皆様日々で悩んでいる精神疲労を解決するメディアです。

【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?

【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?

在職中に転職活動する方の悩みは忙しく求人情報を見る時間を確保できない。

シバッタマン

こんな転職希望者の悩みを解決してくれるのが、dodaのスカウトサービス、企業側があなたを検索し直接オファーをもらえるありがたいサービスです。

中でも注目は3つのプレミアムなオファー、プレミアムオファー・面接確約オファー・非公開求人オファー、は先輩転職者から高評価を得ています。dodaのスカウトサービスを使いこなして、日々の忙しさに負けず希望の転職を実現させましょう。

今回の記事では下記について気になっている方々多いと思いますのでご紹介します。

今回の記事でわかること
  • dodaのスカウトサービスとはどんなサービス??
  • dodaのスカウトサービスのプレミアムオファーの内定率はどれくらい??
  • dodaのスカウトサービスで勤務中の企業に転職がバレるの??

今回の記事ではプレミアムなオファーそれぞれのサービス内容と、プレミアムオファーでどれくらい内定率がアップするのか詳しく紹介します。

プレミアムなオファーそれぞれのサービス内容と、プレミアムオファーでどれくらい内定率がアップするか紹介します。

目次

【dodaプレミアムオファーとは】とは何者?

まずDodaのプレミアムオファーって何?

シバッタマン

まずDodaには下記のサービスがあります。今回はおすすめするのはスカウトサービス、プレミアムオファーとなります。

Dodaのサービスについて
  • スカウトサービス
  • ヘッドハンティングサービス
  • 年収査定
  • キャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • エゴグラム適職診断

企業から直接オファーをもらえる

シバッタマン

dodaのスカウトサービスとは、企業サイドから直接オファーをもらえる、ありがたいサービスです。dodaのプレミアムオファーとは、あなたの経歴・スキルをチェックした企業が、直接会って話してみたいと高く評価したときに出す特別なオファーです。

多くの方は在職中に転職活動するため、特に平日は忙しく求人情報を見る時間がないと悩んでいる方が多い傾向です。

dodaのスカウトサービスを利用すると、通常の転職活動とは逆の動き、企業サイドから登録したWeb履歴書や職務経歴書をチェックしてくれます。

あなたが山盛りな求人情報から検索し応募しなくても、企業側があなたを検索し、スキルや経験を検討・評価しオファーしてくれるのです。

企業からの直接オファーは、スキルや経験などマッチチングが大半です。
転職希望者にはホワイト企業や大企業など気づいていないオファーも含まれます。

スカウトサービスは、企業サイドから検索してもらえる、忙しく転職活動の時間を確保しにくい方におすすめとなっています。

中にはプレミアムなオファーがある

シバッタマン

dodaのスカウトサービスには、興味を持ってくれた企業からのオファーがメリットだとお伝えしました。
アピール度がより高い、プレミアムなオファーがあります。下記の3つとなります。

スペシャルなDodaの3つのプレミアムオファーについて
  • 特別に厳選した方だけに送る「プレミアムオファー」です。既に企業側が惚れ込んでいるため、内定を獲得する可能性が高いオファーとなります。
  • 書類選考がない「面接確約オファー」です。どうしても応募してほしい方に書類選考は通過していることを伝えるオファーになります。
  • 通常の検索からは応募できない「非公開求人オファー」です。公開求人すると応募者が殺到しそうな人気職種からオファーをもらえます。

面接を確約してくれるオファーがある

シバッタマン

dodaのスカウトサービスには、応募すれば必ず面接してもらえる「面接確約オファー」があります。

企業側がどうしても応募してほしい気になる人材がいたのであれば、書類選考をスキップしたいとかんがえていてすぐにでも欲しい人材がいます。
面接を実施する特別なオファーです。転職者にとってもとても有効的なサービスです

あなたにも興味を持ってもらうため、スカウト担当者の写真・経歴、企業の社風や一緒に働くメンバーの情報なども送られるケースもあるのです。

dodaのプレミアムオファーを送った企業は、あなたを書類審査と一次面談をパスし、最終面談へ進んだ応募者と同等以上で評価しています。

そのため、プレミアムオファーを受け取った転職希望者が応募した場合、面接が確約されているケースがほとんどです。

プレミアムオファーを受け取った方は、転職のスタート地点がゴール手前になり、これほど優遇されている転職活動はないでしょう。

逆に考えるとほぼ内定を得られる面接のため、内定が確定した後は断りにくい状況になると予想されます。

プレミアムオファーを受け取った企業への応募は、応募者側も十分に企業研究してからの決断をおすすめします

非公開求人からプレミアムオファー

シバッタマン

dodaのプレミアムオファーは、dodaで検索できる企業や募集中の職種に加え、非公開の求人案件からオファーをもらえることがあります。

企業が求人を非公開にするのは、事業戦略に直結しているシークレットな募集や、効率的に素早く採用活動を進めたいケースが多い傾向です。

企業の募集情報はライバル企業も見ており、公開で募集すると、どの分野を強化する予定なのかライバルにバレてしまいます。

人気の高い募集案件は、公開で募集すると応募者が増えて選考に時間がかかり、素早く補強できない事態になってしまいます。

非公開求人はこのような背景の募集であり、プレミアムに値する経験やスキルを持つ転職希望者は、非公開求人の対象になるのです。

【dodaプレミアムオファーとは】金額や内定率は?

【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?

プレミアオファーの金額は?

シバッタマン

企業側から応募の連絡をもらえ内定率が高いdodaのプレミアムオファーです。通常登録は無料のdodaですが、プレミアムには特別料金が必要か心配な人も多いのではないでしょうか。

それが、なんとプレミアムオファーをもらえる「スカウトサービス」も、追加費用無しの無料で対応してくれます。

「スカウトサービス」を利用するには、登録すれば良いだけで費用は一切かかりません。doda登録者なら利用したほうがよいと思いませんか?

「スカウトサービス」に登録していれば、仕事をやめなくても、今の業務が忙しく転職活動する時間がないという人にも心配がございません。

なぜなら、企業の方からあなたを検索してくれますので、しらずに転職活動ができているのです。企業側からの依頼があれば、あなたの経歴キャリア・スキルはすでに気に入れています。

働きながらでも転職まで話が早くまとまる、つまり内定までが早いケースとなります。追加費用無しで利用できる「スカウトサービス」は、doda利用者はもちろんのこと、全ての転職希望者へおすすめのサービスといえます。

通常応募より内定率が高い

シバッタマン

dodaのプレミアムオファーは、企業が経験やスキルを評価し厳選した方だけに送る特別なオファーです。

一般的な転職応募では、書類選考から応募した場合、内定率は4.5%ほどしか無いのが一般的です。書類選考を通過して面接に進む確率が25%ほどです。そこから内定を得られる方は20%ほどしかいません。下記のDodaのサイトにも記載がございます。

引用元;Dodaの転職者のプレミアムサービス(面接通通過率)

なんど、オファーした企業が求める経歴・スキルとのマッチ度がとても高いです。プレミアムオファーの内定率は50%ほどで書類選考からの応募と比較し約11倍もアップします。やはりプレミアムオファーはプレミアムなオファーです。内定率50%ほどのプレミアムオファーが、いかに企業側が惚れ込んだスペシャルなオファーなのかわかることでしょう。

つまり、プレミアムオファーを使えば内定率が2倍以上で、最終面談まで進んだ方の内定率とほぼ等しいため、プレミアムオファーは最終面談相当の扱いであるといえます。

【dodaプレミアムオファーとは】怪しい体験談や知恵袋の意見

【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?

プレミアムオファーによくある勘違い

シバッタマン

Dodaのプレミアムオファーは企業側が転職希望者を検索し、求人職種が求める職歴やスキルレベルを満たしている方へ送るオファーです。

一般的な求人募集とは、応募者と企業との立場が逆になっているため、勘違いしてしまう転職希望者がいます。

YAHOOの知恵袋にもDodaプレミアムオファーに関する質問が多々ありました。

DODA に登録してたらプレミアムオファーを貰ったのですが、あれはやはり特別なんでしょうか? 調べてみたら企業の採用担当がキチンと経歴を見た上でオファーを出しているという旨や内定率が他 の応募に比べて3倍(本当に?)だったり、ほぼ内定確実(これは大袈裟もしくは嘘では?)というような書かれ方をしていましたので、それほど他と違うのかと改めてわかりました。

引用元:Dodaプレミアムオファー(YAHOO知恵袋)

以下に紹介する、よくある勘違いを参考にして、プレミアムオファーの本質を正しく理解し、有効に活用しましょう。

応募しても内定を得られないケースがある

シバッタマン

企業からプレミアムオファーをもらった方の内定率は、50%ほどであり、高いです。ただ、逆に考えると約半数の方は内定を得られていません。

プレミアムオファーは内定決定ではありません。オファーがあっっても勘違いしないよう注意が必要です。

プレミアムオファーは、最終面談相当です。それでも、50%ほどの内定率で、かつ在職中に転職活動ができているのであればお得なサービスです。

最終面談で企業側のイメージ通りの人物であることを確認できれば内定決定、もし何らかの違いがあれば保留ということです。

プレミアムオファーの面接だからと、面接準備や練習を怠ったり、企業研究をおろそかにしては内定を得られないのは言うまでもありません。

希望にあわない企業からオファーがくる

シバッタマン

dodaスカウトサービスのプレミアムオファーは、企業側がdodaに登録されている転職希望者のデータを見て判断し、オファーの申し入れをしてくれます。

企業側のオファーであるため、経験やスキルが求人職種とマッチしているのか判断するのは企業側です。

従いまして、転職希望者にとって希望にあわない企業からオファーがくることもあるでしょう。

企業側の選定には、転職希望者が実現したい希望や条件は必ずしも反映されないため、希望外の企業からオファーももらうのは仕方がありません。

オファーを送ってくれた企業から見れば、あなたは求人内容にマッチした魅力的な人材であることに間違いありません。

現職の業界や職種に縛られすぎて、求職の視野が狭くなりオファーを送ってくれた企業の存在に気づいていなかった可能性もあります。あなたの経歴やスキルを評価したくれた企業で働くメリットはないのか、本当に希望条件にマッチしないのか十分に検討する価値はあるでしょう。

現職に転職活動していることが発覚してしまった

シバッタマン

転職のことがバレたときは、相手は証拠を握っている可能性があります。言い訳すると厳しい追求が始まるキケンがあり、まずは素直に認めた方が無難です。

続いて転職理由を聞かれた場合、正直に答える必要はありません。仕事内容や役職の不満など対処できる理由は対応してくれる可能性があります。

対応してくれると転職しづらい状況になります。他業種・職種へのチャレンジ、結婚や介護などによる拠点の変更など対処できない理由が必要です。

希望の転職先や検討中の企業を聞かれた場合、決して同業他社と言わないようにします。就業規則違反を指摘され、ややこしくされる心配があります。

転職がバレても次の転職が決まるまで現在の職場で勤務する必要があります。いやなうわさが広がらないよう今まで以上に熱心に仕事をしましょう。

仮に居づらい雰囲気になっても、退職を早まってはいけません。経済的に困らないためにも退職は転職先が決まった後にします。

【dodaプレミアムオファーとは】登録・利用の流れ

【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?

登録・利用の流れ

シバッタマン

Dodaスカウトサービスの登録に必要な情報は下記となります。

DODAスカウトサービスの登録内容
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 現住所
  • 電話番号
  • 会員ID(メールアドレス)
  • パスワード
  • 最終学歴
  • 卒業区分
  • 現在の勤務状況
  • 転職回数
  • 勤務先会社名
  • 業種
  • 職種
  • 年収

登録内容はWeb履歴書にも反映されるため、登録前には入力内容が正しいか再度のチェックをおすすめします。

スカウトサービスに登録

シバッタマン

dodaの会員登録が終了すると、スカウトサービス・エージェントサービスなど各種サービスの希望有無をチェックする画面が現れます。

スカウトサービスを希望するをチェックし、追加で求められる情報を入力します。

卒業学校名 卒業年月 転職活動状況 雇用形態 勤務期間 職務内容 希望勤務地

こちらもWeb履歴書へ反映され、オファーを検討する企業がチェックするため、正しい情報を登録するよう心掛けます。

履歴書・職務経歴を登録

相談者

dodaには独自のWeb履歴書があり、スカウトサービス登録時の情報である程度入力されています。追加で空欄部分を記載すれば完成です。

Web履歴書は企業がダイレクトオファーを送る際、参考にする書類であり、スカウトサービス利用者は登録必須となります。

Web履歴書の中で、企業の採用担当者が最も注目してチェックするのが職務経歴です。

あなたが今まで積み重ねてきた経験や、高めてきたスキルを採用担当者がわかりやすいように工夫して記載することがプレミアムオファーへとつながります。

dodaのサイトには、転職初心者でもわかりやすいよう詳細な「職務経歴書の書き方」があり、職務経歴を初めて書く方は参考にすると良いでしょう。

引用元:職務経歴書の記載方法(DODA公式サイト)

企業のオファーを確認

あなたが登録したWeb履歴書をチェックして企業がオファーを出すと、登録したメールアドレスに連絡が届きます。

dodaの会員専用ページへアクセスし、「紹介求人を見る」の「企業からのオファー」からオファーの詳細な内容を確認できる仕組みです。

オファーの内容や企業の情報をチェックして、あなたも応募したい求人と判断すれば「応募する」からオファーに応えられる使いやすいシステムといえます。

【dodaプレミアムオファーとは】よくある質問?無視など

第2新卒でもオファーは来るのか?

シバッタマン

dodaのスカウトサービスを利用する企業の採用担当者が注目するのは、Web履歴書に記載されている経歴やスキルが中心です。

社会人経験が浅い20代や第二新卒の方、もしくは新たな業界や職種への転職を希望している方には不向きなサービスと思われがちです。とはいえ、企業の求人にはさまざまな条件や希望があり、必ずしも経験やスキルのみを重視せず、やる気や伸び代に注目するケースもあります。

未挑戦の新規事業では、経歴やスキルよりも挑戦意欲や新知識を吸収する意欲を優先し、社会人歴に関係なくオファーするケースがあります。社会人歴が浅いためスカウトサービスは意味ないと自分で判断せず、dodaへの登録と同時にスカウトサービスへの登録もおすすめします。

行きたくないか会社からオファーがきたが無視したい?

シバッタマン

dodaのスカウトサービスは、企業側から見て興味のある転職希望者へ送るオファーです。オファーの中には興味のない企業や業界・職種からのオファーも含まれているケースがあります。

普段から礼儀正しく丁寧な方ほど、興味のないオファーでもきちんとお断りの連絡を入れた方が良いか心配になりますよね。ただ、辞退する場合の連絡は不要です。

ブラックリストに載ったり、その後のオファーに影響したりはしないので、興味のないオファーは無視しても問題ございません。

DODAの公式サイトにも記載されています。

必要ありません。

会員専用ページに届く「企業からのオファー」や、オファーが届いたことをご連絡する「お知らせメール」への辞退連絡は不要です。

オファー内容やその他ご質問がある場合、求人によって問い合わせ方法が異なりますのでご注意ください。

引用元:オファーに辞退連絡・返信をする必要はありますか?(DODA公式サイト)

応募前にオファー詳細を確認してから判断したい場合は、オファーの「連絡先」から企業へ直接問い合わせができます。興味がある企業では、チャンスを無駄にしないためにも、疑問点を確認してから最終判断すると良いでしょう。

内定をもらえないケースがある?

シバッタマン

プレミアムオファーの内定率は50%ほどです。つまりプレミアムオファーをもらっても、応募者の約半数は内定を獲得できないのが実態です。企業側がプレミアムオファーに相当する人物と評価したのは、dodaに登録したWeb履歴書に記載の経歴やスキルが魅力的なためです。

それにも関わらず、企業側から送ってきたプレミアムオファーなのにと不満になる人もおおいです。

 しかし、応募して内定をもらえないことを不満に感じる方もいます。一般的な求人応募で最終面談まで進んだ場合の内定率が50%ほどであることを考えると、何も不思議なことではありません。

たとえば、プレミアムオファーで企業側が採用するつもりでもあなたに熱意が感じなかったりしたら、内定にはならないですよね。スキルやキャリアはクリアしていますので、最終的には会社にあうかどうか、性格などのチェックになります。これは面談をしないとわからないですね。

企業側の期待が高ければ高いほど、面接で実際に本人確認したときの違和感を感じることはあるでしょう。その場合は内定を出さないですね。ただ、それはあくまでオファーをだした会社の社風があってないと判断されただけであり、スキルや経験はあっているので自信をもってよろしいのではないでしょうか。

もし、プレミアムオファーの面接であっても、どうしても入社したい会社なのであれば、通常の採用と同じように企業研究と面接対策はして熱意を面接官にみせるようにしましょう。

まとめ:【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?

いかがでしょうか。

【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?についてお伝えしました。

登録した会社の採用担当者は閲覧できません。安心・安全・快適に利用できるのがスカウトサービスです。こんな転職希望者の悩みを解決してくれるのが、dodaのスカウトサービス、企業側があなたを検索し直接オファーをもらえるありがたいサービスです。

ぜひ利用を検討してみましょう。

【dodaプレミアムオファーとは】落ちた?怪しい体験談?無視?金額?内定率?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次