MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【スポーツ選手を支える仕事女性】文系や仕事一覧や資格スポーツに関わる!好きな人に向いてる仕事紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポーツが好きな人に向いてる仕事と考えて居る人は多いのではないのでしょうか。

スポーツが好き”という情熱を仕事に活かしたいけど、どのような職業が適しているのかわからないと悩んでいませんか?文系であるから、女性であるからと、自分がスポーツ関連の仕事に就けないと思っていませんか?

そんなあなたへ、スポーツを愛する心と専門的な知識を活かして、自分自身のキャリアを形成するための具体的な道筋を示します。

シバッタマン

スポーツに関わる仕事は、スポーツ選手だけではありません。他にも、選手のサポートをする仕事やスポーツ施設に関わる仕事、メディア関係の仕事にスポーツ用品に携わる仕事など幅広く存在しています。

まず、スポーツが好きな人に向いてる仕事は多岐にわたります。

それはプロスポーツ選手だけでなく、スポーツチームスタッフ、スポーツライター、スポーツプロモーター、マネージャーなど、多様な職種が存在します。

それぞれの職業はスポーツという共通のフィールドで活動しながら、あなたのスキルや経験を最大限に活かすことが可能です。

また、資格を活かすことで、より専門性を深めることも可能です。

健康運動指導士や公認審判員など、あなたのスポーツへの情熱を仕事に繋げる資格は様々。これらの資格を取得することで、一歩進んだスポーツ関連の仕事に就く扉が広がります。

さらに、具体的な例として私の知人がいます。彼は学生時代にサッカーを愛し、その後文系の大学に進学しました。

しかし、彼の心の中でサッカーへの情熱は消えることはありませんでした。

彼はその情熱を糧に、スポーツジャーナリストとなりました。彼の記事は、サッカーに対する深い理解と情熱が伝わり、多くの読者から高い評価を受けています。

スポーツが好きな人に向いてる仕事はたくさんあります。

それは、あなたの情熱とスキルを活かす最適な場所であり、あなたが探し求めていた解決策かもしれません。

これからのあなたの未来が、スポーツという共通の愛情を持つ多くの人々と共に光り輝くことを願っています。

ここでは、スポーツに関わる仕事に就くための進路や必要な資格、実際に働いている人の声などを紹介します。

今回の記事では【スポーツが好きな人に向いてる仕事】企業や文系や女性で関わる仕事がしたい13選についてお伝えしました。

アーシャルデザイン

スポーツ経験者の転職支援サービスサイトです。業界のパイオニア的存在であり、 転職に困っているスポーツ経験者様と人材確保に苦労している優れた企業様、 双方の課題解決をしています。

アーシャルデザイン
総合評価
( 5 )
メリット
  • アーシャルデザインではスポーツ業界の転職案件数No1
  • アーシャルデザインではスポーツ経験者転職支援数No1
  • アーシャルデザインでは転職者の年収UP率59%
デメリット
  • アーシャルデザインはスポーツに特化しているためスポーツに興味がない人には向かない

\アーシャルデザインの公式サイトへ /

目次

【スポーツ選手を支える仕事女性】スポーツに関わる仕事!

【スポーツが好きな人に向いてる仕事・文系や女性】スポーツに関わる仕事!スポーツ選手を支える仕事!

,運動が好き

休日や空いている時間などに、体を動かす習慣があるのは良いことですよね。これを継続することはなかなか難しいことです。しかし、もともと運動部でスポーツをしていた経験があることや、リフレッシュできるために体を動かすことが「好き」で、習慣として取り組んでいる方もいるのではないでしょうか。

スポーツに関わることが好き

自身が運動することはあまり得意でないけれど、野球やサッカー観戦など「スポーツに関わることが好き」という方もいるでしょう。このように、『運動』ひとつにおいても様々な『好き』が存在しますよね。

【13hw】職業調べ「好きで調べる:スポーツと遊びに関係する職業:スポーツをするのが好き」|13歳のハローワーク公式サイト

【スポーツが好きな人に向いてる仕事】に活かしてみよう

この『好き』を仕事に活かそうと考えてみたことはありますか?好きなことですと、つい『仕事とは別のこと』として考えてしまうこともあります。

仕事はそもそも『嫌なことを我慢して行うこと』と考えていませんか。確かに仕事面で辛いことはありますが、それが対価になっているケースは少ないでしょう。

好きなことだからこそ活力が出てきますし、良い発想もたくさん出てくるものです。

そのような機会を封じて仕事をしてしまうのは、とてももったいないことなのです。

そこで今回は、『運動が好き・スポーツが好きなことを活かせる仕事』にはどんなものがあるのか、一緒に見ていきませんか。

【スポーツ選手を支える仕事女性】好きな人に関わる仕事13選

障害者運動指導員

シバッタマン

障害者運動指導員とは、障害を持つ方のスポーツ支援を行う仕事です。主に障害者スポーツ施設などで、スポーツ指導を行います。障害を持ったこと、診断されたことでスポーツから離れてしまったということはありませんか。

その場合、障害者スポーツでもって再度スポーツに関わってみるという方法も良いでしょう。

障害者スポーツにはどのようなものがあるのか分からない場合は、下記の関連記事を見てみましょう。

【スポーツが好きな人に向いてる仕事女性】スポーツに関わる仕事!文系も!スポーツ選手を支える仕事・関わる仕事!
とが好きな人に関わる仕事

プロスポーツ選手

シバッタマン

プロスポーツ選手はスポーツをすることで収入を職業で、競技そのもので収入を得られるのはもちろん、複数の企業とプロ契約を結んでスポンサー料を得たり、コマーシャルへの出演、雑誌などの取材、テレビへの
出演などのタレント業としての側面も持ちます。


プロスポーツ選手になる方法
  • プロに弟子入りする(相撲など)
  • プロチームと契約する(サッカー、野球など)
  • プロテストに合格する(ボクシング、ゴルフなど)
  • 主催団体の研修所を卒業する(競馬、競輪、競艇、オートレースなど)
  • 自ら宣言する(上記以外のスポーツ、卓球、水泳、陸上など)

次は、「スポーツをするより見ることが好き」という方が活かせる仕事について見ていきましょう。

スポーツが好きな人に向いてる仕事①:スポーツチームスタッフ

シバッタマン

プロスポーツチームも一般企業と変わりなく、一般職相当の仕事があることがわかってくるはずです。

スポーツチームの広報や営業職として働くのであれば、一般企業同様、学歴やビジネス経験・資格があった方が有利だと考えられます。

通訳を目指すなら、英語力はもちろんのこと、韓国語やスペイン語などの語学も磨いておくと、採用に有利になることでしょう

スポーツチームスタッフになる方法
  • 広報(新聞やテレビなどのマスメディアの取材に対応)
  • 通訳(外国人選手につく)
  • スカウト(チーム強化のために新たな選手の発掘と獲得を行う)
  • 営業職(関連グッズやチケットの販売などに携わる)

スポーツが好きな人に向いてる仕事②:スポーツライター

シバッタマン

スポーツライターは、主に新聞や雑誌、Webなどでスポーツに関する記事を書く仕事です。

試合の観戦や選手へのインタビューなど行い記事を書いていきます。もちろん記事を書くためには、そのスポーツに関して詳しくないといけません。

ですから普段からスポーツについて語るほど好きということを「スキル」にできるチャンスなのではないでしょうか。

スポーツが好きな人に向いてる仕事③:スポーツプロモーター

シバッタマン

スポーツプロモーターは、スポーツイベント開催に関するおよそすべてのことを請け負います。

具体的には

スポーツプロモーターになる方法
  • 試合の企画
  • 会場やスポンサー探し
  • 対戦相手との交渉
  • 放映権の取り扱い

などを行います。

メディアを通じてのプロモーションを行なうことも仕事の一部なので、企画力や企画を実現していく行動力が求められます。

シバッタマン

スポーツプロモーターになるには、スポーツ学部のある大学でスポーツに関する専門知識を学んでおくと有
利です。


就職先は、イベントプロモーター会社や、スポーツ団体に所属する形になります。プロスポーツ選手個人と契約して活動するケースもあります。

担当するスポーツを熟知しているだけでなく、ビジネスとしても成立させなくてはならないため、経営学やマーケティングなど多方面な能力が要求されます。

スポーツが好きな人に向いてる仕事④:マネージャー

シバッタマン

スポーツ選手マネージャーは、選手がトレーニングに集中できるようにマネジメントを行う仕事です。テレビ出演やCM契約などの交渉、海外遠征のためのビザ取得など、プレイ以外のあらゆる面でのサポートを行います。


スポーツ選手マネージャーになるには、選手のプロモーションを手がけているエージェント会社に就職する
のが一般的です。

スポーツマネジメント学科やスポーツエージェント養成講座のある専門学校でスポーツエージェントに関する知識を身につけておけば、より就職に有利になります。


スポーツ選手を陰で支える泥くさい仕事ですが、スポーツ好きならやり甲斐を持って貢献できる天職だと感じられるかもしれません。

スポーツが好きな人に向いてる仕事⑤:審判員

シバッタマン

スポーツ審判員は、スポーツの試合の進行をスムーズ進めるために、選手の動きチェックしながら、ルールに基づいて公正な判断を行う仕事です。

選手たちの動きに対応できるハイレベルな運動能力が求められるため、選手同等の体力や瞬発力が求められます。


プロスポーツ審判員になるには、スポーツに関わる団体や協会が独自に認定試験を実施しているので、その
実技や筆記試験に合格して初めて審判員として認められるケースが多めです。

たとえば、サッカー公認審判員の場合、審議実技、ペーパーテスト、体力テストが試験内容となります。中には協会会員ならば誰でもスポーツ審判員を始められるものもあるので、そこからチャレンジしてみるのもいいでしょう。


スポーツが好きで、体力があり、そのスポーツのルールを熟知している人に向いている職業といえるでしょ
う。

スポーツが好きな人に向いてる仕事⑥:ゲームソフト・アプリ開発会社

シバッタマン

ゲームソフトやゲームアプリの開発会社で、スポーツ系ゲームの制作やサポートに関わるという方法もあります。

好きなものだからこそ他の方よりも面白い発想や、よりリアリティのある動きにも着目できるのではないでしょうか。

スポーツが好きな人に向いてる仕事⑦:スポーツ用品・関連グッズ店の店員

シバッタマン

スポーツ用品店の店員として好きなスポーツ関連のものに囲まれて仕事をするという方法もあります。

ただしスポーツ用品の場合は、ある程度プレイヤーに合う用具についてアドバイスするなど、用具に関しても詳しくなる必要が出てくるでしょう。

スポーツが好きな人に向いてる仕事⑧:ストレングスコーチ

ストレングスコーチは、選手の筋力・パワー・筋持久力のみならず、スピード、バランス、コーディネーションなどの筋機能が関わるすべての体力要素に不可欠な能力を高める手助けをするのが主な役割となっています。

スポーツが好きな人に向いてる仕事⑨:メンタルトレーナー

シバッタマン

スポーツを指導する職業や身体づくりを指導する職業に就いて、プロ・アマチュア問わずにスポーツを行う人をサポートする道もあります。


自分自身がスポーツがさほど得意でなくても、スポーツや身体に関する知識・理論を習得して、他人に教えるスキルがあればチャンスがあるので、自分の適性に合わせてスポーツ関係の指導者としての道を志すのもありでしょう

スポーツが好きな人に向いてる仕事⑩:柔道整復師

シバッタマン

柔道整復師は国家資格であり、脱臼·骨折·捻挫などのケガに整復や固定技術を使用して治療します。


柔道整復師になる人は年々増え続けており、平成20年(43,046人)から平成30年(73,017人)にかけて約3万人増加しています。

柔道整復師
  • 接骨院を開業する
  • 介護福祉施設
  • スポーツトレーナー

柔道整復師は国家資格で人気な職業のため、経営能力と技術がないと厳しい業界になっています。

スポーツが好きな人に向いてる仕事11:インストラクター

シバッタマン

スポーツインストラクターは、ライザップで、本格的にダイエットを指導する人です。目標に向かってパフォーマンスを上げていくことが目標になります。

スポーツインストラクターになるには資格はいりません。ただ、身につけておくべきスキルや知識があります。

インストラクターから子供たちがスポーツを学ばせた場合biima sportsを紹介

利用者

子供たちに最適な総合biima sportsを紹介します。

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  • 早稲田大学教授陣との共同開発による最新のスポーツ科学に基づくプログラム
  • 7種類以上のスポーツを総合的に実施
  • 小学3年生以上向けのbiima sports Advanceプログラム
  • 全国150カ所以上で展開される福岡県初の進出
シバッタマン

このチャンスを逃すな!子供たちの未来を輝かせよう!

iima sportsで子供たちの才能を引き出そう!詳細はこちら→【biimasports】

子供たちの発達障害に悩む親にスポーツを学ばせたい場合はこちらの記事もどうぞ!

スポーツが好きな人に向いてる仕事12:幼児体育指導員

シバッタマン

幼児体育指導員とは、幼稚園や保育園から小学生の低学年までを対象に運動の楽しさを教える仕事になります。

未経験でも体育指導員になれますが、「幼児体育指導者」の資格を取っておくと就職に有利になります。

自分の子供が健康で体を動かすことが好きだとわかれば、もっと伸ばしてやりたいと思うのが親です。
子供がいる限り、需要がなくなることはないでしょう。

スポーツが好きな人に向いてる仕事13:障がい者運動指導員

シバッタマン

障がい者を持つ人たちに、スポーツの楽しさを伝えることが仕事になります。障がい者運動指導員になるには、下記の資格が必要です。

障がい者運動指導員
  • 日本スポーツ協会認定「スポーツ指導者基礎資格」
  • 健康·体力づくり事業財団「健康運動指導士」

もちろん障害者でのスポーツ採用もあります。

自閉症とか発達障害の人はブロガーやライター、イラストレーター、動画編集みたいな在宅フリーランスが可能な仕事が一番向いてると思う。他者との距離感が掴めなくても問題ないし、過度なこだわりは創作においてむしろプラスになる。 フリーランスという働き方が、もう少し広まれば楽になる

【スポーツ選手を支える仕事女性】スポーツに関わる仕事!資格一覧!

【スポーツが好きな人に向いてる仕事女性】スポーツに関わる仕事!資格!

運動することが好きなことを活かせる仕事について見ていきましょう。

【スポーツが好きな人に向いてる仕事】での資格①健康運動指導士

健康運動指導士は、フィットネスクラブや医療機関、介護施設など様々な場面で運動プログラムの作成や実践指導計画の調整を行う仕事です。主に保健医療従事者と連携しながら仕事を進めていきます。

健康運動指導士になるには講習会に参加するか、または養成学校の講座を修了し資格を得る必要があります。

【スポーツが好きな人に向いてる仕事】での資格②:公認審判員

公認審判員は、プロやアマチュア競技の審判員として働く仕事です。『学生時代など、過去に大きな大会を目指して頑張ってきた経験のある』『プロを目指して頑張っていたけれど、けがや病気で目指せなくなった』という方には、そのスポーツで得たルールや知識を活かして働くチャンスと言えるのではないでしょうか。

引用元:公認審判員

【スポーツが好きな人に向いてる仕事】での資格③:スポーツ指導員

スポーツ指導員とは、企業や地域、子供たちなどを対象にスポーツ医療・科学の知識などからスポーツ指導を行う仕事です。これは財団法人 日本体育協会またはその加盟団体が認定している資格になります。

この資格は様々な分野に分かれています。運動を教えるコーチの役割はもちろん、スポーツ栄養士など健康面についての専門家もいます。他にもさまざまな分野がありますので、詳細は下記の参考リンクをチェックしてみてくださいね。

引用元:公認スポーツ指導者資格 – 日本スポーツ協会

私の娘がビーマスポーツに通っていてお勧めです。先生たちも生き生きと子供にスポーツを教えています。

スポーツが好きな人に向いてる企業へ転職する

シバッタマン

スポーツが好きな人に向いてる企業へ転職するで、転職をすることも一つの手段です。。

今の会社ではなかなか昇給や昇格が見込めない場合、給与の良さを求めて転職をする人は多いです。

もし異業種への転職を考えている場合は、今需要が拡大していて、専門知識が身につく業種に転職するのがおすすめです。

若ければ若いほど、吸収率やポテンシャルを評価され未経験でも転職できる可能性があるでしょう。20代なら、早いうちに行動することをおすすめします。

キャリアアドバイザーは最適な仕事の紹介だけでなく、応募書類の添削面接対策、さらには年収交渉などもしてくれるため求職者にとっては大変心強いです。

【スポーツ選手を支える仕事女性】就職の相談先

【スポーツが好きな人に向いてる仕事女性】就職の相談先

業界のパイオニア的存在アーシャルデザイン(転職向け)

シバッタマン

無理な商圏拡大はせず提供できる「質」を優先している為、商圏を東京、神奈川、埼玉、千葉としています。少数精鋭、量より質重視のプロ転職アドバイザーがマンツーマンで担当します。

求人紹介や就活相談に乗るだけでなく、入社前にスポーツ経験者向け オリジナル教育研修の実施や入社後のフォロー研修などもございます!!

アーシャルデザイン

スポーツ経験者の転職支援サービスサイトです。業界のパイオニア的存在であり、 転職に困っているスポーツ経験者様と人材確保に苦労している優れた企業様、 双方の課題解決をしています。

アーシャルデザイン
総合評価
( 5 )
メリット
  • アーシャルデザインではスポーツ業界の転職案件数No1
  • アーシャルデザインではスポーツ経験者転職支援数No1
  • アーシャルデザインでは転職者の年収UP率59%
デメリット
  • アーシャルデザインはスポーツに特化しているためスポーツに興味がない人には向かない

\アーシャルデザインの公式サイトへ /

学生向け就職サービスアーシャルデザイン(学生向け)

シバッタマン

スポーツ経験のある新卒学生を対象にした就職支援サービスです。 サークルで活動をしてきた学生や部活に打ち込んできた学生など幅広く支援しております。

メディア掲載は60媒体以上と掲載実績のある社会貢献度の高い企業です。 ※(Yahoo!・めざましテレビ・LINE NEWS・日刊スポーツ…)

アーシャルデザイン(学生向け)の特徴

業界唯一の教育研修プログラム

日本でたった1社しか行えないスポーツ経験者専門の教育プログラムを行い、 入社前にビジネスマンとしてのマインドをセット!

頼れるアドバイザー

プロ就職アドバイザーがカウンセリングから入社までマンツーマンで担当することにより、 内定率37%、内定承諾率72%、離職率6%と驚異的な実績を誇ります!

また、履歴書の作成、求人紹介、選考対策など就職サポートには一切費用がかかりません!

非公開求人を紹介

経験やお人柄に合わせて、就職サイトには掲載のない非公開求人をご紹介しています!

日本を代表する大手企業から創業30年以上の老舗企業まで幅広く企業をご紹介しています!

科学的に裏付けられた適性検査

激選20項目の行動特性データの受講により、企業と個人のミスマッチングを防止も考えられています!

適性検査の結果から業界・業種など個人別に適正職種をご紹介します!

\ 公式サイトで確認 /

学生向け就職スカウト型サービス! スポチョク

「スポチョク」とは、オリジナル適性検査を受けることで、 自分に合ったプレミアム企業からスカウトメールが届く、体育会学生限定の就活サービスです。

シバッタマン

学生の場合はスポチョクのサービスを受けてみるのはいかがでしょうか。スカウトが届きます。

[ スポチョク」とは、オリジナル適性検査を受けることで、 自分に合ったプレミアム企業からスカウトメールが届く、体育会学生限定の就活サービスです。

スカウト型サービスとは
  • オリジナルのスポーツ適性検査が受けられます


これまでに10,000名以上のアスリートが受験したオリジナル適性検査であり、受けると強みや適職、
思考などを細かく把握することができます。
適性検査データをもとに、あなたにピッタリな企業からスカウトメールが届きます。

  • 特別選考へのご案内多数


一般的な選考ルートでは必須となっている選考プロセスをスキップできる求人もあります!

  • 書類選考前に添削が受けられます


これまでに10,000名以上の体育会学生を就活支援してきたアスリートエージェントの就活のプロが
お一人お一人のESや履歴書の添削をお手伝い。

通常では面接のフィードバックを受けることは難しいです。

ただ、 アスリートエージェントではそれが可能になります。

アーシャルデザインでは、年間で3,000以上のクライアント企業を訪問し、 企業に合う人物像や技術要件など細かな情報をヒアリングしています。

シバッタマン

企業の内部情報や職場環境、人柄、企業文化の情報など、生の企業情報をスポーツが好きな学生へお届けします会員登録して、スカウトをまってみてスポーツの仕事のスカウトを待ちませんか。

スポーツ経験者のための転職サービス:Maenomery

シバッタマン

スポーツ経験を活かして働きたいという方へに元プロアスリートや体育会/部活動経験者がマンツーマンでサポートします!

今は趣味程度でしか運動していない、、、という方でもご安心ください! 一人一人に合わせて転職活動をご支援します!

・プロアマ問わず、セカンドキャリアに不安を抱えているアスリートの方もご相談ください!

・デュアルキャリアという働き方のご提案もしております!

Maenomeryの特徴
  • スポーツ経験のあるキャリアアドバイザーがマンツーマンサポート
  • 数千社の中から一人一人に合わせた企業をご紹介
  • デュアルキャリアという、スポーツを続けながら働きたい方のご支援が得意
  • スポーツ経験者が欲しい企業との繋がり多数
  • オンラインで何度でも相談可能 ・地上波TV番組への出演経歴有り
  • 大学サッカー連盟のスポンサーと務める

アスリートのセカンドキャリア支援、デュアルキャリア支援 全国100大学以上の体育会に所属する学生の就職をサポートをさせていただいている実績がございます!年間で5000人ほどの新卒/中途の求職者をご支援しております。

\ 無料相談から始めよう/

“全ての人々に前のめるけっかけを”提供するために、 1人1人に寄り添ったご支援をさせていただきます! ぜひご掲載していただけますと幸いです。

【スポーツ選手を支える仕事女性】スポーツに関わる仕事!よくある質問

【スポーツが好きな人に向いてる仕事・文系や女性】スポーツに関わる仕事!スポーツ選手を支える仕事・関わる仕事

スポーツが好きだけど文系で女性だから関われる仕事がないと思っています。何か適した仕事はありますか?

 

シバッタマン

文系や女性でもスポーツに密接に関わる仕事はたくさん存在します。

 スポーツライターとして、あなたのスポーツへの情熱と文系の知識を活かし、スポーツの魅力を読者に伝えることができます。

また、スポーツ用品や関連グッズの店員として、商品の特徴やスポーツの知識をお客様に提供することも可能です。さらに、資格を取得すれば健康運動指導士として活動することも可能です。

スポーツ選手以外でスポーツに関わる仕事を教えてください。

シバッタマン

スポーツ選手だけがスポーツの世界ではありません。

 たとえば、スポーツチームのスタッフは選手のサポートを行い、チームの成功に大いに貢献します。

 また、メンタルトレーナーやストレングスコーチは、選手の心理的な側面と身体的な側面をケアし、パフォーマンスを向上させます。

スポーツが好きだけど、就職の相談先が見つかりません。どこに相談すればいいですか?

学生向けの就職サービスアーシャルデザインなどが提供するサービスは大変有用です。彼らの専門のアドバイザーは、あなたの能力とスポーツへの情熱を理解し、最適な職業を見つけるためのアドバイスを提供します。

スポーツに関わる仕事の中で、資格が必要なものは何ですか?

シバッタマン

スポーツの世界で働く上で役立つ資格はいくつかあります。

たとえば、健康運動指導士の資格は、広範な年齢層の人々に対する運動指導を行うためのものです。

公認審判員の資格は、公式試合で審判を行うことを可能にします。

そして、スポーツ指導員の資格は、各種スポーツの専門的な指導を行うためのものです。

まとめ:【スポーツ選手を支える仕事女性】文系でスポーツに関わる仕事一覧や資格!好きな人に向いてる仕事紹介

いかがでしたでしょうか。

今回の記事は【スポーツが好きな人に向いてる仕事】スポーツに関わる仕事の女性!スポーツ選手を支える仕事!文系?についてお伝えしました。


今回の記事では、スポーツが好きなあなたが自分の情熱を活かせる職業を探る方法を探求しました。私自身がスポーツを愛し、その情熱を仕事に活かしてきた経験から、以下のような重要なポイントを挙げています。

本記事重要ポイント
  1. スポーツが好きな人に向いてる仕事は多岐にわたる: プロスポーツ選手から、スポーツチームスタッフ、スポーツライター、スポーツプロモーター、マネージャーなど、あなたが活躍できる場所は無数にあります。
  2. 資格を活用しよう: 健康運動指導士や公認審判員などの資格を取得することで、あなたの専門性と市場価値を高めることができます。
  3. 具体的な成功例: 私の知人のように、学生時代のスポーツへの情熱を糧にスポーツジャーナリストとなった例があります。彼は自分の情熱を活かし、スポーツという共通のフィールドで成功を収めています。

そして最後に、スポーツが好きなあなたへのアドバイスです。

 あなたの情熱は、仕事を通じて人々に大きな影響を与え、あなた自身の成長を促す力になります。

 今はまだその道が見えなくても、自分自身を信じて前に進んでください。あなたの情熱と才能が融合した時、未来は無限の可能性に満ち溢れます。

あなたのスポーツへの愛情を大切に、あなた自身のキャリアを築いていきましょう。

アーシャルデザイン

スポーツ経験者の転職支援サービスサイトです。業界のパイオニア的存在であり、 転職に困っているスポーツ経験者様と人材確保に苦労している優れた企業様、 双方の課題解決をしています。

アーシャルデザイン
総合評価
( 5 )
メリット
  • アーシャルデザインではスポーツ業界の転職案件数No1
  • アーシャルデザインではスポーツ経験者転職支援数No1
  • アーシャルデザインでは転職者の年収UP率59%
デメリット
  • アーシャルデザインはスポーツに特化しているためスポーツに興味がない人には向かない

\アーシャルデザインの公式サイトへ /

【スポーツが好きな人に向いてる仕事】スポーツに関わる仕事の女性!スポーツ選手を支える仕事!文系?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次