MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

 【就労移行支援はひどいやめとけ?】a型事業所!理由と対処方法?就労移行支援事業所 

当ページのリンクには広告が含まれています。

就労移行支援はひどいやめとけ?とネットでは声を聞き心配になっている人がいるかと思います。

そんなあなたへ、この記事を記載しました。

就労移行支援のサービスの質や内容について、あなたが抱えている不安や疑問、私も実体験から痛感しています。

シバッタマン

私も発達障害者として働き方を探すことについて今でも悩んでいますし、2023年12月現在の今でも就労支援に通っています。そして、辞めたりもしました。

この記事では、就労移行支援の問題点を明確にし、自信を持てない理由について考えてみましょう。その上で、具体的な解決策や実践のヒントを提供します。

障害を抱えることで、自分の能力に疑問や不安を抱くことは自然なことです。

 また、過去の就労移行支援の経験が悪かった場合、嫌気がさしてしまい、「就労移行支援やめとけ」と思ってしまうのも無理はありません。

 適切な支援を見つけるために、就労移行支援の選択肢を探りましょう。

 様々な支援機関や専門家が存在し、それぞれが異なるサービスやアプローチを提供しています。情報を集め、相談を行うことで、自分に合った支援を見つけることができます。

そして最も重要なのは、自分自身が納得した形で新しい生活や働き方を築くことです。

 他人の意見や期待に囚われず、自分自身の目標や幸せを追求することが大切です。

この記事を参考にしながら、自分自身と向き合い、自信を持って新たな一歩を踏み出してください。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
目次

【就労移行支援はひどいやめとけ?】言われる就労移行支援事業所 とは何か?

就労移行支援とは? 

シバッタマン

就労移行支援とは、障害のある方が就職に必要な知識やスキルを習得するためのサービスです。

 就労移行支援事業所では、就職活動のサポートや職業訓練、生活リズムの改善、コミュニケーション能力の向上など、さまざまな支援を受けることができます。

 就労移行支援は、障害者総合支援法に基づいて提供されるサービスです。利用対象は、18歳から65歳までの障害者で、就労意欲があり、就労に必要な知識やスキルを身につけたいと思っている方です。

シバッタマン

障害者雇用促進法があるため、障害者の雇用が促進され、就労支援が求められています。この法律により、企業に対して、雇用する労働者の2.3%に相当する障害者を雇用することが義務付けられています。

障害者の雇用が促進されるようになっています。

 これを満たさない企業からは納付金が徴収され、この納付金をもとに雇用義務数より多く障害者を雇用する企業に対して調整金が支払われたり、障害者を雇用するために必要な施設設備費等に助成が行われたりしています

障害者雇用促進法は、障害者の雇用の促進を図るための措置を定めた法律です。この法律により、企業に対して、雇用する労働者の2.3%に相当する障害者を雇用することが義務付けられています(障害者雇用率制度)

引用元:障害者雇用促進法(厚生労働省)

就労移行支援は、原則2年間の利用期間が設けられています。利用期間中は、就労移行支援事業所からさまざまな支援を受けることができます

就労移行支援は全国に3000か所ある

就労移行支援事業所は、全国に約3,000箇所あります。

 就労移行支援事業所は、障害者総合支援法に基づいて提供されるサービスで、障害のある方が就職に必要な知識やスキルを習得するためのサポートを提供しています。

障害者総合支援法第5条13によると、「就労移行支援」とは、就労を希望する障害者につき、厚生労働省令で定める期間にわたり、生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の厚生労働省令で定める便宜を供与することをいうとされています

引用元:障害者総合支援法第5条13(E-GOV)

就労移行支援事業所は、民間企業やNPO法人、社会福祉法人など、さまざまな団体によって運営されています

就労移行支援事業所の特徴や強みは異なる  

シバッタマン

就労移行支援事業所は、障害の種類や程度によって提供される支援内容が異なります。そのため、自分の障害の種類や程度に応じて、自分に合った就労移行支援事業所を選ぶことが大切です。

障害の種類就労移行支援の種類
知的障害知的障害者就労移行支援
精神障害精神障害者就労移行支援
身体障害身体障害者就労移行支援
発達障害発達障害者就労移行支援
難病難病者就労移行支援
シバッタマン

一般的なものであり、各就労移行支援事業所によっては、その他にも様々なサポートが提供されている可能性があります。例えば、個別支援計画に基づいたカウンセリングや面談、通勤訓練や職場実習などがあります。

項目内容
1. 基本スキルの習得基本的なPCスキル、職場でのコミュニケーション方法など
2. 専門スキルの学習会計、英語、プログラミングなど
3. 体調管理やメンタル面の相談個別支援計画に合わせた面談
4. 就職活動のサポート雇用枠の検討、面接対策など
5. インターン先や就職先の紹介あなたに合った職場探しの手伝い
6. 職場定着支援就職後の定期面談など

【就労移行支援はひどいやめとけ?】の理由は何?

理由①:自分自身が「自分の障害を認識できていない」 と感じる 

シバッタマン

就労移行支援に通う自分自身が「自分の障害を認識できていない」 と感じる場合があります。

例えば下記のような状況です。

項目内容
障害の受容過程障害の受容過程には、「障害の否認」、「周囲の人や自分自身に対する怒り」、「障害の自覚を延期するための逃避反応」、「障害の受容」があります。障害を受容するまでには、時間がかかる場合があります。
周囲のサポート周囲の人々や社会からの理解やサポートが不足している場合、自分自身が障害を認識することが難しい場合があります。
自分の変更自分の思い込みや偏見が障害の認識を妨げることがあります。自分自身が障害を受容するまでには、時間がかかる場合があります。また、周囲の人々や社会からの理解やサポートが不足している場合、自分自身が障害を認識することが難しい場合
うつ病になった2次障害としてうつ病になると、正常な判断ができなくなることがあります。そのため、自分自身が障害を認識することが難しくなる場合があります。
医師の診察医師の診断を受けることは、障害の認識において重要です。医師による診断を受けることで、自分自身が持つ障害の種類や程度が明確になります。また、医師から適切な治療や支援を受けることができます。

理由②:自分の「はたらく」意向と事業所の特徴にミスマッチがある

シバッタマン

私の経験談で就労移行支援を1年でやめてしまった経験があります。体験談もふくめてミスマッチの理由を説明します。

項目内容
事業所の特徴IT関係の仕事に興味があるが、事業所が提供する訓練は事務や接客などの内容だった場合、自分の希望と合わないと感じるかもしれません。

パートタイムや在宅で働きたいが、事業所が紹介する就職先はフルタイムや通勤が必要な場合、自分の働き方と合わないと感じるかもしれません。
雰囲気や支援員との相性が合わない積極的にコミュニケーションを取りたいが、事業所の雰囲気は静かで閉鎖的だった場合、自分の性格と合わないと感じるかもしれません。

自分は支援員に寄り添ってもらいたいが、支援員は厳しく指導したり、無関心だったりした場合、自分のニーズと合わないと感じるかもしれません。
のスキルの把握就労移行において、スキルの把握が大切です。就労移行支援には、新卒者向けのものから経験者向けのものまで様々な種類があります。これらの支援を利用することで、自分のスキルを把握し、適切な就労先を見つけることができます。また、経験者向けの支援では、これまでの経験を活かした就労先を見つけることができるでしょう。

私の場合、障害でクビになってしまいました。ただ、IT系やWEB系の仕事を学びたかったので、就労移行支援でもIT系やWEB系に通いました。

就労支援だと新卒研修のもの内容が多く物足りなくなってしまいます。

シバッタマン

私の経験談ですが、経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」は、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において学びました。

専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」は、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。

引用元:第四次産業革命スキル習得講座認定制度(経済産業省)

経済産業省は、高いレベルのスキルを学ぶための様々な支援制度を提供しています。

一方、障害者の方には、障害者総合支援法に基づく就労移行支援がお勧めです。

 これらの支援制度は、それぞれ異なる目的と対象者がありますので、自分に合ったものを選択することが大切です。

理由③:支援員とうまくコミュニケーションが取れない  

シバッタマン

支援員とのコミュニケーションがうまくいかない理由は、様々なものが考えられます。

 例えば、支援員との相性が合わない、支援員が適切なコミュニケーション方法を理解していない、支援員が適切なトレーニングを受けていない、支援員が適切な情報を持っていない、支援員が適切なサポートを提供できていない、などが考えられます。

また、個人的な問題やストレス、疲れなども影響する可能性があります。

理由④;自分の身体の健康を考える 

シバッタマン

就労移行支援に通う上でも自分の身体の健康を考えるのは、とても重要なことです。

就労移行支援事業所では、就職活動のサポートや職業訓練、生活リズムの改善、コミュニケーション能力の向上など、さまざまな支援を受けることができます。

しかし、就労移行支援事業所に通うことによって、自分の身体の健康に支障をきたしてしまうこともあります。

身体に負担がかかります。また、就労移行支援事業所に通うことによって、精神的なストレスがかかり、身体の健康に支障をきたしてしまうこともあります。

 就労移行支援事業所に通うことによって、自分の身体の健康に支障をきたしていると感じたら、早めに事業所の担当者に相談してください。事業所の担当者は、あなたの身体の健康を第一に考え、適切な支援を提供してくれるはずです。

理由⑤:金銭面の問題

シバッタマン

就労移行支援事業所の利用料金は、利用者の障害の種類や程度、利用期間などによって異なります。利用料金が無料のところは、国や地方自治体が助成金を支給しているためです。

就労移行支援事業所に通うための費用は、世帯収入の状況によって異なります。

就労移行支援事業所の利用料金に関する情報についてはこちら「厚生労働省の就労移行支援事業所の利用料金に関する情報」をごらんください。

また就労移行支援によっては、収入が低い場合は、利用料の減免や交通費の補助を受けることができます。

就労移行支援事業所に通う前に、利用料や交通費などの費用について、事業所の担当者に確認しておくと良いでしょう。

また、就職が決まった場合は、就職祝い金や就職準備金が支給される場合があります。

【就労移行支援はひどいやめとけ?】の対策

【就労移行支援は意味ない?ひどいやめとけ?】

対策①カウンセラーや医師に相談して自分の障害を把握する

シバッタマン

自分の障害を認識できていない場合は、就労移行支援に通う前に、カウンセラーや医師に相談することをおすすめします。

専門家は、あなたの障害を正しく理解し、就職に必要な支援を提供してくれるはずです。

障害を把握できていない人には、医師やカウンセラーに相談することがお勧めです。

 医師やカウンセラーは、障害の診断や治療、サポートについての専門的な知識を持っており、適切なアドバイスや支援を受けることができます。

また、かもみーるのようなオンラインカウンセリングサービスも利用することができます

かもみーるはどこからでも利用することができます。

 これにより、通院が困難な方や遠方に住んでいる方でも、医師やカウンセラーに相談することができます。

 また、オンラインカウンセリングは、対面カウンセリングよりも費用が安く、時間的な制約も少ないため、利用しやすいというメリットがあります。

さらに、プライバシーが守られるため、周囲の目を気にせず相談することができます。

対策②事業所の担当者に相談する

シバッタマン

自分の「はたらく」意向と事業所の特徴を理解してもらうことができます。事業所の担当者は、あなたの希望に合った支援を提供してくれるはずです。

また、別の事業所を探すことも可能です。就労移行支援事業所は全国にたくさんあるので、自分の希望に合った事業所を見つけることができます。

就労移行支援を中止することもできます。就労移行支援は、就職するための第一歩です。

必ずしも就職につながるとは限りません。就労移行支援を中止しても、他の方法で就職を目指すことはできます。

就労移行支援に通うだけでは、就職が保証されているわけではありません。就職するためには、自分の「はたらく」意向を明確にし、それに合った就職活動をすることが大切です。

対策③支援員に自分の思いや希望を伝える

シバッタマン

支援員は、利用者の就職を第一に考えているため、利用者の思いや希望を理解し、それに応じた支援を提供してくれるはずです。

また、支援員の話をよく聞くことも大切です。支援員は、利用者にとって必要な情報やアドバイスを提供してくれるため、話をよく聞くことで、就職に必要な知識やスキルを身につけることができます。

また、支援員の指示に従うことも大切です。

 支援員は、利用者が就職に成功するためのプロセスを熟知しています。支援員の指示に従うことで、就職に必要な知識やスキルを効率的に身につけることができます。

支援員と信頼関係を築くことも大切です。信頼関係が築ければ、支援員は利用者に対してより積極的に支援を提供してくれるようになります。

対策④自分の身体の健康を第一に考える

就労移行支援をやめようと考えている場合は、自分の身体の健康を第一に考え、自分に合った就職支援サービスを利用してください。

シバッタマン

また、私の体験談では在宅でのスクールにかよっていましたが、就労支援に行くための体力が全くありませんでした。

その場合、自身の住んでいる地域にカウンセラーが在籍しているので、役所に相談しました。

 役所では、就職支援サービスの紹介や、カウンセリングを受けられる窓口を案内してくれる場合があります。また、就職に必要な知識やスキルを身につけるための講座やセミナーを開催している場合もあります。

役所に相談することで、就職活動を成功させるための第一歩を踏み出すことができます。

対処⑤他の就職支援サービスを利用も検討

就労移行支援では、WEB系の基礎的な知識やスキルを身につけることができます。

しかし、私のような20年の実務経験がある場合は、基礎的な知識やスキルだけでは物足りないと感じてしまう場合があります。

シバッタマン

就職したい企業のニーズに合った知識やスキルを身につける必要があります。

経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」は、第四次産業革命に対応したスキルを習得するための講座です。この講座を受講することで、就職に有利になるスキルを身につけることができます。

就労移行支援にも同時に通うことは可能です。就職活動サポートや障害の相談を受けることができます。

就職活動は自分の力で行う必要があります。就職活動の準備や面接対策をしっかり行いましょう

対処⑥金銭面の問題の対策

シバッタマン

金銭面の問題を解決するためには、できるだけ多くの情報を集めることが大切です。

就労移行支援事業所の担当者やハローワーク、市役所や区役所の就労支援窓口、民間の就職支援会社、インターネットなど、さまざまな就職支援サービスに相談することで、自分に合った就職支援サービスを探すことができます。

週に通う回数を減らすことで、就労移行支援の利用料金を節約することができます。ただし、週に通う回数を減らすと、就労移行支援を受けられる時間が減ってしまうので、注意が必要です

また、障害年金や傷病手当、失業保険は、障害や病気、失業などの理由で収入が減少したときに支給される給付です。これらの給付を利用することで、金銭面の負担を軽減することができます。

傷病手当に関しては下記を参考にしてください。

【就労移行支援はひどいやめとけ?】といわれたが正しい探し方

 【就労移行支援意味ないやめとけ?】役に立たないの理由と対処方法

見学や体験等を通して、事業所の特徴や訓練内内容を把握する 

シバッタマン

就労移行支援事業所には、それぞれ特徴や提供しているサービスが異なります。そのため、自分に合った就労移行支援事業所を見つけるためには、見学や体験をすることが大切です。

見学や体験の際は下記を意識してください。

項目ポイント
事業所の雰囲気やスタッフの対応清潔で明るい雰囲気か、スタッフの対応は丁寧か、利用者同士の交流は活発か、など
利用者の年齢や障害の程度自分の年齢や障害の程度と合っているか、利用者の年齢層や障害の程度の幅はどうか、など
提供されている訓練の内容自分の希望する職種やスキルに関連する訓練が充実しているか、訓練の質や内容はどうか、など
就職サポート就職に関する相談やサポートが充実しているか、就職率や就職後の定着率はどうか、など
自分の障害や希望する職種に合っているかどうか自分の障害や希望する職種に適した訓練やサポートが受けられるか、など
スタッフの対応が丁寧かどうかスタッフの対応が丁寧で、相談や質問に親身に対応してくれるか、など
事業所の雰囲気が自分に合っているかどうか自分の性格や好みに合った雰囲気の事業所か、など

見学や体験をする際には、自分の希望や不安をスタッフに伝えることも大切です。スタッフは、あなたの希望や不安を理解した上で、自分に合った就労移行支援事業所を紹介してくれるはずです。

ネットの口コミなどを確認する

シバッタマン

就労移行支援事業所を選ぶ際は、ネットの口コミや利用者の体験談を参考にするのも良いでしょう。

ネットの口コミには、利用者からの生の声が書かれているので、就労移行支援事業所の雰囲気や支援内容について、具体的な情報を得ることができます。

ただし、ネットの口コミはあくまでも参考程度に考えるようにしてください。ネットの口コミの中には、事実と異なるものや、偏った意見が含まれていることもあります。

障害者の就職の定着率を確認する

シバッタマン

就労移行支援事業所を選ぶ際には、転職後の定着率を参考にすることもできます。

就労移行支援事業所の定着率が高いということは、就職した人が長く就職を継続しているということです。

就労移行支援事業所を選ぶ際には、定着率が高い事業所を選ぶことをおすすめします。

障害者職業総合センターは、障害者の雇用に関する様々な調査研究を行っています。
例えば、2015年度から2年間の計画により、公共職業安定所の職業紹介により就職した身体障害者・知的障害者・精神障害者・発達障害者の就職状況、職場定着状況及び支援状況等の就業実態を把握する調査研究が行われました。

一般企業へ就職した障がい者の就労継続支援A型を含む定着率は、障害者職業総合センターの調査によると、就職後3カ月時点で80.5%、1年時点では61.5%となっています。

就労継続支援A型を除く場合では、就職後3カ月時点で76.5%、1年時点で58.4%という結果でした。

参考元;調査研究報告書 No.137障害者の就業状況等に関する調査研究

シバッタマン

障害者求人と一般求人、一般求人における障害の開示・非開示において、また、支援機関による定着支援の有無等により、就職後の定着率に有意な差があることが報告されています

ただ、転職後の定着率はあくまでも参考程度に考えるようにしてください。

転職後の定着率が高い事業所だからといって、必ずしも自分に合った事業所とは限りません。

就労移行支援のおすすめは?

1位:リタリコワークス

シバッタマン

LITALICO(リタリコ)は、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、障害に関するに事業をメインに行っている会社です。

LITALICOワークスでは入社後定着率を高めるための工夫として、採用選考の前に雇用前実習や企業インターンシップを積極的に行い、入社後のミスマッチを防いでいます

エリア全国(転職支援は一都三県中心)
対象年齢20代~40代
得意業種全業種
求人数1.8万件以上 ※就労支援所事業所数含む

2021年に東証プライムに上場しており、会社としての経営の安全

 LITALICOワークスでは長年の就労支援で培われたノウハウが詰まった、独自のプログラムは200種以上あります。

 キャリアチェンジにも対応したLITALICOワークス独自のオリジナルテキストもございます。

  ビジネスマナー、ストレスマネジメント、コミュニケーションスキルなど、働くための幅広い知識を身につけることができます

シバッタマン

LITALICOワークスから就職したは定着率がく、就業開始から6ヶ後の定着率は88%と、多くのが離職せずに働いています。

LITALICOワークスが提供している就労援の定着率がい理由として、定期的に就職者と企業の双にヒアリングを実施していることが挙げられます。

業務内容や勤務時間を調整し、継続的に働く環境作りをサポートすることで、LITALICOワークスの利用者は短期間で退職することなく働いているが多い模様です。


「企業に就職し、定着するまでがサポート」という理念を持ってスタッフがサポートしてくれるため、安心して利用することができるでしょう

ウェルビー

障害のある方のための就労支援事業所ウェルビーです。

シバッタマン

ウェルビーとは? 「障害のある方の就職支援」を行うプロフェッショナルセンターです。 精神障害・発達障害・身体障害・知的障害・難病などを抱える方の「働きたい」という想いを叶える事業を展開しています。

障害のある方の特性と個性を捉え、本当の意味で自立し、自己実現ができるように支援していく仕事です。

項目補足
運営会社ウェルビー株式会社
対象地域北海道 宮城県 栃木県 群馬県 埼玉県 東京都 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 長野県静岡県 愛知県 三重県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 滋賀県 岡山県 広島県 愛媛県 香川県 福岡県 熊本県 長崎県 鹿児島県
事業所数(2022年/4月)101事業所
対象精神・発達・知的・身体・難病
就職実績累計 5731人 (2023年 1月)
就職実績(全体/2021年度)975人
半年定着率(2023年2月)90.5%

上場企業であり、東証マザーズにも上場しています。下記のように上場企業です。

シバッタマン

半年定着支援率が高い89.3%と非常に高いです。コロナで一時期通所が減ったものの、下記の図のように定着する人が増えています。
ウェルビーは就職先を包み隠さず公表していますが、下記の通り大手企業ばかりです。

【就労移行支援ウェルビーの口コミ・評価】障害者の実態はやめたい?最悪?落ちた?2ch?株式会社ウェルビー
 welbe(ウェルビー)の就職までの流れは?

株式会社ソフマップ  株式会社東京デリカ  日本年金機構 アマゾンジャパン株式会社  ANA
エンジンテクニクス株式会社  株式会社ニチイ学館 国立国際医療研究センター  日立建機株式
会社 シャネル  バナナリパブリック  内閣府   GAP  株式会社CBS 株式会社赤ちゃん本舗
株式会社KDDI エボルバ 株式会社島忠 東建コーポレーション 株式会社DTSパレット

就労支援だけあり、体調が悪かったり、生活リズムを整えたり、就職活動に備えたりなど、なかなか栄養バランスのとれた食事がとれない方も中にはいると思います。

シバッタマン

ウェルビーでは、訓練や就職活動に集中していただくために、ご希望される皆さまに、カロリー計算されていてヘルシーで栄養バランスのとれたお昼を提供いたします。

ミラトレ

パーソルダイバースが提供する就労移行支援のサービスブランド名となります。

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバースは、パーソルグループの特例子会社です。

障害のある方一人ひとりが「はたらく未来」を実現するために、 職業準備性を高めるためのトレーニングを提供する。

就職した先の定着までを見据えた就労移行支援を行う、という想いを込めて名付けられました。

なんと1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しています。

項目内容
社名パーソルダイバース株式会社
本社〒108-0014 東京都港区芝5-33-1 森永プラザビル本館19F
資本金45百万円(単体)
※パーソルホールディングス100%出資
事業内容障害者雇用に関わる有料職業紹介事業・コンサルティング事業、就労移行支援事業、 事務アウトソーシング、食品の製造および販売、農業及び農産物の販売、 繭・生糸及び絹糸の加工並びにその製品・加工品の開発及び販売

パーソルダイバース株式会社では本サイトでも紹介していますDODAチャレンジも運用しています。

DODAチャレンジの口コミ・評判の記事は下記となりますのでご確認ください。

シバッタマン

就労支援ミラトレではでは、幅広いお悩みに対応する多彩なトレーニングプログラムをご用意しています。実際の職場をイメージした擬似就労プログラムで自身の得手不得手の理解を深め、講座プログラムでその対処方法を学べます。

 支援員がお困りごとを丁寧にヒアリングし、まずはご本人の意志や課題に合わせて目標を設定します。

 それを達成するために必要な個別支援計画を作成します。

はたらくための力(=職業準備性)を身に付け、安定してはたらけるようになるまで、それぞれの症状やご意向に見合ったサポートをご提案します。

ミラトレの全体の就職率は98%と、とても高く評判です

これはほとんどの人がミラトレを通して就職に成功しているということです。

シバッタマン

ミラトレを利用している人がほとんどミラトレを経由して就職がきまるというのは凄いことなんです。

「就労移行支援って就労支援する」と思う人もいるかもしれません。

ただ、就労移行支援から一般就労をした利用者の割合が50%以上の事業所は全体のたった52.9%なんです。

下記は厚生労働省のデータになります。

「dodaチャレンジ」は、業界最大級の求人を保有しているため、ハローワーク求人以外の選択肢も多彩にあります。 

シバッタマン

ミラトレを運営するパーソルダイバース株式会社が特例子会社です。障害者も多く働いているため理解がとてもあり、利用者をサポートする場面も把握しています。

パーソルグループの特例子会社。1,000名超の障害のある社員が事務アウトソーシング事業領域で活躍しているのです。

そのなかでミラトレでは8つのこだわりがあるようです。

ミラトレがこだわる事例は下記です。

【就労移行支援はひどいやめとけ?】よくある質問

 【就労移行支援意味ないやめとけ?】役に立たないの理由と対処方法

「就労移行支援」という言葉を聞いたことがありますが、その具体的な内容を教えていただけますか?

シバッタマン

「就労移行支援」は障害を持つ人々が社会で自立して働くための支援を行う制度です。

 この制度を利用することで、あなた自身の能力や特性を最大限に活かすためのスキルを学び、安定した働き口を見つけることが可能になります。

 全国に3000か所以上の就労移行支援事業所があり、各事業所ごとに提供する支援の特徴や強みが異なります。

この制度を活用すれば、あなた自身が活躍できる場所を見つける大きな一歩を踏み出すことができるでしょう。

「就労移行支援は意味がない、やめとけ」と言われましたが、それは何故でしょうか?

そう言われる理由はいくつかあります。

 例えば、自分の障害を正しく理解できていない、自分の就労意向と事業所の特徴が合致していない、支援員とのコミュニケーションが取れないなど、個々の状況によります。

 しかし、こうした問題は無視するべきではなく、むしろ解決のためのステップと捉えるべきです。自分の障害を理解するためのカウンセラーや医師への相談、事業所の担当者とのコミュニケーションの改善、他の就職支援サービスの利用など、適切な対策を講じることで、あなたが働くことへの意欲と事業所のサポートが一致し、働くことへの道筋が見えてくるはずです。

「就労移行支援を利用する際の選び方、あるいは探し方について教えてください。

シバッタマン

就労移行支援を選ぶ際には、以下のポイントを確認することが重要です。

 まず、見学や体験等を通して、事業所の特徴や訓練内内容を把握すること。次に、事業所が個々のニーズに合わせたサポートを提供しているか確認すること。

 そして、ネットの口コミを確認したり、障害者の就職の定着率を確認したりすることも役立ちます。

こうした情報を元に、あなた自身のニーズや働く意欲と最もマッチする事業所を選ぶことで、あなたがより確かな自己理解を持ち、自身のキャリアを積極的に進めることが可能となるでしょう。

私は就労移行支援に参加を考えていますが、休みがちで、面倒臭がり屋なので、続けられるか自信がありません。どうしたら良いでしょうか?

シバッタマン

お悩みを抱えているなら、まずは自分のニーズと向き合うことが大切です。

 休みがちになる理由や面倒臭がり屋になる背景を理解することから始めてみましょう。

 次に、自分にとって働くことの意義を見つけることが重要です。何のために働きたいのか、何を達成したいのかという目標を明確にし、それが自分自身の動機づけとなることで、就労支援への参加も続けられる可能性が高まります。

 また、自分に合った就労移行支援事業所を選ぶことも大切です。

 個々のニーズに合わせたサポートを提供する事業所を選ぶことで、継続的な参加がしやすくなるでしょう。最後に、就労移行支援の担当者やカウンセラーとよく相談することも推奨します。

就労移行支援に行く意味とは何でしょうか?

シバッタマン

就労移行支援は就職先を紹介してもらう場所ではなく、あなた自身の能力や障がい特性に合った仕事を見つけるためのプロセスを学び、理解し、そしてそれを実践するための場所です。

就労移行支援は、病気や障害をお持ちの方が就職するための「教育の場」です。

 そこでは、事業所へ通いながら訓練を受け、就職に必要なスキルを身につけていくことができます。結果として、自分自身の能力と障害特性に最適な仕事を探す支援を受けることができます。

私自身も障害者として、休んでいる間も常に就職に向けて努力してきました。

 しかし、一人で悩むとネガティブな思考に陥りがちです。そこで就労移行支援が役立つのです。

 この場所では、自己理解と自己成長の過程を経験し、より自分に適した仕事を見つけるためのガイダンスとサポートを受けることができます。

まとめ: 【就労移行支援はひどいやめとけ?】a型事業所!理由と対処方法?就労移行支援事業所 

今回の記事では、就労移行支援が本当に意味があるのか、その疑問を持つあなたに向けて、私自身の体験と具体的な解決策を共有しました。

シバッタマン

私も今現在2023年7月に一度就労移行支援をやめることになりました。

 私の場合、頼りにしていた支援員が辞めてしまったこと、そして提供される支援内容が物足りなく感じたことが理由でした。それ以降、自分に合った働き方を見つけるために模索を続けています。

その経験から学んだことは、就労移行支援は「意味がない、やめとけ」という結論ではなく、自分自身のニーズに合わせて適切に活用すれば有意義な手段であるということです。

今回の記事のまとめです。

本記事のまとめ
  1. 自分自身の障害や望みを理解する
  2. 自分に合った就労移行支援事業所を選ぶ
  3. 自分の身体と心の健康を第一に考える
  4. 自分だけでなく他の利用者との交流を重視する
  5. 金銭面の問題も考慮に入れる

今、私自身も新たな場所を探しています。

 一旦休むことで新たな視点を得て、再び挑戦する準備をしています。だからこそ、一緒に前に進みましょう。

 一緒に探し、一緒に学び、そして一緒に前進しましょう。私たちの未来は、私たち自身が創り出すもの。絶対に諦めず、一緒に新たな就職先や働き方をさがしましょう。

 【就労移行支援は意味ない?ひどいやめとけ?】の理由と対処方法?就労移行支援事業所 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次