MENU
皆様疲れていませんか?障害者本人として日々で悩んでいる皆様の精神疲労を解決するメディアです。

【うつ病退職引き止め】適応障害や休職中で辞めさせてくれない理由と対処法

当ページのリンクには広告が含まれています。

なぜやめたいのに引き止められる

引き止められない退職理由って何

あなたが直面している課題、【うつ病退職引き止め】、そしてその取り扱いの難しさを象徴しています。

その苦しみは、パワハラ、人間関係の悩み、適応障害など、さまざまな形で顔を出します。だからと言って、この状況に打ち勝つ術は本記事で説明します。

うつ病で仕事を辞める決断をするためには、自己理解、適切なケア、そして心強いサポートが不可欠です。

 その解決策の根拠は、私自身がこの道を歩んできた結果です。休職、上司との対話、そして適切な辞職のタイミングを見極めることで、私は新たな未来をつかむことができました。

そして、その未来はきっとあなたを待っています。うつ病という困難に立ち向かい、必要なサポートを得て、新たな人生のスタートを切ることで、あなたは確かな自己成長を経験し、再び夢に向かって歩み出せるでしょう。

それが、この記事が提供する具体的な解決策を活用した場合の未来です。

シバッタマン

会社を辞めたいのに引き止めにあって上司が全く聞いてくれない。どうしてもやめたいんだけど自分の退職理由がよくないのか引き止められてやめられない。困っているけど退職したいと悩んでいる方に向けて記事となります。

今回の記事では【うつ病退職引き止め】障害者や休職中の退職引き止めがしんどい合の対処についてお伝えします。

シバッタマンの紹介
シバッターマン
シバッターマン
  • シバッタマン
  • 精神障害者保健福祉手帳 保持者
  • 退職代行で40歳で会社を退職し就労移行支援へ
  • 氏名:柴田義彦
  • 退職代行&就労移行支援、ITの執筆
  • 妻と4歳の子供がいて住宅ローン・教育費に必死
  • うつ病で休職経験多数
  • WEB業界を辞め、障害と闘いなら自営に転身
  • 経歴・連絡先情報はプロフィールに表示

目次

【うつ病退職引き止め】適応障害や休職中で辞めたい理由

原因①パワハラで病気になった

シバッタマン

上司や先輩のパワハラがあると「仕事を辞めたい」と感じてしまうでしょうね。

 厳しい指導をされても正論であれば理解できますが、パワハラを行う上司や先輩もいます。

 自分が部下のため自分が弱い立場にいると、反論することは簡単ができないのが現状ですね。ストレスが溜まり仕事を辞めたくなってしまう人がいます。

上司から理不尽な扱いを受けることにより、仕事を辞めたくなる人もいます。自分が悪くないにもかかわらず、「怒られる」「謝罪をしなければならない」という状況は、とてもストレスが溜まりますね。

パワハラがあるの関連記事

②人間関係が辛い?職場いじめで病気になった

好きな仕事でも、職場の人間関係が悪いと、体が疲弊してきてつかれてきて辛いものです。上司や先輩との関係に悩んでいる」「いじめられて孤立している」など状況は様々あるかと思います。

職場では利益を求めなくてはいけないため、色々な性格や年齢の人が集まっています。人生経験も価値観もそれぞれ異なるため、相性が合う人もいれば合わない人もいるのは当然です。

その人たちも生活のためにやっているのは変わりありません。色々な性格や年齢の人にあわせなくてはいけませんね。

人間関係が辛い?職場いじめの関連記事

③すでにうつ病と診断されている

シバッタマン

これは上述しましたが、ストレスを溜め込み過ぎると、ネガティブな感情が強くなってしまうことがあります。

ネガティブな感情が強くなることで、気分が落ち込んだままとなり、何に対してもやる気が起きなくなります。

④サービス残業で病気になった

平日は終電まで仕事、休日は疲労回復のために寝るだけの時間になってしまう。おまけに学生時代までの友達とも付き合いが悪くなり友達がいなくなった。そんな状況に陥っている人は少なくないようですね。

忙しい分だけ、仕事の経験やスキルは身に付いています。

 一つの仕事の区切りには、それなりに達成感も感じられる。そのため、潔く退職を決断できないないが疲労がたまって疲れています。

気持ちより先に体力に限界を感じ「辞めたい」と思うことがあります。

長時間残業や休日出勤が多いことも、会社を辞めたくなる主な原因の1つとなります。

 仕事量が多すぎる激務は拘束時間が長くなるため、睡眠時間も満足に取ることができなくなります。

 心も体も疲れ切ってしまいます。一般的に一ヶ月の残業時間が40時間を超えると激務です。

 「月80時間以上の残業が続くと、過労死ラインである」と厚生労働省は公表しています。

 厚生労働省による「時間外労働の上限規制」により残業時間を削減する動きはあるものの、全ての企業に浸透しきっているわけではありません。

シバッタマン

私もそうでしたが納期前になると残業時間がオーバーしているとわかっているのですが、どうしてもまにあわせなくてはいけないためサービス残業をしなければならないこともありましたね。

【うつ病退職引き止め】適応障害で会社が辞めさせてくれないのはなぜ

【うつ病退職引き止め】障害者や休職中の退職引き止めがしんどい

業務上の必要な社員

従業員が担当している業務が特殊で、その業務を引き継ぐ人材がいない場合、会社は引き止めることを選択するかもしれません。う

 うつ病のにもかかわらず従業員が長期間にわたり特定の業務を担当してきた場合、その知識や経験は会社にとって貴重な人材となります。

 そのため、会社はこの従業員が退職することによる影響を最小限に抑えるために、引き止めることを選択するかもしれません。

法的な制約があるから解雇はできないと考えている

労働基準法第19条第1項により、従業員がうつ病を発症した原因が業務や職場環境にあるといえる場合、療養のために休業する期間とその後の30日間は原則として解雇することは認められません。

参考元:労働基準法第19条第1項(厚生労働省)

これは労働者の健康を守るための法的な保護措置であり、会社はこの法的な制約に従わなければなりません。

しかし、これは解雇に関する規定であり、従業員自身が退職を希望する場合(つまり自己都合退職)は異なります。

 自己都合退職の場合、従業員は民法第627条に基づき、14日前に退職の意思を通知すれば退職することができます。この場合、会社は従業員の退職を拒否することはできません。

ただし、うつ病で退職を希望する場合、適切な医療支援を受けることや、会社との円満なコミュニケーションを保つことが重要です。

③会社の人間関係を考えて辞めさせてくれない

シバッタマン

上司や同僚との人間関係やチームの雰囲気を考慮し、引き止めることを選択するかもしれません。

うこの従業員がチーム内で重要な役割を果たしていた場合や、他のメンバーとの人間関係が良好であった場合、その人間関係のバランスを崩すことを避けるために、会社は引き止めることを選択するかもしれません。

④うつ病が直ればパフォーマンスが戻ると思っているから

シバッタマン

企業の方針や上司の評価の問題から辞めさせないよう一度引き止め相談をしているケースもあります。

 うつ病の社員は会社はこの従業員が再び健康になり、以前のパフォーマンスを取り戻すことを期待しているかもしれません。

また、会社は従業員の健康問題に対する配慮や支援を示すことで、他の従業員に対するメッセージを送ることも重要視しているかもしれません。

⑤上司自身が評価をさげたくない

シバッタマン

一部の企業では、従業員の退職が上司の評価に影響を与える可能性があります。そのため、上司が従業員の退職を防ぐために引き止めることがあります。

しかし、これは個々の企業や上司の方針によるものであり、全ての企業や上司が同じように行動するわけではありません。

 また、うつ病で退職を希望する従業員に対しては、法律(民法第627条)で認められている退職の権利を尊重し、適切な対応を行うことが求められます。

ブラック企業と呼ばれる企業では、労働者の権利を侵害するような行為が問題視されています。

 これには、過度な労働時間、パワハラ、適切な休暇の提供がないなどが含まれます。これらの問題は労働者の健康や生活を脅かす可能性があります。

⑥特定のITシステムを担当していて属人化している

シバッタマン

IT業界で働いていた私の体験談ですが、システム関連の仕事で見られることがあります。

 一部の社員が特定のシステムやプロジェクトに深く関与しており、その社員がいないと業務が停滞したり、重大な問題が発生したりする可能性があります。

しかし、このような「属人化」は組織にとってリスクとなります。

 そのため、多くの企業では業務の手順を文書化したり、知識の共有を促進したりすることで、このリスクを軽減しようとしています。

また、うつ病で退職を希望する社員に対しては、その社員の健康と回復を最優先に考えるべきです

 。労働者の健康を守るための法的な保護措置も存在します。そのため、会社はこの法的な制約に従わなければなりません。

【うつ病退職引き止め】適応障害?辞めさせてくれない対処方法

【うつ病退職引き止め】障害者や休職中の退職引き止めがしんどい

①退職届を提出して辞める

シバッタマン

民法第627条は、労働者が自由に退職することができることを定めた条文です。

 これは、労働者が会社に雇用されている一方で、労働者には自由な意思決定権があることを意味しています。そのため、労働者が退職したいと思った場合、会社は労働者の退職を拒否することはできません。

退職届を提出する際には、いくつかの注意点があります。まず、退職届は、退職する日の2週間前までに提出する必要があります。また、退職届は、書面で提出する必要があります。口頭で退職を申し出ても、退職は認められません。

参考元:民法627条(厚生労働省)

②退職届を内容証明郵便でおくる

シバッタマン

メンタル不調で退職する場合、退職届を内容証明郵便で送ることで、退職の意思を客観的に伝えることができます。

 内容証明郵便は、郵便局が作成する書類で、郵便局が送付した日付や時間、内容を証明することができます。そのため、退職届を内容証明郵便で送ることで、会社側が退職届を受け取ったかどうかを証明することができます。

退職届の文面の例

私は、株式会社○○を、令和4年5月31日をもって退職いたします。

退職理由は、メンタル不調です。

退職届を内容証明郵便で送ることで、退職の意思を明確に伝えます。

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

敬具

○○

退職届を内容証明郵便で送る際には、退職届を2通作成する必要があります。

 1通は会社に送り、もう1通は自分の控えとして保管します。退職届を送る際には、退職届に自分の住所と名前を記載し、切手を貼り、郵便局に送ります。

退職届を内容証明郵便で送ることで、退職の意思を客観的に伝えることができます。

③医師の診断書を用意する

うつや発達障害などで医師から診断書が出ている場合には引き止めらえることはありません。診断書がでているということは医師からの指示です。

それをまもらず、あっかさせたならば余計悪化して会社が原因が大きくなる場合があります。

詳しくは下記のサイトをご確認ください。

④退職代行を利用

つ病で仕事に行くのが困難になり、それでも引き止めがあったなら、会社との対話や退職手続きが困難であれば、退職代行サービスを利用するという選択肢もあります。

シバッタマン

退職代行サービスは、あなたの代わりに退職に関する手続きを行ってくれるサービスです。

精神的に苦しんでいるときや、対人関係で問題が発生しているときなど、自分で退職手続きを行うのが困難な場合に利用することができます。

パイオニアで人気・知名度で業界最大手の退職代行EXIT

退職代行EXIT
退職代行EXIT

退職代行EXITは、日本で最初に「退職代行」を専業として展開したパイオニアであり、業界最大手の退職代行業者です。

 弁護士の指導やノウハウの提供を受けたスタッフが対応し、適切なアドバイスを提供しています。退職成功率100%を誇っており、多くの人々が円満に退職できたという評判があります。

24時間営業しており、親身になって相談に乗ってくれるという特徴があります。

会社名EXIT株式会社
設立2018年
会社所在地〒150-0041東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル5F
代表取締役新野俊幸岡崎雄一郎
事業内容退職サポート業務・メディア運営
シバッタマン

退職代行EXITは、業界NO1の安さの20,000円(税込)です!安く済ませたい人や金欠の人に向いていると言えます。
また転職サポート付きです。

退職代行EXITの無駄なく退職をサポート
【退職代行EXITは失敗】トラブル?退職代行イグジットやばい!株式会社社長テラハウス新野?

退職代行EXITは、業界のパイオニアとして最も知名度が高く、利用者からの評判も良好です。そして業界最安値です。

退職代行EXITの人気内容
即日退職可能業界最安値の2万円で即日退職が可能
実績と知名度退職代行の先駆けで実績と知名度が圧倒的
安心の弁護士監修弁護士監修により安心して利用できる

転職サポートを利用すれば、実質無料/

EXITは正社員・契約社員・アルバイト・パート問わず、一律20,000円(税込)という業界最安値の料金設定が大きな特徴です。他社が3~5万円する中、圧倒的なコストパフォーマンスで人気NO1が魅力です。

もちろん即日対応で退職代行成功率100%です。「業界最安値のパイオニアの秘訣を知るのはこちら

労働組合人気1位:退職代行SARABA

【さらばユニオンとは退職代行】労働組合?さらばユニオン違法?

シバッタマン

退職代行SARABAは、労働組合が運営する退職代行サービスです。24時間365日対応可能で、即日退職も可能です。費用は24,000円で、全額返金保証もついています。

項目内容
サービス名退職代行SARABA(公式サイト)
運営開始2019年8月
管理会社株式会社スムリエ
営業時間24時間365日
料金24000円
支払い方法クレジットカード、銀行振込、コンビニ払い
業務内容退職の意思表示、退職日の調整、未払い給料や残業代の請求、退職後のトラブルの相談

退職代行sarabaは、料金が安く、即日退職が可能で、後払いサービスもございます。

退職代行sarabaの無駄なく退職をサポート
【退職代行SARABAの体験談】デメリットは労働組合と弁護士?転職サポート!株式会社ワン

\労働組合NO1の安心料

モームリは、労働組合提携、株式会社による管理のもと、安心安全・確実に退職手続きを代行する退職代行サービスです。料金は、正社員が24,000円です。「今でも全額返金保証か調べてみる

法的相談なら弁護士法人みやび

特徴は弁護士の退職代行なのに相談と有給請求を無料で行ってくれます。更に、営業時間内での連絡であれば返信が早いのが特徴です。

mamoriの紹介
  1. 弁護士の退職代行なのに最短即日で退職を実現
  2. 弁護士なのでもちろん退職金の請求や有給消化の交渉可能
  3. 弁護士なのでもちろん退職成功率100%継続中
  4. 弁護士の退職サポートでありながら退職後のサポートも充実(転職やライフプランの相談・給付金サポート)

魅力は安価なところではあります、弁護士サービスを利用したい場合は下記を利用してみましょう。

シバッタマン

弁護士の退職代行でのおすすめは弁護士法人みやびです。弁護士事務所が行う退職代行サービスになります。

非弁業者と違い、サービスに間違いがありません。他弁護士事務所様と違い、グループに社労士がおりますので、
労災申請など、複雑な案件も受けられます。

商号弁護士法人みやび
代表者所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容  企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地〒105-0021 東京都港区東新橋1-1-21 今朝ビル5階
TEL : 03-6264-6671(代表)
申し込み方法電話・メール・LINE
退職までにかかる期間不明
利用料金54,000円
オプション
未払い給料・残業代・退職金請求は着手金無料、オプションの料金は経済利益の20%
営業時間10時から21時

\ 弁護士なのに破格の安さと安心感 /

他の退職代行会社(人気No1以外)の退職代行が気になる方はこちらの比較ページをアクセス
シバッタマン

退職代行会社は数多くあります。その中で私は人気1位を紹介しました。ただ、その他の退職代行が気になる方は下記のエージをアクセス

【うつ病退職引き止め】よくある質問は?

【うつ病退職引き止め】障害者や休職中の退職引き止めがしんどい
即日辞めれる理由はあります。

雇用期間を定めた場合でもやむを得ない事由があるときは、契約を直ちに解除できるとしています。 

参考元:引き止められないやむを得ない事由民法第628条(厚生労働省)

理由としては、心身の病気や両親の介護などが挙げられます。 法律による定めはあるものの、契約社員も勤務先が認めてくれた場合は即日退職が可能です。

うつ病で会社を辞めたいのですが、辞め方は?

会社にはうつ病が原因であることを明確に伝えることが大切です。

 退職時期は、自分の体調と相談して、無理のない時期を決めましょう。

引き継ぎは、自分の業務を誰かに引き継いでもらう必要があります。退職金や健康保険などの手続きは、退職前に必ず行いましょう。

転職先は、退職前に探しておくと良いでしょう。メンタルヘルスのケアは、退職後も継続して行うことが大切です。

うつ病 補助金 いくら?

つ病の休職期間中にもらえる傷病手当金とは 傷病手当金とは、被保険者が病気や怪我のために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給される手当金です。

  うつ病によって休職する場合も、健康保険に加入していれば傷病手当金を受け取ることができます(任意継続や国民健康保険の場合は対象外です)。

関連記事は下記となります。

体調不良で退職したいのですが、引き止められるでしょうか?
シバッタマン

体調不良で退職したい場合、基本的には会社側からの引き止めがあっても退職はできます。

やむ得ない理由の一つであり、退職する理由になることがあります。診断書を提出することで、円満な退職につながる場合もあります。

医師の診断書を用意しておくとよいですね。

まとめ:【うつ病退職引き止め】適応障害や休職中で辞めさせてくれない?

今回の記事では【引き止められない退職理由】なぜ辞めたいのに引き止められる?困る場合の対処についてお伝えしました。

うつ病に悩む社会人が退職を考える際の問題やそれを乗り越えるための具体的なステップを解説しました。

 私自身がその道を歩み、未来への扉を開けた一人として、あなたに対し、絶望ではなく希望を見つけられる道筋を示すことを心から望みます。

なたが置かれている状況は、私が経験したと同じように、とても厳しいものかもしれません。

しかし、それを脱するにも自己理解、適切なケア、そして心強いサポート。これらは、私が乗り越えるために重要だった要素であり、きっとあなたにとっても有効な手段となるでしょう。

本記事のまとめ
  1. うつ病による退職検討の背景:パワハラ、人間関係の悩み、適応障害など
  2. うつ病で会社を辞めるためのステップ:自己理解、適切なケア、サポートの獲得
  3. 引き止められる際の対処法:辞めたい理由の明確化、退職のタイミングの見極め、退職代行の利用など
  4. 辞めた後の未来:新たな人生のスタート、自己成長、再び夢に向かって歩み出す勇気
  5. 記事の結論:困難に立ち向かい、必要なサポートを得て、新たな人生のスタートを切ることが可能である

以上が、私の経験とこの記事の内容を元にした要点です。

あなた自身がその解を見つけ、自分自身を信じて前進し続けることを忘れないでください。

【引き止められない退職理由】なぜ辞めたいのに引き止められる?困る場合の対処

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次