【発達障害】心が温まる言葉!心に響く短い一言メッセージ!お世話になったお礼の言葉【ADHDやアスペルガー】

仕事で使いたくなる心が温まる言葉!心に響く短い一言メッセージ!

メディアでは頻繁に発達障害という言葉が取り上げられるようになり、一般紙や日常会話の中でも頻繁にその言葉が用いられるようになりました。

私の想い

発達障害者はコミュニケーションが上手くできない人と思われがちです。暴れん坊だったりという印象を与えかねます。ただ、そんなことは決してありません。

友人や家族、職場で仕事のミスをカバーをしてくれた方にはしっかりとお礼がしたくなるものです。

そういうシーンで重宝するちょっと気の利いたお役立ち言葉にまとめました。

目次

【発達障害】心が温まる言葉!心に響く短い一言メッセージ!お世話になったお礼の言葉【ADHDやアスペルガー】

仕事で使いたくなる心が温まる言葉!心に響く短い一言メッセージ!
仕事で使いたくなる心が温まる言葉!心に響く短い一言メッセージ!

お世話になったお礼の言葉心が温まる言葉!心に響く短い一言メッセージ!

一日の大半を過ごす職場の仲間とは、できるかぎり良好な関係を築きたいですよ。

切磋琢磨する仕事仲間に心温まる言葉を贈ることで、お互いのモチベーションアップにもつながります。

上司・部下問わず礼儀が必要となるため言葉選びが難しい関係とも言えますね。

 上司や部下など仕事仲間に贈りたい、さまざまなシーンにふさわしい心温まる言葉をご紹介しますので会話やメール、年賀状などに活用してみてくださいね。

 大切な友人の人生に寄り添い、友情を深める言葉をご紹介します。贈りたいシチュエーションに合った言葉をチェックして、なにげない会話の中やメッセージカードに活用してみましょう。

労いたいときの心温まる言葉

忙しく仕事をしていると、つい同僚へのいたわりがおろそかになってしまいがちです。

同僚へのねぎらいの言葉は、相手の置かれている状況に共感することが大切です。

仕事仲間が成果を果たしたとき、あるいは結果はどうあれ成果のために奮闘したときは疲れが癒えるような労いの言葉を贈りたいですね。

成果がほぼ確実に報酬につながるのが仕事の良さですが、ひとりひとりの存在価値を認めるようなシーンはなかなかないもの。そんな中で自分の素質や努力に一目置いてくれる言葉は心温まるだけでなく、今後のやりがいに直結するはずです。

  • ご苦労様             
  • 努力しているね
  • 君ならきっとできるよ
  • よく頑張っているね
  • 努力が実を結んだね
  • 素晴らしい結果が出せたね
  • 本当に助かっているよ
  • いつもありがとう
  • 感謝しているよ

お礼をしたいときの心温まる言葉

例文:いつもお心にかけていただき、ありがとうございます。

例文は、仕事上でお礼を言いたいシーンにおすすめの言葉。目上の相手や取引先にも失礼なく使える心温まる言葉です。

「ありがとうございます」だけでも感謝の心は伝わりますが「お心にかけて」を付け加えることで、相手の尽力を意識し受け止めているという配慮を表すことができますよ。

・いつもありがとうございます
・いつも感謝しています
・旧年中はお世話になり、ありがとうございました
・いつもお気遣いくださり、感謝の気持ちでいっぱいです
・いつも応援してくれてありがとう
・○○さんの存在が励みです
・温かいお心遣いに感謝しています
・おかげさまで、元気にがんばっています

異動や退職のときの心温まる言葉

異動や退職のときの心温まる言葉

退職や異動する人への送る言葉には、「御退職おめでとうございます」という言葉に、お世話になったことへの感謝の気持ちを添えると良いでしょう。

仕事の中では異動や転職、退職など、別れのシーンがとても多いですよね。

今までの感謝の気持ちとともに心温まる言葉を添えたいものですが、なかなか思いつかずに別れの場が終わってしまったということも多いのではないでしょうか。

例文のような相手の人生に優しく寄り添うメッセージを贈ることで、今まで積み上げてきたものを次に活かそうというやる気も湧いてきます。

一般的ではありますが、これらの言葉を実際に掛けられると、その会社で過ごしてきた時間も報われる想いがします。全てを盛り込む必要はありませんが、この項目を参考にすると、不思議とあなたの素直な気持ちが上手に伝わります。

・ 「おめでとうございます」の祝福
・ 今までお世話になった、一緒に働けたことへの感謝
・ これから離れることへの寂しさ
・ 相手のこれからの未来へのエール
・ 相手の今までの仕事へ、労いの言葉こは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

お礼の言葉

お礼の言葉
お礼の言葉

面と向かって話すときには親近感を覚える人でも、手書きするとなると、途端にかしこまった印象になる人もいるようです。
「多大なお心遣いを賜わり、恐縮いたしております」「感謝の念に堪えません」などは政治家みたくなりますよね。

手紙は、あなたらしい「等身大のことば」でしたためるのがいちばん。いつも以上に気をつかう必要はありません。例えるならば、メールを打つように、手書きしましょう。

・ありがとうございます
・いつも感謝しています
・ありがたい限りです
・感謝の気持ちでいっぱいです
・重ねてお礼申し上げます
・感謝申し上げます
・お礼の申し上げようもありません
・お気づかいいただき、ありがとうございます
・お心配り、感謝いたします
・いつもよくしてくださって、うれしいです
・温かいお言葉に、いつも力をいただいています

まとめ

正直なところ、大半の人が偉大な業績なんて残せません。しかし、人間的な魅力や尊厳は発達障害の有無や業績を残せるか残せないかには起因しません。
日本人に生まれて良かったと思う人もいるでしょうし、日本なんかに生まれなければよかったと感じる人もいるでしょう。それと同じように、発達障害で良かったと思える人もいれば発達障害なんかに生まれなければ良かったと思う人もいます。

仕事で使いたくなる心が温まる言葉!心に響く短い一言メッセージ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる