MENU

【40代年収中央値】男性女性平均/東京/地方/正社員/地方!氷河期世代は低い?

【40代の平均年収】男性・女性別の中央値/東京の平均は高い?都道府県別の中央値

40代はロスジェネ世代といわれます。ロストジェネレーション、略してロスジェネです。 この世代の人は約2000万人いると言われています。就職氷河期世代とも言われます。一般的に1970年頃から1980年頃までに生まれた現在40前後の世代を指します。

ロスジェネ世代は、就職氷河期を経験しているので「仕事に前向き」「新しい知識やスキル取得に意欲的」といった特徴がみられます。 また、就職が難しかった背景から優秀な人材が多いのも特徴でしょう。

目次

【40代年収中央値】中央値について/正社員/氷河期世代は低い

【40代平均年収中央値】男性女性別中央値/東京の平均は高い?

40代全体の平均年収/502万円

全体で言えば、およそ500万円弱と言えます。40代の切り口ごとの年収を見ることで、自分の年収がどの程度なのかより正確に理解できるでしょう。

2020年9月~2021年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した人の平均年収データを、20歳から65歳までの年齢別に集計しています。

男女別の平均年収や年代ごとの年収分布もありますので、自分の年代・年齢の平均年収を調べてみましょう。

引用元:平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】

年齢平均年収(40代全体)
40歳485万円
41歳493万円
42歳491万円
43歳496万円
44歳500万円
45歳504万円
46歳502万円
47歳515万円
48歳514万円
49歳533万円

40代男性の平均年収/569万円

40代男性の全体平均年収は403万円でした

会社組織の中でも中堅からベテランに差し掛かり働き盛りである40代です。

 今までのスキルやキャリアを伸ばすことが出来、年収1,000万円以上ある人も居れば、40代の平均年収にも届かず伸び悩む人もおり周りとの所得格差が出てきやすい年代でもあります。

一昔前であれば40代男性の平均年収は600万円を優に超え、終身雇用制度で定年まで安定した収入を得られる保証がありましたが、今では終身雇用制度が崩壊しつつあり定年まで同じ会社で仕事を続けていけるのかも不安な時代です。

自分の年収が平均以下であり焦りや不安を感じている人も中にはいるかもしれません。より実感に近い金額となるのが中央値と言われており中央値は対象者の平均値ではなく、中心に位置する数値を指しています。

年齢平均年収(40代男性全体)
40歳539万円
41歳548万円
42歳549万円
43歳560万円
44歳561万円
45歳568万円
46歳578万円
47歳515万円
48歳575万円
49歳601万円

40代女性の平均年収/403万円

40代女性の全体平均年収は403万円でした

シバッタマン

40代女性は年収のアップがほぼないですね。現状維持が多いです。これはもちろん正社員ではなく、非正規雇用が女性には多い問うことをあらわしているのかもしれません。

40代女性の平均年収は、職種によらず高くても500~600万円台と考えるのが妥当といわれています。

女性の平均給与ランキングをご紹介します。 年収が500万円以上の女性は10%未満です。よってその10%に入るためにはライフサイクルの何かを諦めているか、もしくはライフサイクルをしっかりとみてくれる企業でないときびしいとわかりますね。

年齢平均年収(40代女性全体)
40歳402万円
41歳405万円
42歳400万円
43歳394万円
44歳402万円
45歳404万円
46歳398万円
47歳405万円
48歳409万円
49歳410万円

【40代年収中央値】年齢が上がもほとんど変らない/正社員

【40代平均年収中央値】男性女性別中央値/東京の平均は高い?

40代女性は契約社員やパート(月数万円ほどの収入)の方も多く、これが女性の平均値を下げる一つの要因となっています。40代男性となるとその大半が正規雇用であり、管理職などの役職に就く人も増えるため、こちらは男性の平均値を引き上げる要因となります。

40代前半・後半ともに、男女それぞれ以下のような特徴がみられることが分かります。女性と男性の場合、平均年収が高い職業・業種にも違いがあることが見られました。

シバッタマン

キャリアウーマンが増えたとはいえ日本はいまだ年功序列型賃金が残っている金融業、保険業が男性があるのが原因の一つと考えて居ます。ではなぜ女性はその仕事に就いていないのでしょうか。分析をしましたのでお伝えします。

最も平均年収が高い業種
  • 男性の場合…金融業、保険業
  • 女性の場合…教育、学習支援
【40代平均年収中央値】男性女性別中央値/東京の平均は高い?

女性の平均年収が低い理由1・妊娠や出産などによりキャリアが中断してしまうため

人生には、妊娠や出産といったライフイベントが起こります。仕事のキャリアはライフイベントの影響を大きく受けるものです。特に女性の場合は妊娠や出産によりキャリアの中断が発生します。

出産すると、出産後の身体の回復もふまえて長い期間キャリアを中断せざるを得ません。労働基準法では、産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後は8週間の休暇を取ることを定めています。

引用元:厚生労働省(労働基準法における母性保護規定)

シバッタマン

女性のほうがキャリアの中断期間が長く、キャリア再開に悩むケースが圧倒的に多いのが現状です。

男性にかんしても、少子化問題もありまして妊娠や出産で育休がとれるようになっていますが、会社での世間体を考えると取得者は増えたものの長期間の産休をとるのは難しいのが現状です。

女性の平均年収が低い理由2・男性に比べて管理職など役職についている割合が少ないため

仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層の実情や本音を探る調査機関『しゅふJOB総研』(運営会社:株式会社ビースタイル ホールディングス 本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)女性の管理職比率』をテーマに、主婦層を中心とする就労志向の女性にアンケート調査を子なっています。(引用元:女性の管理職比率について、女性自身はどう思っているのか?)

調査結果概要

1.管理職として就業した経験「ある」28.7%
2.管理職になることを「希望する」35.9%
3.女性管理職のイメージ「能力が高く仕事ができる」66.7%
4.女性管理職の割合は「少ない」80.7%
5.女性管理職の比率が少ない理由「結婚や出産で続けづらい雰囲気」81.1%
6.女性管理職の妥当な比率「50%程度」30.4%
7.女性管理職を増やすには「結婚や出産しても続けやすい雰囲気作る」81.0%
8.フリーコメントより

女性管理職の比率が少ない理由「結婚や出産で続けづらい雰囲気」81.1%と最もたかいですね。やはり日本ではいまだにライフいスタイルが海外ほど社会での女性進出がすすんでいないのかもしれませんね。

シバッタマン

私自身の妻も子供を考えると人手不足から打診があっても女性から子供のことを考えると管理職をことわっています。

会社側も人で不足のため管理職についてほしいと願ってはいますが、環境ができていません。その環境をつくらない限り、女性は管理職になりたいという願望があってもことわってしまうんでしょうね。

女性の年収アップにおすすめの転職エージェント

女性の年収アップにおすすめの転職エージェントに相談するのがおすすめですね。

女性は転職時にライフイベント等も考慮する必要があるため、親身に相談にのってもらえる担当者を見つけることも重要です。担当者との相性も比較して、信頼できるキャリアアドバイザーを見つけましょう。

担当者を厳選する時は、あなたの希望に応えるだけでなく、今後のキャリアまで考えて求人紹介を行ってくれる相手を選ぶことが大事です。信頼できるキャリアアドバイザーが見つかったならば、その担当者経由に応募を一本化するのも良いでしょう。

女性に熱心なエージェントのメリット
  • 場所や勤務時間など、生活にあった勤務形態を教えてもらえる
  • 子育て経験のあるアドバイザーに相談できる
  • 女性の職場環境についても相談できる

得に下記のビズリーチやDodaや女性に熱心なエージェントが多くおすすめができます。女性専用のサイトもあります。

【40代年収中央値】大卒・高卒など学歴別

学歴別/40代前半の男性・女性の平均年収

どの学歴でも40代前半男性・女性の平均年収は100万~200万ほど違います。

男女差が大きいのは、40代では女性の非正規労働者が多いのが主な理由だと考えられます。40代の女性には男性と同じように働いている人もいれば、契約社員やパートとして月数万円程度の収入しか得ていない人も多いのです。

学歴40代前半・男性の平均年収40代前半・女性の平均年収男性・女性の給料の差
大学院卒601万円430万円171万円
大卒457万円330万円120万円
高専・専門学校卒433万円330万円103万円
高卒345万円230万円115万円
中卒270万円150万円120万円

40代の正規雇用の女性が自分の収入がどの程度か確かめたい時には、引用元の厚生労働省の雇用形態別の年収を参考にすると良いでしょうね

男性は多くが正規雇用ですし、役職につく人も多く出てくるので平均値が高くなっています。

引用元:学歴別にみた賃金(厚生労働省)

学歴別/40代後半の男性・女性の平均年収

男性や女性に限らずですが後半になると40歳以降、年収は上がりにくくなる傾向があります。それは管理職にはなったものの残業代がなくなった、もしくは会社による早期退職により退職をしたためなど色々な要素が考えらえます。

もちろん企業によっては、管理職が増える40代で大きく年収アップする場合もありますが、高齢になるほど転職で年収アップを狙う場合は難しくなる可能性が高いでしょう。

また、年代が上がるにつれて人によって年収のばらつきが大きくなることも、このアップ率の低さに貢献していると考えられます。

シバッタマン

今は都でも60歳以降でも働いてほしいため個人に起業を促すために助成金をはらっています。定年後の年金の支払いが欲しいのが本音ではありますでしょうが、これをきっかけに自分の働き方を40代後半で探している方も増えています。

学歴40代後半・男性の平均年収40代後半・女性の平均年収男性・女性の給料の差
大学院卒620万円536万円84万円
大卒407万円383万円24万円
高専・専門学校卒327万円284万円40万円
高卒307万円234万円73万円
中卒250万円140万円110万円

学歴による年収の差は男性・女性ともに大きい/大卒と高卒では年収差が約200万円

シバッタマン

他のデータも調整してみましたが、やはり会社によっては大卒と高卒では年収差が約200万もあるようで

大卒じゃないと受けれない会社も沢山あるので視野は広がりますよね。 後からやりたい事があってもこれまた大卒じゃないと始められなかったりもします。逆に大卒なのに低収入の方が沢山いるのも事実です。それが学歴による年収差がうまれていると思います。

その理由は高卒と大卒ではできる仕事が違うからです。一例を挙げると、自動車メーカーでは高卒は工場のラインに入ってマニュアル通りに手足を動かして組み立てをする仕事、大卒は新車の設計や開発を行ったり工場での生産工程の設計や人員管理や指揮などの仕事を行います

また金融業や大手総合商社など年収が高い企業には大卒でないと入社することはできません。

 ただ、高卒なのに稼いで凄いなとか、大卒、院卒までしないと普通に稼げないなんて能力が低いななどとも特に思いません。 やりたいことがあって必要なら行くべきだと思います。

企業の規模と平均年収/40代前半の男性・女性の平均年収

小企業は大企業・中企業に比べると年収額は少ないですが、企業規模問わず40代前半から後半になると30~40万円が上がります。

企業規模で女性は1,000人以上の大規模企業で働いていても40男性男性の10~99人より働いていないことはわかります。

厚生労働省『賃金構造基本統計調査』の結果から40代前半の男性・女性の平均年収定量的分析をしてみました。

シバッタマン

これはやはり女性が管理職になれない、またはライフスタイルにより大企業であっても正社員ではたらいていないからの可能性がありますよね。10~99人の40代前半の給与は既に会社の経営に携わっていて、40代前半・男性の平均年収経営層がの押し上げている可能性盛りますけどね。

企業の規模(従業員数)40代前半・男性の平均年収40代前半・女性の平均年収男性・女性の年収の差
1,000人以上568万円411万円157万円
100~999人481万円372万円109万円
10~99人445万円336万円109万円

出典元;厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

大規模企業であるほど高学歴の割合が高い/大規模企業であるほど平均年収が高い

シバッタマン

どの学歴でも、従業員規模が大きい企業のほうが平均年収が高いことが分かります。

従業員規模が大きい企業ほど平均年収が高く、従業員1000人以上の企業と99人以下の企業では、全体の平均年収に150万円以上の開きがあります。一般的には、下請け制が盛んな業種ほど、大手企業と中小企業との年収の差が生まれやすいといえるでしょう。

性別や学歴、業種などの条件によっては、平均年収の差が数百万円におよぶケースも少なくありません。企業規模が業界トップクラスの大手企業と中小企業との間にも、同様の年収格差があると考えてよいでしょう。

学歴偏重は良くないといわれ続けているにもかかわらず、日本はまだまだ学歴重視だとデータからわかりますね。

【40代年収中央値】都道府県別/東京の平均年収が最も高い/地方は

都道府県別の平均年収/約430万円

世帯年収が最も高いのは、日本の首都である東京都。2022年最も平均年収が高かった都道府県は、2021年と同じく東京都(373.6万円)でした。
資本金10億円以上の大企業の多くが本社を構えている大都市です。規模が大きい企業の数が多い地域ほど、平均賃金も高くなると考えられます。

4位以降の富山県や福井県、滋賀県などは人口が約80〜100万人と、人口が比較的少ない地域です。
これらの地域は夫婦共働き世帯の割合が高く、それに比例して世帯年収が高くなっていることが考えられます。

シバッタマン

日本の年収事情は、特に業種・性別による格差が広がっていますが、都道府県別でみても地域による格差がひろがっているのが明らかですね。

都道府県年収
東京都373.6万円
神奈川県335.2万円
大阪府320.4万円
愛知県314.1万円
京都府310.8万円
千葉県302.0万円
滋賀県301.5万円
兵庫県301.5万円
埼玉県301.5万円
茨城県301.0万円
奈良県296.0万円
広島県294.5万円
三重県294.4万円
栃木県291.5万円
静岡県290.4万円
岐阜県289.1万円
富山県287.9万円
山梨県287.4万円
群馬県286.2万円
石川県285.2万円
長野県283.5万円
福岡県282.9万円
宮城県281.9万円
香川県281.5万円
山口県279.7万円
和歌山県277.6万円
岡山県277.4万円
福井県274.2万円
北海道272.8万円
徳島県270.3万円
福島県267.3万円
熊本県262.4万円
大分県262.1万円
愛媛県260.5万円
新潟県259.4万円
鳥取県257.9万円
鹿児島県257.3万円
長崎県256.3万円
佐賀県255.2万円
高知県255万円
沖縄県254.5万円
宮崎県252.5万円
山形県251.9万円
秋田県246.7万円
岩手県245.9万円
青森県240.5万円

全国の平均年収(約430万円)を上回っているのは東京都・神奈川県・大阪府・愛知県・京都府の5つのみ

日本には全部で3,886社の上場企業が存在します。


上場企業の多くは大都市圏に集中しており、東京都、大阪府、神奈川県、愛知県、埼玉県の5都府県には上場企業全体の75.6%にあたる2,937社が本店を置いています。

シバッタマン

そのなかで平均年収をうわまるのは東京都、大阪府、神奈川県、愛知県、の4都府県には上場企業です。京都府は10位ではございますが任天堂など世界を代表する企業も多いです。やはり上場企業が多く、特に世界を代表する企業を抱えている件は他の件と比べても年収がたかいということがわかります。

人口の集中よりも産業の集中、すなわち株式会社数、特に上場企業の大都市圏偏在が顕著であることがわかりますね。

【40代年収中央値】40代から年収アップする方法/40代からの転職には転職エージェントがおすすめの理由

理由1・平均年収以上の収入が見込める優良非公開求人が多い

40代からの転職には転職エージェントがおすすめの理由で平均年収以上の収入が見込める優良非公開求人が多いが上げられます。メリットデメリットの表を作成しましたのでご確認ください。

シバッタマン

今までお伝えしてきた非公開求人には「大手有名企業の求人が多い」「幹部クラスの求人が多い」があてはまります。非公開求人でないと中小企業が多いのが一般的になります。

非公開求人公開求人
求人媒体転職エージェント企業ホームページ・転職サイ
ト・求人情報誌など
見る条件転職エージェントに登録する環境があれば誰でも
転職成功度滋採用倍率が低い採用倍率が高い
メリット・求人数が多い
・大手有名企業の求人が多い
・幹部クラスの求人が多い
・転職エージェントに登録しな
くても見られる
・自分で応募ができる
デメリット・経験・スキルによっては求人
を紹介してもらえない
・求められる職務レベルが高い
・情報の収集方法が限られる
・企業の採用意欲や採用対象層
が曖昧
・大量採用の案件に偏りがち

理由2・希望以上の年収アップが可能/年収交渉の代行をしてもらえる

年収交渉は給与を上げてでも雇いたいと納得させる必要があり、交渉のタイミングや伝え方が重要。年収交渉はエージェント側にもメリットがあるため代行してもらえます

転職エージェントに年収交渉をするメリット
  1. 企業が提示可能な金額を把握
  2. エージェントが客観的な視点で転職者を売りこむ
  3. 転職エージェントにもメリットがあるので代理ですすんで行ってもらえる

年収交渉は希望額を提示するだけでなく、企業が給与を引き上げてでも採用したいと納得させる根拠が必要です。

代行をするにも今までの経験やスキル・実績を数字を用いて具体的に棚卸し、どう活かして貢献できるかを明確化できれば交渉しやすくなりますのでエージェントに自分の意思を伝えておきましょう。

シバッタマン

市場価値に合った年収交渉は担当者からの印象は悪くならないため、希望額を伝えておくのがベストです。

理由3・ハイクラス求人が豊富な転職エージェントがある

転職市場でよく聞かれるハイクラス人材とは「スキルや経験が豊富な人材」「成果を残せると期待される人材」「市場価値が高い人材」「高いパフォーマンスを発揮できる人材」などの意味で使われることがあります。

「ハイキャリア人材」などという使われ方をすることも多いです

ハイキャリア人材の転職では、キャリアの棚卸しが重要です。

ハイキャリア人材の転職においては、業務に必要なスキル・経験を有していることが求められることが多いです。

自己分析を十分に行い、これまでの自身のスキルや経験を整理し、自身の成果や実績から転職先において貢献できるスキルを洗い出すことが必要となります。

転職エージェントではハイキャリア人材の転職では、非公開求人を確認する必要性が高いといえます。

非公開求人には、転職サイトには掲載されない役員クラスや幹部候補など重要なポジションの求人、社外秘で進めている極秘プロジェクトや新規事業の求人など、ハイキャリア人材が求められるポジションの求人が多くあります。

自分一人では想像できなかった業種や職種までもが候補になり、仕事選びの幅がぐっと広がることもあります。

シバッタマン

転職エージェントによる企業からのスカウトでは、自分のスキル・経験を高く評価してくれる企業・ポジションの求人に出会える可能性があります。

40代から年収アップする方法・複数の転職エージェントを活用する

年収1,000万円以上や管理職・エグゼクティブ、技術・専門職などハイクラス求人の希望者におすすめです。

 ハイクラス専門転職サイトや転職エージェントがリクルートエージェント、ビズリーチ、マイナビ転職、エン転職、dodaがおすすめです。

多くの転職者を支援している転職の専門家は、採用企業の担当者から採用要件を伝えられることも多く、どの求人がどのような人に適しているのかを把握しています。

一般には公開されていないような、高い専門性やスキルが必要な求人すなわちハイキャリア求人を紹介してもらえる可能性があります。

シバッタマン

転職エージェントで自身のスキル・経験を登録して、ハイキャリア求人に出会う可能性を高めてみてはいかがでしょうか。

40代におすすめの転職サイト・エン転職

エン転職は有名な転職サイトです。

ネットでは様々な口コミが飛び交っています。

エン転職は会員数約600万人の内、約67%以上が35歳以下の若者で構成されています。 若者が気軽に求人を検索できるように、使いやすいサービスになっていることが特徴です。

例えばマイページには画面上部に求人検索・スカウト・カレンダーといったメニューバーがあり、使いたいサービスをクリックするとそのページに移行します。 必要な情報だけを簡単にチェックできるため、「使いやすい」と評判です。

さまざまな事業でIT化を図っているので、その時のノウハウが活かされていると言えるでしょう。 さらに、エン転職のアプリはパソコン版とほぼ変わらない充実した機能が搭載されています。

転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数(非公開求人・公開求人)1,000万人 うちスカウト会員数310万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

エン転職は有名な転職サイトです。

ネットでは様々な口コミが飛び交っています。

エン転職は会員数約600万人の内、約67%以上が35歳以下の若者で構成されています。 若者が気軽に求人を検索できるように、使いやすいサービスになっていることが特徴です。

例えばマイページには画面上部に求人検索・スカウト・カレンダーといったメニューバーがあり、使いたいサービスをクリックするとそのページに移行します。 必要な情報だけを簡単にチェックできるため、「使いやすい」と評判です。

さまざまな事業でIT化を図っているので、その時のノウハウが活かされていると言えるでしょう。 さらに、エン転職のアプリはパソコン版とほぼ変わらない充実した機能が搭載されています。

転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数(非公開求人・公開求人)1,000万人 うちスカウト会員数310万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

40代におすすめの転職サイト・リクルートエージェント

実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。知名度が高いため利用者も多く、これまでに37万名以上もの転職成功を実現しています。

公開求人・非公開求人含め、常時20万件以上の求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数(非公開求人・公開求人)117,600(公開求人)、35,646(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

40代におすすめの転職サイト・doda

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

40代におすすめの転職サイト・マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

40代におすすめの転職サイト・ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

【40代年収中央値】おすすめの資格の仕事内容や給料

【40代平均年収中央値】男性女性別中央値/東京の平均は高い?

難易度が低い国家資格1・保育士

保育士の仕事内容や仕事時間は園によってさまざまですが、子どもたちの成長をサポートでき、雇用形態や勤務時間を比較的選択しやすい点は共通しています。


 保育士は、子どもが好きで、フレキシブルな働き方をしたいと考えている方にオススメの職業。保育士になるためには保育士資格を取得する必要がありますが、子どもが好きならきっと夢を叶えられるはずです。

 保育士の仕事は、単純に子どもを預かって身の回りのお世話をするだけではありません。
保育士の役割とは、子どもたちの生活全般のお世話をしながら、心身の発達を促し、社会性を養うこと

 食事や睡眠、排せつ、清潔さ、衣類の着脱などの基本的な生活習慣を身につけさせることです。子どもの成長にとって重要な役割を担っているといえるでしょう。

厚生労働省の2020年度「賃金構造基本統計調査」によると、正社員保育士の決まって支給する現金給与額、年間賞与等は以下のように示されています。

難易度が低い国家資格2・介護福祉士の仕事内容や給料

シバッタマン

介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。

介護福祉士は、同法第2条第2項において『介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。』と位置づけられています。

介護福祉士資格は、介護を必要とする方がたのさまざまな生活行為・生活動作を支援し、支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。

介護福祉士国家試験は、年1回実施されており、厚生労働大臣の指定を受けた(公財)社会福祉振興・試験センターが試験の実施及び登録の事務を行っています。

シバッタマン

介護福祉士の収入は月給・年収・賞与のいずれにおいても、40代でピークを迎えて最も高くなっていることがわかります。
ただし、上記にまとめた金額には介護職・介護福祉士としてのキャリアや経験年数は、考慮されていません。

20~29歳【月給】19万5000円
【年収】315万6000円
【賞与】78万9000円
30~39歳【月給】25万円
【年収】400万7000円
【賞与】100万1500円
40~49歳【月給】27万5000円
【年収】444万1500円
【賞与】111万500円
50~59歳【月給】23万円
【年収】370万4500円
【賞与】92万6000円
60~64歳【月給】19万円
【年収】306万2000円
【賞与】76万5000円

難易度が低い国家資格3・ファイナンシャルプランニング技工士の仕事内容や給料

FP(ファイナンシャルプランナー)になるには、国家資格である”FP技能士”、もしくは、民間資格のAFP、CFPを取得しましょう。

シバッタマン

FP(ファイナンシャルプランナー)は、これらの幅広いお金のうちの6つの分野を扱います。ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。
検定試験は私たちが日ごろから使っているお金に関わる知識がベースになるので、初めての方でも抵抗なく学習できる内容ばかりです。

社会保険労務士の受検資格

1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで取り扱います。

難易度が低い国家資格4・キャリアコンサルタントの仕事内容や給料

シバッタマン

キャリアコンサルタントとは、個人のキャリアに関するコンサルティングを行う専門家です。

キャリアとは個人がこれまでの仕事で培った経験や経歴を指し、コンサルティングは専門的な知識を有する人が相談にのること、各種企画を立てるお手伝いをすることを指します。

個人の能力や適性、興味、価値観などをもとに、それぞれに適した職業選択や能力開発の援助、スキル活用法の指南など、キャリア選択の助言を行うことがキャリアコンサルタントの役割となります。自分自身のキャリア形成で悩んだ経験を持つ人や向上心の強い人、他者のサポートをすることが好きな人に向いている仕事です。

シバッタマン

キャリアコンサルタントとは、個人のキャリアに関するコンサルティングを行う専門家です。

キャリアとは個人がこれまでの仕事で培った経験や経歴を指し、コンサルティングは専門的な知識を有する人が相談にのること、各種企画を立てるお手伝いをすることを指します。

個人の能力や適性、興味、価値観などをもとに、それぞれに適した職業選択や能力開発の援助、スキル活用法の指南など、キャリア選択の助言を行うことがキャリアコンサルタントの役割となります。自分自身のキャリア形成で悩んだ経験を持つ人や向上心の強い人、他者のサポートをすることが好きな人に向いている仕事です。

難易度がやや高い国家資格1・看護師の仕事内容や給料

国家資格を必要とする看護師は、厚生労働大臣の免許を受けることが前提です。傷病者だけでなく、出産後間もなくの女性(じよく婦)の世話も看護師の担当となります。また医師の診療補助にあたり、医師の右腕となって医療に関わる重要なポジションです。

シバッタマン

厚生労働省では下記の通り定義されています。

「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。

引用元:厚生労働省

また、看護師は男女問わず使用するのに対し、看護士は男性に向けて使う言葉です。過去には女性を看護婦、男性を看護士と呼んでいたのですが、保健師助産師看護師法が始まり現在では看護師に統一されています。

30~34歳の看護師の年収は476.9万円、35~39歳は476.4万円と差はほとんどありません。

しかし、40~44歳になると平均年収は506.4万円に跳ね上がり、45~49歳では525.9万円と更に増えていきます。

年代(歳)平均年収
(万円)
平均月収
(万円)
毎月の手取り額目安
(万円)
20~24391.928.422.7
25~29450.431.325
30~34460.632.425.9
35~39475.233.226.5
40~44500.234.227.4
45~49531.33628.8
50~54549.437.329.8
55~59563.23830.4

40代の看護師は主任や師長など役職に就く機会が増えるため、それに伴い年収も増える傾向にあるようです。

難易度がやや高い国家資格2・登録販売者の仕事内容や給料

薬剤師のいない店舗でも登録販売者がいれば医薬品を販売できるようになったことから、ドラッグストア以外の一般の小売店──スーパーやホームセンター、家電量販店などでも医薬品の取り扱いが増えました。

シバッタマン

登録販売者とは、2009年の改正薬事法(現在の薬機法)の施行により誕生した一般用医薬品(市販薬)の販売に必要な専門資格です。
登録販売者とは、2009年の改正薬事法により誕生した『かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格』です

登録販売者は一般用医薬品のうち第2類医薬品と第3類医薬品を販売することができます

一般用医薬品の中でとくにリスクの高い第1類医薬品については薬剤師にしか販売が認められていませんが、該当する品目は全体の1%程度に留まります。つまり、登録販売者は残りの9割以上です。

ほぼすべての品目を取り扱うことができます

薬剤師のいない店舗でも登録販売者がいれば医薬品を販売できるようになったことから、ドラッグストア以外の一般の小売店──スーパーやホームセンター、家電量販店などでも医薬品の取り扱いが増えました。

シバッタマン

登録販売者とは、2009年の改正薬事法(現在の薬機法)の施行により誕生した一般用医薬品(市販薬)の販売に必要な専門資格です。
登録販売者とは、2009年の改正薬事法により誕生した『かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格』です

登録販売者は一般用医薬品のうち第2類医薬品と第3類医薬品を販売することができます

一般用医薬品の中でとくにリスクの高い第1類医薬品については薬剤師にしか販売が認められていませんが、該当する品目は全体の1%程度に留まります。つまり、登録販売者は残りの9割以上です。

ほぼすべての品目を取り扱うことができます

難易度がやや高い国家資格3・管理業務主任者の仕事内容や給料

購入して住むタイプの分譲マンションには、「マンション管理組合」の設置が義務付けられています。この管理組合から委託を受けて「マンション管理会社」が管理業務を行います。

マンション管理会社を営む際に設置が義務付けられているのが「管理業務主任者」です。

シバッタマン

「管理業務主任者」とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

「管理業務主任者」となるには、管理業務主任者試験に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証(以下「主任者証」という)の交付を受けることが必要です。 

難易度がやや高い国家資格4・宅地建物取引士の仕事内容や給料

シバッタマン

宅地建物取引士の仕事内容は、以下の通りです。

・宅地建物の取引の契約締結の際に、重要事項説明をする
・宅地建物の取引の契約締結後に交付する書類に、署名や押印をする

このふたつの業務は、宅建の資格を持っている人しか行うことができません。

さらに下記の仕事もあります。

・土地や建物の売り出しをしたい人の手助けをする
・土地や建物の購入をしたい人、借りたい人の要望にあった不動産を探し、紹介する
・土地や建物の売主・買主の仲介をし、契約までの段取り、契約のサポートを行う
・土地や建物を貸したい人・借りたい人の仲介をし、賃貸契約までの段取り、契約のサポート

シバッタマン

宅地建物取引士の仕事内容は、以下の通りです。

・宅地建物の取引の契約締結の際に、重要事項説明をする
・宅地建物の取引の契約締結後に交付する書類に、署名や押印をする

企業に勤務した場合、宅建士の平均年収は約470万円~626万円程度です。企業規模・役職などによっても幅があります。企業規模ごとの平均年収は、大企業の場合は一般的に626万円、中規模の企業の場合は518万円、小規模の企業の場合は470万円となります。

40代ですと平均年収が500万~600万になります

難易度が高い国家資格1・行政書士の仕事内容や給料

 行政書士にはそういった受験資格の制限がないので、誰でも受験できます。許認可申請のプロの視点でスムーズに行なわれるよう、相談から書類作成、提出代理までを行政書士が行ないます。

司法試験ならロースクール卒業、税理士試験なら簿記1級、社会保険労務士なら大卒以上、など、様々な受験資格が定められています。

シバッタマン

行政書士は、行政手続を専門とする法律家です。但し、行政書士が独占する業務に加え、他の資格で独占されていないものも仕事とすることができるため、非常に広い業務範囲を持ちます。

 行政書士は会計記帳、決算、財務諸表の作成など会計業務に携わることができます。 中小企業に対して法務的観点から幅広いアドバイスが行えます。

自分の興味がある分野やキャリアのある分野を専門としていくことができます。

引用元:https://gyosei-shiken.or.jp/

シバッタマン

行政書士の平均年収は600万円前後です。
しかし行政書士は年収に個人差があるので行政書士事務所に就職したり開業したりなど、行政書士のタイプや働き方によっても年収は変動します。

行政書士は40代50代になるにつれ年収はあがります。

年齢行政書士の平均年収国内全体の平均年収
20代380万円346万円
30代490万円455万円
40代630万円541万円
50代700万円661万円
60代460万円262万円
70歳以上400万円237万円

難易度が高い国家資格2・司法書士の仕事内容や給料

超難関の資格として知られる司法書士です。

シバッタマン

司法書士は、行政機関に提出する書類の作成や審査請求を行う職種です。作業には法律に関する専門知識が必要となるため、資格を有する司法書士が個人や法人などから依頼を受け、代行します。

司法書士は単に手続きを進めるだけでなく、依頼者から法律に関する相談を受けることも多いです。依頼者にとって必要な手続きを、適切かつスムーズに進めることが司法書士の役割です。

司法書士は法律に関する業務を扱うため、弁護士と混同されることもあります

超難関の資格として知られる司法書士です。

シバッタマン

司法書士は、行政機関に提出する書類の作成や審査請求を行う職種です。作業には法律に関する専門知識が必要となるため、資格を有する司法書士が個人や法人などから依頼を受け、代行します。

司法書士は単に手続きを進めるだけでなく、依頼者から法律に関する相談を受けることも多いです。依頼者にとって必要な手続きを、適切かつスムーズに進めることが司法書士の役割です。

司法書士は法律に関する業務を扱うため、弁護士と混同されることもあります。

司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士では、扱える業務の範囲に違いがあります。弁護士が法律に関する業務のすべてに対応できるのに対し、司法書士が対応できるのは書類作成や登記など一部の業務に限られているのです。

40代の場合は、510万~710万円程度です。40代になるとベテランの領域となり、年収額もそれに付随した金額になります。

企業勤務の司法書士の場合、平均年収は250万~400万円程度になります。士業であることや超難関試験を突破することのイメージからすれば、低い金額に思えるかもしれません。

司法書士として経験を積んでいけば、給料も徐々に上がっていく傾向にあります。また、大型事務所や有名事務所で経験を積めば、平均年収が500万~700万円程度になることもあります。

シバッタマン

40代の場合は、510万~710万円程度です。40代になるとベテランの領域となり、年収額もそれに付随した金額になります。50代の場合は、650万~760万円程度になります。50代ともなると、好収入と呼ばれる年収になることがわかります。

下記ではより資格について説明したページとなっていますのでご確認いただけますと幸いです。

まとめ:【40代年収中央値】男性女性平均/東京/地方/正社員/地方!氷河期世代は低い?

収入を増やす具体的な方法はでした。

40代の平均年収より低い人は、現在・将来ともに不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。
変更なし: 40代の平均年収より低い人は、現在・将来ともに不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。

しかし現在の年収が低くても、適切に対処すれば年収アップや老後の安定した生活が期待できます。

40代は老後に向けた資産形成も考慮すべき時期でもあります。生活を安定させつつ老後資金を形成するためには、家計の見直しや資産運用が重要です。

家計の見直しや資産運用を適切に行うためにも、積極的にお金のプロへの相談を行いましょう。

昇進や昇格などによる給与アップ
空いた時間で副業
給料の高い職場に転職

関連記事:【比較的簡単に取れる国家資格】誰も取れる生き残れる将来性のある女性男性へ

【40代の平均年収】男性・女性別の中央値/東京の平均は高い?都道府県別の中央値

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次