MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【退職代行ニコイチで失敗?】怪しい違法や詐欺とは?クレームってなぜ?

当ページのリンクには広告が含まれています。

退職は人生の大きな転機であり、複雑な法的問題や労働条件などについて理解しておくことが必要です。

シバッタマン

退職代行サービスは、こうした複雑な過程をスムーズに進めるために存在します。しかし、「ニコイチが失敗する」「ニコイチは違法」という情報が飛び交う中で、その真実を探すのは困難です。

そこで本記事では、「退職代行ニコイチ」についての真実を徹底解説します。

2004年からの運営で、43,000件以上の退職代行を成功させてきた実績を持つニコイチです。

 クレームがあったとしても、その原因と対策、そして何より弁護士が監修しているという事実があります。

この記事を読めば、あなたは退職代行ニコイチについての理解を深め、そのサービスを有効に活用するための知識を得ることができます

  失敗や違法性の噂に惑わされることなく、あなた自身の退職を成功させるための一歩を踏み出すことができるでしょう。

退職代行ニコイチの紹介
ニコイチおすすめ
退職代行ニコイチ
総合評価
( 5 )
メリット
  • 退職代行ニコイチは4000人以上、退職成功率100%の実績
  • 退職代行ニコイチは転職サポート付き
  • 退職代行ニコイチは業界最安値クラスの料金(28000円)
デメリット
  • 退職代行サービスなのでアフタフォローは弱いので転職サポートは期待しないほうがよい
  • 裁判を起こす場合にはニコイチでは弁護士の退職代行ではないので不利
    退職代行ニコイチのおすすめポイント!
    • 退職代行ニコイチは、電話代行時代から14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者です。
    • 業界最安クラスの28000円で退職が可能です。
    • スピード感と料金を重視している退職代行ユーザー様におすすめのサービスとなっております。

                  

公式サイトをクリック

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【退職代行ニコイチで失敗?】失敗違法やクレームってなぜ?

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?

退職代行ニコイチは怪しいなの?

安心してください!退職代行ニコイチは違法ではありません!

労働に関する法律は難しいものと一般的には捉えられていますし、決して簡単なものではありません。

 ただ、日常生活を普通に送っていれば何も問題がないように、労働に関する法律とは、「働く誰もが当たり前に過ごせるルール」と考えれば、実はそれほど難しい問題ではないのも事実です。

弁護士監修だが弁護士代行ではないから怪しい?

シバッタマン

退職代行ニコイチの前にそもそも退職代行って違法と検査エンジンにもでてきます退職代行ニコイチは違法ではありません。

退職代行にて辞める意思を会社に伝えるだけであれば法律違反になりません。退職代行業者が非弁行為を行うと違法行為となるケースがあります。

辞める会社と交渉できるのは、弁護士資格を持つ場合か、労働組合の団体交渉権を利用する方法の
み。
違法行為となるのは、民間企業で交渉ができないのにも関わらず、交渉ができることをアピールする代行業者となるでしょう。

ニコイチの有給サポートが怪しい?

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?

退職代行業ニコイチについて「弁護士法に違反してるのではないか?」との声も聞かれるようです。

顧問弁護士がニコイチを使者として扱い、本人に代わり第三者として退職の意思を伝える代理行為と
することで合法の範囲に収めています。

金銭請求に関する交渉は非弁行為にあたり、対応不可となります。ただ、有給消化サポートはついております。

ニコイチの対応不可は?

・残業代の請求

・退職金や残業代の支払い

怪しいはないが24時間対応ではないのでクレームなの?

営業時間は7時から22時となっており24時間体制ではありませんが親身に対応してくれます。朝に電話すれば迅速な対応がありますので即日に退職可能です。対応時間→7時から22時です。おそくても次に日には退職が可能です。

シバッタマン

ニコイチは24時間対応ではないものの朝7時から営業しているので、その日から会社には行きたくないといった場合でも依頼できます。

そもそもなぜ退職代行ニコイチは怪しいクレームと考える人がいるのか?

シバッタマン

「そもそもなぜ退職代行ニコイチは違法だと考えられるようになったのか?」についてご説明いたします。

 退職経験がある方の多くは、おそらくまずは自分の口で上司に辞めたい旨を伝えたことと思います。

 退職代行ニコイチに限らず代職代行サービスでは他人を介して、辞めたい旨を伝えて貰うわけですから、「それって大丈夫?」と考える人がいるのも、当然のことでしょう。

退職代行ニコイチが怪しいクレームにならない理由は?

「退職の意向を伝える」という行為だけならば、本人の口から言うことが一番だとは思いますが、第三者である退職代行業者のスタッフが伝えても、何ら問題はありません。

一般的に企業の多くは退職の意思表示として、文書による退職願の提出を求めます。

 つまり、たいていの会社では、口頭で退職の意思を聞くだけではなく、退職願を提出して貰い受理することではじめて、退職を認めているのです。

多くの企業では結論的には、本人から退職届を出してもらうことで退職を認めているわけですから、退職代行業者が行っている「依頼主の退職したいという意向を口頭で勤務先に伝える行為」はあくまでも「依頼主の退職のお手伝い」であるだけなので、違法にはあたらない、というわけです。

退職代行ニコイチのサービスはクレームにならないの?

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?
シバッタマン

今までのお話を聞いて退職代行ニコイチのサービスは違法ではないかと考える人もいるかもしれません。

「退職することを口頭で伝えて貰うことが違法にならないことは分かったけれど、じゃあもし有給休暇が残っている場合、その交渉も退職代行業者にやって貰っていいの?退職願も書いて貰っていいの?」

という考え方も出てくると思います。ではいったい、この「有給の交渉や退職願を代理で作成して貰うこと」などは、退職代行業者に対応してもらうことができるのでしょうか?

退職代行ニコイチのサービスの有給消化サービスは?

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?

今さらではありますが、まずは「有休」とは

シバッタマン

有休とは、たとえ会社を休んでも有休の申請を会社にしておけば、勤務したとして休んだ日の分の報酬が得られる制度になります。
働いた経験のある方ならば、多かれ少なれ、利用したことのある制度だと言えるでしょう。

 

 多忙な企業に勤めている場合、休みづらいこともあり、有給はかなり残っていると思います。筆者も以前お世話になった会社で、残っていた有休は2か月分でした。

相談者

 私の経験ではありますが、2か月分も残っていたので、退職後、雇用保険を貰うまでの間の“つなぎ”として非常に助かったことを記憶しています。

 話を戻して退職するときに有休がかなり残っていると「うわぁこの有休、いったいどうなるんだろう…」と不安を感じますよね?

 ただ、その退職者の方がちゃんと有休の消化について勤務先に交渉できるタイプであったり、企業側に退職者の有休消化の実績があれば、有休消化の交渉はスムーズに進むと思います。

しかし実際のところ、退職者はとにかく辞めたい一心で有休の消化交渉をしなかったり、企業側に退職者の有休消化の実績がなく、残った有休自体を「なかったことに」してしまう会社も実際にあるようです。

 もし退職後残る有休について、退職予定者本人の口から「消化をさせてほしい旨」を伝えることができないけれども、どうしても「有休消化をさせて欲しい」と思った場合、どうすればいいのでしょうか?

繰り返しにはなりますが、退職代行業者ができるのは「退職したい旨を伝えること」までになります

 そこで登場するのが弁護士です。弁護士なら「退職予定者が有休消化をさせてほしいそうなのですが…」と交渉することができます。

退職代行ニコイチは弁護士の退職代行ではありません。退職業界を大きくわけると下記になります

公式サイトをクリック

【退職代行ニコイチで失敗?】違法トラブルってなに?

退職代行ニコイチは違法と書かれている真相は?


ニコイチは、弁護士が運営している退職代行サービスではありません。

そのため、弁護士法72条の非弁行為に抵触する可能性があるとされています。弁護士法72条は、弁護士以外の者が法律事務を取り扱うことを禁止する法律です。

退職代行は、法律事務に該当する可能性があるため、ニコイチが非弁行為に抵触する可能性と考えている人もいるのではないでしょうか。

退職代行ニコイチは、弁護士が監修しているのでクレームはない

シバッタマン

退職代行ニコイチは、弁護士が監修しているため、法律事務に違反していないです。よってクレームもありません。

弁護士監修とは、弁護士が退職代行サービスの内容をチェックし、法律に違反していないことを確認していることを意味します。

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?

退職代行ニコイチは、2004年から43,000件以上の退職をサポートしてきた実績があります。

退職代行ニコイチは、退職代行サービスの内容も充実しています。

退職代行ニコイチでは、退職後のサポートなど、退職に関するあらゆる手続きを代行します。また、退職に関する法律や労働法にも精通しているため、安心して退職代行を依頼することができます。

ただ裁判を行うなら失敗をおこさないように弁護士事務所がよい

退職代行は裁判を行うなら失敗をおこさないように弁護士事務所がよいでしょう。

退職代行は、弁護士法72条で「弁護士でない者が法律事務を取り扱うことを禁止」されています。そのため、弁護士事務所以外が退職代行を行う場合は、弁護士法72条に違反する可能性があります。

弁護士事務所は、弁護士法72条の制限を受けないため、退職代行を行うことができます。

下記の比較表を参考に、自分の状況やニーズに合った退職代行サービスを選ぶことが重要です。

これらの違いを踏まえて、顧客のニーズや予算に応じて適切なサービスを選択することが重要です。

一般の退職代行は、費用やサービス内容が業者によって異なるため、比較検討が必要です。

顧問弁護士監修の退職代行は、安全性が高く低価格で提供されることが多い点が魅力的です。

一方、弁護士の退職代行は、法的な問題が複雑なケースや特定の業種・職種に特化したサポートが必要な場合に適しています。

一般顧問弁護士監修弁護士
費用低価格~中価格の範囲で異なる通常、低価格で提供されることが多い弁護士事務所の費用がかかるため、高額になることが多い
対応時間24時間対応が可能なサービスもあるが、業者によって異なる24時間対応が可能なサービスが多い通常の業務時間内での対応が一般的
弁護士の関与弁護士の関与は限定的またはなし顧問弁護士が監修し、安全性を確保弁護士が直接、退職交渉を行う
対象者広範な業種や職種に対応できるが、業者によって異なる広範な業種や職種に対応できる特定の業種や職種に特化したサービスがあることが多い
柔軟性業者によってサービス内容や対応力が異なる顧問弁護士の監修のもと、顧客ニーズに応じた対応が可能弁護士事務所のルールに従った対応が基本

そのため、退職代行は裁判を行うなら失敗をおこさないように弁護士事務所がよいでしょう。ただ、弁護士の退職代行は費用は高めとなります。

弁護士を選ぶならみやび

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

また、弁護士法人みやびは汐留パートナーズ法律事務所は、汐留パートナーズグループの一員であり、ワンストップでリーガルサービスを提供可能な法律事務所です。

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?
商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
弁護士法人みやびのサービス/商品の概要
  • 弁護士事務所の退職代行サービス
  • 損害賠償請求交渉
  • 残業代請求交渉
  • 退職金請求交渉

\ 公式サイトへ /

【退職代行ニコイチで失敗?】よくある質問

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?
退職代行ニコイチがなぜ失敗すると言われるのか

「退職代行ニコイチがなぜ失敗すると言われるのか?」はまず弁護士の提供する退職代行ではないため、一部の人によって、「失敗」があったのではと考えてしまう人もいるでしょう。

弁護士法72条 にも記載されている通り、一般の退職代行ではできる範囲が限られています。

退職代行ニコイチのようなサービスは、一般的に退職手続きの代行や労働相談を提供します。

 複雑な労働問題や法律問題に対応する能力は弁護士に比べてかぎられています。

また、退職代行ニコイチは長い実績を持つサービスであるため、多くの依頼者がいます。

 SNSや知恵袋でも、必ずしもポジティブでない意見や評価も含まれ、これらが「失敗」という形で広まる可能性もあります。

退職代行ニコイチの口コミの情報は下記にございます。

退職代行ニコイチは本当に違法なのですか?

退職代行ニコイチが違法といわれる理由は非弁行為をしているのではないかという考えの人もいます。

 弁護士法72条は、弁護士でない者が報酬を得て法律事務を行うこと(非弁行為)を禁じています。

しかし、「退職代行」が非弁行為に該当するかどうかは、そのサービス内容によると思われます。

 例えば、労働法に基づく助言や裁判の代理など、法律専門家が行うべき業務を提供している場合、それは非弁行為に該当する可能性があります。

退職代行ニコイチが弁護士の監修を受けてるので、その運営は法律的に問題のない範囲で行われている可能性が高いと思われます。

必要であれば法的に有利な弁護士の退職代行に相談するのがよいでしょう。

参考元:弁護士法72条(E-GOVE法令検索)

退職代行ニコイチに関してクレームが寄せられるのですか

退職代行ニコイチは2004年からの運営で、これまでに43,000件以上の退職代行を成功させてきたという実績があります。

 この長い期間と利用者数を考えると、一部のクレームが存在する可能性は否定できません。

 いくら優良企業であったとして完全に依頼者からのクレームを避けることは困難です。

特に、退職代行のような独特な職種であり、依頼者それぞれが特有の課題を抱えていることを考慮すれば尚更です。

しかし、43,000件以上の退職を成功させてきたという点から見ると、退職代行ニコイチのサービスは非常に信頼できるものであると言えます。

2004年から依頼者が退職代行ニコイチを利用し、成功した結果を得ているという実績は、そのサービス品質の証拠です。

 したがって、一部のクレームが存在する可能性があるとしても、退職代行ニコイを否定するものではありません。

公式サイトをクリック

まとめ:【退職代行ニコイチで失敗?】怪しい違法や詐欺とは?クレームってなぜ?

「退職代行ニコイチが失敗する」という声があります。

ただ、本記事でご紹介しましたとおり、弁護士の退職代行ではない退職代行サービス全体の課題とも言えます。

退職代行ニコイチ、43,000件以上の退職代行実績があるというニコイチの信頼性を見落としてはいけません。

一部の失敗例が全体を覆すものではないのです。

退職代行ニコイチの違法性については、「弁護士が監修しているから違法ではない」と考えらえます。

 退職代行ニコイチは法律の専門家である弁護士の監修のもとで運営されています。これは、ニコイチが法令遵守を重視している証拠であり、違法性はありません。

本記事の重要なポイント
  1. ニコイチは43,000件以上の退職代行実績がある。
  2. 弁護士の監修のもと、法令遵守を重視している。
  3. 有給消化サポートにより、労働者の権利を守る。

「退職代行ニコイチ・失敗や違法」についての誤解が解けるはずです。

公式サイトをクリック

【退職代行ニコイチが失敗違法?】怪しい?クレームってなぜ?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次