皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【社会不適合者向いてる仕事】仕事が続かない働きたくない?おすすめ

【働きたくない向いてる仕事】社会不適合者で仕事が続かない?おすすめ

社会不適合者の生き方やおすすめの仕事が知りたい

シバッタマン

社会に出る年齢になり、働きたくない向いてる仕事と私はかんじたものです。長い間かかって、発達障害者でしたが、転職や退職をくりかえていたため、社会不適合者とおもっていました。社会不適合者とは、一般的に周りや社会とうまくなじめていないと感じるをいいます。

今回の記事では発達障害と認識されるまで、社会不適合者として考えていた自分の適職は何かについてお伝えします。

今は良い時代になりしました。発達障害として人と働きたくないと考えていた自分にとっても一人でできる時代となりました無理して、人に合わせる必要はありません。

今回の記事は【働きたくない向いてる仕事】社会不適合者で仕事が続かない?おすすめについておつたえします。

目次

【社会不適合者向いてる仕事】社会不適合者だと仕事が続かない?

【働きたくない向いてる仕事】社会不適合者で仕事が続かない?おすすめ

社会不適合者だから仕事が続かないの?

シバッタマン

毎朝起きると働きたくない、会社に行きたくないと憂鬱になってしまう、そんなあなたは、もしかしたら社会不適合者かもしれません。

社会不適合者で働きたくない人が、向いている仕事ではなく向かない仕事をするとストレスにつながります。

精神や身体に不調が起きる心配があります。

社会不適合者の特徴を紹介します。あなたに心当たりはないかチェックしてみましょう。

社会人不適合者とは

シバッタマン

社会不適合者とは、一般的に周りや社会とうまくなじめていないと感じるをいいます。

具体的には会社で同僚や上司などとうまく接することができない、協調して行動することができないなどを指します。

孤独感や生きづらさを感じており、仕事が長続きしないと悩むも多いです。 ただ、社会不適合者は決して悪いことではありません社会不適合者に当てはまることがあれば、働きたくないと思うのは仕方がないことです。

時間やルールに厳しく、組織で集団行動が多い会社では、社会不適合者が息苦しい思いをするのは仕方がないこと、働きたくないと思うのは無理もありません。

社会不適合がダメなのではなく、性格的に治すのが難しければ、働きたくない人に向いている仕事に転職を検討するのがよいかとかんがえられます。

仕事の中には社会不適合者に向いている仕事があります。一人で出来る仕事がむているともおもいます。辛いと感じる場所に居続けるよりも、適した場所へ異動すれば悩みから開放されるのです。

働きたくないではなくできる仕事がない

シバッタマン

働きたくないと感じている人の中には、今の仕事は自分に向いてなく転職を考えたものの、自分にできる仕事がないと悩んでいる人がいます。

できる仕事がないと悩んでいる方は、今の仕事や友人や知人からの情報による固定観念に縛られて、視野が狭くなっている可能性があります。

たとえば今は外回りが多い営業職であり、パソコン相手にコツコツやる仕事や、机でする仕事は自分にはできないと思ってしまうケースです。

【社会不適合者向いてる仕事】働きたくない人が仕事が続かない理由

【働きたくない向いてる仕事】社会不適合者で仕事が続かない?おすすめ

社会不適合者で仕事が続かない理由

シバッタマン

社会に不適合ぎみで働きたくないと感じる人は、仕事を変えると毎日感じてしまうつらい思いから開放される可能性が高まります。

社会不適合者で仕事が続かない場合の適職
  • 人との関わりが少ない仕事
  • 一人で出来る仕事
  • 責任が大きくない仕事
  • 人間関係を必要としない仕事
  • 在宅の仕事

理由①人との関わりが少ない仕事でない

仕事のパフォーマンスが人間関係によって左右されるのは事実としてありますが、「社会不適合者にとっては少し厳しい」「人と関わりたくない」と感じている方も多いでしょう。

ですので「人との関わりが少ない仕事」を率先的に選ぶ生き方もかなり有効な生き方だと言えます。

理由②一人で出来る仕事でない

シバッタマン

働きたくないと感じてしまう社会不適合の人は、人との関わりが少なく一人でできる仕事を選ぶことが大切になります。

一人でできる仕事であれば、組織のルールに縛られたり集団行動したりする必要がなく、他人に迷惑をかけたりトラブルになることはありません。

フレックス勤務や在宅勤務など時間や働く場所に自由度があることも、仕事を選ぶ上で大切なポイントです。

自由度が高ければ、そもそも守る必要がなく、その日の気分で気ままに変えられルールに縛られるストレスを感じなくなります。

せっかく見つけた仕事を長続きさせるには、興味ややりがいと感じかつあまり責任が重くないことがポイントです。

理由③責任が大きくない仕事

シバッタマン

正社員になって1つの会社で長く働いていく」という時代でしたが、今やもうそんな時代ではありません。

例えば派遣社員をやりながらWebライターで月10万稼いだり、ブログを書き続けて月収50万円を超える人だって存在するので、無理に責任が大きい正社員を選択する必要はありません

理由④人間関係を必要としない仕事

社会不適合者の人は協調性が低いので、コミュニケーションを上手く取ることができません。

シバッタマン

例えばチームで仕事を進めているのに「自分には関係ない」という態度を取ったり、「飲み会や会社の行事に一切参加しない」という方が一般的に当てはまります。

飲み会や会社の行事に関しては無理に参加する必要はないものの、「全く興味がない」と態度に出てしまうことが問題です。

ただ、無理して人と接するひつようはありません。いまは一人で出来る仕事は在宅ワークが多いのです。

適職⑤在宅勤務

シバッタマン

「普通の事が普通に出来ない」社会不適合者だからこそ「普通じゃない事をした」ほうが成功するんじゃないんですかね。

普通じゃない事をするほうが発達障害者は出来る可能性は高いんじゃないでしょうか。パソコン1台とインターネット環境があれば大丈夫なので、在宅で仕事が可能です。

働こうにも、近所に店がない田舎者には助かります。誰かと直接話す必要はないですし、やり取りするとしてもメールやチャットの文字だけ。

空気が読めない、天才肌の発達障害にとっては人と話す必要がないというのは物凄くありがたいことです。

いずれにせよ副業で始めたこのブログですが、「新卒の初任給を超える」を達成できることは可能です。その他にもブログは一度構築すれば資産となりますので、副業で稼ぐことも可能となります。

【社会不適合者向いてる仕事】働きたくない人が仕事が続かない人へのおすすめ

社会不適合者が向いている働きたくないへのおすすめの仕事はなに

シバッタマン

働きたくない人に向いてるおすすめの職業を紹介します。働きたくない人に向いてる働き方の自由度がある職業は、パソコンを使う仕事やIT関係の仕事が多い傾向です。

IT業界は人手不足であり未経験歓迎の企業が多数あります。スキル不足で不安な人は、転職サイトの検索機能で未経験歓迎をチェックしましょう。

仕事が続かない人に向いてる仕事
  • WEBデザイナー
  • WEBライター
  • データ入力
  • 翻訳
  • 動画編集(YouTubeなど)
  • アフィリエイト・ブログ
  • 校正・校閲
  • 投資家(株・FX・仮想通貨など)
  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • 校正・校閲
  • ゲームクリエイター
  • アンケートモニター
  • 新聞配達

働きたくない人に向いてる仕事・社会不適合者へのおすすめの仕事

おすすめ1・WEBデザイナー

WebライターはWebメディアなどに掲載される文章を書く仕事です。Webライターには正社員として働いている人もいますし、近年ではクラウドソーシングなどを利用してフリーランスや副業として働いている人も多いです。

 Webライターもクライアントと打ち合わせで人と関わることのある仕事です。

 また、仕事内容に取材やインタビューが伴うこともあります。しかし、クライアントとの打ち合わせやインタビューはビデオ通話などで行われることも多いので、人と関わることは最低限な仕事だといえます。

おすすめ2・WEBライター

シバッタマン

Webライターは、まったく人に会わず、全ての作業を完結することができる仕事です。外に出たいけど出れない問題については、私の働き方にも原因があるのですが、とりあえずWebライターは、まったく人に会わなくてもできる仕事、ということができます。

直接人に会わないだけで、人に関わらないというわけではありません。企業や個人と契約したり、誰かから仕事を受注したりしている以上は、必ずその人たちとの繋がりが発生します。

Webライターに限らず、Webデザイナーや漫画家など、ほとんど人に会わないようなあらゆるジャンルの職業にいえることです。

直接、顔と顔を合わせたり、話したりする機会が極端に少ない仕事でも、人との関わりや必要なコミュニケーションがすべて無くなるというわけではありません。

おすすめ3・データ入力

シバッタマン

「データ入力」で検索すると、「電話応対あり」の案件と「電話応対なし」の案件が表示されます。

 電話応対ありの案件は、コールセンターの受付などのように、電話応対をしながら情報を打ち込むなど、データ入力以外にもメインの業務がある仕事が多いようです。

静かな環境で集中してデータを入力したい場合は「電話応対なし」の案件に応募するとよいでしょう。 「電話応対なし」の場合、時間帯を問わずに仕事ができるため、シフト制で深夜に働くことができるものや、在宅勤務可の案件などもあります。

 そのため昼の時間忙しい方でも働くことができます。ある程度PCスキルあり、ブラインドタッチができるのであれば、通勤するよりも自宅で働く方が効率的かもしれません。そういった場合は在宅のデータ入力に応募するというのもひとつの選択です。

発達障害の一人でできる仕事4・翻訳

シバッタマン

翻訳者の仕事というと、外国文学を訳す仕事を思い浮かべますが、圧倒的に多いのはビジネスに関連したマニュアルや契約書です。そのため輸出で成り立っている日本では需要の多い仕事になります。

 ほとんど部屋にこもりきりで仕事をし、打ち合わせもメールでやりとりするため、人間関係のストレスも少なく、人とかかわるのが苦手な人には向いている仕事です。

般的に翻訳家と言うと、代表的なのは文芸翻訳ですが、そのなかでもSFやミステリーなどがあり、そのほかにも科学や歴史などの学術書の翻訳、絵本の翻訳、ビジネス書の翻訳、雑誌の翻訳など他にもいろいろあります。

もし翻訳を仕事にしようとするのであれば、自分の得意分野を持っていることが大切です。そうしたことも考慮した上で、翻訳家としての雑学知識があり、日本語の表現力もある人は翻訳の仕事に向いています。

おすすめ5・動画編集

シバッタマン

動画編集作業も一昔前であれば動画編集はテレビ局などと提携している制作会社がおこなうものです。
現代は個人で動画を制作し、発表する時代です。

 フリーランス向けの案件が豊富にあるばかりか、自分でもYoutubeなどに動画をアップロードします。

 収入を得ることができます。動画編集に使うソフトウェアとある程度のスペックを持ったパソコンが必要ですが、逆をいえばそれさえあればすぐにでも始めることのできる人と関わらない仕事の1つです。

動画編集をすることができるソフトは色々とあります。

ィンドウズのムービーメーカー、Adobeプレミアなどが挙げられます。ムービーメーカーはウィンドウズ搭載パソコンならば基本的に実装されています。Adobeは購入する必要があります。

専門的なソフトが必要になる場合は自分に合ったもの、必要としている機能があるものを購入する必要があります。

おすすめ6・投資家(株・FX・仮想通貨など)

シバッタマン

専業投資家と似た言葉に兼業投資家がありますが、兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家と似た言葉に兼業投資家があります。

兼業投資家は会社勤めなど仕事をしながら、個人投資家として副収入を得ようとする人のことです。

専業投資家は、株式や外貨など金融資産への投資活動だけで、生活に必要な収入を得ることを意味するのです。

 専業投資家の仕事は会社勤めをせず、自宅でインターネットさえ利用できれば実現します。会社での人間関係が必要ではないので、コミュ障向きだと言えるでしょう。

また住む場所についても、自由度が高まります。

 人との関わりを少なくするという面から、快適な場所を探せるのが専業投資家のメリットです。地方など住宅費の安い場所を選べば、生活に必要な資金が圧縮できます。投資で稼がなければならない生活費を、減らすことが可能です。

おすすめ7・アフィリエイト、ブログ

シバッタマン

人と関わらない仕事で紹介するのが、アフィリエイトです。私自身もアフェリエイトをやっていますが本当に人と接することはないですね。

アフィリエイトは、自分のサイトやブログに広告を貼り、広告の商品を買ってもらえると紹介手数料がもらえる仕組みです。

 広告はクリックされるだけでももらえるものがあります。

 アフィリエイトの良いところは、好きな時に、好きな場所で作業できることです。また、一度作ったサイトやブログをほっておいても、そこからお金を稼ぐことができます

常に自分が働いている必要はなく、自分の変わりにサイトやブログが働いて、お金を稼いでくれるのです。これが、アフィリエイトの良さと言えるでしょう。ただし、誰でも参加できやすく、参入障壁が低いのですが、稼げるまでに苦労します。最初はなかなか簡単に稼げないので、諦める人も多いです。

おすすめ8・校正・校閲

校正と校閲は同じ仕事に見えますが、細かく見ると異なります。

 校正は、文法上のミスや文字、漢字の単純な間違いを見つける仕事です。

 校閲は、事実確認や時代考証を行い、文章全体の内容に間違いがないかを探します。

 業務内容は異なる二つの仕事ですが、企業によってはこの二つをまとめて一つの仕事にしているところもあるので、応募の際は必ずチェックしましょう。

文章を読んで間違いを見つけるという点では同じ職業と言えます。

シバッタマン

校正・校閲の仕事に就くうえで特別な資格は必要ありませんが、文章を正しく読み、間違いを見つける能力が必要となります。

おすすめ9・プログラマー

システムエンジニアが作成した設計書に基づき、様々なプログラミング言語を用いてプログラムを制作する仕事です。

Webサービスの構築はもとより、ゲーム制作やアプリの開発にも欠かせない仕事であり、設計書がある分、他者との関りは少ないです。

プログラマーにはテスターとも呼ばれる仕事で、開発中のゲームをプレイすることで、不具合がないかをチェックする役割を担います。

シバッタマン

バグなどの不具合をしっかり報告する必要はあるものの、1人でできる作業なので、ゲーム好きな人にはおすすめです。

その人の技術力と、プロジェクトによります。 技術力があり、仕様書がきちんとしていれば、殆ど話さずに製造が進むことができます。スキルの向上を図ったほうがよいでしょうね。

おすすめ10・システムエンジニア

システムエンジニアも1人でできる、人と関わらない職業の1つです。

この職業はシステムの設計や開発、テストを行うもので、基本的には1人で考えていき、人との関わりはありません。

プログラマーと似ていると言われることもありますが、内容は全くの別物であり、開発フェーズの上流工程と呼ばれる段階を任されることになります。

必要な知識や能力はネットワークのSEなのか、プログラミングのSEなのかなどで変わってきます。

また、SEへの就職を有利に進めるための資格があります。それが情報処理技術者試験です。これは経済産業省管轄の国家資格であり、それ相応の知識が求められます。また、情報処理技術者試験は数多くある情報処理に関する資格をまとめた総称のことです。

例えば、情報セキュリティーアドミニストレーター、上級システムアドミニストレーター、初級システムアドミニストレーター、テクニカルエンジニア、プロジェクトマネージャー、システムアナリストなどその種類は豊富です。

すべてをとらなければSEになれないというわけではなく、1つでもあればSEへの就職が楽になると考えるとよいです。もしこれから、SEになろうと考えている方は一度ご検討なさってみてください。

おすすめ11・新聞配達

シバッタマン

新聞配達は、朝もしくは夕方に新聞を配ります。車やバイク、自転車で担当エリアに新聞を配り、配達中はほとんど人と話しません。運ばれてきた新聞の荷下ろし、チラシの折り込み作業、朝刊・夕刊の配達などを行います。
アルバイトの場合は朝刊だけ、夕刊だけ、あるいは朝刊と夕刊の両方など、自分に合った勤務時間帯で働くことが可能です。。

新聞の荷卸しやチラシの挟み込みなど以外は、基本的に1人で配達を行います。配達時も直接の受け渡しはなくポストに投函するため、ひとりで働きたい!という方におすすめの仕事です。
 
アルバイトは基本的に新聞配達のみ、正社員は新聞配達の他に営業、集金や折込作業なども行います。

正社員だと、集金時にお客さんと話す場合があります。
 
また、天候に左右される点に注意が必要です。新聞配達だけなら一人でできる仕事ではあるものの、天気や気温に関係なく配達しなければなりません。

おすすめ12・清掃員

シバッタマン

清掃業は、決まった場所(住居・ビル・道路など)をクリーニングする仕事です。清掃員には、ビルやホテル、商業施設などの清掃員・特殊清掃員・家事代行など複数の種類があります。
チームで清掃する場合もありますが、過度なコミュニケーションは必要ありません。エリアを1人で担当することも多く、黙々と集中して作業するのが得意な方におすすめです。

清掃業は、決まった場所(住居・ビル・道路など)をクリーニングする仕事です。清掃員には、ビルやホテル、商業施設などの清掃員・特殊清掃員・家事代行など複数の種類があります。
チームで清掃する場合もありますが、過度なコミュニケーションは必要ありません。エリアを1人で担当することも多く、黙々と集中して作業するのが得意な方におすすめです。

清掃の対象は様々あり、ビルや商業施設の場合は、施設内のゴミの収集、床の掃除、トイレ掃除、などを行います。ホテルのような宿泊施設の場合は、チェックアウトから次のチェックインまでの人がいない間に、ベッドメイキングや消耗品の補充、トイレ・浴槽などの掃除を行い、客室を清潔かつ正常に整える作業を行います。

多くの場合は人がいないタイミングで清掃作業を行い、人がいるところで清掃作業を行う場合でも、周囲にいる人と積極的に話すことはないため、人と関わらずに仕事をしたい人には向いている仕事です。

おすすめ13・ゲームクリエイター

ゲーム制作会社にとして就職するメリットとしては、ある程度の安定した収入が得られることと、経験とスキルに応じて長期的なキャリア形成が可能なところです。

アルバイトやパートの場合は、ゲームクリエイターを目指す学生やゲーム制作の経験がある主婦、アルバイトから正社員を目指す人などさまざまです。

しかし、アルバイトやパートの場合は採用のハードルが正社員よりも低いため、チャレンジしやすいと言えるでしょう。

ゲーム制作ではプロジェクトに応じて外注を使うケースが多く、派遣のゲームクリエイターの需要が増えています。

派遣の場合は即戦力になる人材が好まれるため、派遣会社へ登録する際には経験やスキルをしっかりと伝えましょう。

フリーランスのゲームクリエイターは自分で仕事を受注する必要があるため、経験と実績が重視されます。

おすすめ・アンケートモニター

アンケートモニターはアンケートへの回答、レビューの記入、指定されたサービスへの会員登録などでポイントを貯めく仕事です。

 貯まったポイントは他のポイントや現金に交換することができます。

データ入力と同様に、簡単に始められますが大きな収益を得るのは非常に難しいです。隙間時間などを利用して、お小遣い稼ぎをする程度に留めておいた方がいいでしょう。

本業でなるべく人と関わらない仕事に転職したいと考えたら、本記事に記載している他の職業から気になる仕事を探してみましょう。

仕事が続かず転職を繰り返すと、社会的な信用が下がるばかりか、継続による得られるスキルアップのチャンスを逃してしまいもったいないです。

仕事が続かないと悩んでいる人は、一日も早く仕事が続かない人の仕事探しのポイントにあてはまる仕事への転職をおすすめします。

【社会不適合者向いてる仕事】働きたくない人でも続けられる仕事を探す

【働きたくない向いてる仕事】社会不適合者で仕事が続かない?おすすめ

社会不適合者としても続けられる仕事を探す

シバッタマン

働きたくないと感じている人の中には、今の仕事は自分に向いてなく転職を考えたものの、自分にできる仕事がないと悩んでいる人がいます。

できる仕事がないと悩んでいる方は、今の仕事や友人や知人からの情報による固定観念に縛られて、視野が狭くなっている可能性があります。

たとえば今は外回りが多い営業職であり、パソコン相手にコツコツやる仕事や、机でする仕事は自分にはできないと思ってしまうケースです。

できる仕事がないと悩んでいる方は、転職サイトで自ら検索して新しい仕事を探すのはハードルが高く、ムダな時間につながりかねません。

転職エージェントで続けられる仕事を探す

こんな時は転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントなら、希望条件を伝えさえすれば求人検索はエージェントがしてくれます。

エージェントは膨大な求人情報を把握しており、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれ、転職活動の全般をサポートしてくれるありがたい存在です。

無料で利用できる転職エージェントを積極的に活用し、できる仕事がない悩みから一日も早く開放されましょう。

実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。知名度が高いため利用者も多く、これまでに37万名以上もの転職成功を実現しています。

公開求人・非公開求人含め、常時20万件以上の求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

リクルートエージェント

転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数(非公開求人・公開求人)117,600(公開求人)、35,646(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【リクルートエージェントの評判/口コミ】転職サイトと求人と費用?悪い?最悪

Doda転職

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

まとめ:【社会不適合者向いてる仕事】仕事が続かない働きたくない?おすすめ

いかがでしょうか。

【働きたくない向いてる仕事】社会不適合者で仕事が続かない?おすすめについておつたえしました。

社会不適合者として考えている人は一度医者にいったほうがよいかもしれません。発達障害者ということをきづきました。私は休職退職をなんども繰り返し、就労支援で色々と相談し、自分に向いている仕事は何か考えていました。

今でも適職にあったと大きな声でいえる自信はありません。だけれども続けることができる仕事がみつかったと思います。働いていると、またいつうつになるか不安になる人もいるかもしれません。

その原因を解明するためにも医者にかよい、治療をしたほうがよいです。そして続けられる仕事をみつけていきましょう。

皆様、一生懸命がんばりましょう。私も頑張ります。

【働きたくない向いてる仕事】社会不適合者で仕事が続かない?おすすめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次