MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【東京労働経済組合の口コミ】違法?退職代行の評判?6条の評判を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「東京労働経済組合とは評判」と検索しているあなたは、労働問題や退職を検討している中で、信頼できる支援を求めているのではないでしょうか?

シバッタマン

この記事では、東京労働経済組合の評判や退職代行サービスについて詳しく解説し、あなたの悩みを解決するための情報を提供します。

東京労働経済組合は、法適合の労働組合であり、労働組合法第6条に基づいて交渉権限を持っています。

実際に東京労働経済組合を利用した退職代行のユーザーからは、円満に退職できたという口コミが寄せられており、あなたの退職もスムーズに進めることができるでしょう。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【東京労働経済組合の評判】退職代行に特徴は?6条

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行と 6条と違法でない理由や弁護士の紹介

労働組合って何?

まず労働組合は、労働者の権利を守り、労働環境を改善するために活動している団体です。東京労働組合は、退職代行サービス以外にも、労働相談や法律相談などのサービスを提供しています。

 労働組合は「労働者が主体となって自主的に労働条件の維持・改善や経済的地位の向上を目的として組織する団体」、すなわち、労働者が団結して、賃金や労働時間などの労働条件の改善を図るためにつくる団体です。

引用元:労働組合(厚生労働省)

東京労働経済組合とは?

シバッタマン

東京労働経済組合は、日本国憲法第二十八条によって保障された労働者の権利を守るために設立された団体です。

東京労働経済組合は、1999年に設立されました。20年以上も労働問題と向き合っている信頼の高い労働組合です。

東京労働経済組合は、労働者の団結権、団体交渉権、団体行動権を守り、彼らの福利厚生と労働条件の改善に取り組んでいます。

 また、法的な支援やアドバイスを提供することで、労働者が雇用者と対等な立場で交渉できるようにしています。

 労働問題を解決するために雇用者側と交渉することができます。

 彼らは、賃金、労働時間、労働条件、健康・安全上の問題など、あらゆる労働問題に対処することができます。

 そして、彼らは、労働者の法的な権利を守るための活動もしています

。東京労働経済組合は、労働者たちの利益を代表する強力な組織であり、より良い労働環境を実現するため、彼らの団結力を高めています。

組織名東京労働経済組合
執行委員長長谷川 義人
本部〒160-0004
東京都新宿区四谷1-15
アーバンビルサカス8 B棟1階3号室
設立1999年9月27日
法人番号8011305000569

東京労働経済組合の活動内容は?

東京労働経済組合は、労働者の人権と権利を守るため、さまざまな活動を行っています。

シバッタマン

労働組合は、労働条件や職場環境の維持・改善など、職場レベルでの課題はもちろんのこと、労働法制、社会保障制度、経済政策など、様々な社会的問題にも取り組んでいます。

例えば、労働法制に関しては、新しい法律や条例が制定された場合には、その内容を精査し、労働者の権利を守るために改善案を提案することもあります。

 また、社会保障制度に関しては、労働者が適切な保険に加入できるよう、制度改善に向けた提言を行っています。

さらに、東京労働経済組合は、社会的な問題にも積極的に取り組んでいます。

 例えば、高齢者の雇用問題や、女性の職場でのセクシャルハラスメント問題に取り組んでおり、社会全体の問題解決に貢献しています。

以上のように、東京労働経済組合は、労働者の人権と権利を守るため、幅広い活動を行っています。

 職場レベルの問題から、より広い社会的問題に至るまで、幅広く取り組むことで、労働者の生活と権利を守ることに貢献しています。

東京労働経済組合の退職代行サービスって何?

退職代行ガーディアンに申し込むと、東京労働経済組合に加入する形になります。ヶ月で労働組合員としての資格はなくなりますが、追加料金を支払えば組合員としての資格が続きます。

シバッタマン

退職代行ガーディアンは非常に便利なサービスですが、退職に関する手続きは慣れない人にとっては面倒なものです。

 しかし、東京労働経済組合が代行することで、様々な手続きをスムーズに進めることができます。

 例えば、東京労働経済組は退職手続きに必要な書類の作成や提出、企業側との連絡・交渉などを、が代行することができます。

また、東京労働経済組は法適合の労働組合です。法的に認められた労働組合は、労働者が団結して職場での権利を保護する組織です。

 退職希望者の代理になったり、企業との交渉を行えることが法律で定められているため、安心して退職代行を任せられます。

また、退職代行ガーディアンを利用することで、退職に関するストレスを軽減することもできます。

 特に、退職に関するストレスが原因で体調を崩すことがある方には、このサービスを利用することをお勧めします。

当組合は様々なお問い合わせに対応していますので、何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。

対応エリア全国
時間帯365日・24時間
相談方法LINE・電話
利用料金一律29,800円
支払い方法クレジットカード・銀行振込
職場との交渉可能可能
労働組合名東京労働経済組合
代表者氏名長谷川義人
住所東京都新宿区四谷1-15
アーバンビルサカス8 B棟1階3号室
公式サイト退職代行ガーディアン

法的合の労働組合に相談/

退職代行ガーディアンの記事についてはこちらで詳細に記載しています。

【東京労働経済組合の評判】違法でない理由や弁護士や6条

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行と 6条と違法でない理由や弁護士の紹介

東京労働経済組合は法適合の労働組合

シバッタマン

東京労働経済組合の法的の労働組合です

法的な労働組合とは、法律によって定められた基準や規定に従って組織され、労働者の権利と利益を保護するために活動する組織のことを指します。

憲法および労働組合法の保護を受け、労働者のための代理/交渉が可能となっているので違法ではありません。

引用元:法適合の労働組合について

 労働組合は、労働者が働く条件や待遇、労働環境の改善を目指し、労使間の交渉や協議を行って労働者の立場を代表します。

法的な組合とそれ以外を比較にしています。

特徴法的な組合非公式の組合
法的地位法律で認められた法律で認められていない
権利法律で保障された権利に基づいて、使用者と賃金、労働時間、その他の労働条件について交渉する権利があります。また、ストライキやその他の抗議活動を通じて、使用者に対する圧力をかける権利もあります。法律で保障された権利に基づいて、使用者と賃金、労働時間、その他の労働条件について交渉する権利がありません。また、ストライキやその他の抗議活動を通じて、使用者に対する圧力をかける権利もありません。
法的保護使用者からの攻撃に対して法的保護があります。使用者からの攻撃に対して法的保護がありません。
加入率一般的に高い一般的に低い
メリットより良い労働条件、経済的安定、職場での声より良い労働条件が得られる可能性が低く、経済的安定が得られない可能性があり、職場での声が小さくなる可能性があります。

 法律相談サービスでは、労働問題に関する法律問題について、弁護士に相談することができます。

東京労働経済組合の法律相談サービスは、労働者の権利を守り、労働環境を改善するために、とても重要なサービスです。

ただし、法律相談サービスは、法律的なアドバイスをすることのみを目的としています。具体的な解決策を講じることはできません。

法律問題に悩んでいる場合は、弁護士に依頼して法的手段を講じることを検討することも必要です。

詳しくは下記に表にします

特徴法的な労働組合弁護士
目的労働者の権利を保護し、より良い労働条件を確保すること。労働者の法的権利を保護し、労働紛争を解決すること。
サービスの種類賃金、労働時間、その他の労働条件について使用者と交渉する。また、ストライキやその他の抗議活動を通じて、使用者に対する圧力をかける。労働法に関するアドバイス、労働紛争の解決、労働裁判の代理人。
コスト労働組合費を支払う必要がある。弁護士費用を支払う必要がある。
利用可能性多くの場所で利用可能。すべての場所で利用できるとは限りません
シバッタマン

労働者の法的権利を保護し、労働紛争を解決する場合には弁護士の労働組合に依頼することが必要です。

ただ、労働紛争を解決する場合には弁護士の退職代行は非常に値段が高いです。

法的な訴訟でなけば法が適合されている労働組合は安全といえるでしょう。

労働組合法第6条で交渉権限も可能

労働組合は、労働者の権利を守るために活動しています。

労働組合法第6条に基づく「交渉権限」を持ち、団体交渉権が認められ、会社と適法に交渉することができます。

シバッタマン

 この交渉権限は、労働組合が労働者の権利を守るために非常に重要なものであると考えられています。

 これは労働組合が職場における労働者の代表として特別な立場を持っているからです。労働組合が提供できる具体的なサービスは、具体的な組合やその運営方針によります。

ただ、労働組合の代表者または労働組合の委任を受けた者は、使用者またはその団体と交渉する権限がありますが、交渉の結果は保証されません

 しかし、具体的な交渉の内容や範囲は、労働組合と使用者の間の具体的な状況や問題点により、また法律の解釈や適用により変わる可能性があります。

裁判になった場合、弁護士に依頼するしかありません。

第六条 労働組合の代表者又は労働組合の委任を受けた者は、労働組合又は組合員のために使用者又はその団体と労働協約の締結その他の事項に関して交渉する権限を有する

引用元:労働組合法第6条(厚生労働省)

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行での注意点は?

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行と 6条と違法でない理由や弁護士の紹介

東京労働経済組合は法適合の労働組合の注意点は?

シバッタマン

法適合の労働組合におけるデメリットを一般的期纏めています。労働者が労働組合に参加する際に考慮すべき事項を簡潔にまとめています。

デメリットのポイント要約
1. 会費の負担労働組合に所属する労働者は、組合活動費用のために会費を支払う必要がある
2. 集団行動への参加ストライキやデモなどの集団行動に参加することが求められることがある
3. 個別の利益が犠牲になる労働組合が全体の利益を優先し、個々の労働者の利益が犠牲になることがある
4. 労働組合の方針に従う労働組合の方針や決定に従わなければならないことがある
5. 労働組合の政治的立場労働組合が支持する政治的な立場や活動に従わなければならないことがある

参考元:労働組合法(厚生労働省)

シバッタマン

つまり退職代行ガーディアンは普通の労働くまよりはとても安心できるサービスです。

民間企業や労働組合が運営する退職代行弁護士が運営する退職代行
費用相場3〜5万円5〜7万円
代表的な退職代行ニコイチ、JOBS、辞めるんです、SARABA汐留パートナーズ
川越みずほ法律会計

弁護士の退職代行ならみやびがおすすめ

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行と 6条と違法でない理由や弁護士の紹介

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 公式サイトへ /

【東京労働経済組合とは評判?】違法との口コミは?

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行と 6条と違法でない理由や弁護士の紹介

口コミ①:引継ぎしないから違法?

シバッタマン

日本の労働法において、労働者が引き継ぎを行う法律上の義務は明示されていません。 

雇用契約や労働規則で引き継ぎ業務が明記されている場合、労働者はそれに従って引き継ぎを行う義務が生じます。

だが、労働者は退職するのに2週間前に通知をすることが義務付けられています。これは労働基準法第16条で定められており、雇用者に対して2週間の通知期間を守ることが義務です。

たとえば、私は発達障害からうつ病になりましたが、それはメンタルが原因ですぐに休まなきゃいけないというドクターストップがありました。

つまりこのツイートからは背景がみえません。断言をしていますが、ンタルヘルスの問題(例えばうつ病)がある場合、労働者は医師の診断を受け、適切な治療や休養が必要とされることがあります。そのような状況では、引継ぎ作業が困難であることが理解されるべきです。

私はメンタルの問題で引継ぎはしないで退職代行でやめることになりました。

引継ぎの法律上の義務はないですが、労働契約法第5条で定められている、使用者(企業)が従業員の安全に配慮する義務もあります。

引用元;労働契約違法第5条(厚生労働省)

引用元:東京労働経済組合の口コミ(Twitter)

詳しくは下記で記載していますが、診断書の法的効力です。まずは医師の診断を受け、適切な対応を取ることが重要となります。

口コミ②:東京労働経済組合に3か月加入する必要あり

シバッタマン

退職代行ガーディアンに依頼すれば東京労働経済組合に加入する必要はありますが、特別な手続きはないです。

終わればすぐに脱退してもかまいませんので、担当者にお伝えしましょう。

退職代行ガーディアンに申し込むと、東京労働経済組合に加入する形になります。3ヶ月で労働組合員としての資格はなくなりますが、追加料金を支払えば組合員としての資格が続くので対応してもらえます。

東京労働経済組合の口コミ(Twitter)

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】よくある質問と答え

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行と 6条と違法でない理由や弁護士の紹介
東京労働経済組合は違法なの?
シバッタマン

東京労働経済組合は法的な労働組合です。

法律によって定められた基準や規定に従って組織され、労働者の権利と利益を保護するために活動する組織のことを指します。よって違法では全くありません。

東京労働経済組合は脱退はすぐできるの?

組合からの脱退については、本人からの脱退の希望が申し入れられた場合、もしくは当組合が脱退が適当と認めた場合において、当組合が定めた日付けで脱退するものとします。公式サイトに記載されています。 

退職代行の労働組合とは?
シバッタマン

退職代行の労働組合とは、労働者が会社を辞めたいときに、退職の意思を伝えたり、退職後のトラブルを解決したりするサービスを提供する労働組合です。

労働者の権利を守るために、退職の意思を伝えたり、退職後のトラブルを解決したりするサービスを提供しています。労働組合が退職をサポートしてくれるので安心です。

退職代行のユニオンは違法なの?
シバッタマン

労働組合は、労働者の権利を守るために団体交渉権を行使することができます。

退職代行のユニオンは、労働者の退職を支援するために団体交渉権を行使しているだけなので、違法ではありません。

東京労働経済組合とは何ですか?

東京労働経済組合とは、東京都労働委員会から公的な認証を受けている労働組合のことで、適法な手段で退職手続きをサポートしてくれます。

まとめ:【東京労働経済組合とは口コミ】違法?退職代行や6条の評判を紹介

今回の記事では、東京労働経済組合の評判や退職代行サービスについて詳しく解説しました。

 私自身も労働経済組合の退職代行を利用した経験があり、そのサポートのおかげで無事に退職を成功させることができました。

 適切な労働組合を選ぶことで、あなたも安心して退職を進めることができるでしょう。

 法適合の労働組合である東京労働経済組合は、労働組合法第6条に基づいて交渉権限を持っており、円満な退職が期待できます。

ぜひ、この記事を参考に、あなたの退職を成功へと導いてください。

法的合の労働組合に相談/

【東京労働経済組合とは評判・口コミ】退職代行と 6条と違法でない理由と弁護士の紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次