MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【集中すると周りの声が聞こえない大人や子供】病気なの?集中してる音や声も!知恵袋

当ページのリンクには広告が含まれています。

これまでアスペルガー症候群のような発達障害は、「子どものもの」というイメージが強かったのですが、大人になってから症状を自覚する人が増えてきたことが背景にあると言われています。

あなたも「自分が大人のアスペルガー症候群ではないか」「仕事が続かないのは発達障害のせいかもしれない」と思ってはいませんか?

そこで今回は、【アスペルガー】集中するとまわりの声が聞こえない大人?短所?どう対処したらいいの?病気【発達障害やADHD】を紹介いたします

下記のような悩みがありました。

夢中で作業をする際、集中しすぎて周りの声が全く聞こえない事が度々あります。そのため、何度も呼ばれていた事に気がつかない時もよくあります。
上司に何度も呼ばせてしまうのは、非常に失礼で場の雰囲気も悪くなります。無視はしているつもりはないけど、本当に気がつかないので、話かけられていても話返さず、感じが悪く見えてしまい困っています。でも仕事は集中出来るときに一気に集中したいです。呼ばれる声を気にしていたら、こんどは集中ができません。とても集中している時でも、話かけられる声が聞こえるようになるにはどうしたらいいですか?

・今の状態を活かす環境を整える
・今の状態を改善する

目次

【集中すると周りの声が聞こえない】 大人・子供の病気!知恵袋

大人のアスペルガー症候群とは何か?
大人のアスペルガー症候群とは何か?

集中すると周りの声が聞こえないのはなぜ

集中すると周りの声が聞こえなくなるのは、脳が音を選別しているためです。

脳は、聞こうとする音だけを取り込むことを無意識にしており、作業に没頭すると周りの音が聞こえなくなることがあります

集中すると周りの声が聞こえないのは過集中の可能性

これは私の経験でもあります。過集中が特に目立っているのですが、集中力を発揮する一方で、集中しすぎて自分で行動がコントロールできなくなることがあります。

集中することは、私たちの脳が外部の刺激を選別し、必要な情報のみを取り込む能力です。

 この能力は無意識的に行われ、ある作業に没頭すると、周囲の音が聞こえなくなることがあります。

 例えば、プログラミングや記事作成など自分が得意なことに対して集中している場合は、外の騒々しい街の音や人々の会話は、意識から遠ざかるのです。

過集中症状を持つ人は、非常に高い集中力を持ちながらも、自分自身の行動をコントロールすることが困難になることがあります。

 この状態では、周囲の刺激や他の人の声に対する注意力を失い、自分の中に閉じこもってしまうのです。

過集中に関しては下記に記事にしています。

ADHDやASDの可能性も

過集中症状は、注意欠如多動症(ADHD)や自閉スペクトラム症(ASD)の人に見られることがあります。私の場合は集中していると、疲れやすくなる、かつ、うつになるや喘息を起こすなどして気が付きました。

ADHDの過集中は下記のとおりです。

ADHDの過集中の具体例は?
  • 自分がやりたいことや興味のあることに対しては集中しすぎて切り替えができないことがある。
  • ほんの小さな変化への苦痛、移行することの困難さ、思考の柔軟性のなさ、質問を繰り返す、儀式のような毎日の挨拶などの決まった習慣、同じ食べ物を食べ続けるなど。
  • きわめて限定され執着する興味。車や乗り物、恐竜など好きなものに関する情報や知識を集めることにこだわる、何時間もかけて時刻表を書き出すなど。
  • 感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ、環境の感覚的側面に対する並外れた興味。痛みや体温に無関心に見える、特定の音、触感に対して逆の反応をする、対象を過度に嗅いだり触れたりする、光や動きを見ることに熱中するなど。
ASDの過集中の具体例は?
  • ひとつの作業にのめり込み、気が付いたら朝になっていた、飲食を忘れて1日中同じ作業をしていたなど。
  • きわめて限定され執着する興味。車や乗り物、恐竜など好きなものに関する情報や知識を集めることにこだわる、何時間もかけて時刻表を書き出すなど。
  • 感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ、環境の感覚的側面に対する並外れた興味。痛みや体温に無関心に見える、特定の音、触感に対して逆の反応をする、対象を過度に嗅いだり触れたりする、光や動きを見ることに熱中するなど。

【集中すると周りの声が聞こえない】率直に周りるなど大人や子供の改善案

集中するとまわりの声が聞こえない場合率直に周りに打ち明けよう!
集中するとまわりの声が聞こえない場合率直に周りに打ち明けよう!

改善案(1):定期的に中断する

のめり込めばのめり込むほど、素晴らしいアウトプットになる方だと思います。
ただ、周りのと関係となると、デメリットを感じるということでしょうか?

だとしたら、定期的に作業を中断するようにしてみてはいかがでしょうか?
「あとちょっと…」をやめて、強制的に20-30分ごとに作業を中断するのです。

そうすることで、集中しすぎないようにできると思います。
まずは、これが環境作りですね。

次は、周囲のことを気にかける習慣を作ってみましょう。

改善案(2):周囲を気にかける

仕事の時もそうですが、特に飲み会の席などで、他の方々のグラスに残っている飲み物の量等を意識して、「●●さん、お替わりいかがですか?」などと、気を配る練習をします。
そうすることで、「自分のグラスの量」だけでなく、テーブル全体のグラスの量をチェックするようになり、視野が広がります。
これができると、自分のことにも集中しながら、全体を意識できるようになっていきます。

あと、サッカー、バレー、バスケ、テニス、卓球なども、左を見ながら右に打ち込むなんてことをやりますが、それは、全体が見えているからできることですので、球技をやるのもいいかもしれませんね。

ただ、これは「はいそうですか!」と明日からできることでもないかもしれないので、やはり人との関わり合いの中で磨いていくのが一番だと思います。

あとは、「気が利く人」の一挙手一投足を真似るのもいいでしょう。
「すいません、●●さんの様に気が利く人になりたいので、勉強させてもらっていいですか?」なんてお願いするのもいいでしょうね。
その方と接する過程で、福太さんにとって重要なヒントに気付くはずです。

とにかく、周囲を気にする習慣を付けると、「全体と個」を切り替えながら対応していく術を身に付けられると思います。
一番いいのは、できている方に教わることです。そして次は、リラックスです。

改善案(3):周囲を気にかける

なんでもそうですが、力が入ると、気持ちも身体も固まりがちです。
ときどき、ゆっくりと大きく深呼吸をして、心と身体を緩めることは、とても重要です。

  • 軽く目を閉じて
  • 息を吐ききり
  • ゆっくりと大きく深呼吸を三回し
  • 深呼吸を続けながら、以下のフレーズを参考に、自分に言い聞かせる
  • 「私は今から30分間仕事に集中します。ただし、周りからの声がけにも反応出来て、切り替えもスムーズにできます。私は仕事もできますし、職場の人間関係も円滑です。」
  • 目を開け
  • タイマーを30分にセットし
  • スタートボタンを押して、業務に取りかかる

こんなことをたたき台にして、ぜひ取り組まれてみてください。

「過集中は発達障害」という記事もあります。発達障害が悪いわけではありませんが、「だから仕方ない」で終わらせないためにも、
積極的に【意識を分散させる練習】を心掛けて実践してみてください。

ということで、福太さまの人生がより輝くことを来しつつ、アドバイスを終わらせていただきますが、
必要な情報は盛り込まれておりましたでしょうか?
このアドバイスが何らかのヒントやきっかけとなり、福太さまにとってより充実・納得できる人生になることを願っております!

改善案(4):周りの音楽や音を聞いたり、外に出て空気を吸ったりする

周りの音楽や音を聞いたり、外に出て空気を吸うことが効果的ですer

勉強中に音楽を聴くことは、周囲の音のシールドとしての効果や、集中力を高めやる気をアップさせる、またリラックスのため、という意見があります。

 アルファ波を放つ音楽を聴くと、リラックスしてストレスが軽減し、集中力が向上することが科学的に証明されています。

 音楽を聴くことで、自分がいる環境に意識を向けることができ、自分に合った音楽を探しておくことが大切です。

また、外に出て深呼吸をすることで、新鮮な空気を取り込み、リフレッシュすることができます。

周りの音を聞くことで、自然の音や白いノイズなど、リラックス効果のある音を聞くことも効果的です。

ただし、音楽を聴くことで集中できない、頭に入らないという声もあるため、自分の状態をよく観察して、自分に合った方法を見つけることが大切です。

改善案(4):子供であれば個別塾に通う

お子さまが集中すると周りの声が聞こえないこと、心配していませんか?

 『LITALICOワンダー』は、そんなお子さまの集中力を見逃さず、最大限に伸ばす場所です。

興味やペースに合わせたカリキュラムで、集中力を武器に、ゲーム制作からロボット技術まで多彩な技術を学びます。発達障害やADHDのお子さまも安心します。

 私たちは、お子さまの特性を理解し、その力を最大限に引き出すサポートをします。無料体験授業で、お子さまの未来の可能性を一緒に見つけましょう

お子様に合わせて「オーダーメイドカリキュラム」を提供しています。下記で公式サイトをご確認ください。年長・小学生〜高校生までが対象となります。

\ 無料体験入学実施中 /

集中すると周りの声が聞こえないよくある質問

ASDの特徴は過集中ですか?

シバッタマン

ASDの人は、「特定の物事に対する強い興味やこだわりがある」という特性が見受けられます。

また、自分で決めたルールを変更することに苦手意識を持っています。

、通常1つのことに集中することが容易であり、過度の集中に陥りがちです。

このような特性があるため、彼らは何かに熱中しすぎることがあります。

ADHDの人は過集中しないのでしょうか?

ADHD (Attention Deficit Hyperactivity Disorder) の主な症状としては、不注意・衝動性・多動性が見られます。

例としては、興味関心のないことには集中できない、落ち着きがない、衝動的に行動してしまうといった症状が見られます。

シバッタマン

これにより、ADHDのある人は集中し難いのではないかというイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

ADHDによくみられる行動はどれか?

シバッタマン

手足をそわそわと動かしたり、トントンと叩いたりする癖があることがあります。

席に座っていなければならないのに、ついつい席を離れてしまうことがあります。

静かにいるべき場所であっても、つい走り回ったり、高い場所に登ったりしてしまうことがあります。

黙々と楽しんだり作業したりすることがなかなかできないのです。

まとめ:【集中すると周りの声が聞こえない大人や子供】病気なの?集中してる音や声も!病気?知恵袋

集中しすぎて周囲の声かけに気づかなくなる場合は、肩をたたくなど、声以外の方法で知らせてもらうよう、周囲の人にお願いしておくのも一つの手です。

【集中すると周りの声が聞こえない大人や子供】病気なの?集中してる音や声も!知恵袋

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次