MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【就労移行支援it特化スクール東京の評判】プログラミング・AIなど在宅で学べる場所ご紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

IT業界への就職を目指す障害者の方のために、就労移行支援サービスがあります。

就労移行支援サービスでは、IT・Webのスキルを習得するためのカリキュラムや、就職活動のサポートを受けることができます。

シバッタマン

私もキズキビジネスカレッジやチームシャイニーなどの就労移行支援にかよっていました。

IT特化といっても様々なデザイナーやプログラミングがございます。

就労移行支援でIT業界を目指す際には、自分の適性や興味に合った職種を見極めることが大切です。

自分の適性や興味に合った職種を見極めることが大切です。ITスキルを身につけるための研修も職種に合わせて選ぶ必要があります。

この記事では、IT業界の主な職種と求められるスキルを簡単に紹介します。自分にあった職種をイメージしながら読んでみてください。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【就労移行支援it特化スクール東京の評判】プログラミング・AIをご紹介在宅

就労移行支援 it特化東京やプログラミング・AIをご紹介在宅

就労移行支援 it特化とは?

就労移行支援事業所には、ITスキルに特化した事業所があります。 

ITスキルに特化した事業所にはWord、Excel、PowerPointなどの基本的なパソコンスキルを学ぶところもあります。

その他ににも、ホームページやアプリの作成、デザインやプログラミング、動画編集などのプログラムを提供しています。 またデータサイエンスやAIを学べる場所もございます。

キズキビジネスカレッジ(WEBマーケティング向け)

キズキビジネスカレッジは、障害のある方がIT業界で活躍するための就労移行支援事業所です。

うつ病や発達障害などの理由で離職した方々が再び働くための支援を行う就労移行支援事業所です。

 専門性の高いスキルを身につけることを目的としており、英語やWebマーケティングなどの分野での教育が提供されています

シバッタマン

私はWEBマーケティングを学ぶためにキズキビジネスカレッジにかよっていました。体験談は下記に記載しています。

私は新宿御苑に通っていました。詳しい体験談は下記に記載しています。プログラミングとしては入門者向けにはぴったりだと思います。

②就労移行ITスクール(フロントエンジニアやデザイナー向け)

就労移行ITスクールで学べるITとは、株式会社manaby(マナビー)が提供する、在宅でITスキルを学べる就労支援サービスです。

就労移行ITスクールでまなぺるIT特徴
プログラミング言語Word、
Excel、
PowerPoint、
HTML、
CSS、
JavaScript、
Ruby、
Illustrator、
Photoshop、
Premiere Proなど
受けられるサポート就職活動や面接対策など
おすすめの職種エンジニアやデザイナーなど

③ディーキャリアITエキスパート(フロントエンジニアやWordpressなど)

コース名目標学習内容
プログラマーコースプログラマーとして働くことJavaScript, PHP/MySQL, WordPress
ジェネラリストコースプログラマー以外のIT職として働くこと社内SE、情報システム、IT事務などの諸訓練

フロントエンジニアとしてのプログラマーコースもありますが、ジェネラリストコースでは社内SEなどを目指す方もおおいですね。

社内SEとはクラインを相手にするSEではなく自社のシステムを守るSEです。私も社内SEの経験がありましたが、管理部総務部にありました。

自分でプログラミングを書くことはすくないのですが、ベンダーとのやり取りが多くコミュニケーション能力がもとめられます。

シバッタマン

東京には下記のオフィスがあります。

オフィス名住所アクセス
中野オフィス東京都中野区中野4-7-2 SHビル3階JR「中野駅」北口より徒歩7分
府中オフィス東京都府中市宮町1-1-1 フォレオ府中 4階JR「府中駅」北口より徒歩5分
田町オフィス東京都港区芝浦4-12-44 芝浦TMビル 6階JR「田町駅」西口より徒歩10分

④Kaien(カイエン)

この文章をユーザビリティの高い表にすると、以下のようになります。

コース名目標学習内容
クリエイティブコースエンジニアやデザイナーなどの職種を目指すJavaScript、PHP、MySQL、WordPressなどのプログラミング言語やソフト
IT登竜門IT業界の人気4職種を20日間で体験するHTML、CSS、JavaScript、Pythonなどのプログラミング言語
デザイン登竜門デザイン系の4職種を20日間で体験するAdobeソフトやHTML、CSSなどのプログラミング言語

ウェブデザイナー、ウェブエンジニア、フロントエンドエンジニア、ウェブデザイナー、グラフィックデザインなどのしごとにつくことができそうですね。

⑤チームシャイニー(データサイエンス)

シバッタマン

私がかよっていましたチームシャイニーは、AIやデータサイエンスを学べる先端IT特化型の就労移行支援事業所です

プログラミングを自分のペースで学ぶことができ、就職活動もサポートしています。秋葉原に事業所を構えています

また、学んだ技術の実践の場として、KaggleやSignateのコンペに積極的に参加し、数々の優秀な成績を収めています

チームシャイニーはITスキルを身につけたい方や、データサイエンスの分野で働きたいと考えている方にとって、非常に有益な学習環境を提供していると言えます。

私のチームシャイニーでの体験談はかきで記載しています。

⑥ジョブトレITWEB(WEBアプリケーション)

atGPジョブトレIT・Webは、ITエンジニアやWebデザイナーになるためのスキルを身につけることができる障害者支援サービスを提供している就労移行支援事業所です。

運営しているのは、障害のある方向けの就職・転職サービス「atGP」を運営している株式会社ゼネラルパートナーズです

Training ProgramSkills Learned
WebデザインHTML, CSS, JavaScript, Photoshop, Illustrator
プログラミングPHP,JAVASCRIPT

Webデザイナーやバックエンドのエンジニアになれそうです。対象としてはWEBアプリケーションの構築が多いでしょう。

ジョブトレITWEBについては下記でも詳しく説明しています。

【就労移行支援it特化スクール東京の評判】プログラミングよくある質問

就労移行支援 it特化東京やプログラミング・AIをご紹介在宅

就労移行支援の月収はいくらですか?

シバッタマン

就労移行支援事業所では、利用者が行った作業に対して「工賃」が支払われることがあります

ただし、具体的な金額は事業所や行った作業の内容、作業時間などにより異なります。

 また、就労移行支援事業所の主な目的は、利用者が一般企業での就職や仕事で独立することを目指すことであり、そのためのスキル習得や就職活動の支援を行うことです。

就労継続支援A型事業所では、毎月働いた分だけ給料が支払われます。

プログラミングを学べる就労継続支援は東京にもありますか?

シバッタマン

プログラミングを学べる就労継続支援はかきとなります。

ディーキャリアITエキスパート(東京木場キャリアセンター)東京都江東区プログラミング、Webデザイン、データサイエンス一人ひとりの個性や能力に合わせてカリキュラムを作成
フロンティアリンクキャリアセンター(東京木場キャリアセンター)東京都江東区プログラミング、Webデザイン、データサイエンス就職後の定着支援にも力を入れている
就労移行ITスクール(東京校)東京都千代田区プログラミング、Webデザイン、データサイエンス業界の第一線で活躍する講師による指導
キズキビジネスカレッジ(東京校)東京都新宿区プログラミング、Webデザイン、データサイエンス障害者就職支援で実績のあるキズキグループが運営
Neuro Dive(東京校)東京都港区プログラミング、Webデザイン、データサイエンス脳科学に基づいた学習方法で効率的にスキルを習得
アーネストキャリア(八王子校)東京都八王子市プログラミング、Webデザイン、データサイエンスパソコン初心者でも安心して学べるカリキュラム

就労移行支援はなぜ2年までしか利用できないのですか?

なぜ就労移行支援は最長で2年しか利用できないのでしょうか。それは、この支援を意味のない過ごし方をしている人や団体が利用し続けるのを防ぐためとなります。

 2年間で十分ではなかったけれども、もう1年あれば就職できそうと判断された人だけが、審査委員会によって延長が許可されます。

まとめ:就労移行支援 it特化東京やプログラミング・AIなど在宅で学べる場所ご紹介

就労移行支援においてIT業界を目指す際、様々な職種の中から自分の適性に合ったものを選ぶことが大切です。

IT業界にはプログラマー、システムエンジニア、ネットワークエンジニア・デザイナーなど、多岐にわたる職種があります。それぞれの職種で求められるスキルと専門性が異なります。

 就労移行支援を受ける際には、自分の興味と能力に合致した職種を見極めましょう。

ITスキルを身につける研修も、目指す職種に応じて選択する必要があります。

この記事では、IT業界の主要な職種とスキル要件を簡単に紹介しました。

ご自身の適性を考えつつ、参考にしてみてください。就労移行支援により、理想のIT職種を見つけていただければ幸いです。

【就労移行支援it特化スクール東京の評判】プログラミング・AIなど在宅で学べる場所ご紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次