皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法

【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法

フリーランス生活できない

フリーランスになりたいけど、生活費が心配でなにもできないと後悔しなくない

フリーランスになって生活できない状態に陥る人達はもちろんいます。フリーランスは会社員とは違うので生活から、自分の管理はしっかりしなくてはなりません。

フリーランスは何故生活できない状態になるのかをお伝えできればと考えて居ます。フリーランスとして生活できない状態にならない為には気を付けなければならないこともと伝えします。

シバッタマン

今回の記事では【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法についてお伝えします。

目次

【フリーランス生活できない】何もできないと後悔する理由

【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法

フリーランスってどういう職種

シバッタマン

フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです

 ライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどの様々な職種において、個人で仕事をしている人のことを指すことが多いです。自分自身の才覚などで仕事をしています。

フリーランスの平均生活費用は?

シバッタマン

フリーランス全体の平均年収は、約350万円です。 この数字から単純に12等分して計算すると、フリーランスの平均月収は30万円程度です。

 年齢別にみた場合の年収カーブにもフリーランスと会社員の収入傾向の違いが現れます。

年収が500万円以上のフリーランスは全体の1~1.5割程度となります。

引用元:フリーランスの年収

理由1:フリーランスは収入は難しい側面がある

フリーランスだと収入が安定しない真実があります。

フリーランスの最大の欠点は、収入が安定しないことです。会社員だと毎月定められた給与が支払われます。

フリーランスは保証された収入がありません。来月からないという危険もあいrます。無職状態ですね。

⾃分の働いた時間や受注した案件の量、単価によって収⼊が異なるので、会社員と⽐較するとどう
しても収⼊が安定しにくいです。仕事が取れないとさらに収⼊が減ってしまう可能性があり、安定
して⽣活できない可能性が⾼いと考えられています。

フリーランスは単発の仕事が多い!リピーターがいない

 フリーランスは収入が安定しないというのは単発的な売上しかないことです。

フリーランスとしてやっている場合、そもそもリピーターが獲得できない商品構造になってしまっている人が意外にも多かったりします。

意外にも新規獲得ばかりをやってしまい、一度獲得できたお客様に対してのフォローがおざなりといった事で収入が安定しないフリーランスが一定数いるのです。

フリーターは仕事が終わると、案件がなくなります。フリーターとしてはリピーターが少ないという事は収入が安定することがありません。フリーターとしてリピーターを増やす必要があります。

リピーターがいない理由は大きく分けると2つございます。

「リピーターにどの頻度でサービスを販売できるか」

シバッタマン

 フリーランスとしてサブスクリプションを販売していてるのであれば話はわかってきます。サブスクリプションのサービスを売っているなら、毎月課金が前提で作られたサービスです。販売相手が増えれば増えるほど月ごとの収益も増えていきます。

  プログラミングの請負であったり、WEBライターであったり、ホームページのメンテナンスを消化して案件が終了だと毎回が営業が必要になってきます。

納品物をおさめて終わってしまう場合には、毎回リピーターの仕事がいない限り、毎月安定した売上になるかどうか不明です。

 よって先ほどもおつたえしましたが、月額保守契約がなどリピーター獲得を意識する必要があります。 リピーターが増えれば増えるほど販売相手が増えれば増えるほど収益も増えていきます。

「フリーターとして顧客満足度を上げる努力を意識している」

シバッタマン

サブスクリプションもそうですが、フリーターとして仕事を請け負っているのであれば、顧客満足度が課題になります。

収入を安定させるには、何かしら仕組み作りをしましょう。常に営業ばかりを考えていると心が疲弊してしまいます。個人事業主やフリーランスは鬱になる人は多いのです。

リピーター獲得できるような製品やサービスを設計、もしくはパートナーがいれば一緒に考えていくことにしましょう。

一案件の単価が安い仕事を選んでしまっている

シバッタマン

単価が安く生活レベルが高くならないの真実単価が安く生活レベルが高くならないフリーランスが存在します。

 求めている生活レベルになるように価格設定できているのかという問題点が挙げられます。

案件によっては単価が低いケースもあり、それによって「フリーランスは活できない」と考えられているもあります。

例えばいスキルが求められない案件であれば、企業としても予算を割きにくく、結果的に低単価となります。

クライアントの質や、予算の状況によって、単価の相場はきく変わってきます。

単価のい案件を上く探せないと、結果的に収がくなりません。活が厳しくならないようにするためには、「案件探しのノウハウ」も必要となります。

 せっかくフリーランスとしてリスクをとってやっていくのだから、アルバイトと変わらない仕事をしていては意味ないですし、生活レベルも上がりません。

生活レベルを保ちたい場合、価格設定が重要である事は否めないので検討してみることはいかがでしょうか。

フリーランスとして悪評が広まってしまった

シバッタマン

フリーランスとして「悪評が広まってしまっている」のは一番きにしなくてはいけないところです。なぜなら、守ってくれる存在がいないからです。

 社会人としてはたらいているのであれば会社の看板に傷がつくになります。ただ、フリーランスとして仕事をしているのではれば、会社名に傷がつくではなく個人名で悪い噂が立っています。

会社であれば、法人に変わりがいるので変わりがいるのですが、フリーランスだととして悪いイメージがついてしまっているのは会社員とはまた違うのです。

 会社ではなく個人の扱いです。個人に傷がついてしまうとイメージを消し去るのには一人でやらなくてはならず、困った状態となります。。

 フリーランスは個人名です。「あの人、イマイチなんだよね。。。」といった形で噂が広まり、仕事の受注に繋げられなくなる可能性が高くなるわけです。

 営業力がない事以上に悪評は厄介なので、悪い噂が広まらないようにちゃんと自分を振り返って仕事をしていきましょうね。

フリーランスでこれをやってしまうと生活できなくなる

フリーランスには補償がない

シバッタマン

会社員が得られるような補償・福利厚生はフリーランスにはありません。これがフリーランスの厳しいとわれることでもあります。
フリーランスは会社員が加できる労災保険や雇用保険、厚年年金などに入れません。

所属するフリーランスの会社によっては福利厚生がつくところもありますが、一般的にはフリーランスには保証がないとおもった方がよいでしょう。

病気になったとき、また家を買うときも社会的信用はサラリーマンにくらべると圧倒的にさがります。

将来の不安に打ち勝つことができなければ、フリーランスは将来に対してとても不安になり、厳しいと感じるでしょう。

仕事を選ぶことができない

シバッタマン

フリーランスは仕事が選べる点がメリットだといわれています。自分に得意分野があり、営業や集客など仕組み作りができていることがまず大前提となります。


⾃分で仕事を獲得しなければいけないフリーランスは、営業‧集客ができないと選べなくなります。その場合は、好きな仕事でフリーランスになったにも関わらあず、やりたくない仕事や単価が低い仕事も請け負わなければいけなくなります。

つまり、フリーランスとして⽣活が不安定になりやすいです。

自己責任が重すぎて辛くなる

シバッタマン

フリーランスと会社員の違いは上述しましたが、やはりフリーランスは⾃⼰責任の重さが重くて辛くなる時もあります。

会社員の場合は仕事のミスをしても、社員だけの責任になることはありません。会社が人材を選んでお客様に人を配置しているので、組織や団体の責任になります。

ただ、フリーランスは全て⾃分の責任で請け負うことになります。つまり、守ってくれる人はいません。すべてがフリーランス、自分自身を守る必要がでてくるのです。

仕事でミスをすれば誰もかばってくれないので⾃⼰の責任となります。個⼈の信⽤を失いかねません。仕事が減るなど、不安定な⽣活に陥りやすいです。

あれほど嫌だった会社生活がなんて恵まれてくるだろうと思う時もでてくることは自分自身にもありました。会社員に戻りたいとおもったことも多々ありました。

【フリーランス 生活できない理由】何もできないと厳しい後悔してしまう人

フリーランスとして仕事をやっていく為には必要な考え方ばかりなので、しっかりと読んで仕事に活かしてもらえればと思います。

 フリーランスでこれをやってしまうと生活できなくなることを説明します。

顧客との約束を守ることができない

 

シバッタマン

約束の最たるものは納期です。顧客にも顧客がいます。そのためにビジネスがまわっています。顧客に言われたちょっとしたお願い事や調べごと、期日まで用意してほしいものなど、様々な面で口約束をしている事に対して守れないことは信頼感がなくなります。

会社でも約束をまもれないと上司との信頼関係は薄れていくかもしれませんが、決まりきった費用は入ることができます。ただ、フリーランスはそのようなことはありません。信頼関係がなくなることが収入がなくなることになります。

他に約束を守れる他の人が出てきたとしたら、約束を守ってくれる人の方を優先しますよね。納期だけでなく、顧客と会話をしてちゃんと話をすることは常に意識をしましょう。

報連相をしない

シバッタマン

 顧客に対して仕事の途中経過や結果を報連相するのは社会人ではなく、フリーランスでも当然のことです。フリーランスだから自分は関係ないなんて考えると、こちらも信頼関係をなくすことなります。

 「報連相をしない」と言うのはお客様を紹介してくれた人たちからも、仕事の紹介がなくなることになります。仲介してくれた知人や仲間に申し訳ないので報告しにくかったりします。

 万が一、一生懸命やった結果なのであれば、失敗したり上手くいかなかった時ほど報告しましょう。黙っているのが一番よくありません。報告しなかった場合、紹介した側からすると「どうなったのだろう?」と疑いの目になります。問題があったのではと思ってしまいます。

 

結果を報告する事で「今回はご縁がなかったね」となるばあいもありますし、「また次の機会があったら紹介するね」と言ってもらえることもあります。

 売上に繋がらなかったとしても、人間関係を大切にするのがフリーランスとしてはとても重要なことになります。

単価の低い仕事ばかり

シバッタマン

 単価の低り仕事ばかりですと、数勝負になってしまいます。力仕事のようなもので、限界がすぐにきてしまいます。

 フリーターとして実績がない場合は、信頼がありません。低単価で受けて信頼を勝ち取ることも必要になってくるでしょう。ただ、その単価の低い仕事があたりまえと思って発注されるのもよくはありません。単価はしっかりと顧客と見直しをしましょう。

依頼されたことをを断わらない

 

シバッタマン

フリーランスになると仕事を依頼されたことがお金に繋がりますので、喜びになるのはわかりません。ただ、さいしょのうちは信頼を気付くためによいかもしれませんが、いつになっても簡単に仕事を受けてしまうのは辞めましょう。

一これが常態化すると本来やるべき仕事以外の事に時間をとられる事となり、必ずどこかで仕事に支障をきたします。

結果、自分が本来すべき仕事の品質が悪くなったり、手がつかなくなったりして、お客様に迷惑をかける事になります。フリーランスになると制限がない分、何でもやろうとしてしまいます。フリーランスとして売上を上げるにはどうすればよいか考えなくてはなりません。。

仕事をさぼる

シバッタマン

フリーランスは仕事をサボる人には仕事はまわってきません。フリーランスは、正社員と違い、何も言われずにサラッと契約が打ち切ることができます。理由も言われないまま仕事がなくなります。

こういった人は、そんなに遠くない未来に仕事を獲得できなくなったり、低単価の仕事しかもらえなくなったりします。

フリーランスの人に任せたい仕事って、よっぽど専門的な知識を持つ人への依頼でなければ、確実に仕事を遂行してくれる人の方が求められます。

フリーランスにいはいくらでも変わりがいると思ったほうがよいでしょう。

【フリーランス 生活できない】何もできない・厳しいと後悔する前に対処法

【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法

貯蓄をしっかりと考える

シバッタマン

フリーランスとして仕事がなくて生活ができない場合に知っておきたいのが資金調達の手段ですね。ただ、資金調達よりま貯蓄の重要度が高いことを理解しましょう。

会社員の方にとっては「老後のために」くらいの優先度かもしれませんが、フリーランスにとっての貯蓄は毎日を守るものです。

収支計画を立てる上で、家賃や光熱費と同レベルの重要度で
貯蓄枠を確保するようにしましょう。

日々の固定を下げる

シバッタマン

フリーランスとなり仕事がもらえるようになったとしても慢心をしてはいけません。コロナやリーマンショックのように会社側仕事がなくなることがあります。

正社員であれば面倒を見てくれのですが、フリーランスである以上、いくら能力があったとして最初に会社としての固定を下げるにはフリーランスです。


フリーランスには将来の収入の保証は全くありません。日々の生活にかかる固定費は下げれば下げるほど生活できないリスクを軽減できます。

節約にこだわりすぎると生活の幸福度が下がる危険性もあります。自分が幸せに暮らすために何が必要かよく考
えて、最低限の条件を満たした住まいや生活を計画しましょう。

フリーランスになる前に人脈をしっかりと作っておく

フリーランス白書2022によると「仕事の獲得経路」について全体の3割以上が「人脈からの受注」のようです。「過去‧現在の受注先」と答えた人も3割超えのようです。

シバッタマン

人脈や現職や前職での取引先の中から顧客を見つけられるよう、アプローチしたり、フリーランスになる旨を伝えたりできるとよいでしょう。

  

 フリーランスで主要事業としたい業種のコミュニティや、SNS経由で発注を受けたことがあるフリーランス人材も少なくありません。コミュニティやセミナーへの参加、仕事用のSNSアカウント作成もつくっておきましょう。

地域創造的起業補助金を調べておく

シバッタマン

「地域創造的起業補助金」も自己資金をしっかり蓄えているかどのようです。

起業のために日頃から自己資金をしっかり貯めていれば、審査機関の心象がアップし、審査に通りやすいという話もあります。

よい条件で融資が受けられる可能性も上がるでしょう。

ファクタリングなど調達手段を用意しておく

シバッタマン

世の中が、日本がいつ不景気になるかわかりません。資金確保手段は知っておいて損はありません。フリーランスとして長く生きる為に知っておくべき調達手段があります。

フリーランスは所得補償いざという時の所得補償をしてくれる企業やサービスがあったら大変たすかると思います。

病気で体調を崩して働けなくなった場合にフリーランスをトータルでサポートしてくれるのがしてくれる請求書の買取サービスと共に月額の掛け金による所得補償もつける事ができます。

ファクタリング融資ではなく売掛金の買取を行ってくれるファクタリングです。保有する売掛金を売却し現金化する資金調達方法です。
ファクタリングを利用すれば、予定の入金日よりも早く現金化が可能となります。

売上が上がる予定があって売掛金がある場合に、債権を買い取ってもらうことができまうす。即日現金化できるのがファクタリングは覚えておくとよいでしょう。

キャッシングカードローンも必要になるかも

シバッタマン

どうしてもお金がないという場合に便利な資金調達手段ですねキャッシングカードローンいざという時の為に備えておきたいのがキャッシングカードローンです。

本当にどうしようもなくなった時には、すぐにお金を借りられるので助けになります。カ月だけしのがないといけない時などにも便利なので、フリーランスをやるなら1枚はもっておきたいカードです。

まとめ:【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法

いかがでしたでしょうか。

【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法についておつたえしました。

仕事がない状態に陥るのはそれなりの理由があります。選ばれるフリーランスになる為にもリスクを感じながらがんばっていきましょう。

私は今回の記事でフリーランスで生活ができない理由のじれをおつたえしました。

ただ、フリーランスになってよかったとおもっています。

なぜならこのブログのコンセプトである発達障害は人間関係が苦手であり、個人事業主のほうがあっているからです。人間関係がどうしてもいやな人はそれでもフリーランスを私はおすすめします。

【フリーランス生活できない】何もできないと厳しいと後悔する理由と対処方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次