォリオの作成が必要とされています。

本記事のポイント
  • iOSエンジニアは、社会的に必要とされています。
  • SwiftやObjective-Cのような特定のプログラミング言語の知識が必要です。
  • iOSエンジニアは通常、チームリーダーやアーキテクト、コンサルタントなど、さまざまな役職に進むことができます。
  • iOSエンジニアになるための学習は、多くの場合、スクールやオンラインコースを通じて行われます。
【iosエンジニアのロードマップ】未経験から需要やスキルセットを紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次