MENU

【うつ病退職引き止め】引き止められない退職理由?仕事辞められない断り方!パワハラ

【引き止められない退職理由】なぜ辞めたいのに引き止められる?困る場合の対処

なぜやめたいのに引き止められる

引き止められない退職理由って何

本当に会社が辞められなくて困っているんだ対処方法はないかな

シバッタマン

会社を辞めたいのに引き止めにあって上司が全く聞いてくれない。どうしてもやめたいんだけど自分の退職理由がよくないのか引き止められてやめられない。困っているけど退職したいと悩んでいる方に向けて記事となります。

今回の記事では【引き止められない退職理由】なぜ辞めたいのに引き止められる?困る場合の対処についてお伝えします。

目次

【うつ病退職引き止め】引き止められない退職理由?パワハラなど

なぜ引き止められるのか辞めたい理由を明確にする

1位2位3位
2020年
転職理由
給与が低い(9.9%)職場の人間関係が悪い(9.7%)会社倒産やリストラ・パワハラの非自発的(7.4%)
2019年
転職理由
職場の人間関係が悪い(12.4%)給与が低い(10.7%)労働時間や待遇に不満があった(8.5%)
2018年
転職理由
給与が低い(11.6%)職場の人間関係が悪い(10.0%)労働時間や待遇に不満があった(9.8%)
【引用元】「マイナビ転職動向調査2021年版(2020年実績)」

2018年から2020年の退職理由を見ると上位の一位と二位は「給与が低い」と「職場の人間関係が悪い」の2つ上位の1位と2位を占めています

これはいつの時代もかわらないとおもいますが、仕事を辞める理由は、給与の低さや人間関係が主であることが多いのです。

ただ、退職の理由をそのまま会社に伝える人は少ないです。

在職中の会社に直接的に伝えては、トラブルを招く可能性があります。転職後も、仕事内容によっては前の職場と関わる可能性は大いにあります。

なぜ辞めたいのに引き止められるなぜ

シバッタマン

じっくりと考えて上司に退職を告げたにもかかわらず、退職を引き止められる人も把握しきれないほどの数多幸感に浸るではないのでしょうか。


説得されると断りきれなくなる場合がしばしばあります。会社あるいは上司が引き止めようとする理由はいくつかの理由があるはずです。


もう一度退職をして多幸感に浸れるのか会社と話し込むまたは自分で相性を考えてみましょう。

しつこい引き止めの理由は下記になります。

退職者をひきとめる理由
  • 欠員の補充が大変
  • あなたしかできない業務に穴が開く
  • 将来を嘱望していた人材だから辞めて欲しくない
  • 上司が管理責任を問われるのを避けた
  • 退職者が出ると職場が動揺する

引き止められたら一度検討する内容

来を嘱望されていた人材だから辞めて欲しくない」という場合はもあるでしょう。
今まであなたも知らされていなかったことかもしれません。
上司や会社でお話しすることが真実なのであれば、今一度会社に残ることを検討してもよいかもしれません。

会社都合ではあっても、自身の将来とも関連するので少し話がかわりますね。

シバッタマン

今後の展開で管理職へ抜擢や正社員への登用される可能性があります。
転職したい理由が今の会社でかなう可能性があれば、会社に残るという選択肢もあるでしょう。


「将来を嘱望されていた人材だから辞めて欲しくない」と考えておらず、言葉だけであれば論外です。

具体性がある話でなければ、口約束で終わってしまって後悔する可能性はあります。

上司と対話する中で、信頼できる具体性がある話なのかをあなたが見極めて判断しましょう。

心から信頼できるメンターのような上司がいて、もう少しキャリアを積んでからの方が転職は有利だという助言をもらう場合もあるかもしれません。

もう少しキャリアを積んもよいと考えるのなら、耳を傾けて会社に残る価値があるかもしれません。

あなたを熟知した上司の言葉なら、会社の利害を超えた心からの助言であると言えるでしょう。
すぐに考えを正す必要はありません。例外的なケースは今一度自分の市場価値と希望を考え合わせて結論を出しましょう

原因①パワハラがある

シバッタマン

上司や先輩のパワハラがあると「仕事を辞めたい」と感じてしまうでしょうね。

 厳しい指導をされても正論であれば理解できますが、パワハラを行う上司や先輩もいます。

 自分が部下のため自分が弱い立場にいると、反論することは簡単ができないのが現状ですね。ストレスが溜まり仕事を辞めたくなってしまう人がいます。

上司から理不尽な扱いを受けることにより、仕事を辞めたくなる人もいます。自分が悪くないにもかかわらず、「怒られる」「謝罪をしなければならない」という状況は、とてもストレスが溜まりますね。

②人間関係が辛い

好きな仕事でも、職場の人間関係が悪いと、体が疲弊してきてつかれてきて辛いものです。上司や先輩との関係に悩んでいる」「いじめられて孤立している」など状況は様々あるかと思います。

職場では利益を求めなくてはいけないため、色々な性格や年齢の人が集まっています。人生経験も価値観もそれぞれ異なるため、相性が合う人もいれば合わない人もいるのは当然です。

その人たちも生活のためにやっているのは変わりありません。色々な性格や年齢の人にあわせなくてはいけませんね。

③うつ病になりそう

シバッタマン

これは上述しましたが、ストレスを溜め込み過ぎると、ネガティブな感情が強くなってしまうことがあります。ネガティブな感情が強くなることで、気分が落ち込んだままとなり、何に対してもやる気が起きなくなります。

仕事が逃げではありません。後悔するパターンでもありません。楽しめていた趣味や好きなことを楽しめなくなっている場合、うつ病である可能性も否めません。退職を考えると同時に、専門機関を受診し、早めに治療してください。

④サービス残業

平日は終電まで仕事、休日は疲労回復のために寝るだけの時間になってしまう。おまけに学生時代までの友達とも付き合いが悪くなり友達がいなくなった。そんな状況に陥っている人は少なくないようですね。

忙しい分だけ、仕事の経験やスキルは身に付いています。

 一つの仕事の区切りには、それなりに達成感も感じられる。そのため、潔く退職を決断できないないが疲労がたまって疲れています。

気持ちより先に体力に限界を感じ「辞めたい」と思うことがあります。

長時間残業や休日出勤が多いことも、会社を辞めたくなる主な原因の1つとなります。

 仕事量が多すぎる激務は拘束時間が長くなるため、睡眠時間も満足に取ることができなくなります。

 心も体も疲れ切ってしまいます。一般的に一ヶ月の残業時間が40時間を超えると激務です。

 「月80時間以上の残業が続くと、過労死ラインである」と厚生労働省は公表しています。

 厚生労働省による「時間外労働の上限規制」により残業時間を削減する動きはあるものの、全ての企業に浸透しきっているわけではありません。

シバッタマン

私もそうでしたが納期前になると残業時間がオーバーしているとわかっているのですが、どうしてもまにあわせなくてはいけないためサービス残業をしなければならないこともありましたね。

【引き止められない退職理由】 引き止められる?会社が困る理由うつ病

理由①一身上の都合

シバッタマン

一身上の都合は上司に伝えることのできる退職理由がないときに使いましょう

退職の理由を伝える義務はありません。

ただ、一身上の都合だとはっきりとした理由を伝えていません。

上司としては可愛がっていた部下ならなおさら、部下の退職理由が気になります。また、上司の上司にも一身上の都合だとなぜなのか聞いてこいといわれる可能性もあります。

状況によっては上司が問題で退職者をだしてしまうと上司の評価がさがってしまいますからね。上司から詳しい理由を聞かれることが考えられます。

一身上の都合を追求される場合に答える内容をできる限り考えておいた方が引き止めに会わないと考えられます。「一身上の都合」を貫き通すなど対策を考えておくとよいでしょう。

理由②家庭の事情

育児などの家庭の事情はありますが、この理由であれば、簡単に引き留めることはできません。

しかし、テレワークや時短勤務を勧めてくる場合もありますので、転職の意志が固いことを貫き通しましょう。

シバッタマン

子育てなどで仕事が忙しいので辞めたいという意思がひつようです。なおさら奥さんが育児で疲労しているのであれば、夫も育児をする時代になりました。育児制度がしっかりしているのであれば問題ないのですが、口約束だけにならないように就業規則などをしっかり確認しておきましょう。

理由②親の介護や病気

親の介護や病気、簡単に引き留めることはできません。しかし、テレワークや時短勤務を勧めてくる場合もありますので、転職の意志が固いことを貫き通しましょう。

シバッタマン

私の友人も親の介護が理由で退職を申し出ましたが、転勤ということで引き止めにありました。そのかたは転勤できればということで退職はしなかったのですが、決意が固い場合は会社が条件を付けてきても辞めないようにしましょう。

理由③結婚退職

結婚を理由に退職する女性は少なくなです。

女性であれば比較的受け入れられやすいと思います。「家庭に専念したい」という意思をしっかり伝えた上で、交渉を行ってください。

シバッタマン

ただ、今は共働きが普通になっているので、会社の制度・就業規則をみて退職を検討するのがよいでしょう。結婚で退職となると引き止めることはないと思います。

理由④スキルアップをしてやりたい仕事ができたので退職

退職の際に、スキルアップをしてやりたい仕事ができたので退職をしたいも、伝えやすく受け入れられやすい理由でしょう。伝える際には、新しいことへのチャレンジに対する熱意と、退職への強い意志を伝えることが大切です。

また、現職でスキルアップをしてやりたい仕事ができないのか理由を聞かれることはあります。他部署への異動等などで仕事内容の変更を提示して引き止められることが考えられます。
スキルアップをしてやりたい仕事ができたので退職を伝える際には、今後のキャリアプランをはっきりさせておくことが大切になります。

シバッタマン

ただ、今は共働きが普通になっているので、会社の制度・就業規則をみて退職を検討するのがよいでしょう。結婚で退職となると引き止めることはないと思います。

理由⑤実家の仕事

地方から都内にでてきて、実家の家業の引継ぎがあるとなると簡単には引き止められない理由です。

実家の仕事の重要性や親との話し合い、今引き継がないと時間がない、など具体的な内容を説明しましょう。

「数カ月延ばすことはできないのか」といった交渉を受けることは考えられますので、なぜ今継がないといけないのかをしっかりとつたえましょう。

シバッタマン

ただ、今は共働きが普通になっているので、会社の制度・就業規則をみて退職を検討するのがよいでしょう。結婚で退職となると引き止めることはないと思います。

理由⑥夫が転勤

あなたが女性であり夫の転勤先に一緒にいくことになるのであれば、あなたは辞めるなと簡単に引き止めることはできないでしょう。

シバッタマン

ただ、大手企業で全国に支店がある、というようなことでなければ、問題ないかと思います。それでも地方のほうが忙しい場合があり、新たな地で新たな人間関係を気付くとなると大変です。また、子育てもしていたらなおさらです。あたりまえのように辞めることをつたえましょう。

【引き止められない退職理由】会社が困ること前に引き止められないように対処方法

【引き止められない退職理由】なぜ辞めたいのに引き止められる?困る場合の対処

対処方法①退職時期

民法上では、退職の意思表示は2週間前までにしておけば良いとされています。ただ、会社側としては急にやめられては困ります。

業務の引継ぎや、人員の補充等を考慮して2カ月前には退職の意思表示をしておきましょう。また、就業規則に退職時期が記載されている場合は、不当に長い場合以外はそれに従うようにしましょう。

シバッタマン

また、うつ病などで退職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると退職の必要性が大いにある場合もあります。

退職を検討している人は、何らかの精神的ストレスを抱えていることがほとんどなので、早めに心療内科や精神科に相談しましょう。自分ではさほど問題がないように感じていても、医師からすると退職の必要性が大いにある場合もあります。

対処方法②引継ぎ期間を話し合う

退社するためには、引継ぎが終わる前に退職して、会社に迷惑をかけることはさけるのはやめましょう。自分の仕事を引き継ぐ際にどれくらいの期間が必要なのか伝える必要があります。

自分でどれくらいかかるのか段取りを考えてみる、上司に確認してみる等を早めに行動をするようにしましょう。

すべての業務を区切りよく終えることが理想的です。

日頃から、自分以外が業務を理解しやすいように資料やメモを整理しておくと、いざというときにも安心です。

ただ、病気による退職はなかなかそうもいきません。

シバッタマン

病気での退職は、病気による体調や業務遂行能力に大きな違いがあります。起き上がることや家から出ることも難しい中で、がまんして引継ぎをこなすことはとても難しいです。

基本的には、退職の意思表示をしてから2週間後には会社との契約を解除することができます。就業規則に引継ぎについての事項があれば、それに従う必要があります。

就業規則の「退職」について確認すること、退職について上司と相談する機会を持つことが必要です。

退職そのものには理由を説明する義務はありません。

対処方法③繁忙期は避ける

シバッタマン

繁忙期など退社の時期は引継ぎと同様に会社に迷惑がかかる時期は避けたほうがよいです。締め切り前や繁忙期、重大なプロジェクトの最中等は避けるようにしましょう。

ただ、ハラスメントが行われていたり勤務環境が劣悪だったりする場合はすぐに退職すべき。心身に影響が出てしまう前に決断しましょう。

ハラスメントを受けている人の中には、「仕事を辞めると生活できない」「この程度で辞めるなんて甘えでは」などと考えて我慢してしまう場合もあるでしょう。耐え続けると次第に精神状態が不安定になり、最終的には普段の生活もままならなくなる可能性があります。

方法④社内での伝え方

シバッタマン

退職の報告は、パワハラなどがなく健康であればまず直属の上司に退職をつたえましょう。直属の上司よりも上の役職の方に伝える、同僚や部下から伝わることは社会人としてのマナーとして間違っていることになります。

上司の都合もありますが、就業時間外に時間をとってもらいましょう。

会議室や個室等人のいないところで、上司の心証が悪くならないよう伝えることが重要です。テレワークがはやっていますが、それでも対面で退職の報告をすることが大切です。

ただ、直属の上司が理不尽に退職を認めなかった際は、さらに上の役職の方や人事の方に退職の意志を伝えましょう。

一般的には会社を退職する場合には上司に伝えるのが鉄則であります。ただ、退職理由が様々であり、退職ランキングでもお伝えしましたが、上位には人間関係があります。その人間関係のほとんどが直属の上司であります

上司の上司に退職を伝える

上司からパワハラを受けてしまっている場合、または診断書でうつと医師から伝えられていて原因は確実に上司の場合は上司に伝える必要はありません。

うつ病や抑うつ状態による休職手続きを行う際には、多くのケースで必ず医師の診断書の提出が求められます。

そのため、まずはどのような状況なのか医師に説明して、体調不良により仕事に支障が出ている仕事の続行が難しい旨を伝える必要があります。

かかりつけの心療内科や精神科がない場合は、勤務先の産業医への相談を検討しましょう。

直属の上司に退職を伝えるのが社会人のルールだとしても一番重要なのはあなた自身の身体であります。どうしても伝えられないほど上司と人間関係が上手くいっていない場合は上司の上司に伝えるとよいでしょう。

引継ぎとうも上司の上司から指示が届くことになります。

人事部に退職を伝える

人事部に伝える場合も部署が労働基準法をまもっていないなど会社が法的にコンプライアンスを守っていない時におすすめします。退職の理由が部署のコンプライアンスであれば、人事部としては会社の実態にを嫉妬置く必要あります。

万が一まもられていなかったら、部署にたいして指導がはいる可能性がありますので、相談してみるのもよいでしょう。

たあ、私の経験上ですがそれでも人事部も動かないことがあります。その場合には親会社などのコンプライアンス窓口がありますので、そちらに相談するのがよいかもしれません。ただ、匿名だと動いてくれない可能性がありますが、親会社として会社の看板に傷がつくのあれば、それは黙っていることはできないとおもいます。

【うつ病退職引き止め】仕事辞められない断り方

断り方①退職する強い意志を見せる

シバッタマン

退職をするとしても今までお世話になった職場や上司です。迷いが出来る可能性はあります。迷っている様子を見せると相談のようになって
しまいます。

「説得すれば退職を考え直してくれるのではないか」というような、引き止めやすい空気になってしまうので気を付けましょう。


些細なことで逡巡するような活路を見出す素ぶりを見せてしまうと、上司は引き止められる活路を見出す可能性があると心を奪われる興味をかきたてられるかんがえます。

上司が引き止めしようとすると、引き継ぎや退職日の確定が先延ばしになってしまい、転職先への入社に影響が出るかもしれないのです。

辞めた後も現在の会社との間にお互いにしこりが残ります。
既に次の就職先が決まっているなら、転職先が決まった事実としてはっきり伝えるのがもっとも効果的です。

転職先が決まっていない場合でも、転職に向けて具体的に活動中であることを伝えると心を奪われることはありません何があっても揺るがないほどの強い気持ちが必要です。

断り方②待遇など条件をだしてきても退職を先延ばししない

会社側や上司、プロジェクトリーダーがあなたにやめられると困る場合には、なんとか退職を引き止めようとします。

簡単に解決する問題であればそれに応じようとすることがあります。新しい転職先で働き始めるのか、社内での引継ぎをいつから始めていつまでに終わらせるのか、有休消化はいつから何日取得したいのかについてしっかりと上司の方と細かく話し合っておくことが大切です。

シバッタマン

給与などの待遇面が理由であれば、給与の引き止めようとすることが考えられます。部署移動で退職が引き止まるのであれば検討してくれる可能性もあるでしょうね。


会社や上司からすれば労働条件の変更は可能です。給与面の改善を直ちに提案もできます。部署の異動も可能です。

あなたに退職を考え直さざるをえない空気にする可能性はおおいにあります。

あなたが会社に残ったとしても一時は給与は上がる可能性はありますが、長期的に考えると一度退社を伝えると会社を辞めようとした目でみられる可能性があります。つまり、社内で給料のアップや管理職への出世を願っているのであれば偏見の目で見られる可能性があります。


一度退職をつたえてしまうと、会社や上司はあなたは何かあれば退職をする人間とみなす可能性があります。


一時しのぎとして待遇が改善するかもしれません。ただ、数年後には責任をおしつけて減給や降格の目に遭うということは沢山見てきました。

会社に退職を申し出て、条件によっては残ってもよいという考えは、いずれまた今あなたがなやんでいるに問題が同じ会社で発生する可能性がたかいといえます。そのため、明確な退職理由として伝えない方がよいでしょう。

「退職を先延ばしにはできない」ということをしっかりと伝えましょう。

断り方③次がきまっており辞めることまで最後まで伝える

シバッタマン

「まだ社内でやるべきことをやり切ってないよね」など言ってきて、今の仕事を辞めるのは次が決まってからでもよいのかと伝えてくる可能性があります。

退職までの期間が長引かないように、強気の姿勢がひつようです。交渉の中で上司や会社には退職の意志が固いことをしっかりと伝えるようにしましょう。

断り方④うつや発達障害

うつや発達障害などで医師から診断書が出ている場合には引き止めらえることはありません。診断書がでているということは医師からの指示です。

それをまもらず、あっかさせたならば余計悪化して会社が原因が大きくなる場合があります。

詳しくは下記のサイトをご確認ください。

まとめ:【うつ病退職引き止め】引き止められない退職理由?仕事辞められない断り方!パワハラ

今回の記事では【引き止められない退職理由】なぜ辞めたいのに引き止められる?困る場合の対処についてお伝えしました。

退職をしたとしても次の会社で働く必要があります。また、転職活動をして決まっていた方が安心した気持ちで引き止められない退職ができます。

引き止められないためにも在職中に転職をきめてしまい、上司に退職理由を伝えたほうがよいでしょう。

下記は転職エージェントです。無料です。いまでも辞められ退職理由を転職エージェントと一緒にかんがえてくことをおすすめします。

マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

エン転職

エン転職は有名な転職サイトです。

ネットでは様々な口コミが飛び交っています。

エン転職は会員数約600万人の内、約67%以上が35歳以下の若者で構成されています。 若者が気軽に求人を検索できるように、使いやすいサービスになっていることが特徴です。

例えばマイページには画面上部に求人検索・スカウト・カレンダーといったメニューバーがあり、使いたいサービスをクリックするとそのページに移行します。 必要な情報だけを簡単にチェックできるため、「使いやすい」と評判です。

さまざまな事業でIT化を図っているので、その時のノウハウが活かされていると言えるでしょう。 さらに、エン転職のアプリはパソコン版とほぼ変わらない充実した機能が搭載されています。

転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数(非公開求人・公開求人)1,000万人 うちスカウト会員数310万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

リクルートエージェント

実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。知名度が高いため利用者も多く、これまでに37万名以上もの転職成功を実現しています。

公開求人・非公開求人含め、常時20万件以上の求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数(非公開求人・公開求人)117,600(公開求人)、35,646(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

doda

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人
【引き止められない退職理由】なぜ辞めたいのに引き止められる?困る場合の対処

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次