MENU
皆様疲れていませんか?精神疲労・発達障害者の方々が日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

iOSエンジニアはやめとけ?きついってなぜだかを紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

iPhoneが手放せないという状況になり、数多くのアプリを利用して情報を取得することが当たり前の時代となりました。

生活にスマートフォンが欠かせないと考える人もいるほど、財布よりも重要度が高い存在になっています。

しかし、それらの便利さの裏には、誰かが膨大なコードを書き、アップデートに取り組んで、より便利で充実した生活を提供するために努力していることがあります。

シバッタマン

それが「iOSエンジニア」です。

人にはやばい・辞めとけと言われる職業と言われることもありますが、その先に待つ成果や魅力はどれほどでしょうか。

この記事では、iOSエンジニアの現状や課題、また、そのキャリアの魅力について解説していきます。

興味深い技術革新と絶え間ない学習によって、日々の仕事を彩っているiOSエンジニアではありますが、あなたもこの魅力的なキャリアに挑戦してみませんか?

転職を考えている人、キャリアパスを探求している人、または技術への興味からこの記事によって、iOSエンジニアという職業の可能性を説明します。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
目次

【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】といわれる理由

まずiOSエンジニアとは?

iOSエンジニアは、AppleのiOSオペレーティングシステム上で動作するアプリケーションを開発するプロフェッショナルのことを指します。

 iOSエンジニアは、iPhone、iPad、iPod Touch、Apple Watchなど、Appleのデバイス向けのアプリケーションを作成します。

iOSエンジニアが使う主なプログラミング言語は、SwiftとObjective-Cです。

 特にSwiftは、Appleが2014年に発表した新しい言語で、現在ではiOSアプリ開発の主流となっています。また、iOSエンジニアはAppleが提供する開発環境であるXcodeを用いて開発作業を行います。

シバッタマン

それではIOSエンジニアがきつい辞めとけと言われる理由を説明します。

① Swiftの仕様変更に対応することがきつい

Swiftは、まだ開発中の言語であり、常に改善されています。 Swiftの仕様変更に対応することが大変です。

シバッタマン

Swiftの仕様変更に対応するためには、Swiftの開発チームが公開しているドキュメントやブログを定期的にチェックすることが重要です。

引用元:Swiftの開発チームが公開しているドキュメント

また、Swiftの開発チームのブログでは、Swiftの最新情報やアップデートが公開されています。

②英語の情報が多いのできつい

シバッタマン

英語ができないとiOSエンジニアとしてきついと感じる場面もあります。Swiftの開発チームが公開しているドキュメントやブログは英語で書かれていますので。

 また、Swiftのコミュニティも英語で活発です。そのため、英語ができれば、Swiftに関する最新情報をより早く入手し、他の開発者と交流することができます。

ただ、現在は英語から日本語への翻訳ソフトが発展しているので、そこまで昔ほど苦労することはありません。

英語がわからなくても、iOSエンジニアとして働くことは可能です。

しかし、翻訳ソフトは完璧ではありません。英語の文脈を理解したり、ニュアンスを把握したりすることが難しい場合があります。

英語がわからなくてもiOSエンジニアとして働くことは可能ですが、英語ができるとより効率的に仕事を行うことができ、より多くの情報にアクセスすることができます。

③Swiftは開発中のため、実務にも影響されることも多い

Swiftは開発中の言語であるため、仕様変更が頻繁に行われ、実務にも影響されることも多いです。

Swiftの仕様変更によって、既存のコードが動かなくなるなどの問題が発生することがあります。

シバッタマン

いわゆるデグレって問題でエンジニアやユーザーにとって、最も恐れるべき問題の1つですね。。。

デグレが発生すると、ソフトウェアの品質が低下し、ユーザーに不便や不利益を与える可能性があります。

ただ、レグレッションテストを行うことで、デグレのリスクを軽減することができます。

レグレッションテストとは、既存のコードが変更された場合に、その変更が既存のコードに影響を与えていないかどうかを検査するテストです。

また。レグレッションテストを行うだけでなく、Swiftの開発チームが公開しているドキュメントやブログを定期的にチェックし、新しい仕様を把握しておくことが重要です。


iOSアプリを開発するには、Xcodeという開発環境を使用する必要があります。Xcodeは、Appleが開発した統合開発環境で、iOSアプリの開発に必要なツールがすべて揃っています。

④iOSアプリの開発に必要なスキルは身につくが他のスキルの習得が難しい

シバッタマン

iOSエンジニアは、iOSアプリの開発に特化したスキルを身につけていることにより、iOSアプリを開発する際には、大きな強みとなります。

しかし、他の分野のスキルを身につけていないため、iOSアプリ以外を開発する際には、苦労する可能性があります。そのため、iOSエンジニアは、他の分野のスキルも身につけておくことをお勧めします。

日本ではPHPやRUBYがはやっているので、その他のスキルを身につける機会は多いです。

 ただ、IOSエンジニアは専門性が高くて人が少ないがために、品質管理やバージョン管理、構成管理のスキルを身につけること機会がすくないです。

ただ、デグレを防ぐには構成管理の知識はどうしても必要ではあります。構成管理を覚えることはIOSエンジニアとしてやばい辛さを味わなくて済みます。

もちろん、それは会社にはよりますが、一般的にPHPやRUBYよりまだまだiOSエンジニアが少ないので喜びを感じることもありますけどね。

⑤iOSアプリの開発は属人化しやすい

iOSエンジニアは、専門性が高く、特定の分野に特化している傾向があるため、会社にとっても属人化を起こしやすいです。

エンジニア経験がある人がわかりますが、属人化が発生すると、エンジニアが退職したり、病気になったりした場合に、開発に支障をきたす可能性があるんですよね。

シバッタマン

そのため、iOSエンジニアはやめとけという人がいるのです。

【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】需要は?将来性?

①IOSエンジニアは年収が高く安定した収入

シバッタマン

iOSエンジニアは一般的に高収入を得ることができます。特に、経験とスキルが豊富なiOSエンジニアは、非常に高い給与を得る可能性があります。

その理由は、iOSエンジニアの需要がPHPやRubyエンジニアよりも高く、供給が少ないからです。

Apple製品は、非常に人気があり、多くの企業や個人がiOSアプリを開発しています。そのため、iOSエンジニアの需要は高くなっています。

iOSエンジニアになるためには、SwiftやObjective-Cなどのプログラミング言語を習得する必要があるためです。

SwiftやObjective-Cは、難易度が高いプログラミング言語であり、習得に時間と労力がかかります。

そのため、iOSエンジニアになりたいと思っている人も多くいますが、実際にiOSエンジニアになる人は少ないのです。

最短・最速でiOSエンジニアになるためのカリキュラムが用意されています。未経験からiOSエンジニアへの転職を目指す人を徹底的にサポートします

②IOSエンジニアの将来性があり需要がある

シバッタマン

iOSエンジニアはとっても将来性のある職業と言えます。

Apple製品は、日本では非常に人気があり、多くの企業や個人がiOSアプリを開発しています。そのため、iOSエンジニアの需要は高くなっています。

IoT機器の高成長が見込まれており、IoT機器と連携するアプリの開発が進んでいくと予想されています。IoT機器は、Apple製品と連携することが多く、iOSエンジニアの需要はさらに高まることが予想されます

③ユーザーの満足度を高めることに喜びを感じる

シバッタマン

 Apple製品(iPhone、iPad、Macなど)を愛用し、Apple製品を使用しているユーザーの満足度を高めるためにアプリを開発することに喜びを感じることにやりがいをかんじるでしょう。

Apple製品の特徴や機能に精通し、それらを活かしてユーザーにとって使いやすく、魅力的なアプリを開発できる人ともいいます。

 iOSはユーザーフレンドリーなデザインと高品質なユーザー体験で知られています。

 ユーザー中心の設計に興味があり、ユーザーがどのようにアプリを使うかを深く理解したいと考える人に向いています。

また、セキュリティの高さでも知られています。セキュリティに高い関心があり、それを考慮に入れたアプリ開発に興味がある人は、iOSエンジニアとして成功する可能性が高いです。

【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】向いている人は?

①Apple製品に好きな人

シバッタマン

iOSエンジニアは、当然ではありますがApple製品のファンであることが向いている人ですね(笑)

Apple製品のファンであれば、Apple製品の特徴を理解し、最新情報に常にアンテナを張り巡らせておくことができますよね。

iOSエンジニアは、常に新しい技術やフレームワークを習得する必要があり、ユーザー目線で開発ができることが求められます。

 また、iOSアプリは、ユーザーが日常的に使用するものです。そのため、ユーザー目線で開発ができることが重要です。

  Apple製品は、ユーザーインターフェースやユーザーエクスペリエンスに優れていることで知られています。そのため、Apple製品が好きであることが重要です。iOSエンジニアは、Apple製品に精通している必要があります。

②新しい知見・技術を勉強することができる人

iOSエンジニアにとって、新しい知見や技術を継続して学ぶことが重要です。

Appleは常に革新を追求しており、その結果、プログラミング言語Swiftの仕様変更が頻繁に行わています。

 iOSの開発環境も日々進化しています。

 そのため、iOSエンジニアは最新の技術トレンドを追い続ける必要があり、自発的に学習を継続する能力が求められます。

③専門分野を継続して追及して勉強が出来る人

新しい知見・技術を勉強することができる人は必須の条件ではありますが、専門分野を継続して追及して勉強が出来る人が向いています。

あれもこれも学びたいでは時間がなくなってしまいます。iOSエンジニアとして技術を追及する好奇心を持ちつつ、何があっても継続することが出来る人がむいています。

シバッタマン

Appleは定期的に新しいiOSバージョンをリリースし、新機能を追加します。これに適応し続けるためには、常に最新の知識を学び続ける意欲が必要です。

 新しい知識や技術を身につけることの喜びを感じられる人にとっては大きな魅力でもあります。

 また、その新しい知見・技術が直接製品の品質向上に繋がり、ユーザー体験の改善に貢献するため、自分の成長が具体的な成果として現れる瞬間を得ることができます。

このようなプロセスを楽しむことができる人は、iOSエンジニアとして向いていると言えるでしょう。

【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】だがプログラミングスクールがおすすめ

IOSエンジニアがスクールが必要な理由は?

シバッタマン

iOSアプリ開発には、高い技術力と専門知識が必要となるからです。また、iOSアプリ開発は、常に新しい技術が登場し、変化していくため、常に学び続ける必要があります。

 ただ、iOSエンジニアは、やりがいのある仕事でもあります。

 iOSアプリ開発は、ユーザーの生活をより便利で楽しくする仕事です。また、iOSアプリ開発は、世界中のユーザーに自分のアプリを届けることができる仕事です。

iOSエンジニアは、自分の仕事に誇りを持って働くことができます。

iOSエンジニアに興味がある方は、スクールに通ってSwiftを学ぶことを検討しよう

スクールでは、Swiftの基礎から応用までを学ぶことができ、また、アプリ開発の経験者からアドバイスを受けることもできます。独学で学ぶこともできますが、スクールに通った方が効率的に学ぶことができます。

スクールに通うことで、iOSエンジニアとしてのネットワークを築くことができます。同じ目標を持つエンジニアと出会うことができ、情報交換やサポートを受けることができます。

iOSアカデミアはiOSに特化したスクールでおすすめ

IOSアカデミアは、以下の特長を持つ日本国内初のiOSアプリエンジニア専門のオンラインプログラミングスクールです。

最短・最速でiOSエンジニアになるためのカリキュラムが用意されています。未経験からiOSエンジニアへの転職を目指す人を徹底的にサポートします

シバッタマン

iOSアカデミアはiOSに特化したスクールなので、iOSエンジニアに必要なスキルを効率的に身につけることができます。


iOSアカデミアは、未経験からiOSエンジニアへの転職を成功させた実績があります。2022年度の卒業生のうち、90%以上の方が転職に成功しています。また、平均して3ヶ月で転職に成功しています。

iOSアカデミアでは、Swiftの基礎から応用までを学ぶことができます。

 また、アプリ開発の経験者からアドバイスを受けることもできます。

独学で学ぶこともできますが、スクールに通った方が効率的に学ぶことができます。

また、転職サポートが充実しているので、転職に成功する可能性が高くなります。シンプルで続けやすい受講プランが用意されています。各プランには特定の条件や特典があります

詳しくは下記のサイトでご確認ください

\ iOSを学ぶなら特化スクールしかない /

iOSエンジニアとしてのキャリアパスは?独立もできる

シバッタマン

iOSエンジニアのキャリアパスですが、まずはアプリ開発の基礎を学び、iOSアプリを開発するところからスタートしましょう。

IOSエンジニアのキャリアパスは?
  • iOSエンジニア
    • アプリ開発の基礎を学び、iOSアプリを開発する。
    • アプリの品質向上やパフォーマンス改善に取り組む。
    • 新しい技術やフレームワークを学び、スキルアップを図る。
  • iOSチームリーダー
    • 複数のiOSエンジニアをマネジメントし、アプリ開発プロジェクトを成功させる。
    • チームメンバーのスキルアップを支援する。
    • アプリ開発の品質やパフォーマンスを向上させる。
  • iOSアーキテクト
    • アプリのアーキテクチャ設計を担当する。
    • アプリのパフォーマンスやセキュリティを向上させる。
    • アプリ開発の品質を向上させる。
  • iOSコンサルタント
    • 企業や個人にiOSアプリ開発のコンサルティングを行う。
    • アプリ開発のノウハウや技術を提供する。
    • アプリ開発のプロジェクトマネジメントを行う。
シバッタマン

また、自分のアプリを作成してApp Storeで公開し、事業を立ち上げることもあります。

 教育やコーチングの役割に移行し、他の人々がiOSエンジニアになるのを助けることを選ぶかもしれません。さらに、自己表現の手段としてプログラミングを利用することも可能です。

【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】よくある質問

【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】なるには?年収は?

iOSエンジニアになるのは本当に難しいですか?

シバッタマン

「iOSエンジニアになるのは難しい」と言われることがありますが、これは主にiOS開発に必要な専門的なスキルと知識を習得するの他の言語と比べても特殊であるからだと考えられます。

 しかし、一方で、適切な教育と学習をすることで、多くの人々がiOSエンジニアになることができます。

 また、プログラミングスクールやオンラインコースは、初心者からiOSエンジニアになるための特別なプログラムを提供しています。

iOSエンジニアとして働くメリットは何ですか?

シバッタマン

iOSエンジニアとして働く主なメリットは、エンジニアとしての価値が上がることです。

IOSエンジニアとしてのアップル製品が人気はあるものの、人材が不足しているため年収が高い傾向にあります。また、好きなアップル製品で自分が使いたいアプリを自分で作れることなどがあります。

iOSエンジニアにはプログラミングスクールに通うことは本当に必要ですか?

シバッタマン

プログラミングスクールに通うことが必要かどうかは、あなたの背景、学習スタイル、そしてどれだけ迅速にスキルを習得したいかによります。

 プログラミングスクールは、専門的な指導と一対一のサポートを提供し、自分で学ぶよりも速く効果的にスキルを習得するのに役立ちます。

iOSエンジニアのキャリアパスはどのようなものですか?

シバッタマン

iOSエンジニアのキャリアパスは多様です。一部のエンジニアは、大企業やスタートアップでのフルタイムの役職を追求します。

他のエンジニアはフリーランスとして働き、自分のスケジュールとプロジェクトを選びます。

また、一部のiOSエンジニアは、自分のアプリで独立起業をすることも可能です。

プログラミングスクールの受講プランはどのように選ぶべきですか?

シバッタマン

プログラミングスクールの受講プランを選ぶ際には、自分の目標、予算、利用可能な時間などを考慮することが重要です。

 例えば、フルタイムの仕事を持つ人や家族のある人は、自分のライフスタイルに合ったフレキシブルなプランを選ぶことが有用です。

 また、キャリアの転換を目指す人は、就職サポートを提供するプランを選ぶことが有用です

 また、プログラミングスクールのカウンセラーと相談することで、自分に最適なプランを見つける手助けを受けることができます。

iOSエンジニアに向いている人は?

シバッタマン

iOSエンジニアに向いている人の特徴は以下のようになります。

タイプ内容
新技術に関心iOSエンジニアは常に新しい技術や知識を学び続ける必要があります。Apple社の製品や技術は日々進化しているため、最新の情報をキャッチアップし続ける姿勢が重要です。
ユーザー目線で開発iOSエンジニアはユーザーが使いやすいアプリを開発するため、ユーザビリティやデザインに関する知識が必要です。ユーザー目線で考えることができる人は、より良いアプリを開発することができます。
Apple製品が好きな人iOSエンジニアはApple製品に関する知識や情熱が求められます。Apple製品が好きな人は、その情熱を仕事に活かすことができるでしょう。

iOSエンジニアの将来性

シバッタマン

iOSエンジニアの将来性について、以下のポイントが挙げられます。

項目説明
iOS搭載デバイスの増加iOSが搭載されたデバイスは今後も増え続けることが予想されており、それに伴いiOSエンジニアの需要も高まるでしょう。
Apple社の業績好調Apple社の業績は好調であり、ユーザーのロイヤリティも高いため、iOSエンジニアに関する案件が多く、需要が高まると考えられます。
BtoC業務が多いiOSエンジニアは、ユーザーに直接届くサービスを作るため、BtoC業務が多いという特徴があります

\ iOSを学ぶなら特化スクールしかない /

まとめ:iOSエンジニアはやめとけ?きついってなぜだかを紹介?

いかがでしょうか。

今回の記事では、【iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?】なるには?年収は?についてお伝えしました。

iOSエンジニアは一筋縄ではいかない難しさがあります。

 Swiftの仕様変更への対応や、英語の情報の多さが一部の負担となります。また、iOSの開発は属人化しやすく、そのスキルは他の分野への応用が難しい部分もあります。

シバッタマン

記事中でも述べましたがやはり私のエンジニア経験でもきついやめとけといえるのはデグレと属人化ですね。

ただ、これはiOSエンジニアは専門性が高いがために技術者が少ないため、他の開発より多いからかと感じます。

PHPやRUBYであっても会社の体質によってはデグレや属人化が発生している会社もいまだに多いです。私も苦しみました。デグレには(笑)

しかし、IOSエンジニアに限ってはこれらの課題をクリアすれば、他のエンジニアよりも年収が高く安定した職業であり、また需要も高いというメリットがあります。

 Apple製品が好き、ユーザーの満足度を高めることが好き、新しい技術を継続的に学ぶことができる人にとって、IOSエンジニアは充実したキャリアを築けるでしょう。

 そのため、iOSエンジニアとしてのスキル習得にはプログラミングスクールの利用が推奨されており、特にSwiftやiOSフレームワークを深く専門的に学べるスクールがおすすめなのです。

今回はIOSに特化したiOSアカデミーを紹介しました。

 キャリアパスも多様で、独立も可能です。確かに、iOSエンジニアとしての道は険しいものがありますが、それを乗り越えることで得られる達成感と報酬は大きいです。

ぜひ自分の将来を含めてスクールに相談し、検討してみましょう。相談は下記のサイトからできます。

本記事の重要なまとめ
  1. Swiftの仕様変更への対応と英語情報の多さがiOSエンジニアの課題である
  2. 年収が高く、安定性と需要があることがIOSエンジニアのメリットである
  3. Apple製品への愛着と新技術習得への意欲が求められる
  4. スキル習得のためにプログラミングスクールの利用が推奨される
  5. キャリアパスは多様で、独立も視野に入れられる

\ iOSを学ぶなら特化スクールしかない /

iOSエンジニアはきつい?やめとけなの?需要は?将来性はどうなの?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次