MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

退職代行EXITは違法なの?退職代行イクジットはやばいのか検証

当ページのリンクには広告が含まれています。

退職を考えているあなた。ただ、弁護士以外が交渉を行うことは法律的に問題ではないかと、頭を抱えていませんか?

『退職代行EXIT』という言葉を耳にしたことはあるでしょう。一体合法なのか、それとも違法なの疑問を持つあなたは少なくないはずです。

まず伝えたいのは、退職に交渉は必要ないという事実です。

シバッタマン

日本の法律により、退職の通知さえすれば自由に退職が可能なのです。この点に着目し、退職代行EXITは「交渉」よりも「通知・連絡」に徹することで、あらゆるケースでスムーズな退職を実現しています。

 この記事では、退職代行EXITが違法であるか、違法でないかを徹底的に検証します。そして、あなたが抱える可能性のある疑問や不安に一つ一つ答えていきます。

退職代行EXITは、弁護士ではない者が退職交渉を行うサービスです。ただ、弁護士監修であり退職代行業界ではパイオニア的な存在です。

本記事をよむことで、。退職代行EXITを活用することで、スムーズに退職し、新たなスタートを切ることができます。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
退職代行EXIT
退職代行EXIT
総合評価
( 5 )
メリット
  • 業界最安値の2万円で品質が高い
  • 業界のパイオニア的存在でありテレビ・WEBでの紹介も多く知名度が高い
  • 退職代行成功率は100%追加料金は一切なし
デメリット
  • 有休消化や会社を訴えたい方にはお勧めはできない。裁判まで考えるなら弁護士の退職代行サービスを選択
  • ただでさえ安いのに2回目の利用がより安価となるため退職癖がついてしまう恐れがある

\ 業界NO1人気で最安値/

目次

退職代行EXITの違法なの?退職代行イクジットはやばいのか検証

退職代行EXIT
退職代行EXIT

違法で訴えられる可能性は?やばい?


退職代行サービスは、従業員が会社を退職する際に、退職の意思を伝える手続きを代行するサービスです。退職代行サービスは、労働組合、民間企業、弁護士が運営しているものがあります。


退職代行を利用して急に退職した場合、損害賠償や懲戒解雇のリスクがゼロとは限りません。

 ほとんどの退職代行業者であれば、そのようなことで訴えられる可能性は限りなく低いですが、一部では不正なことを行っている危険な業者も存在しています。

退職代行サービスは、運営元が「労働組合」「民間企業」「弁護士」の3つに分けられます。退職代行EXITは、EXITのサービスは弁護士の監修を受けているため、安心してご利用いただけます。

シバッタマン

退職代行EXITでは「訴える」と脅してくる会社はまれにありますが、実際に訴えられたケースは一度もありませんと公式サイトに記載されています。

労働組合の弁護士でなくて違法性やヤバいでないの?

退職代行の費用のすべて、もしくは一部を「組合加入費」という名目にすることで依頼者がその組合の組合員という形にし、弁護士ではなくても当事者として交渉が可能と主張するシステムが存在します。

しかし、多くの場合、これらの組合は民間業者が退職代行のためだけに作った形だけの労働組合で、その主張は認められず、違法とされる可能性が非常に高いです。

実際に退職代行での労働組合と弁護士の比較をしてみましょう。

民間退職代行会社労働組合の退職代行弁護士の退職代行
会社への退職報告          
有休消化の交渉       
未払い給与・残業代の請求       
損賠請求    
価格・費用    低い    高い

実際には有給の交渉ができるのが労働組合のメリットではありますが、実は有給消化は2019年に会社が有給の消化を義務化しています。

年次有給休暇は労働者の権利であり、働きながらに健康を維持するためには休暇取得は必要不可欠です。しかし、実際には取得しきれずに、有給休暇が残ったままの状態が多いです。

この問題解決のために、厚生労働省は年5日の年次有給休暇の確実な取得を義務化しています。これにより、労働者が休暇を取りやすい環境が整うことが期待されます。

さらには政府では有給消化に対して更なる義務化をする予定です。

政府は、令和7(2025)年までに「年次有給休暇の取得率を70%以上とする」ことを目標として
掲げていることから、更なる取得率向上のため、例えば、年次有給休暇の完全消化を前提に年度
当初に取得計画を作成することや、そのために必要な要員配置を行うことを企業に推奨するなど、
より一層の取得率向上の取組が求められるのではないか。

引用元:退職代行EXIT違法やばい?(厚生労働省)

現段階では、厚生労働省は年5日の年次有給休暇の確実な取得を義務化しています。意識づけははじまっており、労働者が休暇を取りやすい環境が整うことがより期待されます。

休暇を取ることが難しいと感じている労働者や、有給休暇の取得について悩んでいる人にとって、この制度は大きなメリットとなります。

シバッタマン

つまりは有給取得は国民の義務にも関わらず、労働組合の退職代行に依頼すると組合費用がとられます。

退職代行は業界最安値であり、組合費用を取られる心配はございません。その他の退職代行に比べて、安い理由としては組合に入らないからがあります。

弁護士ではないから違法とかんじてしまう

シバッタマン

弁護士以外が交渉を行うことができないとされる一方で、退職代行サービスを使って退職が可能なのはなぜなのでしょうか?

非弁行為とは、弁護士のみに認められている業務を弁護士以外の者が行うことです。退職に際して不必要に交渉を試みると、逆に話がこじれてスムーズに退職が進まない可能性もあります。

 非弁行為は弁護士法72条により禁止されています。

弁護士法第72条においては 「弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目 、的で・・・・その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない 」と されている。
ここで 「法律事件」とは、法律上の権利義務に関し争いや疑義があり、又は新た 、な権利義務関係の発生する案件をいうものと解されており、また 「その他の法律事 、務」とは、一般的に法律上の権利義務に関し争いや疑義があり、又は新たな権利義務関係の発生する案件について、法律上の効果を発生、変更する事項の処理をいうものと解されている。

引用元;弁護士法72条(総務省)

 退職を実現するためには、退職代行は「交渉」よりも「通知・連絡」に徹ってしています。

また、退職代行EXITは弁護士監修であるのでサービスに違法性がないことは弁護士から確認をとっているので安心ができます。

弁護士監修の退職代行は下記のサービスです。

下記の比較表を参考に、自分の状況やニーズに合った退職代行サービスを選ぶことが重要です。

これらの違いを踏まえて、顧客のニーズや予算に応じて適切なサービスを選択することが重要です。

一般の退職代行は、費用やサービス内容が業者によって異なるため、比較検討が必要です。

顧問弁護士監修の退職代行は、安全性が高く低価格で提供されることが多い点が魅力的です。

一方、弁護士の退職代行は、法的な問題が複雑なケースや特定の業種・職種に特化したサポートが必要な場合に適しています。

一般顧問弁護士監修弁護士
費用低価格~中価格の範囲で異なる通常、低価格で提供されることが多い弁護士事務所の費用がかかるため、高額になることが多い
対応時間24時間対応が可能なサービスもあるが、業者によって異なる24時間対応が可能なサービスが多い通常の業務時間内での対応が一般的
弁護士の関与弁護士の関与は限定的またはなし顧問弁護士が監修し、安全性を確保弁護士が直接、退職交渉を行う
対象者広範な業種や職種に対応できるが、業者によって異なる広範な業種や職種に対応できる特定の業種や職種に特化したサービスがあることが多い
柔軟性業者によってサービス内容や対応力が異なる顧問弁護士の監修のもと、顧客ニーズに応じた対応が可能弁護士事務所のルールに従った対応が基本
シバッタマン

退職の通知さえすれば自由に退職が可能なため、EXITはこの点に注目し、あらゆるケースでスムーズな退職を実現しています。

退職を考えている方は、上記の表を参考にして自身の状況に合った適切な方法を選択し、スムーズな退職を実現するべきです。

裁判を起こそうとしているのであれば、弁護士の退職代行をおすすめします。ただ、メンタルが辛い、上司が退職の話を聞いてくれない場合は退職代行のEXITで問題ございません。

上記でもお伝えしましたが、労働組合の退職代行も組合費用がとられるだけが多く、一般の退職代行より高くなっています。有給は義務ですので、会社は取得させなくてはいけません。よって、最安値の退職代行EXITが労働組合の退職代行にならない理由となります。

安心して安価に依頼できるのが退職代行EXITのメリットです。

ただ、万が一ですが裁判等を検討しているのであれば弁護士に依頼したほうがよいでしょう。お勧めで一番人気の弁護士の退職代行をおつたえします。

\ 業界NO1人気で一番格安/

訴訟を考えるなら弁護士法人のみやびで退職代行を検討

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

また、弁護士法人みやびは汐留パートナーズ法律事務所は、汐留パートナーズグループの一員であり、ワンストップでリーガルサービスを提供可能な法律事務所です。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
弁護士法人みやびのサービス/商品の概要
  • 弁護士事務所の退職代行サービス
  • 損害賠償請求交渉
  • 残業代請求交渉
  • 退職金請求交渉

【退職代行EXITの違法はやばいのか検証?】よくある質問

違法で会社から訴えられませんか?
シバッタマン

「訴える」と脅してくる会社はまれにありますが、実際に訴えられたケースは一度もありません。


 退職するだけの労働者に対して裁判をしても勝ち目はないでしょうし、裁判をするコストを考えると会社側にとって割に合いません。

引継ぎをしないと違法か心配?

引継ぎは簡単な内容であればEXITを通して伝える形で問題ありません。
ご本人にしかわからないことが多くあるようであれば簡単にまとめておくと無難です。引継ぎは下記で詳しく記載しています。

社宅に住んでいても問題はないか?

できます。社宅の退去日などについて確認させていただきます。

ただ、社宅については退去できるかできないかは詳しい情報は下記に記載していますので、よんでいただけますと幸いです。

退職代行は怪しい?

退職代行は、労働者の権利を守るために必要なサービスです。

 しかし、退職代行業者の中には、悪質な業者も存在します。悪質な退職代行業者は、高額な費用を請求したり、退職交渉を代行しないといったトラブルを起こしています。

退職代行EXITは業界のパイオニア的存在であり、マスコミでも多く報道されています。退職代行=退職代行EXITと感じている人もいるほど、知名度がとても高い退職代行会社です。

ただ、万が一ですが裁判等を検討しているのであれば弁護士に依頼したほうがよいでしょう。お勧めで一番人気の弁護士の退職代行をおつたえします。

\ 業界NO1人気で一番格安/

まとめ:退職代行EXITの違法なの?退職代行イクジットはやばいのか検証

退職代行サービス「EXIT」の違法性について、前回の記事で詳しく解説しました。

 私自身も、退職代行の利用を考えているときに、違法性など疑問や不安を抱いたことがありました。

 しかし、その経験を通じて理解したことは、「適切な知識と情報に基づいて行動することで、不安を払拭し、新たな一歩を踏み出す勇気が湧く」ということです。

退職代行サービスを利用することを検討している場合は、弁護士が運営する退職代行サービスと、弁護士ではない人が運営する退職代行サービスのメリット・デメリットを比較検討して、自分に合った退職代行サービスを選択することが大切です。

退職代行EXITは弁護士の利用を考えていない人にとってはパイオニアであり実績を多数持っているのえ安心して利用が出来ます。

安心感に加え、退職業界最安値であることも利用者が加速させているところでもあります。

本記事のまとめ
  1. 退職に交渉は必要ない:退職の通知さえすれば、法律上自由に退職が可能。
  2. 退職代行EXITは合法:弁護士監修のサービスであり法律に基づいて活動しています。
  3. 弁護士による退職代行は高額かつ時間がかかる:特別な事情がない限り、弁護士の退職代行を利用することは推奨できません。

ただ、万が一ですが裁判等を検討しているのであれば弁護士に依頼したほうがよいでしょう。お勧めで一番人気の弁護士の退職代行をおつたえします。

\ 業界NO1人気で一番格安/

退職代行EXITの違法なの?退職代行イクジットはやばいのか検証

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次