本当は「助けて欲しい時に助けてくれない」が言えない不安!ラインや相談や対処方法

本当は「助けてほしい」と不安!ストレスの仕事やうつや人生やお金や失恋などの原因や対処方法

「「助けを求めるのが苦手だ」という人がいますが、困っている状況を周囲に正確に伝えれば、1人で悩むよりもずっと早く、悪い状態から抜け出せるかもしれません

シバッタマン

「助けてほしい」と感じる瞬間、助けてほしい時に知っておくべき考え方や、具体的な対処法を解説します。

  • 色々な角度から物事をとらえられなくなる
  • 思い込みによって極端な考え方しかできなくなる

さらには、心が折れそうな時におすすめの名言もお教えします。自分と向き合い、前向きな考え方を手に入れましょう。

目次

本当は「助けて欲しい時に助けてくれない」が言えない不安!

誰かに助けてほしいときの対処法は?

大きなミスをしたり、仕事がうまくいかなかったりして、人生に疲れたと思うことってありませんか

「誰かに助けて欲しい」という気持ちになる人も多いでしょう。助けてほしいと感じる瞬間がいつなのか、助けてもらいたい時に知っておくべき考え方を紹介します。

そのため下記のような心の視野がせまいときに陥りやすい症状に、自分が当てはまっていないかを確認してみてほしいんです。

下記のような心の視野がせまいときに陥りやすい症状に、自分が当てはまっていないかを確認してみてほしいんです。

  • 自分が本当は何に悩み苦しんでいるのか、実はわからなくなっている
  • 誰かに相談しても分かってもらえないと思い込んでいる
  • 「〇〇でなければ人生終わりだ」という極端な思考に陥いっている

ここでは、助けてほしいと思ったときの対処法を紹介します。

本当は「助けて欲しい時に助けてくれない」ときの心構え

対処1:自分だけじゃないと知ろう

あなたと似たような状況で悩んでいる人はたくさんいます

その例として、「助けてほしい」とGoogleで検索している人は、月に約4,000人もいるのです。

みんな、助けてほしいと思いながら、自分と向き合って生きています。

あなただけじゃなくたくさんの人が、同じ状況にあるということを覚えておきましょう。

同じように悩む人が大勢いるということは、解決方法もたくさんあるということです

そう思うと、少し気が軽くなりませんか?

対処2:人を頼ろう

助けてほしいときは、人を頼るのが一番解決しやすい方法です。誰かに助けて欲しい時、どうせ誰も自分を助けてくれないと思い込んでいる、というのもよくあるケースです。

他人は、あなたと異なるスキル、発想、経験などを持っています。

ですので、悩みを解決できる人に頼るのが大事です。

人は1人では生きていけないので、助けてほしいときは頼れる人に思い切って頼ってみましょう。

「何か悩んでいるようですね。私でよかったら相談にのりますよ」

勇気を出して周りに助けを求めてみると、すんなり協力してくれて、事態が良い方向に進んでいくことも珍しくありません。

頼れる人が見つからない場合は、公民問わず相談できる機関や専門家を探しましょう。

直接解決しなくても、話すだけでも気持ちが楽になるので、1人で抱え込まずとりあえず誰かに相談しましょう

対処3:逃げ出したい時は、逃げても良い

嫌なことに必ずしも向き合う必要はありません。

嫌なことから逃げたとしても、他にも道はあるのです

人生に疲れた時や、追い込まれた時は、どうしても視野が狭くなってしまい、逃げようとする選択肢が思い浮かばないケースもありえます。

例えば、「部活が嫌で辞めたい」と思っていて、嫌だから辞めるという選択をしたとします。

辞めた直後はその部活の人達と気まずくなるかもしれませんし、せっかく続けてきた実績がなくなります。

しかし、他の部活などに入れば、また新しい友人ができ、そこからまた実績をつくっていくこともできるのです。

逃げたら悪く思われて、今後もっと嫌な状況になるかもしれないと思うかもしれませんが、逃げなければ、今の状況は変わりません。

「ときには逃げる」という選択肢もあるということを覚えておきましょう

対処4:どこかに全て吐き出そう

どこかに全て吐き出すのも、助けてほしいときに有効な手段です

吐き出すだけで反応がなければ、根本的な解決にはならないかもしれません。

しかし、吐き出すだけで、まずは気持ちが楽になり、気持ちを切り替えることができます。

1人で抱え込んでいた問題が、人に伝わることで、1人だけで抱え込まなくてすむようになるのです。

また、人に伝わらない吐き出しでも、気持ちを整理することができます。

SNS、家族、友人、掲示板、海、紙、どこでも、誰でもいいので、1回全部吐き出して気持ちを楽にしましょう

対処5:やりたいことをやろう

今助けてほしいと思っているのは、「やりたくない上に、将来が見えないことをやっているから」ではないでしょうか?

当てはまるなら、やめてしまいましょう。

やりたくないことの先に自分の得たいものがある場合を除いて、やりたくないことをやっても意味がありません。

やりたいこと、先のあることをどんどんやって人生を楽しんで、精神を安定させましょう。

例えば学校が嫌な場合、「学校をやめたらその先が不安でやめられない…」と思っているかもしれません。

ですが、やりたくない上に将来が見えないことを続けていると、いずれ心身に不調を生じ、元も子もなくなってしまう可能性があります。

「いきなりやめる」のが不安なら、例えば休学するなどして、その間にやりたいことや次のアテを探してみましょう。

対処6:やりたいことをやろう

助けてほしいと思ったときは、運動しましょう

体を動かすことは、ストレス解消に効果的だからです。

体を動かして、悩みを1回忘れてしまいましょう。

心身がリフレッシュすると、いい解決方法が見つかるかもしれません

一息つこう

苦しくなったら、一息つくことが大切です

たった一息だけと思うかもしれませんが、その一息で気持ちが整理されることもあります。

簡単にできることですが、つい忘れがちになってしまうことです。

すぐにできることなので、必要であれば、今すぐ実践してみてください。

例えば、今すぐできることで言うなら、暖かいお茶を淹れて、お菓子を食べながら休憩するということでも一息つけます。

とりあえず、一旦落ち着いて休むという行為が重要です。

きっと、気持ちや考えがリセットされて、今の状況を前向きに考えられるようになりますよ

対処7:何も考えず寝てしまおう

考えごとが続くとどうしても寝不足の日々が続いてしまいますよね。

いったん、何も考えずに寝てしまいましょう

しっかりと考えるためには、現実に向き合う前に、たっぷり睡眠をとることが必要です。

睡眠不足のときに考えごとをすると、マイナスなことばっかり考えてしまう可能性が高くなります。

ですので、一度たっぷり睡眠をとって健康状態をよくしてから、また改めて問題に向き合いましょう

対処8:1つだけ問題を解決してみよう

問題がいっぱい山積みだったとしたら、とりあえず1つだけの問題に集中して、解決しましょう

いっぱいある問題や助けてほしい原因の中で、解決に一番近い問題を狙って解決するのがおすすめです。

いっぱいある中の1つだけでだったとしても、解決できると前向きな気持ちになれます。

失敗して問題を抱えるのは、誰しもが経験しているのです。

完璧な人間なんていないので、ミスや問題を優先順位をつけて解決しましょう

対処8:冷静になり、客観的に自分を見つめる

いい結果を望むがあまり、前のめりな考え方になってしまうことも、よく陥りがちなケースです。

悩みやトラブルに対して焦る気持ちはわかりますが、一旦冷静になって、客観的に自分と状況を見つめ直しましょう。

案外、解決への道のりがはっきりと思い浮かんできたり、ポジティブな考えが湧いてきたりすることが期待できます。

対処9:客観的に自分をみて辛いことはずっとは続かないと考える

誰かに助けて欲しい時や、解決へのきっかけがつかめず、疲れた時は、もう一生このしんどい状況が続いてしまうような心理に陥ります。

しかし、どんないいことも悪いことも、永遠に続くことはありません。

いつかは良いことがあると信じることで、気持ちが前に向いて、もう少し頑張れる勇気が湧いてくるでしょう。

誰かに助けてほしい原因は?

誰かに助けてほしい原因は?
誰かに助けてほしい原因は?

原因1:人間関係のこじれ

友人や親しい人との人間関係が悪くなり、助けを求める場合があります。

人間関係のこじれは、精神的なダメージが大きい出来事です。

人間関係のこじれで悩んでいる場合は、こじれてる人以外の人に相談しましょう

相談の結果、人間関係が元に戻ることもありますし、相談相手と仲よくなって新たな人間関係を構築したりすることもできます。

原因2:仕事で大きな失敗をしてしまった時

できる限り精一杯努力していても、思うような結果にならないことはあります。

自分の不注意やミスによって、仕事で大きな失敗をしてしまった時、激しく落ち込んでしまう人は多いでしょう。

迷惑をかけたことで自分を必要以上に責めたり、誰かからひどいことを言われたりすると、助けてほしい気持ちになってしまいます。

仕事で大きなミスをしてしまったことが原因の場合もあります。

仕事でのミスは、相手や仲間への迷惑、今後の出世に響く可能性などを考えて、落ち込みますよね。

この場合は、してしまったものはしょうがありません。

関係者への報連相を行い、その日にできる謝罪やフォローをした後は、何も考えず寝てしまうとよいでしょう

睡眠は、情動を落ち着かせる効果があります。

一晩経って冷静に考えると、気持ちもリセットされますし、失敗してすぐには思いつかなかった他の案や解決策が意外と思い浮かんだりするものなのです。

そして、業務上のミスは、「怒られるけど、怒られた後は許される」ことも珍しくないということは覚えておきましょう。

原因3:振られてしまった時

失恋をしたことにより、苦しくなったことが原因な場合があります。失恋をしたり、大好きだった人との恋が叶わなかった時は、人格全体を否定されたような気分になりますよね。

明るい未来を想像することで乗り切りましょう。仕事や勉強などに身が入らなくなってしまい、何をしても楽しくないような心理状態が続いてしまうこともあります。

やりたいことをやって時間を使うことが大事です

そうして過ごすうちに、失恋した記憶はだんだん薄れていき、解決します。

原因4:お金の問題

お金の問題によって助けてほしい場合もあります。

お金は生活で必要不可欠で、ないと精神衛生上もあまりよくありません。

計画的に生活すれば大丈夫…というのは理想論で、現実的にはお金の問題は誰にでも発生しえます。

お金が足りなかったり、借金を抱えてしまったりすると、「助けてほしい」となるでしょう。

急な出費が必要になったけどお金が足りないような場合は、「助けてほしい」と家族・親戚・友人などを頼ると、お金を工面してくれることもあります

借金を抱えて生活がままならない場合は、弁護士や役所の金銭貸借相談会など、お金や法律の専門家に相談しましょう

弁護士などを頼ると、生活が保障された上での返済計画などを考えることができます(一つの手段として、自己破産が出てくることもあるでしょう)。

一番取り返しがつかないのは命ですので、くれぐれも軽率な行動は起こさず、しっかり相談しましょう。

原因5:学校や職場でいじめを受けている時

職場のパワハラや、学校でのいじめが依然として減っていかず、社会問題になりつつあります。

追い込まれている時は、なかなかそこから逃げ出すこともできず、誰かに助けてほしい気持ちでいっぱいになる人も多いです。

なんでも腹を割って話せる人や、電話で相談する人が身近にいないことで、苦しい時間が続いてしまう傾向にあります。

原因6:信頼していた人に騙された時

人は誰か他の人との繋がりや信頼関係を感じながら、それを前提にして生きています。

その中でも、信頼を置いていてた人に騙されてり、嘘をつかれていた時などは、大きなショックを感じるでしょう。

驚きのあまり誰も信じられなくなり、誰かに助けてほしいという漠然とした心理だけが残ってしまいます。

原因7:努力してきたことが実らなかった時

人生において、病気や怪我といった想定していない事情で、突然収入が止まってしまうことがあります。

また、家族や友人の借金を背負わないといけなくなるような状況になってしまうことも、少なからずあるでしょう。

金銭的な問題は、近い将来の生活や生命に直結するため、焦る気持ちが強くなって誰かに助けてほしい気持ちになりますよ。

助けてほしいと思ったときの対処法と原因

助けてほしいと思ったときの対処法と原因

ここまでは、助けてほしいと思ったときの対処法と原因について紹介してきました。

対処方や原因を知ったことで、その場での対応はできるようになりましたね。

ですが、今後同じ状況にならないために、人生が変わるポイントを理解しておく必要があります。

ここでは人生が変わるポイントについて紹介します。

新しい環境にいくとき

新しい環境に行くときは、人生が変わるポイントです。

新しい環境がどうしても耐えられないものであれば、そこにいる必要がないかもしれません

なぜなら、耐えられない環境にいても、いい方向に進む可能性は限りなく低いからです。

例えば、「行くのが嫌だ」と思っているクラスに通学します。

「行くのが嫌だ」と思っている段階で、気持ちが後ろ向きになっているので、いい状況に変わりにくいのです。

ですので、人生を変えたいときは、環境を変えてみましょう。

この例では、学校に相談したり、転校したりという手段が考えられます。

気持ちが前を向いて行動したとき

気持ちが前を向いたときに、いい方向に人生が変わります

気持ちが前向きだと、積極的に行動を起こせて、周りからの好感度も高くなるからです。

また、偶然起こった出来事をチャンスとして掴みやすくなります。

前を向けないなら、一回思いっきり休みましょう。

落ち込みたいだけ落ち込んで、時間をかけて切り替えるといいです。

気持ちが前向きになれれば人生が変わるでしょう。

助けてほしくなる前に準備すること

助けてほしくなる前に準備すること

「助けてほしい」という状況が解決したとしても、今後また同じ状況になってしまったらつらいですよね。

ここでは、再度助けてほしくなる前に、しておきたいことを3つ紹介します。

周りに頼れる人を増やす

助けてほしくなる前に、頼れる人を増やしておくといいでしょう

頼れる人を増やしておけば、困ったときも人に頼るという選択肢が取れます。

自分が信頼して任せることをできる人が大事です。

学生なら、先生、友達、先輩・後輩、スクールカウンセラーなどが考えられます。

学校にいないなら、サークルや習い事などで出会いを広げて、頼れる人をつくりましょう。

定期的にカウンセリングを受ける

必ず相談できる相手がいるというだけでも、心の支えになります。

相手は心の専門家なので、気持ちが楽になり、なんとかなる方法が生まれるのを理解しておけば、「助けてほしい」となったときも安心です。

定期的にカウンセリングを受けられる環境にしておきましょう。

お金をためておく

お金をためておくことは、しておいた方がいいでしょう

お金がないという状況は、精神を追い詰めます。

ですので、月に少しずつでも貯金するようにしましょう。

また、お金をためておくことによって、旅行や買い物など、気分転換の手段をいつでも行えるようになります。

お金をためておくことで選択肢が増えるので、悩んだときに解決できる可能性も高まるのです。

いざというときのために、お金をしっかりためておきましょう。

まとめ

誰かに助けを求めたいときに、あなたができる行動をご紹介させていただきました。

「取り返しのつかないことが起きた場合」や「ショックすぎて立ち直れないといった場合」、藁にもすがる思いで助けを求めることでしょう。

あなたの力だけで乗り越えることもできます。しかし、苦しい気持ちを誰かに吐き出せれば、あなたが抱えている辛さを軽減できます。

本当は「助けてほしい」と不安!ストレスの仕事やうつや人生やお金や失恋などの原因や対処方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる