MENU

【50歳からガチで食える資格】50歳から国家資格女性おすすめ

【50代からの資格女性】主婦にもおすすめ国家資格

50代の方でも将来的なことを考えて資格取得を検討している方は多いのではないでしょうか?男性・女性で50歳から仕事食える資格定年のないスキルアップがほしいと考えているかたも多いかと考えられます。

50代で持っていると転職や独立で有利な食える(仕事がある)資格についてまとめました。

シバッタマン

40代の方におすすめな資格をご紹介し、資格の選び方や勉強方法についてもお伝えします。

スキルアップを目指す際に重要なのは、「自分が身につけるべきスキルは何か」を見極めること。「ビジネススキル」と言っても、その内容は多種多様です。

関連記事:【30代人生やり直し資格女性男性】人生逆転で転職で取ってよかった自立できる資格

関連記事:【20代最強資格】前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格?おすすめ男性女性

関連記事:【比較的簡単に取れる国家資格】誰でも取れる生き残れる将来性のある女性男性へ

関連記事:【40代からでも取っておきたい資格】食いっぱぐれなしの国家資格/転職に役立つ資格

目次

【50歳からガチで食える資格】50歳から国家資格女性おすすめ

50代資格定年のない資格男性・女性で50歳から仕事食える資格定年のないスキルアップ定義

シバッタマン

【50代人生やり直し国家資格】男性・女性で50歳から仕事食える資格定年のないスキルアップ定義をお送りしたいと思うのではないのでしょうか。
本記事では50代人生やり直し国家資格の定義を下記のようにします。

【50代人生やり直し国家資格】
  • 女性・男性が働ける仕事
  • 誰でも取れる生き残れる将来性のある人生資格
  • 未経験からでもOKな資格
  • 誰でも取れる生き残れる将来性のある人生なので月収20万は取得ができるを目的としています。
  • 50歳からでも定年の無いスキルアップができ仕事ができる仕事

上記を踏まえて紹介します。

シバッタマン

それでは50代人生やり直し国家資格取得したほうがよい理由ってなんでしょう。50代人生やり直し国家資格で定年の無いスキルアップができ仕事ができる仕事国家資格をとる目的を書きますので参考にしてください。

50代資格定年のない資格1・保育士

保育士の仕事内容や仕事時間は園によってさまざまですが、子どもたちの成長をサポートでき、雇用形態や勤務時間を比較的選択しやすい点は共通しています。


 保育士は、子どもが好きで、フレキシブルな働き方をしたいと考えている方にオススメの職業。保育士になるためには保育士資格を取得する必要がありますが、子どもが好きならきっと夢を叶えられるはずです。

 保育士の仕事は、単純に子どもを預かって身の回りのお世話をするだけではありません。
保育士の役割とは、子どもたちの生活全般のお世話をしながら、心身の発達を促し、社会性を養うこと

 食事や睡眠、排せつ、清潔さ、衣類の着脱などの基本的な生活習慣を身につけさせることです。子どもの成長にとって重要な役割を担っているといえるでしょう。

保育士の仕事内容について

シバッタマン

50代になると子育ちもおわり、子どもたちの身の回りの世話や健康状態のチェックを行うことが最も重要です。一番重要な仕事でしょうね。

 保育士は集団生活を通して社会性を養わせる役割があります。ルールのある遊びや、ごっこ遊びはもちろん、保護者や地域の大人とのイベントを計画したりして、子どもたちの社会性を育むサポートをします。

保育計画書や配布物の作成、連絡帳の記入などの業務も行います。

保育士の役割はお世話をしながら、子どもの心身の発達を促し、社会性や基本的な生活習慣を身につけさせることです。そのために保育をどうしていくか考えることも保育士の仕事です。

保育士は子どもをお預かりしてお世話をしているので、特に保護者との連絡は非常に大切です。様々な連絡ツールを通してコミュニケーションをとることは欠かせません。

保護者に対して子育てのアドバイスを行うことも大切な仕事です。保護者の中にははじめての子育てに悩んでいる人もいます。

そのような方に子育てのプロとしてアドバイスをすることも重要な仕事です。

転職に役立つのか

シバッタマン

保育士として転職するには保育士資格を取得することが必要になります。

保育士資格を取得するルートは2つあります。

転職に役立つのか

・4年制大学や短大、専門学校の保育士養成コース

・国家資格である保育士試験を受験して合格する

1つは4年制大学や短大、専門学校の保育士養成コースを修了するパターンです。こちらは卒業すれば保育士資格が取得できます。新卒で保育士として働く人はこのルートを通るのが一般的です。

もう1つは、国家資格である保育士試験を受験して合格するパターンです。専門の大学、学校に通わなくても、通信講座などで学ぶことで保育士資格の取得が可能です。こちらの場合はハードルが高く、試験の通過率は2割程度となっているので、資格を取得するにはきちんと試験勉強をする必要があります。

 保育士資格を所得する際に合わせて幼稚園教諭免許を一緒に取得しておくと、保育園と幼稚園どちらでも働けるようになりますので、就職の幅を広げたいのであれば両方とも取得するのをおすすめします。

受験資格について

シバッタマン

受験資格を満たしている方であればどなたでも受験できます。

 保育士とは全く関係のない大学・短期大学の学部、学科を卒業した場合、受験資格はあるかが重要になります。

学校教育法による大学・短期大学であれば、学部、学科にかかわらず受験資格があります。

シバッタマン

保育士資格を得るには、どうしたらよいのか。

下記の2パターンございます。

(1)都道府県知事の指定する保育士を養成する学校その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する。

(2)保育士試験に合格する。 上記いずれかに該当する者は、保育士の登録を受け、保育士証の交付をもって保育士として働くことができます。

保育士の給料について

厚生労働省の2020年度「賃金構造基本統計調査」によると、正社員保育士の決まって支給する現金給与額、年間賞与等は以下のように示されています。

決まって支給される現金給与額年間賞与等
2020年度24.98万円74.74万円
シバッタマン

保育士さんの平均給料は約25万円であることがわかります。

全国の保育士さんの平均給料は約25万円であることがわかります。

ちなみに、決まって支給する給与額は手取り額ではなく、所得税や社会保険料などを控除する前の金額を指します。つまり、手取り額の平均はおよそ20万円前後と考えられるでしょう。

月収と年間賞与の数字をもとに計算すると、保育士さんの平均年収はおよそ374万円となります。

50代資格定年のない資格2・介護福祉士

シバッタマン

高齢化が始まっている日本では、50代人生やり直し介護福祉士はまさにぴったりの資格といえます。「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。

介護福祉士は、同法第2条第2項において『介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。』と位置づけられています。

介護福祉士資格は、介護を必要とする方がたのさまざまな生活行為・生活動作を支援し、支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。

介護福祉士国家試験は、年1回実施されており、厚生労働大臣の指定を受けた(公財)社会福祉振興・試験センターが試験の実施及び登録の事務を行っています。

介護福祉士の仕事内容について

シバッタマン

介護福祉士の仕事内容は、主に直接体に触れて行う『身体介助』、家事全般のお手伝いをする『生活援助』、要介護者の家族に対して家庭介護のアドバイスや介護用具を使う際の指導などです。その他、介護福祉士には職場のチームリーダーとして『メンバーのタスク管理や指導』といった仕事も求められています。

相手仕事内容
サービス利用者身体介護
着替えの補助、食事の補助、入浴の補助、排泄の補助、ベットからの立ち上がり補助、歩行の補助
生活援助
調理、食事の準備、部屋の掃除、身の回りの整理整頓、洗濯、買い物など
メンタルケア
話し相手になる、レクリエーションなどを催す、近隣住人や他のサービス利用者との交流を促す、介護についての相談や指導、助言など
サービス利用者の家族相談や指導、助言
介護方針の相談、介護用具を使う際の指導、自宅介護での注意点を助言など
介護スタッフチームマネージメント
職場のチームリーダーとして、メンバーのタスク管理やメンバーへの指導、士気向上など

転職に役立つのか

シバッタマン

50代で介護福祉士に転職をしようと考えている人も少なくないでしょう。介護福祉士の仕事は、年齢や性別などの制限がない仕事なので、本人のやる気次第で介護福祉士への転職は可能です。

50代で介護福祉士に転職をしようと考えている人も少なくないでしょう。介護福祉士の仕事は、年齢や性別などの制限がない仕事なので、本人のやる気次第で介護福祉士への転職は可能です。

介護福祉士は国家資格ですが、年齢制限がありません。実務経験があれば受験資格を獲得することができ、試験に合格をすれば晴れて介護福祉士になることもできます。

また、40代になると正社員での採用が難しくなります。施設での介護福祉士の募集もパートとして募集をかけていることが多いので、正社員として転職を考えている場合には、知り合いなどのつてから紹介してもらうなどが望ましいです。中には、新しい介護施設の立ち上げの際に、管理職のポストを募集していることもあります。

また、40代で一から介護福祉士を狙う場合には、体力的な問題や、正社員としての採用が激減するという問題もあります。40代で転職をする際には、慎重に転職するようにしましょう。

受験資格について

シバッタマン

年齢の制限はありません。 介護福祉士は40代からでも十分に取得可能であり、介護経験ゼロから専門職として生きる道を与えてくれる国家資格なのです。

介護福祉士国家試験は、年1回実施されており、厚生労働大臣の指定を受けた(公財)社会福祉振興・試験センターが試験の実施及び登録の事務を行っています。

介護福祉士国家試験の合格率は71.0% 2021年1月に筆記試験、3月に実技試験が行われた第33回介護福祉士国家試験では、受験者数8万4,483人に対して、合格者数は5万9,975人でした。 合格率は71.0%です。 過去の合格率を見てみると、70%前後となっています。

介護福祉士の給料について

シバッタマン

護福祉士の収入は月給・年収・賞与のいずれにおいても、50代でも年収370万円を取得することが可能です。
ただし、上記にまとめた金額には介護職・介護福祉士としてのキャリアや経験年数は、考慮されていません。

50~59歳【月給】23万円
【年収】370万4500円
【賞与】92万6000円

50代資格定年のない資格3・社会保険労務士

社労士は、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。

企業の成長には、お金、モノ、人材が必要とされておりますが、社労士はその中でも人材に関する専門家であり、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として、業務を行っております。

社労士は、企業における採用から退職までの「労働・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に応じるなど、業務の内容は広範囲にわたります。

転職に役立つのか

50代人生やり直しの実務未経験者が社労士資格を活かして就職を目指すなら、「社労士資格のみの一本勝負」ではいけません。

社労士資格以外のスキルや知識についても事前に整理し、就職先に応じて的確にアピールできるよう準備しておくのが得策です。

社労士とは全く異なる業種からの転職の場合、「社労士とは無関係の能力だから・・・」と、就職活動時についこれまでのキャリアを封印しがちです。

しかしながら、これまでの蓄積が意外な評価につながる可能性は無きにしもあらずですから、選考書類には漏らさず記載しておくべきです。

受験資格について

シバッタマン

社労士試験には受験資格があります。ただし、550代以降の年齢制限はありません。

社会保険労務士の受検資格

・学歴では、大学や短大などを卒業や特定の単位数を取得しているなど
・実務経歴では、労働事務所での3年以上の勤務があるなど、
・国家資格では司法書士など厚生労働省の認めた国家資格に合格していることなど
が必要です。

社会保険労務士の合格率は、ここ数年でみると、6%台から7%台で推移しています。

実施年受験者数合格者数合格率
202137,306人2,937人7.9%
202034,845人2,237人6.4%
201938,428人2,525人6.6%
201838,427人2,413人6.3%
201738,685人2,613人6.8%

引用元:令和元年賃金構造基本統計調査

50代資格定年のない資格4・ファイナンシャルプランニング技能士

FP(ファイナンシャルプランナー)になるには、国家資格である”FP技能士”、もしくは、民間資格のAFP、CFPを取得しましょう。

シバッタマン

FP(ファイナンシャルプランナー)は、これらの幅広いお金のうちの6つの分野を扱います。ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。
検定試験は私たちが日ごろから使っているお金に関わる知識がベースになるので、初めての方でも抵抗なく学習できる内容ばかりです。

社会保険労務士の受検資格

1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで取り扱います。

ファイナンシャルプランニング技能士の仕事内容について

ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事内容

企業FPは、銀行や保険会社、不動産会社などに勤め、投資や貯蓄、保険、住宅ローンなどのプラン作成や相談対応を行います。 一方独立FPは、個人や企業に対し税金や保険などの相談に対応します。

就職先としては、主に保険や不動産などの金融関係のサービスを提供している企業と、ファイナンシャル・プランニングのコンサルティングを専門に行っているFP会社に分けられます。

金融系の企業では、営業活動の際により良い提案を行う目的でFPの知識を使うことが多いようです。これに対し、FP会社で働く場合は、特定の分野のみではなく、総合的な視点でクライアントに助言をしていきます。

このほかにも、起業をして個人事務所を経営したり、一般企業の「社内FP」として従業員の将来設計にアドバイスを行ったりしているプランナーもいます。

講師や執筆者として情報を発信したり、ボランティアとして災害被害者の無料相談に乗ったりと、活躍できる現場は多岐にわたります。

転職に役立つのか

シバッタマン

日本FP協会が主婦・主夫を対象に「FP資格活用度調査」を実施し、680名の回答結果を公開しています。

その中でも「専業主婦・主夫」の77.6%が「満足している(57.3%)」、「とても満足している(20.3%)」と満足していると回答しているのです。

40代の方がファイナンシャルプランナーの資格を取得することで、無駄のない家計管理ができるようになります。

出入りのお金を把握して管理することで、収入が増えなくても運用次第でお金のやりくりができるようになります。

ライフプランを立てて、この先に必要なお金について考え、対応できる知識を身につけられるので、40代の方がファイナンシャルプランナーの資格を持つことは大きなメリットがあります。

事務職や営業職と相性が良い資格のため、事務・営業への転職を考えている40代の方にはファイナンシャルプランナーの資格を持っていることがアピールポイントになります。

受験資格について

ファイナンシャルプランナーの公式ページ受講資格のサイトに記載されていますのでご紹介します。

シバッタマン

ファイナンシャルプランナーの公式ページ受講資格のサイトに記載されていますのでご紹介します。1級から3級までございます。

ファイナンシャルプランナー1級

学科実技受検申請書の記入方法と添付書類
FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者実務経験年数を記入
厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者合格した等級・コース名と受験した年月を記入
「FP養成コース」修了者でFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者実務経験年数を記入し、修了証書の写しを添付
日本FP協会のCFP認定者CFP認定カードの写しを添付
日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者CFP資格審査試験の結果通知書の写しを添付

ファイナンシャルプランナー2級

受検資格受検申請書の記入方法と添付書類
FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者実務経験年数を記入
AFP認定研修の修了証書の写しを添付AFP認定研修の修了証書の写しを添付
厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者AFP認定研修の修了証書の写しを添付

ファイナンシャルプランナー3級

受検資格受検申請書の記入方法と添付書類
FP業務に従事している者または従事しようとしている者

50代資格定年のない資格⑤:キャリアコンサルタントの仕事内容について

シバッタマン

キャリアコンサルタントとは、個人のキャリアに関するコンサルティングを行う専門家です。50代で人生やり直し、定年のない国家資格としてはいままでの経験を活かせるのではないでしょうか。

キャリアとは個人がこれまでの仕事で培った経験や経歴を指し、コンサルティングは専門的な知識を有する人が相談にのること、各種企画を立てるお手伝いをすることを指します。

個人の能力や適性、興味、価値観などをもとに、それぞれに適した職業選択や能力開発の援助、スキル活用法の指南など、キャリア選択の助言を行うことがキャリアコンサルタントの役割となります。自分自身のキャリア形成で悩んだ経験を持つ人や向上心の強い人、他者のサポートをすることが好きな人に向いている仕事です。

転職に役立つのか

シバッタマン

転職先はおおくあります。50代でも今までのキャリアを活かしつつ、未経験でも転職はしやすいのではないでしょうか。大学など教育機関独立をすることができれば定年のない仕事といえるかもしれませんね。

人材派遣・紹介会社

人材派遣・紹介会社とは、人材を求める企業と仕事を探している求職者をマッチングして、派遣・紹介する会社です。登録者の能力や希望するキャリアなどについてカウンセリングを行い、その人の強み・弱みを把握します。同時に、企業側のニーズを把握して、登録者から合う人材を紹介します。

企業の人事部など

人材派遣・紹介業以外の一般企業でも、人事部に所属して働くのが一般的です。社員のキャリア課題やメンタル面をサポートすることがおもな仕事となるため、キャリアコンサルタントよりもカウンセラー(産業カウンセラー)としての役割が大きくなるでしょう。

ハローワークなど公的就業支援機関

公的な職業紹介機関(行政機関)で働く人も多くいます

行政機関で働く場合は、就職・転職希望者に対してキャリアカウンセリングを行います。希望職種・勤務条件などをヒアリングして求人情報を探し、仕事を紹介することがおもな仕事です。その他、必要に応じて知識・技能を身につける訓練制度の紹介も行います。

また、これらの行政機関では、高齢者や障害を持つ人などの就職困難者の相談にのる機会も多いでしょう。

大学など教育機関

高校や大学(大学院)、専門学校の進路相談室や就職課(キャリアセンター)で働く人もいます。

教育機関で働く場合は、学生の進学・就職などを中心とした進路相談がおもな仕事となります。その他、働くことを含めた生き方・キャリア教育に関する授業やセミナーの開催、資料作成なども含まれるでしょう。

独立

フリーランスなど独立して働いている人もいます。

独立している人の場合は、研修やセミナーでのトレーナーを務めたり、企業と契約して社員のカウンセリングを実施したりする人が多いようです。その他、知名度の高い人であれば、キャリア形成やライフプランなどの講演・セミナーを行う人もいます。

受験資格について

シバッタマン

キャリアコンサルタントになるための資格は様々なものがあります。おも以下の2つになります。

キャリアコンサルタントになるための資格はさまざまありますが、おもなものは以下の2つです。

社会保険労務士の受検資格
シバッタマン

キャリアコンサルタントになるまでの流れになります。

  1. 講習の受講(厚生労働大臣が認定した講習140時間、CMCAキャリアコンサルタント養成講座など)
  2. キャリアコンサルタント試験の受験(学科試験や実技試験)
  3. 合格後、指定登録機関へ登録

厚生労働省のキャリアコンサルタント名簿に登録することで、名称独占資格である「キャリアコンサルタント」を名乗ることができます。それと同時に守秘義務・信用失墜行為の禁止などの責任を負うこととなります。

登録後は5年ごとの更新が義務付けられ、厚生労働大臣が指定した更新講習を受講しなければなりません。

キャリアコンサルタントの給料について

シバッタマン

年収200万円未満から1000万円超まで幅広い層に分かれているキャリアコンサルタントの年収です。大企業内で人事を担当する人を除けば、日本の平均年収以下であることが現実です。

2011年の厚生労働省調査によれば、年200万円未満が14.6%、200万~300万円が15.8%、300万~400万円が18.5%で合わせて、48.9%と約半数が日本の平均年収420万円以下であることが分かっています。

正社員は兼任となることが多く収入は安定していますが、キャリアコンサルタントとしての収入は多くありません。

環境を活かして在職中にキャリアコンサルタント資格を取得し、定年退職後に実力次第で高収入を狙えるキャリアコンサルタント職を、契約社員や自営ではじめるというケースもあります。

50代資格定年のない資格⑥・看護師

国家資格を必要とする看護師は、厚生労働大臣の免許を受けることが前提です。傷病者だけでなく、出産後間もなくの女性(じよく婦)の世話も看護師の担当となります。また医師の診療補助にあたり、医師の右腕となって医療に関わる重要なポジションです。

シバッタマン

厚生労働省では下記の通り定義されています。

「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。

引用元:厚生労働省

また、看護師は男女問わず使用するのに対し、看護士は男性に向けて使う言葉です。過去には女性を看護婦、男性を看護士と呼んでいたのですが、保健師助産師看護師法が始まり現在では看護師に統一されています。

看護師の仕事内容について

シバッタマン

看護師のお仕事は医師の診察にもとづき、診療や治療の補助を行い、病気やケガなどで不自由な生活を送る患者さんに対して、看護を提供します

社会保険労務士の受検資格
  • 具体的には、問診や各種検査、点滴や注射、食事・排泄の補助、患者移送、検温や入浴の介助、体位交換、記録、巡回、ベッドメイキングなど。 患者の症状を正確に把握し、医師に報告するのも仕事となります

医師の補助だけではあります。

 高度化・専門化する医療体制のなかで、患者さんと医療スタッフ間のコミュニケーションを円滑にし、患者さんの相談や指導などといった心のケアも看護師の大切な仕事です。

 夜勤からくる不規則な生活、それに加え患者さんのケアや巡回など多くの業務をこなすことが看護師には求められます。 そのため体力や精神力は、必要不可欠です。

転職に役立つのか

シバッタマン

資格を取得するのは困難なものの、人手不足な看護師の世界では、40代での転職もさほど難しくありません。

この時期を逃して50代に突入してしまうと転職市場も一気に変化するので40代での転職は「最後まで働く勤務先を決める活動になるかもしれない」という意気込みが必要になるでしょう。

40代看護師というと、経験豊富で知識・スキルともに身に付いている人材が多いです。

しかし、今後のキャリアについて考える際は、個人ごとに事情が異なってくるので自分に合わせたキャリア選択が必要となってきます。

経験豊富で即戦力とみなされる50代は、管理職へのキャリアアップ・専門領域に行くなど自分自身のキャリアに磨きをかけられる就職先が選択可能な年代です。

40代での転職では、後悔のないよう丁寧に職場探しをすることが大切です。

受験資格について

シバッタマン

最も一般的なのは、高校を卒業後に以下のような看護師養成校に通うルートです。50代で未経験で資格をとるとなると難易度は非常にあがってきます。

看護師の受験資格

・4年制大学
・3年制短期大学
・3~4年制専門学校

通常の高校ではなく5年一貫性看護高校に通えば、最短20歳で受験資格を得ることもできます。最初の3年間を終了すれば高校卒業資格が与えられるため、その時点で大学に進学することも可能です。

シバッタマン

ただ、高齢化社会になり人手不足になることもあり40歳以上の看護系や専門学校に入学はふえています。

年を重ねてから、看護師の資格取得を目指す人が増えている。全国の看護系大学や専門学校に入学した40歳以上の人は、2006年の698人から16年には1384人にほぼ倍増(厚生労働省調べ)。子育てが一段落して経済的自立を目指す女性が多い。団塊の世代がすべて75歳以上となる25年には深刻な看護師不足が懸念され、少子化で若い世代が先細る中、医療現場の期待も高い。

引用元:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/341643/

看護師の給料について

30~34歳の看護師の年収は476.9万円、35~39歳は476.4万円と差はほとんどありません。

しかし、50歳になると平均年収は549万円にもなり、55~59歳では563.2万円と更に増えていきます。

年代(歳)平均年収
(万円)
平均月収
(万円)
毎月の手取り額目安
(万円)
50~54549.437.329.8
55~59563.23830.4

50代の看護師は主任や師長など役職に就く機会が増えるため、それに伴い年収も増える傾向にあるようです。

50代資格定年のない資格⑦・登録販売者

薬剤師のいない店舗でも登録販売者がいれば医薬品を販売できるようになったことから、ドラッグストア以外の一般の小売店──スーパーやホームセンター、家電量販店などでも医薬品の取り扱いが増えました。

シバッタマン

登録販売者とは、2009年の改正薬事法(現在の薬機法)の施行により誕生した一般用医薬品(市販薬)の販売に必要な専門資格です。
登録販売者とは、2009年の改正薬事法により誕生した『かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格』です

登録販売者は一般用医薬品のうち第2類医薬品と第3類医薬品を販売することができます

一般用医薬品の中でとくにリスクの高い第1類医薬品については薬剤師にしか販売が認められていませんが、該当する品目は全体の1%程度に留まります。つまり、登録販売者は残りの9割以上です。

ほぼすべての品目を取り扱うことができます

登録販売者の仕事内容について

登録販売者はドラッグストアやスーパー・コンビニで働くのがほとんどです。これらの職場では医薬品の相談・アドバイスの他に店舗スタッフとしての仕事も任されます。

接客、レジ会計、品だし、薬の管理・発注など一般的な店舗運営の他、ドラッグストアでは花粉症薬など季節の商品の売り場づくりなども行います。

シバッタマン

登録販売者の仕事内容といえば、市販薬と呼ばれる第2類・第3類医薬品の販売です。
来店されたお客様にヒアリングをして症状や使用目的から適切な薬選びをお手伝いするのが登録販売者の重要な仕事です。


なかにはアレルギーがある方や、以前の薬が体に合わなかったなどというお客様もいます。

そういった方は一歩間違えれば重篤な事故につながりかねないため、登録販売者にはしっかりとした知識が必要です。
場合によっては生活習慣のアドバイスや医療機関の受診を勧めるケースもあります。

参考)厚生労働省

転職に役立つのか

シバッタマン

薬剤師が慢性的に不足していることからも登録販売者に対する需要は多く、制度開始から2021年3月末までに延べ30万人以上の方が登録販売者試験に合格しています。50代人生やり直し国家資格としてもふさわしいしかくではないでしょうか。

登録販売者は『医薬品販売の専門家として認められた国家資格』となっています。そのため、社会的信用性も高く就転職時にも有利な資格といえるでしょう。

薬剤師が薬の調剤から販売まで幅広く携わる医薬品の専門家なのに対して、登録販売者はあくまで医薬品の“販売”に関する専門資格です。

登録販売者薬剤師
根拠法薬機法薬剤師法
資格の位置付け都道府県知事の登録厚生労働大臣の免許
受験資格とくになし薬学部(6年制)卒
主な業務医薬品の販売医薬品の調剤
医薬品の販売
販売できる一般用医薬品第2類医薬品
第3類医薬品
第1類医薬品
第2類医薬品
第3類医薬品

受験資格について

シバッタマン

資格取得するためには、年1回各都道府県で実施されている『登録販売者試験』で合格する必要があります。昨年(2021年)の登録販売者試験の合格率は全国平均49.0%でした。

注意すべきは、都道府県ごとに試験日や申込期日が異なることです。下記ページで直近の試験について詳しく解説しています。登録販売者試験は各都道府県ごとに実施されており、試験問題も各都道府県によって異なります。

>> 登録販売者の試験日程・試験問題・受験申し込み方法

項目備考
受験資格学歴・実務経験問わず受験可能
問題数
出題範囲
問題数:120問

【内訳】
第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)
第2章:人体の働きと医薬品(20問)
第3章:薬事に関する法規と制度(20問)
第4章:主な医薬品とその作用(40問)
第5章:医薬品の適正使用と安全対策(20問)
※出題範囲・問題数は全国共通ですが、地域によって午前・午後で出題項目が異なる場合があります。試験案内(受験の手引き)や過去問などでチェックしてみてください。
試験実施日2021年8月25日~2021年12月12日
※各都道府県により異なります。
受験場所各都道府県の指定場所
受験料12,800円~18,100円
合格基準総出題数に対して7割程度の正答、かつ出題項目全て(5項目)で3.5割以上
※一部地域では4割以上の正答
合格率49.0%(2021年度全国平均数値)
※各都道府県により異なります。
合格発表日2021年9月28日(火)~2022年1月19日(金)
※各都道府県により異なります。

登録販売者の給料について

シバッタマン

正社員の登録販売者として働く場合の給料は20万円ほどが相場となります。年収に直すとおよそ300~350万円ほどで、日本の平均年収よりもやや低い傾向にあります。

正社員として収入アップをしたいなら、店長やマネージャーへの昇給を狙うのが確実と言えます。そのためには長年勤めて実務経験を積んでいく必要があります。

パート・アルバイトの登録販売者として働く場合は、地域によっても変動しますが時給1,000円以上が相場です。フルタイムで働いた場合、年収は200万円前後になります。


パート・アルバイトでも有資格者には資格手当がつくことが多いです。その場合、数百円が時給に上乗せされるのが一般的です。資格手当は5000円~2万円ほどが一般的です。正社員の場合はボーナスが夏と冬にそれぞれ2ヶ月分支給されることが多いです。

業種正社員パート・アルバイト
薬局【資格手当あり】
20万円~27万円
年収320万円~430万円
【資格手当あり】
1,090円~2,000円
※薬局では、登録販売者資格を持っていない方の募集はありません。
薬店・ドラッグストア【資格手当あり】
月給19.5万円~25万円
年収300万円~400万円
【資格手当あり】
1,300円~2,100円
【未資格者】
172,000円以上
【未資格者】
1,000円~
コンビニエンスストア【資格手当あり】
月給20万円~35万円
年収300万円~560万円
【資格手当あり】
1,200円~1,300円
【未資格者】
18万円~
【未資格者】
960円以上

50代資格定年のない資格⑧・管理業務主任者

購入して住むタイプの分譲マンションには、「マンション管理組合」の設置が義務付けられています。この管理組合から委託を受けて「マンション管理会社」が管理業務を行います。

マンション管理会社を営む際に設置が義務付けられているのが「管理業務主任者」です。

シバッタマン

50代人生やり直し国家資格として「管理業務主任者」とは、マンション管理業者が管理組合等に対して管理委託契約に関する重要事項の説明や管理事務報告を行う際に必要な国家資格者のことです。

「管理業務主任者」となるには、管理業務主任者試験に合格し、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証(以下「主任者証」という)の交付を受けることが必要です。 

管理業務主任者の仕事内容について

管理業務主任者」の主要業務は、管理委託契約に関する重要事項の説明や、管理委託契約書に記名押印をする仕事です。

これらの業務は宅建士のそれと同じく「独占業務」のため、管理業務主任者はそこで必ず必要とされる職務、ということになります。

転職に役立つのか

日本の住民登録のうち約8人から10人に1人が分譲マンション住まいという現状であり、その比率は今後も増えていく見込みと言われています。

シバッタマン

本格的なマンション建築が始まって50年以上を経て、建物が新しいうちは起こらない問題が山積しつつあります。
既存の建物の老朽化に伴う耐震強度の診断・補強問題住民の高齢化からバリアフリー改造のニーズ、建て替えに至るまで、マンション管理の重要性は日を追って高まりつつあるのです。

「マンション管理士」と並び、高い社会人スキルが求められるうえ、社会貢献性もあるため、定年後の仕事としても注目されています。

受験資格について

シバッタマン

マンション管理士管理業務主任者の違いをまとめました管理業務主任者は、マンション管理士とダブルライセンス=両方取得する人が多いです。「マンション管理士」と並び、高い社会人スキルが求められるうえ、社会貢献性もあるため、40代以上の仕事としても注目されています。

法律系の独占業務ということで、国家試験に合格ののち、資格登録をしてから行うこととなります。

資格資格仕事内容
管理業務主任者マンション管理会社の社員
として管理受託契約を締結し、管理業務を行う。
契約締結前に行う重要事項の説明管理事務の処理状況の報告一定の書面への記名押印
マンション管理士マンション管理組合からの
相談を受け
、指導・助言を行う。
組合運営上のトラブル解決組合と業者とのトラブル対応長期修繕計画や管理規約の作成

50代資格定年のない資格⑨・宅地建物取引士

宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。

シバッタマン

宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)とは、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。

 宅地建物取引業者(一般に不動産会社)が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家となります。

創設当初は「宅地建物取引士」ではなく、「宅地建物取引員」という名称であったが、1965年(昭和40年)の法改正により「宅地建物取引主任者」となりました。

宅地建物取引士の仕事内容について

シバッタマン

宅地建物取引士の仕事内容は、以下の通りです。

・宅地建物の取引の契約締結の際に、重要事項説明をする
・宅地建物の取引の契約締結後に交付する書類に、署名や押印をする

このふたつの業務は、宅建の資格を持っている人しか行うことができません。

さらに下記の仕事もあります。

・土地や建物の売り出しをしたい人の手助けをする
・土地や建物の購入をしたい人、借りたい人の要望にあった不動産を探し、紹介する
・土地や建物の売主・買主の仲介をし、契約までの段取り、契約のサポートを行う
・土地や建物を貸したい人・借りたい人の仲介をし、賃貸契約までの段取り、契約のサポート

転職に役立つのか

不動産業界関連への就職や転職には特に大きなメリットとなります。

それ以外にも建築業界、金融業界などへの就職・転職活動でも有利になることがあります。昨今、全国に支店を展開する大手企業やIT業界でもニーズが高まってきています。

資格を持つことで、社会的に一定水準以上の知識を有することを証明することができます。また、昇格の宅建の取得を必須条件とする企業もあります。さらに、独立開業やキャリアアップにもつながることは、大きなメリットといえるでしょう。不動産鑑定士や司法書士などの資格と宅建を組み合わせることで、業務の幅を大きく広げられるチャンスもあります。

企業にもよりますが、毎月の給与のベースが5千円~5万円アップすることもあります。合格は一生有効ですから、資格を取得して損はありません。

受験資格について

シバッタマン

宅建試験には受験資格がありません。 年齢・国籍・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験できます。 つまり、どんな人にも平等にチャンスが与えられ、実力があれば合格できます。

宅建士(宅地建物取引士)試験の合格ラインは、実施回によって異なります 引用「一般財団法人不動産適正取引推進機構

年度合格基準点
2021年(令和3年度12月試験)34点
2021年(令和3年度10月試験)34点
2020年(令和2年度12月試験)36点
2020年(令和2年度10月試験)38点
2019年(令和元年度)35点
2018年(平成30年度)37点
2017年(平成29年度)35点
2016年(平成28年度)35点
2015年(平成27年度)31点
2014年(平成26年度)32点
2013年(平成25年度)33点

原則として12月の第1水曜日、または11月の最終水曜日に都道府県ごとに発表されます。また、合格発表は「不動産適正取引推進機構」のホームページでも、合格者受験番号・合否判定基準・試験問題の正解番号を確認することが可能です。

宅地建物取引士の給料について

企業に勤務した場合、宅建士の平均年収は約470万円~626万円程度です。企業規模・役職などによっても幅があります。企業規模ごとの平均年収は、大企業の場合は一般的に626万円、中規模の企業の場合は518万円、小規模の企業の場合は470万円となります。

シバッタマン

50代ですと平均年収が600万~650万になります。定年後でも450万円より大きく甲斐瀬げますので、定年を考えず働くことができます。

年齢平均年収
50代600万円~650万円
60代450万円~600万円

50代資格定年のない資格⑩・マンション管理士

シバッタマン

マンション管理士は、マンション管理の専門家で主にコンサルティング業務を行います。

業務内容は、マンションの維持や管理に関する提案や指導、大規模改修工事の計画立案などです。 また、国家資格のひとつで、マンション管理士試験に合格して登録しなければ、マンション管理士を名乗ることはできません。

マンション管理士の仕事内容について

シバッタマン

マンション管理士は、マンション管理の専門家で主にコンサルティング業務を行います。

マンションの管理組合は住民が運営を担っていることが多いのが現状です。

マンション管理士は、管理組合に対して専門家の立場からさまざまなアドバイスを行います。例えば、「運営コストの削減」や「会計処理の方法」といった組織運営に関することや、「建物の修繕や建て替えが必要になったときの工事会社の選定方法」について、また「住民同士のトラブル対応」などの、さまざまなトラブルにも対応します。

マンション管理士は、住民側の立場に立って、マンションの健全な運営をコンサルティングします。主な業務は以下の通りです。

マンション管理士の仕事内容

マンション管理費、修繕積立金の管理
修繕工事の計画作成、進行
マンションの管理規約の作成や変更
住民間のトラブル解決に向けての予備的交渉

転職に役立つの

シバッタマン

マンション管理士は、さまざまな人と関わって業務を行うため、社会人経験が豊富な人材が求められます。そのため、40代以降でも問題なく働くことが可能です。

比較的対象年齢が高い求人も多いため、早期退職後や定年後の働き先としても向いています。

マンション管理士として経験を積んでいけば独立・開業のチャンスもあります。

国内には築30年以上が経過している分譲マンションが多数あります。そのため、今後修繕が必要になるマンションも増加傾向にあるといえます。また、新築マンションも増加していることから、マンションに関わる問題も増えていくでしょう。今後、マンション管理士のニーズは高まっていくことが見込めます。

マンション管理士は独立しても仕事を得やすいからです。しかし、マンション管理士の資格を取得しただけで独立することは難しく、行政書士や建築士、宅地建物取引士、土地家屋調査士など他の資格もあわせて取得して独立することが一般的です。

受験資格について

シバッタマン

マンション管理士の合格率は、10%未満と低い水準です。他の不動産関係の資格と比較しても合格率は低く、難易度の高い資格だといえます。

マンション管理士になるには、国家試験を受ける必要があります。受験資格には制限がないため、誰でも受験できます。試験は年1回、11月の最終日曜日に実施されます。試験会場は全国各地にありますが、各都道府県にあるわけではないので、最寄りの試験会場がどこなのかしっかりと確認しておきましょう。

試験科目は、「法令系の出題」「会計・管理実務系の出題」「設備系の出題」「マンション管理適正化法に関する出題」と幅広いため、じっくり勉強することが重要です。

マンション管理士の試験は事例問題が多く、テキストだけではなく模擬試験や講習会も利用するなど、勉強の仕方を工夫する必要があります。過去問を以下に多く解くかも重要になってきます。

マンション管理士の給料について

シバッタマン

マンション管理士の年収は300万~800万円と幅があります。
マンション管理会社や不動産会社など勤務先、雇用形態によって年収は大きく変わってきます。50代人生やり直し国家資格でも独立開業をすれば随分定年がなく働くことができます。

独立・開業した場合は年収1,000万円を超えるケースもあり、より高収入を目指すことも可能です

独立・開業

マンション管理士は、管理組合のコンサルティング業務が主な仕事で、その内容は独立しても変わらないため比較的、仕事を得やすい職種です。そのため、マンション管理士としての経験を積んでいけば、独立・開業することも可能です。

ただし、マンション管理士の資格のみで独立するのは困難でしょう。行政書士や土地家屋調査士など他の士業をベースにしたり、建築士として事務所を経営したりと、他の資格も取得してから独立するのがおすすめです。複数の資格を持っている場合、独立・開業の強い味方となるでしょう。

企業勤務

不動産管理会社や、不動産系のコンサルティングを事業にしている会社では、マンション管理士の資格を持っていることで優遇されるケースも多いです。マンション管理士は難易度の高い資格のため、企業によっては資格手当などが出る場合もあるでしょう。

不動産業界でのキャリアアップや転職にも有利です。宅地建物取引士や管理業務主任者など関係する資格もあわせて取得しておくと、さらに転職の際のアピールポイントになるでしょう。

50代資格定年のない資格・行政書士

 行政書士にはそういった受験資格の制限がないので、誰でも受験できます。許認可申請のプロの視点でスムーズに行なわれるよう、相談から書類作成、提出代理までを行政書士が行ないます。

司法試験ならロースクール卒業、税理士試験なら簿記1級、社会保険労務士なら大卒以上、など、様々な受験資格が定められています。

シバッタマン

行政書士は、行政手続を専門とする法律家です。但し、行政書士が独占する業務に加え、他の資格で独占されていないものも仕事とすることができるため、非常に広い業務範囲を持ちます。

 行政書士は会計記帳、決算、財務諸表の作成など会計業務に携わることができます。 中小企業に対して法務的観点から幅広いアドバイスが行えます。

自分の興味がある分野やキャリアのある分野を専門としていくことができます。

引用元:https://gyosei-shiken.or.jp/

行政書士の仕事内容について

事業を経営する人にとって、公官署に提出する書類は煩雑で面倒ものが多く、自力で手続きするには時間がかかります。 行政書士は、そんな事業者に代わって書類を作成し、提出なども代行する事が出来るパートナーとなります。

官公署に申請する書類は膨大なものになります。

シバッタマン

提出書類を作成したり、申請のために必要となる公的証明書などを収集して、すべての書類が揃ったら役所に提出します。 たいていの書類は手続きの段階ごとに提出期限が定められているため、依頼者の希望するスケジュールによっては、急いで作業を進めなければなりません。

転職に役立つのか

シバッタマン

行政書士は50代でも割合は高く60代がもっとも高いですね。まさに行政書士は高齢化が進んでおり、若い人材は希少価値が高いという傾向が読み取れます。50代人生やり直し国家資格ですね。

年齢人数割合
51~60歳77617.9%
61~70歳1,54335.6%
71歳以上86419.9%
未回答230.5%
合計4,338100.0%

一般企業に勤めていたなどで社会人としての経験や人脈がすでに培われている人の場合、合格後すぐに独立の準備をする人もいます。

合格後すぐの独立は無計画でいきなりするのではなく、だいたい半年から1年ほどの期間は開業のために必要な資金を貯めたり、開業に必要な知識を身に着けていくのがよいでしょう。

受験資格について

行政書士とは、主に行政への許認可申請が必要となる場合に提出する書類の作成、官公署に届ける書類に関する相談業務などを行う法律の専門家です。

同じように、法律の専門家とされる士業には、税理士や社労士、司法書士などがあります。 そのなかでも行政書士はほかの士業と比較し、幅広い業務範囲が特徴です。

シバッタマン

行政書士なる資格を有する者が行政書士なるためには、日本行政書士会連合会が備える行政書士名簿への登録を受けなければなりません。

 行政書士名簿への登録を受けるためには、行政書士事務所を設けようとする都道府県の行政書士会を通じて必要な書類を提出いただくとともに、当該行政書士会に入会していただきます。

行政書士に合格するまでの平均受験回数は2回前後と言われています。

そのため 行政書士は2~3かけて合格を目指すべき資格 であると言えます。 ただし平均受験回数が2回前後なのであって、1発で合格する人もいれば4かかる人もいます。 5以上かかる人は滅多にいませんが、1~3回受験して合格する人が多いのが現状です。

行政書士の給料について

シバッタマン

行政書士の平均年収は600万円前後です。
しかし行政書士は年収に個人差があるので行政書士事務所に就職したり開業したりなど、行政書士のタイプや働き方によっても年収は変動します。

行政書士は40代50代になるにつれ年収はあがります。

年齢行政書士の平均年収国内全体の平均年収
50代700万円661万円
60代460万円262万円
70歳以上400万円237万円

50代人生やり直し国家資格11・司法書士

超難関の資格として知られる司法書士です。

シバッタマン

司法書士は、行政機関に提出する書類の作成や審査請求を行う職種です。作業には法律に関する専門知識が必要となるため、資格を有する司法書士が個人や法人などから依頼を受け、代行します。

司法書士は単に手続きを進めるだけでなく、依頼者から法律に関する相談を受けることも多いです。依頼者にとって必要な手続きを、適切かつスムーズに進めることが司法書士の役割です。

司法書士は法律に関する業務を扱うため、弁護士と混同されることもあります。

司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士では、扱える業務の範囲に違いがあります。弁護士が法律に関する業務のすべてに対応できるのに対し、司法書士が対応できるのは書類作成や登記など一部の業務に限られているのです。

司法書士の仕事内容について

司法書士は、法務局、裁判所、検察庁などへ提出するための書類を作成します。特に、登記や供託の手続きを依頼されることが多いです。また、審査請求の手続きを依頼者の代理で行う場合もあります。

司法書士の仕事内容について

登記業務

司法書士の仕事のなかで最も多いのは、登記手続きです。登記手続きには、大きくわけて不動産と商業(法人)の二つがあります。

供託業務

司法書士は供託業務を行うことも多いです。供託とは、有価証券や金銭を供託所である法務局に預け、それらを渡すべき相手に適切に分配する手続きのことです。

書類作成

司法書士は、専門知識が必要な行政機関、法務局または地方法務局へ提出するための書類を作成するだけでなく、依頼者が手続きを滞りなく進めるためのアドバイスも行わなければなりません。また、検察庁や裁判所への申立書の提出する書類の作成なども行います。

訴訟代理・支援

認定司法書士であれば、訴訟の代理や支援も行えます。簡易裁判所での手続きにおいて、司法書士は依頼者の代理人として活動することが可能です。

企業法務

司法書士は、企業法務を対象とした活動も可能です。企業法務とは、企業の運営にかかわる法律上の規制を把握し、トラブルを防いだり解決したりする業務です。

相続・成年後見業務

司法書士は相続に関する相談も受けられます。正式な遺言書の作成や、相続による不動産の移転登記の手続きも可能です。また、司法書士は、成年後見制度を利用するための手続きやサポートもできます。

転職に役立つのか

シバッタマン

司法書士試験に合格した有資格者の場合は、特別な実務経験は必要なく、法律実務は未経験でも、50代でも人生逆転で転職する人は珍しくありません

司法書士になる道筋として一般的なのは、司法書士試験に合格し必要な研修を受けてから、各都道府県の司法書士会に登録して活動することになります。

司法書士の職務は膨大な専門知識が必要なため、試験に合格するためには時間をかけて相当量の勉強をすることが必要です。

実務で身につくスキルには、不動産登記や商業登記などの登記業務、様々な相談事より発生する相談業務やこれにより派生した裁判事務などのほか、会社法を専門的に学習していることで、その知識を活かした企業法務コンサルティングなどもあります。

認定司法書士の資格を得れば、一定の条件を満たした簡易裁判において、代理人として法廷に立つこともでき、自身の業務の幅を拡げることができます。

参考元:法務省引用書士試験

受験資格について

シバッタマン

超難関の資格として知られる司法書士。意外なことに、学歴や経験に関係なく誰でも資格試験が受けられます。令和3年度司法書士試験合格者の平均年齢は41.79

 また、受験回数にも制限はなく、合格するまで何度でもチャレンジが可能です。 司法書士試験は、「筆記試験」「口述試験」のふたつに分かれて行われます。

超難関だけあって、令和3年度司法書士試験は、出願者数14,988人中、合格者数613人、合格率4.09%という結果となりました。司法書士試験の合格率は、2020年度は約5%で、例年の3~4%台と大きな違いはありませんでした。 文系の国家資格の中でも最難関資格のひとつといわれており、試験に合格するためには、多くの勉強時間が必要となります

司法書士の給料について

40代の場合は、510万~710万円程度です。40代になるとベテランの領域となり、年収額もそれに付随した金額になります。

企業勤務の司法書士の場合、平均年収は250万~400万円程度になります。士業であることや超難関試験を突破することのイメージからすれば、低い金額に思えるかもしれません。

司法書士として経験を積んでいけば、給料も徐々に上がっていく傾向にあります。また、大型事務所や有名事務所で経験を積めば、平均年収が500万~700万円程度になることもあります。

シバッタマン

40代の場合は、510万~710万円程度です。40代になるとベテランの領域となり、年収額もそれに付随した金額になります。50代の場合は、650万~760万円程度になります。50代ともなると、好収入と呼ばれる年収になることがわかります。

【50歳からガチで食える資格】50歳から民間資格女性おすすめ

【50代からの資格女性】主婦にもおすすめ国家資格

50歳からの民間資格を紹介1・WEBデザイナー

良質なWebサイトを作る上で、重要なポイントが「デザイン」です。Webデザインの良し悪しによって、Webサイトの使いやすさや見た目の美しさ、そしてWebサイトから得られる成果は大きく変わります。このように重要な役割を果たすWebデザインを専門として制作を行う職業が、Webデザイナーです

シバッタマン

Web業界の需要が高まるなか、未経験からWebデザイナーを目指す方が増えています

Web業界の需要が高まるなか、未経験からWebデザイナーを目指す方が増えています

Webデザイナーの仕事を一度おさらいしておきましょう。

一般的にデザイナーのイメージはデザインを作成することですよね。しかし、Webデザインの場合は作成したデザインをWeb上で再現しなければなりません。

WEBデザイナーの仕事内容について

シバッタマン

Webデザイナーの業務は「デザイン」「コーディング」の2種類に分かれます。

20代のWebデザイナーであれば、どちらかのスキルがあれば雇用されるケースも見受けられますが、即戦力としてのスキルが求められる40代の場合は両方をこなせることが最低条件となるでしょう。

Webデザイナーの主な仕事内容は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当・制作するというものです。

クライアントが思い描いているWebサイトを制作できるよう、全体の構成を考え、使い勝手が良く魅力が伝わるようなデザインを制作します。

フリーランスのWebデザイナーの場合は、案件を獲得する営業活動から企画まで携わる場合もありますが、インハウスWebデザイナーなど大抵のケースでは、Webサイトの制作から携わるようになります。

転職に役立つのか

シバッタマン

Web業界は若い世代が活躍している傾向にあります。
40代未経験からWebデザイナーを目指す場合、あなたよりも年下の上司の元で働くことになるでしょう。

年下が上司であったりの環境でも働くことが苦ではないなら”40代未経験からでもWebデザイナーになることはできます。”

40代の場合はほとんどの企業が即戦力を求めて雇用します。Webデザインの基本やPhotoshop・Illustratorを扱えることが大前提であり、そこに+αとなるスキルがなければ転職は難しいでしょう。

受験資格について

シバッタマン

WEBデザイナーになるには資格はそれほど必要ありません。ただ、未経験である場合は資格を取得しることは意味があるかもしれませんが、実際には製品で作品をつくり面接でおつたえするのがよいのではないでしょうか。

Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)といったグラフィックソフトは使えるようにするグラフィックソフトとはパソコン上で図形や画像を扱うために必要なソフトのことで、デザイナーにはIllustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)が基本のソフトです。

デザイナーの種類に応じた知識を身に付けておくデザイナーの種類に応じて必要な知識は異なります。

Webデザイナーを目指すのであれば、HTMLやCSSといったプログラミング言語を学んでおきましょう。スクールやWebセミナーなどを活用するデザイナーに必要なスキルをスクールやWebセミナーなどを活用して学ぶことができます。

必要な知識を効率的に学べるため、転職に活かしやすくなるでしょう。

ただし受講料が発生するため、費用を抑えたい人はインターネットを活用することで独学できます。

WEBデザイナーの給料について

シバッタマン

Webデザイナーは他の職業などと比較すると男女での年収差が少ないという点も注目されています。厚生労働省のデータによると、Webデザイナーの男女平均年収の差は約80万円ほどのようです。

Webデザイナーは技術職のため、年齢が上がるほど高いスキルが身についていると期待されやいです。

年収も高くなるといえます。

実際に、Webデザイナー20代の平均年収は250万~300万円、30代で350万~450万円弱、40代以上になると500万円が見えてくると言われています。

HTML、CSS、JavaScriptを使ってのコーディング、WordPress構築などのスキルが身につくと、年収が400~500万円になることもあります。

50歳からの民間資格を紹介2・MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト資格(以下、MOS資格)とは、マイクロソフトが公式に発表しているWordやExcelなどのマイクロソフト・オフィス製品の利用スキルを客観的に証明することのできる資格です。

基礎的な操作ができるのか、そのスキルで仕事ができるほどなのかということを自分で判断するのは大変難しいですし、他人に伝えるときも同様です。そのため、自分のパソコンスキルを「客観的に」証明できるMOS資格は非常に有用です。

資格といえども日本国内だけで認められている資格は多いです。しかしMOS資格はマイクロソフトが公式に発表しており、世界的に行われている資格試験であるため、得ることのできたスキルは世界中で通用します。

MOSの仕事内容について

多くの企業では、マイクロソフト社のオフィスソフトが使用されています。

オフィスソフトの操作スキルは、事務職の議事録や資料の作成、営業職のプレゼンテーション資料作成、人事や総務でのデータ管理など、さまざまな職種で重宝されます。

シバッタマン

MOS資格が活きる場所は何と言っても「会社」と言えるでしょう。
たとえば一般事務として勤めている場合、会議の議事録などを作成することも多いでしょう

営業職として勤めている場合も考えてみましょう。自社製品を取引先に売り込む場合、魅力的なプレゼンテーション資料が成果につながります。そんな時にPowerPointを使いこなすことができれば、活躍できるに違いありません

オフィスワーク以外の販売職などにおいても、店舗運営や在庫管理でパソコンスキルが必要とされるケースがあります。MOS資格は、さまざまなシーンで活用できるでしょう。

転職に役立つのか

MOS資格の取得は就職や転職に有利 といえます。

「パソコンができる」という言葉は非常に曖昧さを含んでいます。

MOS資格は実用的な能力が試されます。つまり、企業にとってはMOS資格を保持している人は即戦力となります。就職・転職時にはとても大事なアピールポイントとなり得るでしょう。

シバッタマン

MOS資格が活きる場所は何と言っても「会社」と言えるでしょう。
たとえば一般事務として勤めている場合、会議の議事録などを作成することも多いでしょう

その際、WordやExcelを扱えると一気に作業効率が上がるでしょう。働いていくうえではMOS資格で試される能力が活きる場面はたくさんあります。

受験資格について

MOS資格の受験方法にはオンラインまたは郵送で申し込みができる「全国一斉試験」と最寄りの試験会場で受験できる「随時試験」の2つの受験方法があります。受験料や試験内容、合格認定証は全く同じです。

試験科目スペシャリストレベル(一般)エキスパートレベル(上級)
Word
(ワード)
文章作成ソフト
Word 2016Word 2016 エキスパート
Word 2013Word 2013 エキスパート
Part1※
Word 2013 エキスパート
Part2※
Word 2010Word 2010 エキスパート
Excel
(エクセル)
表計算ソフト
Excel 2016Excel 2016 エキスパート
Excel 2013Excel 2013 エキスパート
Part1※
 Excel 2013 エキスパート
Part2※
Excel 2010 Excel 2010 エキスパート
PowerPoint
(パワーポイント)
プレゼンテーションソフト
PowerPoint 2016 
PowerPoint 2013 
PowerPoint 2010 
Access
(アクセス)
データベース管理ソフト
Access 2016 
Access 2013 
Access 2010 
Outlook
(アウトルック)
電子メール・情報管理ソフト
Outlook 2016 
Outlook 2013 
Outlook 2010 
受験方法試験実施日時試験実施日時申し込み方法
全国一斉試験毎月1~2回全国の一斉試験実施会場から選択試験日の約1~1.5ヶ月前から申し込み開始
※オンラインまたは郵送で申し込み可能
随時試験各試験会場が設定全国の随時試験実施会場から選択試験会場ごとに申し込み方法、期間が異なる

引用:Microsoft office specialist

MOSの給料について

シバッタマン

様々な職種で利用ができるので就職する業界によって給与はかわってきます。ただ、MOS資格については手当がつく場合がおおいです。

手当の相場は1,000円前後とされています。

パソコンスキルの証明として履歴書に書くことができるため、就職や転職の際にアピールする材料となります。しかし、難易度が比較的低いので、高額の資格手当がもらえることはほとんどありません。

もし転職するのであれば今までの業務経験にぷらすしてMOSの知識があることをアピールすれば転職先で給与のアップもアピールすることができるかと思います。あくまで給与アップを狙うのであればそのほかの業務ができて、転職をすることが必要でしょうね。

50歳からの民間資格を紹介3・医療事務

医療事務は、求人が安定している人気職種の1つです。医療事務は国家資格ではなく民間資格であり、種類は1つでなく、数多くの医療事務資格が存在します。

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関で患者様の応対をするだけでなく、医療費の計算をしたり保険者に診療報酬を請求したりするお仕事です

医療事務の仕事内容について

医療事務とは病院や診療所、クリニックなどで働く事務職です。

 医療事務の仕事は主に下記の3つにけられます。

医療事務の仕事内容について

1.受付・会計業務

。基本的な流れとしてはまず、初めて受診される来院者に診察券を発行したり、保険証の提示を求めたりします。同時に、問診票などの書類を渡して記入してもらい、医師にスムーズに症状が伝わるようにします。

また、受け取った保険証や診療申込書をもとにして、カルテを作成するのも医療事務の仕事のひとつです。病名などの入力は医師がおこないますが、氏名や住所、保険証番号などの基本的な情報の入力は医療事務がおこないます。そして会計業務では、医療費の計算をし、患者負担の医療費を徴収し、会計を終えます。

2.レセプト業務

患者は保険証を提出することで、医療費の全額ではなく、一部のみを負担します。残りの医療費は、保険証を交付している健康保険組合などが支払います。そのため、医療機関は残りの医療費を、審査支払機関を通して保険者に請求しなければなりません。

その請求の際に提出するものが、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書です

3.クラーク業務

クラーク業務とは、簡単にいえば、患者と医療スタッフをつなぐための業務です。比較的大きな病院でおこなわれることが多い仕事です。さらに2つに分けられます。そのひとつが、外来クラークです。カルテの整理やレントゲンなどの検査データの準備など、文字通り、一般的な事務作業を担当します。

転職に役立つのか

医療事務の仕事に就くには、資格は必須ではありません。
実務の中で身につけていく知識やスキルも多いため、資格がなくても仕事はできます
そのため、医療事務の仕事をするのに資格は必要ないともいえるでしょう。

シバッタマン

40代と言っても体力には個人差があります。年齢だけを見て体力面を不安視されてしまわないような対策が必要です。

クリニックの医療事務は基本立ち仕事ですし、患者様を案内したり、医師や看護師と連携をとるために、院内を歩き回らなくてはなりません。

また、カルテや医療資材を運んだりと、意外と力仕事求められる場合もあります。年齢だけで体力の不安視するのは偏見かもしれませんが、そうみられる可能性があるなら、書面でも面接でもあらかじめフォローを入れておきましょう。

体力面のPR方法はいくつもありますが、趣味欄でスポーツをしていることを前面に出すのもよいですし、「週に3回はジムで鍛えているために体力には自信がある」という書き方も良いでしょう。

受験資格について

シバッタマン

「医療事務」と呼ばれていますが、これは1つの資格ではなく、医療現場の事務に関する資格ということで、医療事務資格の種類は数多く存在します。

医療事務は国家資格ではなく、全て民間団体や主催学校などの認定資格=民間資格となります。

 医療事務関連の求人に応募する際に資格は必須ではありませんが、面接で資格の有無を問われることがあるため、医療事務の資格を取得していると就職に有利な場合があります。

医療事務の資格の種類

①医療事務技能審査試験(メディカルクラーク(R))
②医療事務管理士(技能認定振興協会)
③診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)
④医療事務認定実務者(R)(全国医療福祉教育協会)

医療事務の給料について

シバッタマン

「医療事務」も正社員として雇用されているのか、派遣社員なのか、バイトなのかによって、支給される給料の金額も変わってきます。「医療事務」も正社員として雇用されているのか、派遣社員なのか、バイトなのかによって、支給される給料の金額も変わってきます。

医療事務職の収入の目安

平均年収:180万~350万円
初任給 :月給10万円~20万円台

つまり40代で就職はしやすいですが、子育てが忙しい種であるからこそ、派遣であったり、正社員など様々な選択ができます。ライフスタイルにあわせて就職しやすいのがメリットといえるのではないでしょうか。

40代女性におすすめの民間資格4・調剤薬局事務

調剤薬局事務資格」は、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)によって認定される資格です。

シバッタマン

 薬に関する基礎知識、処方に関する基礎知識、医療保険制度、保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則に関する専門知識とレセプト作成の知識を備えていることを証明するものです。

調剤薬局事務資格」は、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)によって認定される資格です

調剤薬局事務の仕事内容について

調剤薬局の業務は薬の調剤、監査、服薬指導を担当する薬剤師と、それをサポートする調剤事務のチームプレーで成り立っています。 調剤事務は薬剤師が働きやすいように、受付や会計、調剤報酬の請求、調剤補助などさまざまな面から業務を支えています。

調剤事務医療事務
共通点受付や会計など、患者さんと接する業務が多い
患者さんの個人情報の管理が必要(調剤事務は薬歴、医療事務は診療情報)
保険請求(レセプト)業務があるため、月末〜月初が繁忙期
左に同じ
相違点調剤報酬の算定が“シンプル”調剤技術料、薬学管理料、薬材料、材料料の4項目のみ勤務先で扱う薬に関する知識が必要診療報酬の算定が“複雑”診察、検査、画像診断、投薬、注射、処置、手術、入院など項目が多い外来か入院か、慢性期か急性期かによって算定方法が異なるなど、細かなルールが多い

転職に役立つのか

シバッタマン

 資格や経験は不問! ただし応募前に要件の確認を調剤事務の仕事に就くために資格や経験は必ずしも必要ありません

能力や資格、経験があると歓迎されること

〈パソコンの基本操作ができること〉

事務職ですので業務には必ずパソコンを使用します。具体的にはワードやエクセルを使えることやタッチタイピングができることが求められます。

〈運転免許を持っていること〉

寝たきりなどで移動が難しい患者さんについては、自宅や施設まで直接薬を届けます。在宅医療のニーズが増えていることから訪問をメインにおこなう薬局も増えており、訪問時の運転を任されることがあります。

〈医療事務や調剤事務の資格や経験があること〉

レセプト業務には専門的な知識が求められるため、医療事務や調剤事務の資格や経験があると有利です。

〈登録販売者の資格があること〉

店頭でOTC医薬品を販売している薬局の場合(調剤併設型のドラッグストアなど)、登録販売者の資格があると歓迎されます。

受験資格について

医療事務検定は学科試験と実技試験からなります。

学科・実技ともに60%以上の正解で合格になります。

試験は学科と実技の2種類。 どちらも記述問題はなく、解答しやすいマークシート方式です! 学科・実技それぞれ正答率60%以上が合格の目安。

学科試験は選択問題20問と記述問題5問です。 実技試験医療費の計算問題が外来・入院それぞれ1問ずつ出題されます。 学科試験では医療制度に関する問題を中心に、受付事務や請求事務、関連法規などについて問われます。

調剤薬局事務の給料について

シバッタマン

 資格や経験は不問! ただし応募前に要件の確認を調剤事務の仕事に就くために資格や経験は必ずしも必要ありません
こちらも40代で就職はしやすいですが、子育てが忙しい種であるからこそ、派遣であったり、正社員など様々な選択ができます。ライフスタイルにあわせて就職しやすいのがメリットといえるのではないでしょうか。

医療事務の仕事の平均年収は約311万円。 日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。 月給で換算すると26万円、初任給は20万円程度が相場のようで、アルバイト・パートや派遣社員では平均時給がそれぞれ952円、1,240円となっています。

50歳からの民間資格を紹介5・FP(ファイナンシャルプランナー)

ファイナンシャルプランナー(FP)は、お客さまからのライフプラン(生涯生活設計)に関する相談に応じ、資産に関する情報分析、ライフイベントに沿った資金計画を立てる専門家です。

シバッタマン

  ファイナンシャルプランナーは、相談者の夢や目標を達成するために、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など、あらゆるデータを集めて、現状を分析します。

相談者の立場や、ライフイベントを考慮したうえで、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助します。必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながらファイナンシャル・プランニングを行います。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容について

シバッタマン

  ファイナンシャルプランナーは、ライフプラン(生涯生活設計)を客と一緒に考え、課題を明確化し、解決するお手伝いをします。

ファイナンシャルプランナーは、ライフプラン(生涯生活設計)を客と一緒に考え、課題を明確化し、解決するお手伝いをします。

生涯生活設計とは、就職、結婚、子の誕生、教育、マイホーム取得、子の独立、老後の生活といった人生のライフステージごとに必要になる金額を計算し、資金計画を立てることです。家族構成、収入、支出、住宅、資産など、計画のもととなる情報を聞いて、個人のバランスシートを作成して現状を把握し、問題点と改善方法を考え、ライフイベント表を作ります。

ライフステージごとにどのぐらいのお金が必要になるかを算出してキャッシュフロー表を作成し、将来の問題点と改善方法を考え、提案書を作成することになります。

転職に役立つのか

3級程度の知識レベルであれば、就職や転職の場面でも、特に有利に働くという事にはならないでしょう。

 理由としては3級試験の合格率の高さや、(3級であれば)職業としての知識よりも自らの家計管理に関する基礎知識がメインの学習内容になっているからです。

シバッタマン

  学んだ内容を資格としてアピールしていきたいのであれば、最低でも2級の試験には合格しておきたいところです。

学んだ内容を資格としてアピールしていきたいのであれば、最低でも2級の試験には合格しておきたいところです。

級試験になると難易度は一気に上がり、高度な知識が求められるようになります。

この試験で得た知識は例えば、「保険業界」「金融業界」「不動産業界」などで転職する際に有利に働くものと考えます。

また、税理士や社会保険労務士、行政書士といった、いわゆる士業の事務所への転職も可能になる場合があります。

 これらの仕事はもちろん専門分野ごとの知識が必要ですが、士業の先生方のFPに対する評価が高い事を踏まえると、より高いFP資格を取得しておく事が望ましいと言えるでしょう。

受験資格について

FP2級・3級ともに、学科試験と実技試験があります。 学科試験ではどちらも同じ科目から出題されます。 学科試験の科目と合格基準は同じ。 異なるのは実技試験で、2級は実用スキルが問われるだけにより理解度が試される出題内容・出題形式となっています

シバッタマン

 ファイナンシャルプランナーのうち、2級FP技能検定には受検資格があります。以下のいずれかに該当していれば受検できます。

能力や資格、経験があると歓迎されること

1.日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
2.3級FP技能検定、または厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
3.FP業務に関して2年以上の実務経験を有する者

ファイナンシャルプランナーの給料について

シバッタマン

  ファイナンシャルプランナーのうち、2級FP技能検定には受検資格があります。以下のいずれかに該当していれば受検できます。ファイナンシャルプランナー(FP)の給料や年収のピークは40~50代です。

年代給料ボーナス年収
20代29.5万円70.5万円418.5万円
30代41万円149万円641万円
40代51万円188万円799万円
50代52万円181万円808万円
60代36万円81万円513万円

引用元:一般財団法人相続ファシリテーター協会

50代資格定年のない資格・男性・女性を取得しエージェントに相談

シバッタマン

50代でから仕事食える資格定年のないスキルアップでガチ で 食えるならエージェントに相談するのはいかがでしょうか。下記で紹介する転職エージェントは求人が多いため仕事がさがしやすいので登録するのをおすすめします。

50代におすすめの転職サイト・マイナビ転職

マイナビ転職は幅広い職種を扱う総合求人サイトです。

リクナビNEXTと同様に、同ブランドの新卒求人サイトも保有しているため、若手層からの支持が厚く会員の半数以上が40代女性以上にも求人がございます。また、マイナビニュース、マイナビ転職エキスポなど様々な求職者接点を持っていることが特徴です。

転職サイト名マイナビ転職
運営会社株式会社マイナビ
求人数(非公開求人・公開求人)公開求人20,367件 会員登録数 644万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

連記事:【マイナビ転職の評判・口コミ】良い?悪い?マイナビ転職キャリアパートナー

50代におすすめの転職サイト・エン転職

エン転職は有名な転職サイトです。

ネットでは様々な口コミが飛び交っています。

エン転職は会員数約600万人の内、約67%以上が35歳以下の若者で構成されています。 若者が気軽に求人を検索できるように、使いやすいサービスになっていることが特徴です。

例えばマイページには画面上部に求人検索・スカウト・カレンダーといったメニューバーがあり、使いたいサービスをクリックするとそのページに移行します。 必要な情報だけを簡単にチェックできるため、「使いやすい」と評判です。

さまざまな事業でIT化を図っているので、その時のノウハウが活かされていると言えるでしょう。 さらに、エン転職のアプリはパソコン版とほぼ変わらない充実した機能が搭載されています。

転職サイト名エン転職
運営会社エン・ジャパン株式会社
求人数(非公開求人・公開求人)1,000万人 うちスカウト会員数310万人
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

50代におすすめの転職サイト・リクルートエージェント

実績の豊富さで国内有数の【転職エージェント】として知られる【リクルートエージェント】。運営元の株式会社リクルートは【リクルートダイレクトスカウト】や【リクナビNEXT】を運営していることでも知られています。知名度が高いため利用者も多く、これまでに37万名以上もの転職成功を実現しています。

公開求人・非公開求人含め、常時20万件以上の求人を保有しており、幅広い業種・職種に対応しているため、ポジションに関わらず受け皿がとても広いのが特徴です。

転職サイト名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
求人数(非公開求人・公開求人)117,600(公開求人)、35,646(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連ページ:【リクルートエージェントの評判/口コミ】転職サイトと求人と費用?悪い?最悪

50代におすすめの転職サイト・doda

dodaエージェントサービス」は、「doda」という求人情報サイトの中にある転職支援サービスのことを指します。

転職活動が不安な人におすすめなのが、doda転職エージェントですね。CMを見たことがある人も多いことでしょう。転職のノウハウが豊富なため、利用する人は数多くいます。

dodaはさまざまなサービスを利用できるため、仕組みがややこしいと感じる人もいるかもしれません。dodaで利用できるサービスは、複数のサービスを併用するのはもちろん、自分にメリットの大きいサービスを選んで利用しても構いません。

サポート力の高さもdodaの魅力のひとつです。エージェントサービスで受けられます

転職サイト名Doda
運営会社株式会社パーソナルキャリア
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢20代〜50代
得意分野総合求人

関連記事:【dodaの評判】転職サイトのデューダのエージェントの口コミ

50代におすすめの転職サイト・ビズリーチ

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス転職サイト」がキャッチフレーズの、ハイクラス(ハイキャリア)向けに特化した転職サイトです。ビズリーチは正社員転職に特化しています。

優秀なヘッドハンターは50代のレジュメにも常にアンテナを張っているため、実力がある50代・60代を見逃しません

『ビズリーチ』の主力サービスは、一言で説明すると「4600人以上のヘッドハンターや人事担当者から直接指名をうけることができるヘッドハンティング型の転職サービス」です。

3分の1以上が年収1000万円を超える求人案件というだけあり、年収が高い金融系・コンサルタント系・外資系企業などの案件が特に充実していますね。業界などは偏りがでてきてしまいますね。

転職サイト名ビズリーチ
運営会社株式会社ビズリーチ
求人数(非公開求人・公開求人)84,259(公開求人)、177,389(非公開求人数)
対象エリア全国
対象年齢30代〜50代
得意分野ハイクラス求人

関連記事:【ビズリーチの口コミ・評判・最悪】転職サイトと年収と評価は使えない?bizreach

まとめ:【50歳からガチで食える資格】50歳から国家資格女性おすすめ

50代人生やり直し資格で転職活動をする場合は仕事で求められる能力の基準が高くなることもあり、特に新しい仕事にチャレンジしたい方は仕事で有利になりうる資格を取得しておくなどの事前準備が必要となります。

60代から資格取得は「何のために挑戦するか」という目的意識が大切です。どんなに難易度が高い資格を持っていても、今の仕事とは関わりが薄い分野だったり転職希望先企業が求めるスキルと異なったりすれば、評価の対象とされません。

履歴書の資格欄はたくさん並べれば良いというものでもなく、募集職種とのマッチングが重要です。保有資格の関連性が乏しい場合は「資格マニア」という印象になりやすく、応募者との差別化がしにくい問題が出てきます。

【50代からの資格女性】主婦にもおすすめ国家資格

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次