MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【発達障害 結婚やめとけ?】アスペルガーADHDは結婚しない方がいい?できないの・向いていないの?ASD

当ページのリンクには広告が含まれています。

発達障害だと恋人ができないの?

アルぺルガーだと結婚に向いていないの

アルぺルガーだと結婚に向いていないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、発達障害を抱えているからといって恋愛や結婚が不可能や困難であるわけではありません。

実際、特性に合わせた対策を講じることで、恋愛を楽しむことは十分に可能です。意外かもしれませんが、結婚をあきらめる人も多いのです。

シバッタマン

世の中には発達障害を抱えていても恋愛をし、結婚してパートナーと幸せに暮らしている方はたくさんいます。

私もなんとか結婚はできました。発達障害がみつかりましたが、妻の協力があったおかげでなんとかなっています。決して結婚ができないことはありません。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示
目次

【アスペルガー結婚しない方がいい】発達障害でADHD結婚やめたほうがよいの理由!

【発達障害 結婚やめとけ?】アスペルガーADHDは結婚しない方がいい?できないの・向いていないの?ASD

理由①空気が読めない

発達障害者は不注意ゆえにデートの日程や大切な記念日を忘れてしまったり、衝動性が強いがゆえに相手の気持ちがわからず、思ったことを衝動的に発言、行動してしまうなどがあります。

ASDの場合は、相手の気持ちを読み取ったり、目的のない雑談をするのが苦手なため、相手を怒らせてしまったり、不満を与えてしまうことがあります。
また、空気を読むのが苦手なため、余計な一言を言ってしまって雰囲気を悪くしてしまうこともあります。

理由②:異性とうまく話せない

過去に、人とうまく話せない経験を持つ方が多いのではないでしょうか。

このような経験があると「会話」にコンプレックスを持ちがちです。

コミュニケーションが苦手なことが多い「発達障害」と診断されたことで、会話に自信を無くしていることが多いのではないでしょうか。

理由③:変な人だと思われなくない

発達障害の持つ独特な感覚や話し方、振る舞いを見て「『変だな』と感じられるかもしれない」と考えてしまいます。

理由④:「障害者」と分かったら嫌われると感じる

仮に仲良くなって、けっっコントなっても「発達障害者であることを伝えたら、嫌われてしまうのではないか」と心配してしまいます。

発達障害者として自己開示することによる心配から、結婚を諦める理由として以下のような要因が考えられます。

    結婚を諦める理由

    1. 社会的な偏見や差別: 発達障害者であることを告白することで、一部の人々から差別や偏見を受ける可能性があります。障害者に対する無理解や偏った考え方によって、パートナーやその家族からの理解や受け入れが得られない恐れがあります。
    2. 相手の不安や心配: 発達障害者と結婚することに対して、相手やその家族は不安や心配を抱くことがあります。結婚生活におけるコミュニケーションの困難や日常生活の管理の課題、子育ての特別なニーズなどを考慮すると、相手やその家族は将来の困難や負担を心配するかもしれません。
    3. 自身の精神的な負担: 障害者として自己開示することにより、自身が受ける精神的な負担も大きな理由となるでしょう。発達障害者であることを隠し続けることや、自己開示によって受ける可能性のある否定的な反応や拒絶への恐怖は、自己肯定感やメンタルヘルスに悪影響を与えることがあります。

    これらの理由により、発達障害者の場合、結婚を諦める人も存在するかもしれません。

    しかしながら、発達障害があるからといって結婚生活が不可能であるわけではありません。

    パートナーと開かれたコミュニケーションを持ち、互いの理解や受け入れを築くことで、発達障害を持つ人々も幸せな結婚生活を送ることができるのです。

    理由⑤:経済的事情や結婚生活に不安


    精神疾患界隈の人にも分かりやすい例えを出すとね、いまだ世間で精神疾患や発達障害への偏見があったり、障害年金や生活保護を受けてることに負い目を感じたり、障害者雇用の賃金が安すぎて結婚や出産を諦めたり。 これ全部、政治の問題だから

    https://twitter.com/sayapi2001/status/1276876482506153984?s=20&t=-kG8xk_Sk-A4zgY0BICW9g

    「現在も就業せず障害年金をもらっている」、「実家などで家族と一緒に暮らしている」「障害者雇用で、まだ給料が安い」など、経済面や生活面に不安を感じていませんか?

    恋愛をして結婚をした時に、相手に経済的負担がかかることを心配してしまいます。または「経済力がない」ということで敬遠されるのではないかと自信を失ってしまいます。

    発達障害でADHDやアスペルガー症候群の方が結婚生活を継続することが困難とされる理由の1つとして、衝動性が高く、感情のコントロールが難しいことが挙げられます。

    理由⑥;感情のコントロールが難しいから

    発達障害のある方は、感情の起伏が激しく、怒りっぽくなったりイライラしたりすることが多い傾向にあります。

    ストレスへの耐性が低く、些細なことで感情的になってしまう場合があります。

    そのため、対人関係のストレスが多い結婚生活では、感情のコントロールを失ってしまいやすいと考えられます。具体的には、配偶者の言動に過剰に反応して怒鳴ったり物を叩きつけたりするなど、衝動的な行動をとってしまうことがあるでしょう。

    相手の気持ちを汲み取ることが苦手なため、相手の行動の意図を誤解して感情的になることも多いと予想されます。

    こうした衝動性と感情コントロールの困難さが、対人関係の軋轢を招き、結婚生活の継続を困難にしている主な要因の1つだと考えられます。

    【アスペルガー結婚しない方がいい】結婚しないほうが良いのかコツは?

    取り組み次第で結婚は可能

    このような様々な不安、諦めたい理由があります。しかし、工夫や取り組み方次第で恋愛をすることは可能です。少なくとも、あなたが「発達障害だから」ということは、「恋愛を諦める理由」にはなりません。

    発達障害の恋愛は、定型発達よりも多くの悩みや困難に直面します。
    悩みを解決して楽しく恋愛をするためには、「発達障害を隠さない」ことが大切です。

    発達障害傾向のある男性が非モテで悩む理由は仕事以外にあと2つあります。

    1.不注意によって身だしなみに無頓着であるケース。

    1.不注意によって身だしなみに無頓着であるケース。

    2.自分の興味のある事柄に関してのみ一方的に話し過ぎてしまってる

    不注意によって身だしなみに無頓着であるケース。

    コツ①:不注意によって身だしなみに無頓着

    ADHDでも結婚をするためにきをつける清潔感

    ・毎日お風呂に入っている
    ・口臭や体臭、汗のニオイに気を使っている(自分のニオイは気づきづらいので、口臭チェッカーなどを使ってみるのもアリ)
    ・服が臭くない(生乾きのニオイがしない)
    ・服をきちんと着こなしている(Tシャツが裏表だったり、ヨレヨレだったりしない)
    ・最低でも2ヶ月に1度は散髪に通っている
    ・無精ヒゲを生やしていない(ヒゲが似合うダンディな方もいますが、ごく一部です)
    ・鼻毛や耳毛が出ていない
    ・姿勢が良く、おどおどしていない

    女性に好きなタイプを訊いた際「清潔感のある人」という答えは鉄板です。第一印象は重要です。

    コツ②:不注意によって身だしなみに無頓着

    相談者

    「今この女性を落とさないと!」という衝動性によって、気に入った女性にグイグイ距離感をつめてしまって女性がドン引きしてしまうケースがあるかもしれない。。

    断れない性格の女性や押しに弱い女性はグイグイ系の男性に折れてしまうこともありますが、女性のほうも「本当は嫌なのにこの人と過ごさないといけない……」と思って疲弊したり、場合によってはセクハラにあたってトラブルに繋がることも考えられます。

    大好きな夫はやはり発達障害ではないだろうか。発達障害だからといった愛が変わるわけではなく、ここまでズレを感じることによる違和感によるストレス。いっそ発達障害あるからって言われた方が諦めがつく。と、言う気持ちになる喧嘩が昨年何度もありました。 2020年は解決したい結婚8年目の今日。

    【発達障害 結婚やめとけ?】よくある質問

    ADHDは離婚理由になりますか?

    シバッタマン

    ADHDの配偶者から日常的に暴力を振るわれている場合、法的な離婚事由に該当する可能性が高いです。

    ADHDの相手が浪費や借金を繰り返して家計を逼迫させたり、働かない又は収入があっても生活費を入れてくれない場合などには、離婚原因として認められる可能性が高いです。

    ADHDの話し方の特徴は?

    シバッタマン

    ADHDは、注意力や集中力、衝動の制御に関する障害とされており、これらの特徴は話し方にも影響を及ぼすことがあります。

    まず、ADHDの人々はしばしば話し始める前に十分な準備をせず、思考や感情を即興で表現する傾向があります。

    そのため、話す内容が一貫性を欠いたり、脱線してしまったりすることがあります。

    また、頭の中の思考が速く動いているため、話す速度が速くなり、相手が追いつけなくなることもあります。

    情報を整理することが難しい場合があります。

    そのため、話している最中につながりのない情報や詳細な補足事項を挿入することがあります。

    重要なポイントを伝える前に細かなディテールにこだわることもあります。

    集中力の欠如や衝動性の増加により、ADHDの人々は話し手が自分の話を遮られると焦りやすく、相手の発言を遮って話すことがあります。

    また、話し合いの中で相手の意見を待たずに中断したり、途中で違う話題に切り替えたりすることもあります。

    ADHDの大人女性の特徴は?

    ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ大人の女性には、以下の特徴が見られます。

    ADHDの女性の特徴
    1. 注意力の欠如: ADHDの大人女性は、注意を集中させることが困難です。彼女たちは短期的な注意を向けることができますが、長時間の集中は保つのが難しいです。これにより、作業や日常生活でのミスや忘れ物が頻繁に起こります。
    2. 多動性: 多くの場合、ADHDの大人女性は落ち着かず、身振りや足の動きが増えることがあります。彼女たちは静かに座っていることや、集中していることが苦手です。
    3. 衝動性: ADHDの大人女性は、衝動的な行動を取りやすくなる傾向があります。彼女たちは思考や感情のコントロールが難しく、衝動的な買い物や言動、他人との関係への影響を及ぼす可能性があります。
    4. 組織や計画の困難: 大人の女性のADHDの特徴の一つとして、組織や計画の難しさがあります。彼女たちは時間管理や日常のタスクの積み重ねに苦労し、順序立てたプロセスを追うことが難しいです。
    5. 集中力の欠如: ADHDの大人女性は、長期的な目標に対して持続的な集中力を維持することが難しいです。彼女たちは興味を持つまでに時間がかかり、中断されてしまうことで再び集中するのが難しい場合があります。

    ADHDの大人女性はこれらの特徴によって日常生活や仕事に困難を抱えることがあります。

    適切なサポートや医療の提供により、良い生活を送ることができるでしょう。

    まとめ:【発達障害 結婚やめとけ?】アスペルガーADHDは結婚しない方がいい?できないの・向いていないの?ASD

    いかがでしょうか。

    【アスペルガー結婚しない方がいい】結婚やめとけ?結婚できない!向いていない?発達障害者についてお伝えしています。

    発達障害がある人で恋愛結婚に悩んだり困っている人は大勢います。自分が発達障害でも、パートナーやその家族が発達障害でも、恋愛結婚において大切なのは、特性や個性、困りごとをお互いに理解することです。嬉しいこと、嫌なことを伝え合い、理解することで関係を深めましょう。

    【発達障害 結婚やめとけ?】アスペルガーADHDは結婚しない方がいい?できないの・向いていないの?ASD

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次