発達障害(アスペルガー)はクレーマー・攻撃的な大人?人格・精神障害 ?対応

発達障害クレーマー

 格差の増加格差が広がれば、他人への嫉妬を抱えやすくなり、日ごろの不満をクレームで晴らそうと考える人も出てくるそうです。

ネットの発達インターネットを使って情報を流すことで、会社などの組織に圧力をかけることができるようになりまし

これまでアスペルガー症候群のような発達障害は、「子どものもの」というイメージが強かったのですが、大人になってから症状を自覚する人が増えてきたことが背景にあると言われています。

あなたも「自分が大人のアスペルガー症候群ではないか」「仕事が続かないのは発達障害のせいかもしれない」と思ってはいませんか?

相談者

精神障害者やアスペルガーはクレーマー・攻撃的になりやすいのか?

目次

発達障害(アスペルガー)はクレーマー・攻撃的な大人?人格・精神障害 ?対応

発達障害と境界性人格障害との違います
発達障害と境界性人格障害との違います

「パーソナリティ障害とは

「パーソナリティ障害とは? パーソナリティ障害は、大多数の人とは違う反応や行動をすることで本人が苦しんだり、周囲が困ったりする場合に診断されます。 認知(ものの捉え方や考え方)、感情のコントロール、対人関係といった種々の精神機能の偏りから生じるものです。 「性格が悪いこと」を意味するものではありません。

 境界性パーソナリティ障害は 一般に対人希求が高く、そうした期待が満たされない と見捨てられ不安や強い攻撃が噴出するといった不安 定さが目立ちます。

発達障害では

 一方発達障害の対人関係の問題は相手の 気持ちや え方が理解できないと指摘されています。

ではアスペルガーやクレーマーは攻撃的になりやすい?

ではアスペルガーやクレーマーは攻撃的になりやすい
ではアスペルガーやクレーマーは攻撃的になりやすい

クレーマー・攻撃的になる理由①なぜか人を怒らせてしまう

社会人になると、上司や取引先との関係性を意識した発言や、適切な敬語が求められます。

しかし、大人のアスペルガー症候群には、暗黙の了解や社会通念を理解するのが難しいという特性があるため、つい友達に話すような口調をすることがあると言われています

また、先に述べたように、アスペルガー症候群の人は「感情を察するのが苦手」な面もあることから、相手が腹を立てているにも関わらず、思ったことを口に出してしまうことも少なくありません。

結果として人を怒らせることがありますが、「なぜ怒っているのか」を理解することも難しいため、結果として困ることが多いという人もいます。

クレーマー・攻撃的になる理由①同じ間違いを繰り返す

アスペルガー症候群の人は、自分がこだわりを持っていることには細かく、よく気付く反面、興味のないことに対しては記憶が薄いと言われています

また、ひとつのことに集中すると、周りが見えなくなる傾向に加え、同時並行して作業をするのが苦手なため、同じミスや見落としが多く見られる傾向があります。

同じ間違いを繰り返すことで、仕事が進まないだけでなく、同僚の信頼も損ねる点が悩みのようです。

クレーマー・攻撃的になる理由①次にやる仕事がわからない

学生時代とは違い、社会人になると、「やるべきこと」を自分で見つけなければならない状況が増えます。

抱えている仕事がひと段落ついたときなどが、その典型です。

しかし、大人のアスペルガー症候群を持つ人は、指示された仕事はきっちりやるものの、他の人の仕事には無関心なため、周囲が忙しくてもなかなか声掛けをできない傾向があります

また、「ちょっと手伝って」と言われても、「ちょっと」といった曖昧な表現をされると混乱しやすいこともあり、うまくサポートできない場合もあるようです。

クレーマー・攻撃的になる理由①精神不安定で理不尽な感情を出してしまう

精神障害には、うつ病や双極性障害、統合失調症などの様々な症状があります。症状として気分の低下や反対に気分が高揚してしまうなど、安定した精神状態を保つことが難しいです。

さらにはストレスや疲れなど、自分の状態を把握できていない状態にもなり得ます。そのため精神状態が不安定な時に、つい理不尽な感情を出してしまうことがあります。

ついカッとなって発した言葉で、気づいたときに後悔することもあったのではないでしょうか。

クレーマー・攻撃的になる理由①怒りとして相手にぶつける

精神状態が安定していないと、普段目につかないことに不満を感じたり、不快に感じたりすることがあります。自分の身を守るために警戒心が強くなることで、怒りとして他者にぶつけてしまうことがあるのです。

相手からすると「直接関係していない」「怒っている理由が分からない」などの事情があると、「クレーマー」と感じる場合があります。

自分では「正しい」と考えて行ったことが、相手に不快にさせている可能性が高くなるのです。

では、なぜ精神障害を持っていると「クレームを言いたくなる」状態になりやすいのでしょうか

クレーマー・攻撃な大人思われてしまう理由

クレーマーと思われてしまう理由
クレーマーと思われてしまう理由

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由①ストレスがたまってい自覚していない

冒頭で触れた「ストレスや疲れなど、自分の状態を自覚していない」ケースです。本来はギリギリの状態でも、それを自覚できないことで「クレーマー」になりやすい状態になります。

ストレスが溜まっていれば、怒りや不満を持ちやすくなります。「許せない!」と感じる機会が増えることで、良かれと思って発した言葉が「クレーム」になっていることがあるのです。

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由①主観にとらわれやすくその場で感じたことを発しやすい

精神不安定の状態ですと、自分自身の心情に焦点が向きます。したがって他者や周囲の関係を踏まえて発言をするのではなく、自分から発された感情を言葉にしやすいのです。

直接自分とは関わっていないことでも、関係なく相手に向けてしまいます。相手からすると「どうして言われたのか分からない」理不尽さが、「クレーマー」にさせてしまう可能性があるのです。

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由①障害が発覚し過敏になっている

精神的に不安定な状態ですと、自分自身はもちろん周囲に対しても神経質になりやすい傾向があります。場合によっては目に見える人が全て「敵」や「攻撃してくる」ような妄想に襲われることもあるのではないでしょうか。症状によっては、本人には実際に見える・聞こえてくることに苦しんでいるケースもあります。

「敵」「攻撃された」と感じやすいことから、反抗したくなるのです。もちろん相手は全くその気はないわけですから、「クレーマー」に映ってしまいます。

また飲んでいる薬の影響もあると思います。

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由①感情に任せた発言は、「クレーマー」になりやすい

シバッタマン

精神障害は、相手には症状を持っていることが見えにくいです。周囲に理解されないことで苦しんでいることもあるのではないでしょうか。

 相手はあなたの状態を「知らない」ことがほとんどです。ですからどんなにあなたが症状に悩んでいても、相手は「症状を持っていない人」と同じ目であなたを見ます。

ですから他人と接するときには、特に自分自身の感情をコントロールしていかなければなりません。

ADHD(アスペルガー)でクレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法!

怒りやすいときのトラブル防止法!
怒りやすいときのトラブル防止法!

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法①自分の特性を理解する

大人のアスペルガー症候群に限らず、発達障害の方は、特性による向き・不向きや、得意・不得意がはっきりしていると言われます。

また、発達障害は脳の機能の偏りが原因のため、「できないこと」については努力や工夫だけで全てをカバーするのは難しいです。

そのため、仕事をする際には「何ができて、何ができないか」をより意識する必要があります

特に、アスペルガー症候群を持つ人は、「曖昧な計画や指示が理解しづらい」「集中しすぎて体調管理が疎かになる」という特性を持っているため、以下の仕事術などが有効です。

  • 日頃から具体的な計画や指示を仰ぐ
  • 図や文字のかたちではっきり示してもらう
  • タイマーなどを使って時間設定をする

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法②特性にあった仕事を選ぶ

アスペルガー症候群(現・ASD)を抱える人は、「できないこと」だけに着目するのではなく、「できること」や「特性を活かす」といった視点を持ち込むことで、より仕事の場で活躍できるようになります

福島学院大学大学院教授の星野仁彦先生は、発達障害を持つ人の職人的な「こだわり」を仕事に活かせれば、定型発達者と同じか、それ以上に素晴らしい業績が残すことがあると指摘しています。

アスペルガー症候群の人であれば、こだわりを活かしやすい研究職やエンジニア、集中力や忍耐力が活かせる校正の仕事などが向いていると言われています。

ぜひ、あなたの特性にあった仕事を探してみてください。

関連記事:【Dodaチャレンジの評判や口コミ】発達障害で断られた!デューダの体験談

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法③医者との相談や服薬を続ける

まず、定期的な通院と服薬を継続しましょう。自分の体調や気分で通院や服薬を止めてしまうと、症状も不安定になりやすいです。

イライラする状態を作らないよう、医師と相談しながらコンディションを整えていきましょう。

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法④ストレスのサインを理解しる

自分が今疲れているのか、ストレスが溜まっているのかを自覚することが必要になります。そのためには、自分なりのストレスのサインを把握し、気づくことが大切です。

どんな時に辛くなるか、ストレスが溜まってくる「パターン」をつかんで予防に努めましょう。

また、ストレスのサインをパターンを把握したら、原因となる考え方を改善することで、ストレスをためにくくする取り組みも必要です。

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法⑤休養をとる

ストレスや疲労がたまってくると、物理的な視野はもちろん精神的な視野も含めて狭くなってきます。

物理的な視野は…歩いているときに周りが見えていないことで、目に見えたものだけを見て怒ってしまう。
精神的な視野は…「絶対に悪く考えているに違いない」など、極端な思考になっても気づきにくい。

など、見える箇所が少なくなります。視野の狭さが理不尽さ(=クレーマー)につながります。

自分の考えに縛られている感覚があった時は、休養を取りましょう。

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法⑥雇用枠の変更を考える

大人のアスペルガー症候群にお悩みの方の中には、障害のことを開示せずに、「一般枠」で働いている方がいるかと思います。

こういった方は、「障害者雇用枠」に移ることで、現状よりもずっと働きやすくなる可能性があります

障害者雇用枠では、業務内容や仕事量について、障害に対する配慮を受けることが可能です。

ただし、「給与が比較的少なくなる」などのデメリットもあります。

また、応募の際には原則として、障害者手帳の所持が条件になる点にも注意してください。

クレーマー・攻撃劇的と思われる理由問題防止法⑦定着支援を受ける

発達障害に限らず、障害を持つ人は職場に馴染むことに苦労しがちなため、「職場定着」が課題と言われています。

定着支援は、こうした職場定着を助けるための手段として特に有効と考えられています。

まとめ

自分の感情に任せて動くことで、クレーマーになりやすくなってしまいます。事実や周囲の状況とずれやすくなるからです。

ですから私情と目の前にある事実を無理につなげて考えたり、混同させたりしないように注意しましょう。

関連記事:【発達障害 得意なことがない見つけ方】やりたくないことを書きだす!ADHD

発達障害クレーマー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次