MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【知覚統合とは】 高い人と低い人特徴の適職や職業は?アスペルガーなの?

当ページのリンクには広告が含まれています。
知覚統合とは?意味?見て覚える処理能力が速い能力!

発達障害を持つ方に多く見られるのは、「見て理解する」「聞いて理解する」ことの凹凸が激しい点があります。仕事が遅くて困っている方の中に、発達障害の特徴がある方は多いのは確かです。

耳からの処理、目からの処理のどちらかに偏る傾向があるのです。

私の場合は知覚統合は得意でした。短期記憶や耳の情報はにがてなのですが視覚情報になると得意なのです。これは人によるのかもしれません。

シバッタマン

ただ、仕事や日常生活において、「聞いた話から理解するのは辛いのに、一覧表やマニュアルを理解するのが得意」ということはありませんか?

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【知覚統合とは】高い低い人の特徴を紹介!高すぎるを解説?アスペルガーなの?

知覚統合とは?意味?見て覚えるの能力が高い

知覚統合とは?

シバッタマン

知覚推理とは、感覚を通して得た情報から論理的に推論を行う能力のことです。

感覚推論する情報
視覚物体の形状、大きさ、色、位置、動きなどを理解します。これにより、物体の距離や速度を推測することができます。
聴覚音の方向や距離、音源(人間、動物、機械など)を特定します。また、言葉の意味を理解する能力も含まれます。
触覚物体の硬さ、温度、形状などを感じ取ります。これにより、物体の物理的性質を理解することができます。
嗅覚特定の香りがどこから来ているか、またその香りが何を示しているか(食べ物、花、危険なガスなど)を理解します。

知覚統合の高い人と低い人では、得意なことと苦手なことに特徴的な違いがあると考えられています。

 高低によって、得意分野と苦手分野には対照的な側面があると言えます。個人内での得意不得意の偏りは、知覚統合の程度と深く関係していると考えられています。

知覚統合とはアスペルガーなど発達障害?

知覚統合の高低による得意分野と苦手分野の偏りは、発達障害の人に典型的に見られる特徴です。

発達障害(ASD、ADHD、LDなど)の多くは、知覚統合の困難さが関係しているとされています。

シバッタマン

一方で、知覚統合の特性は必ずしも発達障害が原因とは限りません。。

先天的な脳の感覚処理の偏り、あるいは後天的な環境の影響などでも知覚統合の高低が生じうるでしょう。知覚統合と発達障害は密接な関係にあるものの、同一視はできないと言えます。個別の特徴を理解することが大切です。

知覚統合とは、視覚、聴覚、触覚などの様々な感覚入力を統合して情報処理を行う認知機能のことを指します。

一方、発達障害は、自閉スペクトラム症(ASD)、アスペルガー症候群、ADHD、LDなどの総称で、脳の発達の特性に起因する様々な認知や行動の特徴を示す障害です。

発達障害を持つ人の中には、知覚統合の障害を伴う人が多いという特徴があります。しかし、発達障害があるからといって、必ず知覚統合に困難があるとは限りません。

また、知覚統合の障害がある人の中には、発達障害以外の要因でその困難が生じている人もいます。

知能検査は支援の方向性に自信を持たせるために役立ち、見落としているポイントを見つけるのにも非常に有効です。

知能検査では?

相談者

知能検査ではわかるものなの?

知覚統合や言語理解などの処理能力については、主に臨床心理士が行う知能検査で分かります。

これは発達障害の診断を行う際、補助的に行うこともある検査になります。

大人の発達障害の場合「WAIS(ウェイズ)」を使用することが多いです。

これは、「頭の良さ」を測るものではなく、処理する力の偏り具合を知るものですから、結果から落ち込むことはありません。

むしろ自己理解に効果的な方法の一つです。職場に苦手なことや得意なことを伝えるのに必要な情報になります。

もし興味がありましたら、かかりつけの医療機関に相談してみましょう。

【知覚統合とは】知覚統合の高い人の特徴は?

知覚統合が高いと得意なこと

①パターンや本質をつかむ力がある

複数の感覚情報をうまく組み合わせて理解できるということについて、もう少し具体的な例を挙げると以下のようなことが考えられます。

①を掘り下げ
  • 音楽を聴いているとき、音の高低やリズムとともに、曲の雰囲気やイメージを感じ取ることができる。
  • 料理をするとき、視覚と嗅覚、味覚の情報を組み合わせて、料理の完成度を判断できる。
  • 道を歩いているとき、視覚と聴覚、体性感覚を使って、周囲の状況を的確に把握できる。
  • 物を手で触って、形状、重さ、温度、素材感など複数の感覚入力から、その物の性質を推測できる。
  • 人の表情と声のトーンから、その人の感情を読み取ることができる。
シバッタマン

1つの感覚の入力だけでなく、複数の感覚情報を組み合わせることで、対象の本質をとらえたり、状況を的確に判断したりする能力のことを指します。

②新しい状況に適応しやすい

新しい状況に適応しやすいのは、以下のような理由からです。

知覚統合能力の特徴新しい状況への適応力に与える影響
複数の感覚情報を統合する能力が高い新しい環境でも状況を的確に把握できる
部分的情報から全体像を想像できる力がある新しい状況でもパターンをつかみやすい
物事の本質を理解するのが早い新しい状況の核心をつかみ取りやすい
直感が働きやすい新しい状況でも柔軟に対応できる
空間認知能力が高い新しい環境にも順応しやすい
感性が豊か新しいことを吸収し適応力がある

知覚を総合的に処理する能力が高いことで、新しい状況への理解と適応がスムーズになりやすいためだと考えられます。環境の変化に対する順応力が知覚統合能力と関連していると言えそうです。

③抽象概念を形象化しやすい

シバッタマン

知覚を総合的に処理できる能力が、抽象的な概念にも具体性を与えたり、イメージを喚起したりするのに有利に働くためだと考えられます。

抽象思考能力と知覚統合能力は深い関係があります。

知覚統合能力の特徴抽象概念の形象化に与える影響
複数の感覚情報を統合する力が高い抽象概念にもイメージを喚起しやすい
部分的情報から全体像を想像できる力がある抽象概念に具体的な形を与えられる
直感が働きやすい抽象概念に柔軟な視点を得られる
感性が豊か抽象概念に様々なイメージを浮かべられる
空間認知能力が高い抽象概念を位置づけたり関係づけたりしやすい
全体と部分の関係を捉える力がある抽象概念の本質をとらえやすい

③空間認知能力が高い

シバッタマン

知覚情報を統合して処理する能力が空間認知に深く関わっているため、知覚統合能力が高い人は空間認知能力も高い傾向にあると考えられます。

知覚統合能力空間認知能力への影響
部分情報から全体像構築力空間認識が正確
新環境適応力未知の空間への順応性
方向・距離感覚の鋭さ空間の位置関係の把握
抽象概念の形象化抽象的空間のイメージ化
全体と部分の関係性理解空間構造の把握
直感空間の柔軟な認識

④感性が豊かである

シバッタマン

感性が豊かなのは下記が理由としても考えられます。

知覚統合能力感性の豊かさへの影響
複数感覚の総合処理力感性の発達
部分情報からの全体像喚起感性的表現の得意
直感感覚的なものの柔軟な捉え方
抽象概念の具体化感性の具体的表現
空間認知力空間表現(音楽、芸術等)の得意
感覚の細やかな認知感性的表現への長け
感覚と感情の連結感性的思考

感覚情報を総合的かつ細やかに処理できる能力が、感性の豊かさにつながりやすいと考えられます。感性と知覚は深く関係していると言えそうです。

【知覚統合とは】知覚統合が低い人の特徴!困難なことや苦手なことは?

  知覚統合が低い場合の困難なことや苦手なことは?
シバッタマン

知覚統合が低い人の苦手や困ることをお伝えします。

①特定の音に敏感に反応してしまう

知覚統合が低い人の特徴の一つとして、特定の音に対して通常以上に敏感に反応してしまうことがあげられます。

例えば、大きな音や高い音、思いがけない音などに強く驚いてしまったり、苦手な音がするとイライラしたり落ち着かなくなったりすることがあります。

このような音への過剰な反応は、聴覚情報の処理に偏りや特異性があることの表れと考えられています。

音に対する過敏反応は、聴覚以外の感覚入力との統合がうまくいっていないことと関係があると指摘されています。他の感覚入力を手がかりにして音を適切に解釈できないため、音自体に反応が偏るのです。

このため、特定の音だけでなく、人の声や日常的な音に対しても過剰に反応してしまうことがあります。

この特異な音への反応は、本人にとってもストレスとなります。

音をコントロールできない不安感や、他人からの注目を受けるストレスなどが生じやすいと言われています。

②光の変化に敏感で、室内灯のちらつきにストレスを感じる

シバッタマン

知覚統合が低い人は、視覚情報の処理に特異性があるため、光の変化に対して通常以上に敏感に反応する傾向があります。例えば、室内灯のちらつきや明るさの変化など、些細な光の変動にもストレス反応を示す人がいます。

 これは視覚情報が断片的に処理され、光の変化を適切に統合できないことが原因と考えられています。光の変化への過敏反応は、視覚以外の感覚入力との連携不全に起因するとの指摘もあります。

 聴覚や体性感覚など他の感覚入力を手掛かりに光の変化を解釈できないことで、光自体への反応が過剰になるのです。光の変化は本人にとって予測困難なストレッサーとなり、不安感や苛立ちを招く要因となります。

室内灯のちらつきなどは、他人からは些細に見えても、過敏な知覚処理をする人にとって大きなストレスとなる場合があります。

③ある特定の触感に強く反応してしまう

シバッタマン

知覚統合が低い人の中には、触覚が非常に敏感で、ある特定の触感に強く反応してしまう人がいます。

例えば、衣服のタグの感触だけでパニック状態に陥ることがあります。タグの硬さやざらつき具合などが、その人にとって耐え難いほどの過剰な不快感を引き起こすのです。

この触覚の過敏さは、皮膚感覚の入力処理に偏りがあることと関係があります。タグの感触という単純な刺激であってもその人の脳は触覚情報を断片的にしか処理できず、不快感が異常に増幅されてしまうのです。

触覚以外の感覚入力を利用して触感を適切に解釈できないことも、過敏反応の一因とされています。

このような触覚の過敏性は、本人に強い苦痛とストレスを与えます。

時にはパニック発作を引き起こすほどの過度の反応を示す場合もあるため、個別の対応が必要となります。

④においに敏感で、人混みのにおいで疲れてしまう

シバッタマン

知覚統合が低い人の中には、嗅覚が非常に敏感で、においに対して通常以上に敏感に反応する人がいます。

例えば、人混みの中のさまざまなにおいを感じ取ってしまうため、混み合った場所にいると疲労感やストレス反応を示すことがあります。

これは、嗅覚情報処理に特異性があり、複数のにおいを適切に統合できないことが原因です。1つ1つのにおいを個別に強く感じてしまい、においの混合を正常に認識できないのです。

他の感覚と連携しない独立した嗅覚処理が、においへの過敏反応を引き起こしていると考えられています。

人混みのさまざまな身体のにおいは、におい過敏な人にとって非常にストレスが大きいです。

においをコントロールできないことへの不安感と、過剰な嗅覚入力からの疲労が生じやすいためです。適切な対処をすることで、この特異な反応はある程度緩和できるとされています。

⑤視覚の入力に偏り、他の感覚入力が苦手

シバッタマン

知覚統合が低い人の中には、視覚の入力に偏重し、聴覚や触覚など他の感覚の情報処理が苦手な人がいます。

例えば、視覚的に処理しやすい文字情報は得意だが、人の話す言葉は聞き取りづらい、といった具合です。

これは、視覚と他の感覚の情報処理が十分に統合されていないことに起因します。視覚優位の情報処理スタイルでは、視覚以外の入力は断片的にしか認識できません。

このため、会話を聞く、音楽を聴く、触感を感じ取る、といった視覚以外の入力に依存した活動が苦手となります。文字や画像など視覚的な情報なら処理できても、他の感覚入力はバラバラに認識され、全体的な意味づけが難しくなるのです。

こうした偏った情報処理スタイルは、多様な感覚入力が必要な実生活の場面で支障を来たしやすいため、適切な支援が必要とされます。

⑥聴覚の入力に集中し、視覚からの情報をうまく取り入れられない

シバッタマン

知覚統合が低い人の中には、聴覚の入力に偏重し、視覚からの情報処理が苦手な人がいます。

例えば、音楽を聴くのは得意だが、文字を読むのが困難な場合があります。

これは、聴覚と視覚の情報が十分に統合されていないことが原因です。

聴覚優位の情報処理スタイルでは、視覚からの複雑な入力はうまく処理できません。

このため、文字を読む、図や写真を理解する、人の表情を読み取る、といった視覚的な情報に依存した活動が苦手となります。

音声情報なら処理できても、視覚入力は断片的にしか認識できないのです。聴覚と視覚の統合不全は、実生活の多くの場面で障害となります。このため、個別のニーズに応じた支援が必要不可欠となります。

【知覚統合とは】低い人でも仕事で才能を発揮

シバッタマン

知覚統合が引く人が仕事でも発揮する方法をお伝えします。

知覚統合でも仕事で効果を発揮①:身ぶり手振りの表現が得意

人に説明するとき、言葉だけではなく身振り手振りを付け加えて話すことがあります。このような目に見える「アクション」として表現することが得意です(言葉だけで説明することが苦手、ということもあります)。

そのため、言葉だけで伝えるよりも感情や熱意などが伝わりやすいでしょう。

知覚統合でも仕事で効果を発揮②:グラフや図など意味を読み取るのがはやい

グラフや表などの数字や意味を読み取るのが早い特徴があります。知覚統合が高めではない方と比較すると、「パッ」と見ただけで全体像が分かるのが強みです。

知覚統合でも仕事で効果を発揮③:図面を理解、表すのが得意

反対に目で見たものを地図や図面などに表すことも得意です。

分かりやすい表現で言えば、「目にカメラがついている」ような感覚に近いかもしれません。ですから似顔絵や部屋のイメージ図などを書くことが得意な場合も考えられます。

このように目で見たものを瞬間的に把握し、正確に表現することができることが強みです。

それでは、知覚統合が高い方が仕事上で注意することはどのようなものなのでしょうか。

【知覚統合とは】低い人が鍛える方法!知覚統合の注意点は?

シバッタマン

視覚情報でのやり取りは、伝えるまでに時間がかかります。図や表を作る必要がありますし、確認ののち相手に見てもらうことで伝達が完了します。

しかし、普段の仕事のやり取りの中でとっさのやり取りを要することがあります。その場合は視覚情報ではなく言葉のやり取りになることが多いのではないでしょうか。

冒頭で触れたように、知覚統合が高いと言語理解が低いことが多いのです。そのため、突然耳で聞いたことを理解することに戸惑ってしまうかもしれません。上司と相談して、普段のコミュニケーションの方法を考えるなど、対処が必要です。

下記の関連記事を参考にして、必要最低限の言葉のやり取りも覚えておきましょう。

【知覚統合とは】高い人と低い人の仕事の適職や仕事は?

知覚統合の高い方の適職は?

知覚統合の高い人と低い人の職業は?

知覚統合の高低は、個人の職業適性に関してある程度の傾向を示唆するものの、それだけで人の適職を決定づけるものではありません。

 知覚統合は、個人の興味、性格、他の認知能力と複合的に作用し、職業適性に影響を与えます。

 例えば、知覚統合が高くても人付き合いが苦手な場合、対人業務は難しくなります。

 逆に、知覚統合が低くても論理的思考力が高い人は、IT関連の仕事に適性を示すことがあります。

 したがって、知覚統合の高低を一つの指標としつつ、個人の多様な特徴を総合的に判断することが重要です。

一人ひとりに応じた支援と理解こそが、適切な職業選択と就労支援につながるのです。

知覚統合と職業適性

シバッタマン

知覚統合と職業の関係には個人差が大きく、個別最適な対応が欠かせないのです。

知覚統合と職業適性
知覚統合の高低は職業適性の傾向を示唆する
ただしそれはあくまで一つの指標に過ぎない
個人の適性・性格・興味など他の要因も考慮する必要がある
個々人の個性と可能性を大切にする
知覚統合の特徴を理解し、個別最適な進路選択を支援する
一概に決められないため、個人中心のアプローチが重要

適離れたところで通信技術を使用したやり取りがメインになりますから、目から受け取る情報が圧倒的に多いです。

知的障害の場合就労移行支援を検討し職業を検討する

就労移行支援を利用したいけど、診断書がないし手続きがよくわからない。そんな時はまず障害者就業・生活支援センターに相談してみるといいです。

 支援センターの職員さんは、診断書がなくても利用できる方法を教えてくれるはずです。就労移行支援を利用する際には、二次障害の可能性にも目を向けることが大切ですね。

知覚統合でも医師に通い、二次障害の疑いか発達障害であるかを確認してみましょう。

 次に、興味のある就労移行支援事業所を見学したり体験利用したりします。

 そこで自分に合った支援が受けられそうか確認する。そして支援事業所の職員と相談しながら、必要な書類を揃えて自治体に申請します。

 診断書がなくても、本人の障害の状況がわかる書類を用意すれば、支援事業所と一緒になって申請できるはすです。一人で悩まずに、まずは支援センターや事業所の人に相談してみよう。

お勧めの就労移行支援は下記となります。

welbe(ウェルビー)とは

【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー
【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー

障害のある方のための就労支援事業所ウェルビーです。

シバッタマン

ウェルビーとは? 「障害のある方の就職支援」を行うプロフェッショナルセンターです。 精神障害・発達障害・身体障害・知的障害・難病などを抱える方の「働きたい」という想いを叶える事業を展開しています。

障害のある方の特性と個性を捉え、本当の意味で自立し、自己実現ができるように支援していく仕事です。

項目補足
運営会社ウェルビー株式会社
対象地域北海道 宮城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 長野県静岡県 愛知県 三重県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 滋賀県 岡山県 広島県 愛媛県 香川県 福岡県 熊本県 長崎県 鹿児島県
事業所数(2022年/4月)101事業所
対象精神・発達・知的・身体・難病
就職実績累計 5731人 (2023年 1月)
就職実績(全体/2021年度)975人
半年定着率(2023年2月)90.5%
シバッタマン

就労移行支援welbe(ウェルビー)は業界のなかでは3本の手に入ります。

上場企業であり、東証マザーズにも上場しています。下記のように上場企業です。

就労支援だけあり、体調が悪かったり、生活リズムを整えたり、就職活動に備えたりなど、なかなか栄養バランスのとれた食事がとれない方も中にはいると思います。

シバッタマン

ウェルビーでは、訓練や就職活動に集中していただくために、ご希望される皆さまに、カロリー計算されていてヘルシーで栄養バランスのとれたお昼を提供いたします。


\ 今すぐ資料請求をして確認 してみる/

3位:ミラトレ

パーソルダイバースが提供する就労移行支援のサービスブランド名となります。

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバースは、パーソルグループの特例子会社です。

障害のある方一人ひとりが「はたらく未来」を実現するために、 職業準備性を高めるためのトレーニングを提供する。就職した先の定着までを見据えた就労移行支援を行う、という想いを込めて名付けられました。

なんと1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しています。

項目内容
社名パーソルダイバース株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
事業内容障害者雇用に関わる有料職業紹介事業・コンサルティング事業、就労移行支援事業、 事務アウトソーシング、食品の製造および販売、農業及び農産物の販売、 繭・生糸及び絹糸の加工並びにその製品・加工品の開発及び販売

パーソルダイバース株式会社では本サイトでも紹介していますDODAチャレンジも運用しています。

DODAチャレンジの口コミ・評判の記事は下記となりますのでご確ください。

\ 公式サイトで確認してみよう /

【知覚統合とは】よくある質問

知覚的統合とは何ですか?

シバッタマン

知覚統合は、物事を図式化し分析する能力や、状況を判断し、変化や未来を予測し、損害を避け、有利な選択をする能力です、

 また、物事を客観的に見ることができ、冷静な判断をする能力にもつながっています。

 この能力は数学や物理の基礎にも関係していますが、驚くべきことに、哲学者や文学者の中にも優れた知覚統合能力を持っている人がいると思われます。

知覚推理が高い人の特徴は?

知覚推理が高い人は、整理や推論は得意という傾向があります。数学の例で言えば、図形の問題に長けています。物事を論理的に考えることや、特に視覚情報からパターンを見つけ出すことに長けています。

知覚推理 低いとどうなる?

知覚推理 低いと見え方(視覚認知)の問題や、部分から全体を想像する力や空間を把握する力の弱さなどから、形をイメージしにくく、なかなか覚えられず、間違った字を覚えてしまいやすくなります。

人の知覚とは何ですか?

シバッタマン

人の知覚とは、人間や動物が感覚受容器を通して、外界の事象や事物および自己の状態を直接的・直感的に捉える働きやその過程のことを指します。

人間の場合は、基本的には目・耳・鼻・舌・皮膚のいわゆる五感によるものを知覚とよびます。

まとめ:【知覚統合とは】高い低い人の特徴や仕事や適職!高すぎるを解説

知覚統合とは、視覚情報と聴覚情報等のさまざまな感覚情報を脳内でまとめあげる機能のことです。

この機能が高い人は、写真や図形から情報を読み取るのが得意です。一方、低い人は言語的な説明は得意ですが、図や写真からの理解が苦手です。

知覚統合の程度は、WAISなどの知能検査で判定できます。自分の特徴を理解することで、図や言語等を活かした仕事を選ぶことができると思います。

発達障害のある人も、自分の強みを理解し、適した仕事を見つけることが大切だと思います。

関連記事:【発達障害 得意なことがない見つけ方】やりたくないことを書きだす!ADHD

知覚統合とは?意味?見て覚える処理能力が速い能力!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。退職代行の利用経験もあります。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。退職代行も利用多数です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次