MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【手取り15万一人暮らし女?】家賃や貯金が無理か調査?

当ページのリンクには広告が含まれています。

手取り15万円で一人暮らしを始めた私の大学時代の後輩女性は、家賃や貯金の問題を常にかかえていました。。

後輩女性は家賃だけで月6万円以上かかり、食費や光熱費を含めると月々の出費は15万円近くに。そんな状況で、貯金はほとんどできないと嘆いました。

 それでも後輩女性は工夫を重ねて生活を続けています食費を抑えるために自炊を中心とし、光熱費削減のために省エネを実践。趣味や交際費も最小限に抑えて、少しでも貯金ができるように努力しているのです。

 彼女いわく、手取り15万円での一人暮らしは簡単ではないものの、工夫次第であるレベルの生活は可能とのこと。

 しかし、将来への備えを考えると、やはり収入アップが必要不可欠だと痛感しているようです。

私の後輩女性の体験談を交えながら、手取り15万円で一人暮らしをする女性の実情に迫りました。

帆記事では、家賃や貯金の問題は多くの女性が直面する課題ですが、節約術や収入アップの工夫など、解決のヒントをお届けできればと考えています。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
目次

手取り15万一人暮らし女?】家賃や貯金が無理?

手取り15万は生活費が無理!

1人暮らしは実家暮らしとは異なり、一定の家賃が毎月かかります

。1人暮らしで、手元にお金を残すためには、家賃を極力抑えることが重要です。

家賃や食費、光熱費、交通費などの生活費だけでも、かなりの金額がかかるはずです。

 また、上記のように趣味や娯楽費も削らなければならず、精神的にも肉体的にも疲れてしまうでしょう。

手取り15万の家賃は?

家賃の相場は収入の3分の1が良いとされています。

手取り15万円の場合には、家賃は大体5万円ほどになります。

家賃と他の支出を入れると大体以下のようになります

上記を合計すると8万6千円で手取り15万円から差し引きすると、6万4千円が手元に残る金額です。

交際費として3万円使った場合には3万4千円が手元に残る形になります。

地方ならなんとかなるというかんじでしょうか。

東京だと更に家賃が高い

東京は、非常に人口密度が高いため、物価も高い傾向にあります。

 特に、住居の家賃はかなり高く、ワンルームや1Kの物件でも通常5万円を超えるものがほとんどです。

したがって、女性が一人暮らしで東京に住む場合、家賃を抑える必要がでてきます。

例えば下記を意識してみましょう。

概要内容
家賃相場が低いエリア家賃相場が低いエリアは、東京でも多く存在します。足立区や江戸川区、葛飾区などは、家賃相場が低いエリアとして知られています。
駅から離れた物件駅から離れた物件は、駅近の物件に比べて家賃が安い傾向があります。ただし、通勤や買い物などの利便性が低くなる点には注意が必要です。
家賃の安い間取りワンルームや1Kは、1LDKや2LDKに比べて家賃が安い傾向があります。また、バス・トイレ別やオートロックなどの設備が付いていない場合、家賃が安くなることがあります。
移動コスト東京では多くの電車やバスが運行されており、これらを効果的に活用することで移動コストを抑えることができます。通勤や外出時には、交通の便が良い場所に住むことで、交通費の節約にも繋がります。
生活費を節約食費や生活必需品についても見直す必要があります。スーパーマーケットやディスカウントストアで安価な商品を探すことや、自炊や外食の頻度を調整することで経済的なメリットを得ることができます。
ルームシェアをするルームシェアは、1人で住む場合と比べて家賃を抑えることができます。ただし、生活スタイルや価値観の違いによるトラブルが発生する可能性もあるため、事前にしっかりと話し合っておくことが大切です。

 1人暮らしでの賃貸の探し方

シバッタマン

地域によって家賃相場は異なりますが、駅に近い立地で家賃5万円の物件はあまりないです築年数が古かったり、内装があまりよくない場合があります

。いくら家賃相場を5万円にするとは言っても、住み心地が悪い家に住んでしまうと、ストレスが溜まり体調を崩してしまいます。

家賃5万円で賃貸を探す場合には、ある程度駅から離れていて築年数が新しい物件に絞ってみるのも得策です

もし手取り15万円で毎月貯金をしたいのであれば、交際費や携帯代など削減できる部分でどれだけ捻出するのか自分で考えていく必要があります。

②手取り15万で実家暮らしの場合

東京の家賃は高額ですが、実家暮らしであれば家賃がかかりません。そのため、食費や交際費などの生活費を抑えれば、十分に生活できる可能性があります。

まず実家暮らしの場合に関して家賃が抑えられることと、家賃が払えなくなるリスクを抑えられることです。

1人暮らしをすることで、最もかかる費用は家賃です。自分で賃貸を契約している人は、まず自分の住む部屋の家賃予算を用意しておかなくてはいけません。

シバッタマン

しかし実家であれば、家賃は基本的に0円です。

手取り15万円の貯金は?

もちろん、手取り15万円では、貯金や旅行などの特別な出費は難しいかもしれません。

しかし、節約や工夫次第で、十分に生活できる可能性はあります。

1人暮らしだと、収入が途絶えたりで家賃が払えなくなると部屋を出ていくリスクもあります。実家暮らしであれば、家賃が払えなくなるリスクもありません。実家に住む人は大抵収入の一部を家に入れることになります。

また、実家暮らしは1人暮らしとは異なり、家賃や水道光熱費がかからないため、貯金がしやすいです。

しかしその分無駄に買い物をしがちです。そうなると実家に住んでいるにもかかわらず、貯金が一向にできないという状況にも立たされてしまいます。

貯金をすれば、手取りが少なくても、将来に対する積立をすることができます。

ある程度まとまったお金になれば、投資をして資金を増やすことができます。

 無駄遣いしないために、毎月の支出を決めておくことが重要です。よって将来を考えて転職ができるような努力が必要になるでしょうね。

シバッタマン

新卒であったり20代前半であれば実家暮らしは随分と可能かと思います。手取り15万円でもなんとか生活ができるかと思います。

実家暮らしの場合であれば、手取り15万円でも充実した生活が送れる可能性があるということです。

つまり、地方での生活は、経済的負担を大幅に減らすことができ、より快適で豊かな暮らしを実現することができるのです。

【手取り15万一人暮らし女?】よくある質問

【手取り15万一人暮らし女?】よくある質問

手取り15万 いくら貯金できる?

月々の貯金目標を設定しましょう。手取り15万円なら、3〜5万円の貯金が現実的です。

まず、家賃、光熱費、通信費、保険料など毎月かかる固定費を把握しましょう。

これらの出費を差し引いた残りが、自由に使えるお金となります。

次に、食費、日用品、交際費など変動費を見直し、無駄な出費を減らすことで貯金の余地が生まれます。

節約のコツは、外食を控え自炊で料理すること、買い物はまとめ買いや特売品を活用すること、不要なサブスクリプションを解約すること、交際費は予算を決めて管理することなどです。

手取り15万で一人暮らしをする場合、支出の内訳は?

手取り15万円で一人暮らしをする場合、一般的な例を挙げてみましょう。

項目金額説明
家賃6万円都市部の平均的な一人暮らし用のワンルームマンションの家賃。
地方都市や郊外ではもう少し安い場合もある。
食費3万円自炊を中心に、外食や食品の宅配サービスを適度に利用する場合の目安。
節約次第でもう少し抑えることも可能。
光熱費1万円電気、ガス、水道などの光熱費の一人暮らしの場合の目安。
省エネを心がけることでさらに節約できる可能性あり。
通信費1万円スマートフォンの料金やインターネット回線の利用料金など。
格安SIMへの乗り換えや、回線の選択によっては安くなる場合もある。
その他の支出4万円交通費、日用品、衣服、趣味、交際費など、個人差が大きいが、目安として月々4万円程度。
合計15万円手取り15万

手取り15万で一人暮らしをするには生活費の内訳は?

一人暮らしに必要な手取り額は、一般的な目安として以下のように考えられます。

ただ、東京都心部など家賃が高い地域では、手取り15万円では厳しい生活を強いられる可能性があります。

シバッタマン

収入を増やすために、副業やスキルアップを検討することも一つの選択肢です。

手取り額生活レベル説明
12万円〜15万円最低限の生活– 家賃を抑え、食費や光熱費などを節約しながら、質素な生活を送ることになります。
– 貯金や趣味、交際費などに回せるお金は限られます。
18万円〜20万円ゆとりのある生活– ある程度の貯金や趣味、交際費などにもお金を回すことができます。
– 住む地域によっては、より広い部屋や設備の整った物件を選ぶことも可能です。
25万円以上快適な生活– 住む地域や物件の選択肢が広がり、快適な生活を送ることができます。
– 貯金や投資、趣味、旅行などにもお金を回すことができるでしょう。

まとめ:【手取り15万一人暮らし女?】家賃や貯金が無理か調査?

今回の記事では、手取り15万円で一人暮らしをする女性の実情について、私の知人の体験談を交えながら解説しました。

 都心部のワンルームマンションに住み、家賃だけで月6万円以上、食費や光熱費を含めると月々の出費は15万円近くになり、貯金はほとんどできない状況です。

 彼女は諦めずに工夫を重ねています。

 例えば、食費を抑えるために自炊を中心とし、光熱費削減のために省エネを実践しています。

また、趣味や交際費も最小限に抑えて、少しでも貯金ができるように努力しているのです。

手取り15万円での一人暮らしは簡単ではありませんが、工夫次第である程度の生活は可能です。

大切なのは、諦めずに自分なりの解決策を見つけ出すこと

あなたも、知恵を絞って、理想の一人暮らしを実現してください。

【手取り15万一人暮らし女?】家賃や貯金が無理か調査?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次