MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【WEBマーケターオワコンやめとけ?】webマーケティング 未経験 厳しい理由と対処

当ページのリンクには広告が含まれています。

「これからWEBマーケティングはやめとけ」

ネットやSNSの普及により、Webマーケティングスキルの需要が高まっています。

 しかし、最近では「Webマーケティング業界への転職はやめた方がいい」という声も増えています。

 Webマーケティングは、自社の商品やサービスをWebを活用して効果的に広めることを目的としています。

 行った施策の効果が具体的な数値で評価されるのがWebマーケティングの最大の特徴です。

 なぜ「やめとけ」と言われるのか、またWebマーケティング業界の現状について説明します。

シバッタマン

今回の記事では【WEBマーケターオワコンやめとけ?】webマーケティング 未経験 厳しい理由と対処についてお伝えします。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【WEBマーケターオワコンやめとけ?】webマーケティング 未経験が厳しい理由

Webマーケティングとは

Webマーケティングは、Webを利用してマーケティングを行う仕事で、Webマーケターとも呼ばれます。 

Webサイト(ホームページやブログなど)のユーザーの流入経路、離脱率、回遊率等をデータから分析し、検証、改善を行うことでWebサイトの登録者数やPV(Page View/ページ閲覧)数の増加を図ります。

Webマーケティングの主な目的は、Webサイトの登録者数やPVなどの増加です。 

Web担当者はその目的を達成するために、さまざまな施策を講じます

施策の結果からユーザーの流入経路や離脱率を分析し、施策の検証・改善を行います。 Web担当者には、マーケティングに関する知識が不可欠です。

それではなぜWEBマーケティングはやめとけといわれるのでしょうか。

理由①:未経験の求人が少ないのでWEBマーケターになれない

ウェブマーケティングの需要は増加傾向にあり、現在の供給はその需要を満たすには不十分です。

しかし、ウェブマーケティングの需要が高まっている一方で、未経験者を歓迎する求人は少なく、転職のハードルは高いのが現状です。

未経験として原因としては下記が考えられます?

項番項目内容
1応募が集まらないWebマーケティングは専門的なスキルと知識を必要とするため、適切な経験とスキルを持つ人材が少ないことが一因です。
2採用コストが高い適切なスキルと経験を持つ人材を探し出し、採用するためのコストが高いです。
3期待したスキルと実際のスキルに相違がある求職者が自己申告したスキルと、実際の職場でのパフォーマンスにギャップがあることがあります。

ウェブマーケティングは専門的なスキルを必要とするため、未経験者がすぐに業務をこなせるわけではないと言えます。

 そのため、転職のハードルは高いと言えます。

 しかし、未経験から始めてウェブマーケティングのプロフェッショナルになるための研修や教育を提供している企業もあります。

 これらの企業では、基本的なPC操作ができれば、未経験でもウェブマーケティングの世界に飛び込むことが可能です。

理由②:Web業界は成果が求められ手厳しい

Webマーケティングに必要な情報は全て数字で管理されます。常に成果を求められます。正しい戦略が明確ではないため辛抱強く作業を続ける必要があります。

泥臭く努力を積み重ねていく仕事の性質が「Webマーケターはやめとけ」といわれる所以ですが、成果が出れば収入アップに繋がります。

    • 結果が数字になって表れる
    • 正解がない
    • 専門用語が難しくて挫折してしまう

マーケティング職にはデメリットといえる側面もあります。

もともと会社の売上に大きく結びつく職種であるため、高いスキルが求められる仕事です。 斬新なアイデアが浮かんでこないときは、焦りが出てプレッシャーも大きくなりやすいでしょう。 また、一般的に業務が忙しくなる傾向があり、残業続きになる場合も多い職種です。

理由③:Web業界はスキルの変化が速い

Web業界は移り変わりが激しく、3カ月単位ともいわれています。Webマーケターは常に最新の情報をキャッチしないといけません。スキルを習得したとしてもできるWEBマーケッターは寝る暇もおしんで勉強している人もおおいのです。

勉強していないでのんびりしている間に置いて行かれてしまいます。

専門用語が難しくて挫折してしまう未経験者も多いです。

近年目覚ましく発展するWeb業界では常に新たな知識や専門用語が飛び交います。WEB業界の専門用語や知識を使ってクラ
イアントとスムーズにコミュニケーションをとれるようにしておきましょう。


Webマーケターに関係するWeb業界の変化は、次のようなものです。

WEBマーケティングの変化
  • Googleアップデー(SEOの順位の変動)


Googleアップデートは、記事の検索順位を決めるためにGoogleが定期的に行っている施
策。アップデートによっては、検索結果上位から圏外まで飛ばされる場合もある

  • 新たなライバルサイトの出現(WEBサイトは日々つくられています。優秀な施策でプロが挑んできます)


自社サイトの記事が1位になっていても、突如出現したライバルサイトの記事に順位を奪われる場合もある。なので、順位を譲らないために、記事の定期的な改善が必要です。

  • Facebookの広告審査


Facebookの広告出稿の審査は大変厳しいです。一度審査に通っても、後になってポリシー違反で広告停止になる場合もある

理由④:未経験の求人が少ないのでWEBマーケターになれない

ウェブマーケティングの需要は増加傾向にあり、現在の供給はその需要を満たすには不十分です。

しかし、ウェブマーケティングの需要が高まっている一方で、未経験者を歓迎する求人は少なく、転職のハードルは高いのが現状です。

未経験として原因としては下記が考えられます?

項番項目内容
1応募が集まらないWebマーケティングは専門的なスキルと知識を必要とするため、適切な経験とスキルを持つ人材が少ないことが一因です。
2採用コストが高い適切なスキルと経験を持つ人材を探し出し、採用するためのコストが高いです。
3期待したスキルと実際のスキルに相違がある求職者が自己申告したスキルと、実際の職場でのパフォーマンスにギャップがあることがあります。

そのため、ウェブマーケティングに転職を考えている方には、まずアカウントプランナーとしての転職をおすすめします。

ウェブマーケティングは専門的なスキルを必要とするため、未経験者がすぐに業務をこなせるわけではないと言えます。

 そのため、転職のハードルは高いと言えます。

 しかし、未経験から始めてウェブマーケティングのプロフェッショナルになるための研修や教育を提供している企業もあります。

 これらの企業では、基本的なPC操作ができれば、未経験でもウェブマーケティングの世界に飛び込むことが可能です。

理由⑤:Web業界は華やかでなく意外と地味な作業が多い

シバッタマン

Webマーケターの仕事は、職業名のクリエイティブを聞くと華やかな業界と思われる方も多いかもしれません。ただ、とても地味な作業が多い業界なのです。


様々なマーケティング手法を用いたり、データ分析で数値やグラフを用いるのは多少のクリエイティブさはあるかもしれません。
作業自体は地味で、例えば次のような作業があります。

項番項目内容
1日々のアクセス解析ウェブサイトのアクセス数、ページビュー、滞在時間などのデータを分析する。
2顧客インサイト調査顧客のニーズや行動パターンを調査し、マーケティング戦略に活用する。
3ライバルサイトの調査競合他社のウェブサイトやSNSの活動を調査し、自社の戦略に反映させる。
4広告文作成ウェブ広告やSNS広告のテキストを作成し、効果的なメッセージを伝える。
5タイトルの変更ウェブページやブログのタイトルを改善し、検索エンジンでの表示を向上させる。
6キャッチコピーの検討ウェブ広告やランディングページのキャッチコピーを検討し、魅力的なメッセージを作成する。

タイトルの変更では、文字数を1文字だけ少なくするなどの作業もあります。また、キャッチコピーが思い浮かばず、頭を悩ませている人もいます。また、GRCなどで順位を常に把握している必要もありますし、ahrefsでライバルサイトを常に確認していなければなりません。

またSEOでは最近で一人で対応するのも難しく、上記を部門で別れている場合もあるのでコミュニケーション能力も必要となります。

こういった地味な作業が苦手な人はWebマーケティングは、根気強く作業‧努力ができる方や特徴を持つ方は向いているといえます。経験や実績を積むことができ、収入アップにもつながるでしょう。

よって地味な作業は多いので下記の仕事が出来ない人は向いてないといえます。

結果が出ない諦める
論理的に物事を考えることが苦手である
新しいことを覚える‧実践するのが苦痛である
試行錯誤するが苦手
そもそもパソコンがよくわからない

理由⑥;Web業界では給料が低い

シバッタマン

Webマーケターは、給料が低い傾向があります。Webマーケターの平均年収は、466万円となっていますが、役職が低いと平均年収には届きません


役職ごとのWebマーケターの平均年収となっています。

役職平均年収
未経験300万円前後
一般社員340万~400万円
マネージャー450万円~600万円
部長650万円~750万円

Webマーケターの平均年収を超えるには、マネージャーや部長に昇給しなければなりません。

もしくは、フリーランスのWebマーケターの平均年収は、500万円前後です。Webマーケターとして稼ぎたいなら、会社員よりもフリーランスになった方が稼ぎやすいと言えます。

理由⑦:WEBマーケティング要求されるスキルが高い

Webマーケターは、要求されるスキルが高く、WEB業界での専門用語も理解しなければなりません。

シバッタマン

Webマーケティング業界だけではなく、サラリーマンにとって必須であるExcelやPowerPointなどオフィス製
品が使えることも必要で。その他、最近ではGoogleスプレットシートなどクラウドなどで管理をする必要もあります。

サイトを制作するためのWordPressなどのCMSが使えるかなどが問われます。また、そのためには技術的な知識も必要となるでしょう。

Webマーケターは複数人で業務を行い、クライアントや他部門とのやり取りも行わなくてはなりません。なので、仕事がスムーズにいくためのコミュニケーション能力が必要です。

Webマーケターのツイートを見ていると、「Webマーケターはしんどい」とのツイートが
多々見受けられました。そういったツイートを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて
ください。

理由⑧:WEBマーケティングの仕事がしんどい

Webマーケターに転職して後悔している人もいるようです。

Webマーケティングは、がんばってもすぐに結果が出るものばかりではありません。ま
たPDCAサイクルを回したり、新しいことを学んで、効果的な施策を考えることが大切
な仕事です。

「予算がない、足りない、少ない・コストがかかる」、「他部門との連携ができていない」、「経営層の理解が進まない」、「インターネット広告の効果が見えにくく、社内での理解を得られないことが多い」、「顧客データ不足のため、ターゲティングができていない」などが多くなっています。

その中で顧客の要望をこたえることも仕事がつらいことに繋がるでしょうね。

理由⑨:WEBマーケティングのスキルの習得がしんどい

Webマーケターには、様々なスキルが要求されるようで、スキルの習得はとても大変なようです。

    WEBマーケティングでテクニカルなスキル
    • HTML
    • CSS
    • ライバルサイトの調査
    • Javascript
    • CMSの構築と設定
    • GTMなどの各種ツール
    • GASやGCPの設定
WEBマーケティングでヒューマンスキル仕事
  • 論理的思考
  • 卓越したコミュ力
  • 他人に対する想像力
  • 永遠と学び続ける心
  • 真意を見抜く質問力
  • 社外とのネットワーク
  • データに対する鋭い感性
  • 周りに協力してもらう調整力
  • 適切な解決策を思いつく発想力
  • 成果が出るまで諦めない忍耐力

理由10採用基準にする方法があいまい

Webマーケティングは、専門的なスキルや知識が必要であり、経験豊富な人材が不足しているため、企業は採用に苦労しています。

 組織は絶えず変化しており、柔軟なカルチャー構築が重要です。Webマーケティングのスキルや知識を持つ人材は引き続き需要がありますが、企業側も柔軟な思考と戦略が求められます。

【WEBマーケターオワコンやめとけ?】webマーケティング 未経験厳しいが対処

【Webマーケティングやめとけ】大変な業界で辛いしんどい・きつい場合の対処

対処①ホワイト企業や適性にあった仕事を探す

シバッタマン

Webマーケティングの仕事は、会社によっては激務ではありません。ホワイトな業種もあります。Googleアップデートや技術てきたトラブルに突発的な対応が必要になる会社もあり、激務になりやすい職場もあるでしょう。


ただ、WEB業界でも人材不足が多く、辞める人も多いため、対応はとっています。すべてのWEBマーケティングの分野を担当するわけではありません。担当ごとにわかれており、主担当や副担当など役割がしっかりとわかれているような会社ではそれほど忙しいわけではありません。

ホワイト企業もあるということになりまうs。同じ職場でも激務になりにくい場合もそうでない場合があります。

激務になりやすい職場は、マーケティング職をやりながら、営業職や広告運用、そして技術職など全て担当している職場です。

また、知的好奇心が高い人は全てを覚えようとしてすべてを覚えようとします。そのため激務になる傾向がありますが、それは本人の望んでいるので問題はないでしぉう。

WEB業界は広告がうれるか、SEOで順位があがるかは成果を上げられるか、不明確なところがありますし、結果として残業は多くなります。

クライアントに振り回されると激務になりやすいです。夕方や夜に商談を行ったり、修正を何度も行わなければならないと、激務化しやすくなります。

対処③クライアント対応を検討

Webマーケティングの仕事はクライアントの意向に左右されます。納品物の完成度や目標値はクライアントの意向によるので、無茶な要求をされると激務化しやすくなる

対処④成果への対応を検討

Webマーケティングの仕事の成果は、数値ではっきりと表れます。なので、目標値に達していないと問題点を見つけ、新たな施策を立てなければなりません。結果が出るまでは、問題点の分析→改善策を立てる→検証を繰り返さなければならない

対処⑤施策の種類が対応を検討

Webマーケティングで行える施策は、とても種類が多いです。サイト内の分析やSEO、広告運用など様々な施策が立てられます。なので、成果が出るまでは様々な施策を試さなければならず、激務化しやすくなります

対処⑥最新の知識をインプット方法を検討

Webマーケティングは、移り変わりがとても多い業界です。マーケティング手法は時代によって異なり、流行は次から次へと移り変わってきます。なので、常に新しい知識をインプットするのと、仕事以外の時間もつねにアンテナを張り続けなければなりません。

対処⑦WEBマーケティング専門のスクールに通う

Webマーケティングを勉強する方法は大きくわけて「独学」と「スクール」の2つがあります。
独学の場合は費用を抑えられるというメリットがあります。

YouTubeやブログで現役Webマーケターが発信していることも多く、隙間時間にマーケティングの基礎的
な情報を仕入れることができます。


「専門用語がわからず挫折してしまう」という失敗を避けたい場合は、スクールを選ぶのが良いでしょう。

スクールではクライアントとの実案件に挑戦したり、チャット相談や転職サポートを利用したりといったサービスが充実しています。

短期間でプロマーケター相当の実力を身に着けたい人はスクールの短期間プランを選びましょう。

【WEBマーケターオワコンやめとけ?】辞めたいしんどいならどうする?

【Webマーケティングやめとけ】楽しくやりがいがある仕事にするには?転職など

人に動いてもらうこと

シバッタマン

Webマーケティングの仕事の本質は、”人に動いてもらうこと”です。Webマーケティングでは、商品を買ってもらいたいなら「買いたいと思ってもらう」、サービスを利用してもらいたいなら「サービスを利用したい」と思わせなくてはなりません。

Webマーケターに求められるスキルは幅広いことが特徴ですが、成果が数字となって現れるWebマーケティングには
やりがいが多くあります。

自分の企画がサービスに影響を与え、消費者から反応が返ってくる点もやりがいにつながることがあるでしょう。


そのため、人の心理を読み人の心を動かすための施策が必要であり、心理学的な知識も必要になってきます。。WEBマーケティングの技術やスキルはもちろんのこと、市場調査や分析をして顧客を集めなければなりません。

このように自分で様々な施策や構想を考えることができます。その結果として、商品の購入やサービスの契約に至ったときは、Webマーケティングの仕事をしててよかったと思えるでしょうね。

②成果が上がり給料があげる

シバッタマン

Webマーケティングの仕事でやりがいを感じられるのは、成果が上がったときでしょう。


例えば、Webマーケティングの成果は、KPIなどで目標値をしっかりと設定しますので、数値でしっかりと表れるからです。
SEOの検索順位の結果やクリック率、コンバージョンの数値がアップしたときなどは、WEBマーケティングの仕事をしていることに誇らしく思えるでしょう。

様々なKPIを検討し、実行した策が上手くいったことの証明にもなるので、WEB業界としての仕自信が持てるようになります。


成果がなかなか上がらず、上司からのプレッシャーが激しい時は、大変な緊張感があります。そういったプレッシャーの中で成果が出ると、より一層喜びが増すでしょう。

③将来性が高いと考える

シバッタマン

Webマーケティングですが、将来性の高い仕事です。IT分野は過去から現在まで伸び続けており、今後も高い需要が期待できるからです。


インターネット広告費は年々右肩上がりです。

今後、Webサービスが増え、スマートフォンアプリの開発が進むなかで、Webを介したサービスの需要はさらに高くなっていくでしょう。

経済産業省の調査結果にもあるとおり、Webサービスに欠かせないWebマーケティングの需要は、今後も高まると予想できます。 そのため、Webエンジニア将来性のある職業だといえるでしょう。

2019年にはテレビ広告費を抜いています。今後も市場規模はどんどん拡大しており、Webマーケティングのニーズも高まっています。

2020年に2,954億円だった市場規模は、2024には6,856億円と「4年間で約232%の成長」が予想されています。

Webマーケター全体の将来性はもちろん、中でも動画マーケティングに携わるマーケターは、今後も需要が大きく拡大することが予想できます。

動画広告市場は大きく伸びることが予想されているので、将来性も明るいといえるでしょうYouTube等SNSの動画広告はテキストや静止画よりも多くの情報を多彩な表現で届けられるので、注目している企業も多いです。

④フリーランスで自由に働ける

Webマーケティングで身に付けたスキルは、様々な業種に活かせます。Webマーケティングの基本である「物を売るための技術」は、どの業界でも応用可能だからです。

小売業や通販、商社や金融などは、自社の商品やサービスを購入してもらって成り立っています。

近年はコロナの影響もあり、Webマーケティングに力を入れている企業が増えてきました。

リモートワークも増え、フリーランスや副業としてWebマーケティングを行っている人も増えています。クラウドソーシングサイトなどを利用すれば案件は豊富にあるので、Webマーケティングの知識やスキルを身に付けると、個人でも活躍しやすくなるでしょう。

⑤転職をする

「自分に向いているかな」と心配な方も、まずは挑戦してみましょう。勉強する方法や
スクールも多くありますし、実際にやってみなければ、適正の有無はわかりません。

⑥WEBに得意な転職エージェントに相談する

シバッタマン

後悔しない方法としてはITやWEBに得意な転職エージェントに相談するのも必要かと思います。例えばDodaやビズリーチはITやWEBに得意です。

doda

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

【WEBマーケターオワコンやめとけ?】よくある質問

【WEBマーケティングやめとけ】辞めたいしんどいし辛い!オワコン

Webマーケティングの仕事はどのような理由でしんどいと感じられますか?

シバッタマン

以下の理由からWebマーケティングの仕事がしんどいと感じることがあります。

まず、Web業界は常に成果が求められ、その評価は手厳しくなることが多いです。

また、スキルの変化が速く、常に最新の情報をキャッチアップし続けなければなりません。

これに加えて、地味な作業が多く、見た目ほど華やかではありません。

さらに、一部の業界では給料が低く、高いスキルが求められるため、そのスキル習得のプロセスもまたしんどいと感じることがあります。

Webマーケティングの仕事がしんどい場合、どのように対処すべきですか?

シバッタマン

しんどさを感じている場合、以下のような対処方法を考えてみることがあります。

 ホワイト企業や自分の適性に合った仕事を探すこと、クライアント対応や成果への対応を検討すること、適切な施策の種類を見つけることなどです。また、最新の知識を効率よくインプットする方法を探したり、Webマーケティング専門のスクールに通うことも一つの解決策となります。

Webマーケティングの仕事がしんどいと感じた場合、どのように行動すべきですか?

いてアドバイスを求めることです。

また、成果が出るように努力して給料を上げることも一つの手段です。

自分自身で業界の将来性を見極め、その中で自分のポジションを見つけることも大切です。フリーランスとして自由に働くことや、転職を考えることも選択肢の一つです。特に転職を検討する際には、WEBに強い転職エージェントに相談すると良いでしょう。

Webマーケティングに向いている人の特性は何ですか?

シバッタマン

Webマーケティングに向いている人は、以下の特性を持つことが多いです。

 まず、数字に敏感であり、データから洞察を引き出せる能力が求められます。柔軟な思考力も重要で、変化する市場環境に適応し新しいアイデアを生み出せることが大切です。

 ロジカルシンキングができ、相手の立場に立つことができる人も向いています。また、物事の発想が豊かで、地味な作業もきちんとやり遂げることができる人、Webについて常に情報を調べている人も適性があると言えるでしょう。

シバッタマン

Webマーケティングに向いている人は、以下の特性を持つことが多いです。

 まず、数字に敏感であり、データから洞察を引き出せる能力が求められます。柔軟な思考力も重要で、変化する市場環境に適応し新しいアイデアを生み出せることが大切です。

 ロジカルシンキングができ、相手の立場に立つことができる人も向いています。また、物事の発想が豊かで、地味な作業もきちんとやり遂げることができる人、Webについて常に情報を調べている人も適性があると言えるでしょう。

発達障害にWEBマーケティングは向いている?

発達障害を持つ人がWEBマーケティングに向いているかどうかは、その人の具体的な症状や能力、個々の特性によります。一般的に発達障害は幅広い症状や特性を含み、個々の人により大きく異なるため、一概には判断できません。

シバッタマン

しかしながら、一部の発達障害者には以下のような特性が見られることもあり、これらがWEBマーケティングに活かせる可能性もあります。

高い集中力一部の発達障害者は一つのことに対して深く集中する能力を持つことがあります。これは、データ分析やリサーチなどのタスクに有利です。
ルーチンワーク一部の発達障害者はルーチンワークを好む傾向があります。マーケティング業務には一定のルーチンワークが含まれるため、これも利点となる可能性があります。
敏感さ細部に注意を払う能力がある場合、これはキーワードリサーチやSEO対策など、細かい作業を要するWEBマーケティング業務に有用です。

一方で、社会的なコミュニケーションが求められる場面では支援や理解が必要な場合もあります。

また、情報過多や高度な多任務がストレスを引き起こす可能性もあります。

したがって、WEBマーケティングが発達障害者に向いているかどうかを判断する際には、その人が持つ特性やスキル、そして個々の興味や適性を考慮することが重要です。また、適切な職場環境やサポートも成功に大きくかかわるでしょう。

Webマーケティングの離職率は?

Webマーケティング業界の離職率はなんと12%程度と言われています。この数字は非常に高いと言えますが、この現象にはいくつかの要因が関与しているようです。

ウェブマーケティング未経験何歳まで?

シバッタマン

Webマーケティングには年齢制限はありません。

 ただし、会社員の未経験者がWebマーケティングを始めるならば、35歳までが望ましいです。

 しかし、これは厳密な制限ではなく、35歳を超えていても能力があればなることができます。

 また、ダメな場合でも、副業としてWebマーケティングを選択することもできます。この目処はあくまで一般的な目安です。

まとめ:【WEBマーケターオワコンやめとけ?】webマーケティング 未経験 厳しい理由と対処

本記事ではWebマーケティングやめとけについてご紹介しました。Webマーケティングやめとけはやめるべき職業ではありませんが、適正や心がまえがわかったかと思います。


Webマーケティングやめとけの仕事は確かにつらい部分もあり、ホワイト企業ではなくブラック企業では毎日長時間労働を強いられるので、やめとけというのは正しいのかもしれません。しかしやり方次第でいくらでも変われるチャンスはあります。

親しい知人がいれば、会社への愚痴を話せますし、もしかすると知人から会社へのお誘いがあるかもしれません
ね。Webマーケティングやめとけスクールなどで仲間を探すのも良いかもしれませんね。

【Webマーケティングやめとけ】大変なWEB業界で辛いしんどい・きつい?理由と対処

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次