社会不適合者とは?特徴!どうやって生きるか疲れないための仕事や適職や疲れないコツを解説!

社会不適合者とは?特徴!どうやって生きるか疲れないための仕事や適職や疲れないコツを解説!

社会不適合者で馴染めない。仕事が続かない
社会不適合者だからどうやって生きるのか悩んでいる
社会不適合者の生き方やおすすめの仕事が知りたい

シバッタマン

社会に出る年齢になり、いざ社会に出たものの「一向に馴染めない」「コミュニケーションが取れない」「ストレスが溜まっていく」など、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

社会不適合者だったので、会社員からフリーランスに転身することで、ある程度ストレスを軽減させて生活を送っています。今回の記事内では、まず「社会不適合者」とされる人の特徴を紹介します。その上で、さまざまな特徴を持つ人に適した職業の例を説明します。皆さんの今後の人生に役立てていただければ幸いです。

環境や仕事を変えることが最も大事で、自分に適した働き方を選択することが重要です。

目次

社会不適合者とは?意味

社会不適合者とは?意味

社会不適合者」とは?

  • 「社会不適合者」とは、「社会の要求に応えて生活することが困難な者、社会に適合できない人、社会でうまくやっていけない人」のことです。

まぁ端的に言えば「社会で生きていくのに向いていない人」とも言えます。

相談者

基本的に協調性をもって人と関われない人や、コミュニケーションが上手く取れない時、社会に適合していないことを批判する時や嘆く時に使うことが多いです。

  • 人と上手く関われないし、自分は社会不適合者だ。
  • あいつは協調性がないし、社会不適合者だ。

社会不適合者の意味について再認識したところで、次に社会不適合者に見られる5つの特徴について触れていきます。

社会不適合者」の特徴は?

基本的には以下の5つです。1つ1つ説明していきますね。

  • コミュニケーションが取れない
  • 時間にルーズ!守ることができない
  • 自分に甘い
  • ナルシスト
  • 諦める癖があり何事も長く続かない
  • 他人を信用せず嘘ばかり付く
  • 自分に自信がなく劣等感が強い
  • 自意識過剰でプライドが高い

コミュニケーションが取れない

社会不適合者の人は協調性が低いので、コミュニケーションを上手く取ることができません。例えばチームで仕事を進めているのに「自分には関係ない」という態度を取ったり、「飲み会や会社の行事に一切参加しない」という方が一般的に当てはまります。

飲み会や会社の行事に関しては無理に参加する必要はないものの、「全く興味がない」と態度に出てしまうことが問題です。

自分に甘い

社会不適合者は他人には厳しいのに、自分には甘いという特徴があります。状況が悪くなると、言動を翻したり、逃げ出したりする人もいます。もっと最悪なのは、自分が不利益を被らないために、他の人に責任を押しつけることです。

社会の一員として、自分の言動に責任を持つことは大切です。自己中心的な言動を続けていると、社会不適合者と認定されてしまいます。また、他の人から好かれないばかりか信頼を失うことにもなります。

時間にルーズ!守ることができない

社会不適合者は社会人全般の基本的なルールを守ることができません。

出社時間は勿論、お客様との打ち合わせ、会議の時間を守ることができない人は、社会不適合者に該当するでしょう。また時間だけに留まらず、社会のルールに反した行動をとったり、一般常識から外れる行動をする人も社会不適合者の対象になります。

ナルシスト

人間は誰でも自己愛を持っています。それがなければ、人間として生きていくことはできません。しかし、自己愛が強すぎると、「自分しか見えていない」状態になってしまいます。

自己愛が「自分しか見えない、自分を守るためには何でもする」というレベルになると、社会不適合者と呼ばざるを得ません。自分のことしか見えなくなると、当然、他人を思いやる意識や気持ちがなくなってきます。

また、自分を守るために必死になり、他人を貶めるような言動をするようになります。社会に溶け込むためには、周りの関わる人を大切にするという意識が不可欠です。

何事も長く続かない

社会不適合者は根気がない人が多く、どんなことも長く続きません。基本的にミスをしたとしても「自分は悪くない」という思考を持っている場合が多く、課題や問題に対して自身で解決できない場合が多いです。

協調性もないので人と上手く関わっていくこともできず、結果失敗を繰り返し、諦めてしまいます。

約束を守れない

  • 社会不適合者は基本的に自分優先の考え方を持っているので、自分が不利益な状態になりそうになると嘘をついて誤魔化す傾向にあります。

加えて相手のことをあまり信用していないので、人のせいにしたり、他人に対して思いやりがありません。

自分に自信がなく劣等感が強い

社会不適合者は基本的に自信がないので、「どうせ俺なんて…」「私なんかじゃ無理だ…」という思考になります。ネガティブ体質で劣等感が強いので、自身の意見を発信できなかったり、「自分に向いていない、無理だ」と諦めてしまいがちです。

自意識過剰でプライドが高い

社会不適合者は自意識過剰でプライドの高い人が多く、他人に高圧的な態度を取りがちです。自分の考えを否定されることが苦手で、適切なアドバイスであっても受け入れることができず、保身のために怒り出す人もいます。自分の意見に一切口をだされたくないという人は注意が必要です。

自己中心的

これまでの特徴すべてに共通しているのが、自己中心的な考え方でしょう。社会不適合者は自分のことしか考えず、思い通りにならないとイライラして、他人に八つ当たりすることもあります。いずれにしても、自分が正しいと強く思い込み、考えを改めることは少ないでしょう。

社会不適合者の仕事が続かない理由とは?

社会不適合者の仕事が続かない理由とは?

社会不適合者が仕事が続かない理由は?

失敗する→劣等感→自信を無くす→諦めるのループになる
自力で解決する力が足りない【工夫できない】

失敗する→劣等感→自信を無くす→諦めるのループになる

まず社会不適合者が社会に対応できない・仕事が続かない理由は「失敗する→劣等感→自信を無くす→諦める」というループを繰り返しているからです。失敗して「ダメだ、無理だ…」と落ち込むのではなく、「何が駄目だったのか」を常に考え、改善していく気概が最も重要です。

  • 失敗というのは誰でもするもの。しかし大人になっていくにつれて失敗が怖くなる人や、失敗に遅れて行動できなくなる人が非常に増えていきます。

自力で解決する力が足りない

自力で解決する力が足りない」つまり工夫ができないという理由です。

最も仕事を続けるのに大事なのが「自力で工夫できるかどうか」で、日常のどんなことでも「こうすればもっと効率が良いんじゃないか?」と考えていくことが重要です。

社会不適合者のおすすめの生き方

社会不適合者の仕事が続かない理由や社会に適応できない理由について述べたので、次に社会不適合者のおすすめの生き方について紹介していきます。

時間に縛られない仕事をする

時間にうるさい会社を選択してしまい、厄介者に扱われたり、無駄な労力を使って、本来のパフォーマンスを発揮できない方は多いのではないでしょうか?

  • 時間にそれほどうるさくない職種や業種を選択すると、自分の中のストレスが1つ減って、仕事のパフォーマンスや生きやすさを向上させることが可能です。

人との関わりが少ない仕事

仕事のパフォーマンスが人間関係によって左右されるのは事実としてありますが、「社会不適合者にとっては少し厳しい」「人と関わりたくない」と感じている方も多いでしょう。

ですので「人との関わりが少ない仕事」を率先的に選ぶ生き方もかなり有効な生き方だと言えます。

責任が大きくない仕事

正社員になって1つの会社で長く働いていく」という時代でしたが、今やもうそんな時代ではありません。

例えば派遣社員をやりながらWebライターで月10万稼いだり、ブログを書き続けて月収50万円を超える人だって存在するので、無理に責任が大きい正社員を選択する必要はありません

社会不適合者のおすすめの仕事!どうやって生きるか疲れないための適職

社会不適合者のおすすめの仕事!どうやって生きるか疲れないための適職
社会不適合者のおすすめの仕事!どうやって生きるか疲れないための適職

社会不適合者の生き方について説明したところで、最後に社会不適合者のおすすめの仕事を11個紹介していきます。

フリーランス

フリーランスとして活動すれば、自分の好きな時間に好きな人と、好きな分量で仕事を進めていくことができます。いきなりフリーランスになるのは難しいですが、徐々にスキルを伸ばしていくことで実現することができるので、以下6つの業務を見ていきましょう。

Webライター

記事を執筆することでお金を頂くお仕事になりますが、基本的に文章が嫌いな人でも簡単に参入できるのがWebライターのおすすめできるポイントになります。

なぜなら、Webライターで執筆を続けていくと、自分なりの「型」が出来上がってくるので、別に文章が苦手であってもあまり関係ないからです。

ブロガー

正確には「ブログ型アフィリエイト」と呼ばれる手法ですが、Webライターをやっている方は複合的にブログも合わせて行っていくと良いでしょう。

  • 「マナブログ」と呼ばれるブログを書いている「マナブさん」で、月収で800~1000万近く稼いでいます。

アルバイトやパートのように「やった分しかお金にならない」のと違って、ブログだと「やればやるほどストックされていく」という特徴があり、月20~50万とかは普通に狙えます。

プログラマー

基本的にシステムを設計したエンジニアに発注され、ブログラミングのコーディングをしていくのが仕事内容になります。仕事ができるようになるまで時間はかかりますが、副業からも始められますし、何より人と関わらなくて良いのが大きなメリットです。

デザイナー

4点目は「デザイナー」という仕事です。プログラマーと同様、依頼された内容に対して仕事を行っていくだけなので、受け身の姿勢で仕事を進めることができるでしょう。

動画クリエイター

5点目は「動画クリエイター」という仕事です。

動画編集の仕事は聞き馴染みがないかもしれないですが、今youyubeが流行ってきているので、動画編集の単価は非常に高いです。

Youtuber(ユーチューバー)

  • リスト
  • リスこちらもWebライターがブログをやるのと同様で、動画クリエイターをやりつつYoutuber(ユーチューバー)になるという方法が非常におすすめです。

自分で顔を出さなくともできる動画なんて山ほどありますし、ジャンル次第でまだまだ稼げる分野は沢山あります。動画クリエイターと合わせて、是非同時に実践してみると良いでしょう。

工場勤務

工場勤務は基本的にルーチンワークであることが多いので、自分の作業場でひたすら作業をしていくのが仕事内容になります。僕の友人が実際に働いている職場だと、ひたすら食品を解凍していく作業をするだけで年収400万円近くで「めっちゃ楽」と言っていました。

警備員

完璧に人と関わりたくないと感じている人にとって、警備員は非常に向いている仕事だと言えるでしょう。完全に立っているだけで「死ぬほどつまらない」という口コミもありますが、それでも良いという方にはおすすめです。

電気・ガスの検診員

  • 電気とガスの検診員は、各家庭の電気・ガス状況を確認していくことがお仕事になるので、「責任」や「人との関わり」が極端に薄い仕事になります。

あまり知られていないものの、ストレスが溜まらず社会不適合者の仕事としては非常に向いていると言えるでしょう。

派遣社員

日本人は「正社員信仰が根強い」ですが、正社員にならずともある程度安定した生活を送ることができます。

派遣の会社にもよりますが、家賃を払ってくれる企業もありますし、給料も月20万程度は最低でも貰うことが可能です。僕の前職の派遣の方は、結婚しているのにクラウン(crown)とか乗っていたので、別に「派遣=稼げない」ということはありません。

それに「責任」も少なく定時で帰ることができるので、副業にも精を出すことが可能です。

公務員

「公務員は敷居が高い」「ブラック企業だ」という声もありますが、近年公務員は残業規制が年々厳しくなってきており、かなりホワイトな職場になってきています。

まとめ

社会不適合者の特徴と向いている仕事、問題解決のヒントをご紹介しました。時間にルーズな人や協調性のない人は、社会不適合者である可能性が高いと言えます。しかし、社会不適合者だからといって、必ずしも仕事ができないわけではありません。

自分の特性を理解し、自分に合った仕事を見つけることが大切です。また、一般的な社会人としてのマナーも身に付けるように努力しましょう。

社会不適合者とは?特徴!どうやって生きるか疲れないための仕事や適職や疲れないコツを解説!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします
オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 社会不適合者の所を読んだら、まるで私の事です!
    最初は、診断がつかないと言われ、今は精神障害の統失との診断でした。障害者じゃないの?

谷口佳代子 へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる