MENU

【30代年収中央値】平均年収/東京/男性/女性/を解説!30歳

【30代男性平均年収】女性や中央値・額面を紹介!30代前半や東京はなぜ低い?

30代の平均年収はどのくらいだろう」

「30代になって転職してから給料あがるかな」

「30代になって結婚したり家を買ったりするので」

30代は昇進や結婚、転職によって個人ごとに収入の差が開きやすいため、ご自身の状況を把握し、必要に応じて年収アップを目指すと良いでしょう。

今回の記事では【30代男性平均年収】中央値・額面を解説します。また、30代女性の額面も解説します。

女性の場合はなせ年収があがらないのか気になる方もいるかと思います。また、年収でも中央値と額面という言葉を最近よく聞くが違いがわからない人がふえています。そのような悩みをもつあなたのために本記事で解説をします。

目次

【30代平均年収中央値】前半後半額面が気になる(職種別/学歴別) 東京

【30代男性平均年収】女性や中央値・額面を紹介!30代前半や東京はなぜ低い?

30代全体の平均年収額面  

会社の中でも責任のあるポジションを任され始める、働き盛りの年代であるといえます。そのため30代にどれだけの年収を稼げるかは、多くの人にとって関心の対象でしょう。

シバッタマン

30歳の平均年収が414万であり、39歳が485万円です。同じ30代でも、平均年収に約70万円の差があるとわかります。

結婚や出産、マイカー・マイホームの購入などの大きなライフイベントが控えている年代ですよね。日本人全体の平均が433万円ですので、30代の年収が日本人の平均的な標準になるということですね。

年齢平均年収(30代全体)
30歳414万円
31歳421万円
32歳428万円
33歳439万円
34歳448万円
35歳459万円
36歳468万円
37歳475万円
38歳474万円
39歳485万円

参考:平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】|doda

30代全体の平均年収額面 (地域別)

世帯年収が最も高いのは、日本の首都である東京都。2022年最も平均年収が高かった都道府県は、2021年と同じく東京都(504万円)でした。
資本金10億円以上の大企業の多くが本社を構えている大都市です。規模が大きい企業の数が多い地域ほど、平均賃金も高くなると考えられます。

位以降の富山県や福井県、滋賀県などは人口が約80〜100万人と、人口が比較的少ない地域です。
これらの地域は夫婦共働き世帯の割合が高く、それに比例して世帯年収が高くなっていることが考えられます。

都道府県年収
東京都504万円
神奈川県396万円
大阪府432万円
愛知県400万円
京都府360万円
千葉県360万円
滋賀県360万円
兵庫県360万円
埼玉県324万円
茨城県360万円
奈良県360万円
広島県360万円
三重県360万円
栃木県360万円
静岡県360万円
岐阜県360万円
富山県360万円
山梨県360万円
群馬県360万円
石川県360万円
長野県360万円
福岡県360万円
宮城県288万円
香川県324万円
山口県324万円
和歌山県324万円
岡山県324万円
福井県360万円
北海道324万円
徳島県360万円
福島県324万円
熊本県324万円
大分県324万円
愛媛県324万円
新潟県324万円
鳥取県324万円
島根県324万円
鹿児島県324万円
長崎県324万円
佐賀県324万円
高知県324万円
沖縄県288万円
宮崎県288万円
山形県288万円
秋田県288万円
岩手県288万円
青森県288万円

30代男性の平均年収額面(職種別)

職種分類全体男性女性
専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)575万円604万円514万円
企画/管理系529万円590万円438万円
技術系(電気/電子/機械)444万円452万円364万円
技術系(IT/通信)438万円456万円385万円
営業系435万円462万円374万円
技術系(建築/土木)415万円427万円358万円
金融系専門職443万円603万円367万円
技術系(メディカル/化学/食品)390万円427万円353万円
クリエイティブ系372万円412万円339万円
事務/アシスタント系334万円392万円318万円
販売/サービス系324万円353万円295万円

引用元:平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】(doda)

30dai deno

平均年収ランキング1位は、「専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)」で575万円です。2位は「企画/管理系」(529万円)、3位は「技術系(電気/電子/機械)」(444万円)でした。

トップ3の並びは昨年と同じです。変化があったのは4位の「金融系専門職」(443万円)で、2020年の7位から順位を3つ上げました。平均年収も昨年の426万円から7万円アップしています。

シバッタマン

私の感想ではありますがやはりお金を扱う金融業や会社の経営に関わるコンサルや監査法人はとても高いイメージがありますた。ただ、その分残業時間が多くて稼いでいるような気がします。学歴によって上記の企業に勤務ができるかもかわってくると思います。年収700万を超えることは可能かと思いますが、一つの職種だけだと難しいと感じます。

30代男性の平均年収(学歴別)    

まずは30代男性前半の平均年収中央値(学歴別)    についてお伝えします。

どの学歴でも30代前半男性・女性の平均年収は100万~200万ほど違います。

男女差が大きいのは、30代では女性の非正規労働者が多いのが主な理由だと考えられます。0代の女性には男性と同じように働いている人もいれば、契約社員やパートとして月数万円程度の収入しか得ていない人も多いのです。

学歴30代前半・男性の平均年収
大学院・大卒卒321.8万円
高専・短大卒270.6万円
高卒255.8万円
中卒250.2万円

次に30代男性前半の平均年収中央値(学歴別)    についてお伝えします。

次に男性の平均年収中央値(学歴別)    についてお伝えします。

どの学歴でも30代前半男性・女性の平均年収は100万~200万ほど違います。

男女差が大きいのは、30代では女性の非正規労働者が多いのが主な理由だと考えられます。30代の女性には男性と同じように働いている人もいれば、契約社員やパートとして月数万円程度の収入しか得ていない人も多いのです。

学歴30代後半・男性の平均年収
大学院卒・大卒376.6万円
高専・短大卒298.1万円
高校卒284.9万円
中卒280.4万円

30代の正規雇用の女性が自分の収入がどの程度か確かめたい時には、引用元の厚生労働省の雇用形態別の年収を参考にすると良いでしょうね

男性は多くが正規雇用ですし、役職につく人も多く出てくるので平均値が高くなっています。

引用元:学歴別にみた賃金(厚生労働省)

【30代男性女性平均年収中央値】中央値 がきになる  (職種別/学歴別)   東京が高い

額面と中央値って何がちがうのか気になる

シバッタマン

給料水準を把握するために、年収を比較するときは「平均年収」を見る人が多いのですすよね。ただ、最近では【中央値】を見る人も増えてきましたが、具体的にはなにが違うかわからないという人もおおいですよね。

平均値は、一人でも収入の高いな人がいれば極端な値が全体に大きな影響がでてしまいます。中央値は、収入の高いな人がいても、その影響はほとんどなくリアルな結果が導き出されます。簡単に例をあげると以下です。

平均値と中央値の違いは?

平均値とは
対象者の年収を足し、対象者の数で割った値を指します。


中央値とは
対象者の年収を上から順に並べ、ちょうど真ん中に位置する値を指します。

30代全体の平均年収中央値

シバッタマン

日本全体の平均年収が461万円であるのに対して、日本全体の年収の中央値は433万円(男女計)です。

年代男性
30代前半458万円
30代後半518万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

20代のうちは男女間での年収の差が比較的少ないものの、30代以降から差が大きくなっていくことが分かります。30代は男性が管理職に選ばれ始める時期であるのに対して、女性は結婚や出産で職場を離れたのち非正規雇用で働くことが多いからでしょう。

30代全体男性の平均年収中央値

こちらも女性に関しては平均年収の中央値はあがりませんが、男性にかんしては平均年収の中央値がかわってきますね。

シバッタマン

上記で述べた通り、男性は35歳以上から管理職につく方々が多く給与の差がでてくるんですね。新卒や20代の頃は年収がそこまでかわらなかったのに30代になると大学時代の同窓会になると年収の話をしなくなくなるかもしれません。

年代30代全体男性の平均年収中央値
30~34歳(全体)368万円
男性421万円
女性284万円
35~39歳(全体)402万円
男性477万円
女性286万円

引用元:参照:「令和2年分 民間給与実態統計調査」 

30代男性の平均年収中央値

30代男性の年収の中央
30代前半:275万円
30代後半:305万円

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」

シバッタマン

30代の平均年収が430万であるのですが、中央値になると大きくさがってしまいます。これだけ大きく差があると年収の額面の平均値ではなく、中央値の平均をみるのがよいですね。

30代男性の平均年収中央値(学歴別) 

最新のデータによると、 日本全体の平均年収は4,453,314円、中央値は3,967,314円でした。 平均値と中央値の差は、486,000円、中央値は平均値の89%となりました。(参照元:平均年収と中央値の違い(令和元年民間実態統計調査)

下記の30代の平均年収中央値データは参照元:平均年収と中央値の違い(令和元年民間実態統計調査)から差出した弊社サイトが予測した参考地になります。

学歴30代前半・男性の平均年収30代前半・男性の平均年収(当サイト予測参考値*1)
大学院卒321.8万円286万円
大卒270.6万円240万円
高専・専門学校卒255.8万円226.9万円
高卒250.2万円222.5万円
学歴30代後半・男性の平均年収30代後半・男性の平均年収(当サイト予測参考値*1)
大学院卒376.6万円334.6万円
大卒298.1万円265.2万円
高専・専門学校卒284.9万円252.7万円
高卒280.4万円249.2万円

*1:平均値と中央値の差は0.89%であるため、平均年収に89%で計算。参考元:学歴別にみた賃金(厚生労働省)

ただ、これはあくまで参考値となります。業種や会社の規模・年代によっては89%という計算もかわってくるでしょう。

シバッタマン

つまりは年収の値よりは中央値は大きくかわってきます。あなたの年収が気になるかたもいますが、年収より中央値のほうがより正確な値がわかります。

【30代男性女性平均年収中央値】女性の額面と中央値も気になる

30代全体女性性の平均年収額面

30代の女性の平均年収は378万円で、昨年の377万円から1万円のアップとなりました。

30代はライフステージに変化を迎え、働き方を変えていく人の割合も多くなる年代です。 結婚・出産をきっかけとして退職する人や産休・育休を取得する人が増える傾向にあるため、年収の伸び幅にも影響があると考えられます。

シバッタマン

女性の平均給与ランキングをご紹介します。 年収が500万円以上の女性は10%未満です。 以上のランキングから女性の給与の平均は300万円前後で、500万円以上なら高収入と考えられます。

年齢平均年収(30代女性)
30歳365万円
31歳369万円
32歳373万円
33歳374万円
34歳378万円
35歳387万円
36歳395万円
37歳394万円
38歳395万円
39歳390万円

引用元:女性の平均年収ランキング 年齢別・年代別【最新版】

30代女性の平均年収中央値

シバッタマン

30代女性の平均年収の中央値が男性では前半と後半では70万ほども変わっていました。しかし、30代女性は2万円しか中央値が変わっていません。

年代女性
30代前半309万円
30代後半311万円

出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

下記でも述べますが30代男女の平均年収の差は約160万円もあるにもかかわらず、女性では年収の中央値が2万円しか昇格していません。ここが30代の男女の平均年齢の差に繋がっています。下記にも述べますが、男性は管理職に昇格します。ライフスタイルは大きく変えることはありますが、会社の育休はとらないためでしょうね。

育児休業取得率は、女性は8割台で推移している一方、男性は低水準ではあるものの上昇傾 向にある(令和元年度:7.48%

「男性・正社員」について、育児を目的とした休暇・休業制度を利用しなかった理由をみると、「会社で

育児休業制度が整備されていなかったから」、「収入を減らしたくなかったから」、「職場が育児休業制度

を取得しづらい雰囲気だったから」が多くなっている。

引用元:男性の育児休業取得促進等について – 厚生労働省 
シバッタマン

30代女性のライフサイクルに変化については下記で詳しく述べています。

30代男女の平均年収の差は約70万円

シバッタマン

30代に関しては年収が上がるにつれて男女さがでてきていますね。30歳では男性と女性の年収の差が49万円だったのが39歳では96万円と大きく変わっています。

年収1000万円超の女性の人数が多いのは次のような業種となります。

  職業で言えば、医療や保健衛生、社会福祉、介護関連職、食品や工業製品、電子機器などのメーカー、学術・開発研究機関や広告業、技術サービス業、教育職などが当てはまります。

学歴が高い女性・正社員と思われる女性で実績が評価されている女性が年収が高そうですね。また国家資格などをもっていると年収もたかいと考えられます。

年齢平均年収(30代男性)平均年収(30代女性)男性・女性の差
30歳414万円365万円49万円
31歳421万円369万円52万円
32歳428万円373万円55万円
33歳439万円374万円65万円
34歳448万円378万円70万円
35歳459万円387万円72万円
36歳468万円395万円73万円
37歳475万円394万円75万円
38歳474万円395万円75万円
39歳485万円390万円96万円

学歴による年収の差は男性・女性ともに大きい/大卒と高卒では年収差が約200万円

女性の平均年収が低い理由1・妊娠や出産などによりキャリアが中断してしまうため

人生には、妊娠や出産といったライフイベントが起こります。仕事のキャリアはライフイベントの影響を大きく受けるものです。特に女性の場合は妊娠や出産によりキャリアの中断が発生します。

出産すると、出産後の身体の回復もふまえて長い期間キャリアを中断せざるを得ません。労働基準法では、産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後は8週間の休暇を取ることを定めています。

引用元:厚生労働省(労働基準法における母性保護規定)

シバッタマン

女性のほうがキャリアの中断期間が長く、キャリア再開に悩むケースが圧倒的に多いのが現状です。

男性にかんしても、少子化問題もありまして妊娠や出産で育休がとれるようになっていますが、会社での世間体を考えると取得者は増えたものの長期間の産休をとるのは難しいのが現状です。

女性の平均年収が低い理由2・男性に比べて管理職など役職についている割合が少ないため

仕事と家庭の両立を希望する主婦・主夫層の実情や本音を探る調査機関『しゅふJOB総研』(運営会社:株式会社ビースタイル ホールディングス 本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)女性の管理職比率』をテーマに、主婦層を中心とする就労志向の女性にアンケート調査を子なっています。(引用元:女性の管理職比率について、女性自身はどう思っているのか?)

調査結果概要

1.管理職として就業した経験「ある」28.7%
2.管理職になることを「希望する」35.9%
3.女性管理職のイメージ「能力が高く仕事ができる」66.7%
4.女性管理職の割合は「少ない」80.7%
5.女性管理職の比率が少ない理由「結婚や出産で続けづらい雰囲気」81.1%
6.女性管理職の妥当な比率「50%程度」30.4%
7.女性管理職を増やすには「結婚や出産しても続けやすい雰囲気作る」81.0%
8.フリーコメントより

女性管理職の比率が少ない理由「結婚や出産で続けづらい雰囲気」81.1%と最もたかいですね。やはり日本ではいまだにライフいスタイルが海外ほど社会での女性進出がすすんでいないのかもしれませんね。

シバッタマン

私自身の妻も子供を考えると人手不足から打診があっても女性から子供のことを考えると管理職をことわっています。

会社側も人で不足のため管理職についてほしいと願ってはいますが、環境ができていません。その環境をつくらない限り、女性は管理職になりたいという願望があってもことわってしまうんでしょうね。

【30代平均年収中央値】前半の中央値が低い?日本人の額面700万が減少

30代全体で額面年収700万円以上稼ぐ割合は約9.5%しかいない

転職で高収入といわれるのは700万からハイクラス転職といわれますどれくらいいるか気になる人もいるでしょうね。

上記のグラフを見てみると年収700万円台の方は、4.4%です。

出典元:平成30年分 民間給与実態統計調査

年代年収700万円以上の割合
30代前半/男性3.7%
30代後半/男性9.2%

30代男性の場合ですと、9.2%が越えていますが、場所や業界に関わってくかと思います。私の感覚ではここ15年リーマン書就くが起きてから大きく下がったと感じます。

全体的にみても700万円以上稼ぐ割合はとても低いと感じます。

30代前半だと3.7%、30代後半だと9.2%?なぜ違いがある?

30代は職務経験を積んで、責任のある仕事を任せられるます。男性や女性だと結婚や出産というライフスタイルの変化によって年収がかわるとお伝えしました。

ただ、男性の場合は収入が大きくもらえる業界などは35歳以降から役職が大きく変わってくる人もいます。また、共働きであるため管理職にならずとも年収を男性があげる必要はない世の中となっています。副業で稼いでいる人もふえたでしょうね。

シバッタマン

実際に私の家庭でも共働きであり、子供のための働き方を一番に優先としていません。よって今の世の中では20~30年前とは違い男性が収入をみるのではなく、自分の収入で仕事でやりがいなどの維持も重要ではありますが、世帯年収を見る必要があります。また、副業などもです。

30代男性前半から700万を超えを目指すにはハイクラス転職のビズリーチががおすすめ

転職市場でよく聞かれる年収700万円以上の「ハイキャリア人材」などという使われ方をすることも多いです。「スキルや経験が豊富な人材」「成果を残せると期待される人材」「市場価値が高い人材」「高いパフォーマンスを発揮できる人材」などの意味で使われることがあります。

ハイキャリア人材の転職では、キャリアの棚卸しが重要です。ハイキャリア人材の転職においては、業務に必要なスキル・経験を有していることが求められることが多いです。

自己分析を十分に行い、これまでの自身のスキルや経験を整理し、自身の成果や実績から転職先において貢献できるスキルを洗い出すことが必要となります。

転職エージェントではハイキャリア人材の転職では、非公開求人を確認する必要性が高いといえます。

非公開求人には、転職サイトには掲載されない役員クラスや幹部候補など重要なポジションの求人、社外秘で進めている極秘プロジェクトや新規事業の求人など、ハイキャリア人材が求められるポジションの求人が多くあります。

また、転職エージェントも数多くありますが、管理職として転職したい、国内外の優良企業へ転職したい、年収700万円以上のキャリアアップとしての転職を考えたいと考えいるあなたにびったりなのがビズリーチです。

シバッタマン

ビズリーチは日本で唯一、会員や、求人、ヘッドハンターに審査を行い、一定の水準を保っているハイクラス人材のための転職サイトです。

ビズリーチのメリット
  • 国内外の優良企業から、直接スカウトメールが届く。
  • ビズリーチに登録するヘッドハンターを通して、非公開求人や、思いもよらない求人とめぐり会える。
  • 企業やヘッドハンターが公開している多数の求人をご自身で探すことが出来る。

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

シバッタマン

ビズリーチでは、年収700万~年収1000万円を超える求人案件が大半であり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

まとめ:【30代年収中央値】平均年収/東京/男性/女性/を解説!30歳

30代で年収をアップさせる方法は、勤務している会社の昇給制度によっても異なります。資格手当などがある会社に勤めているなら、まずは資格取得を目指してみると良いでしょう。

業務に関連する資格を取得することは、手当がもらえるようになるだけでなく、自分自身のスキルアップ・キャリアアップのためにも役立ちます。

勤めている会社に手当制度がない場合や、そもそもの基本給自体が低く、昇給も望みにくいという場合は、転職を視野にいれて動く必要があります。

30代転職は、専門の転職エージェントを利用することをおすすめします。非公開求人などの紹介を受けることができますし、プロのアドバイスを受けることで、より自分に合った会社を見つけやすくなります。

相「ともかくもっと稼ぎたい」というだけでは、希望通りの転職先を紹介してもらえる可能性が低くなってしまいます。自分の希望と実績をある程度まとめた上で相談に行くことで、より建設的なアドバイスをもらえるはずです。

【30代男性平均年収】女性や中央値・額面を紹介!30代前半や東京はなぜ低い?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次