MENU

【若いうちに取るべき資格】20代のうちにやるべきこと最強資格?

【20代最強資格】前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格?おすすめ男性女性

20代若いうちにとっておいたほうが将来にむけて難関資格をとっておいたほうが後悔がありません。年齢が重ねるにつれて難関資格はむずかしくなるものです。しかし20代であれば何度もチャレンジができます。

シバッタマン

20代前半後半若いうちに取るべきやるべき難関資格を説明いたします。

今回の記事では20代前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格?男性女性についてお伝えします。

関連記事:【40代からでも取っておきたい資格】食いっぱぐれなしの国家資格/転職に役立つ資格

関連記事:【30代人生やり直し資格】女性男性人生逆転で人生変わる国家資格

目次

【若いうちに取るべき資格】20代のうちにやるべきこと最強資格?

20代前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格目的1・専門性やスキルを証明できる

自分が将来どうなりたいのか目標を決め、その目標に辿り着くために必要な資格を判断することで、キャリアアップにつながります。

シバッタマン

20代女性男性が将来どうなりたいのか目標を決め、その目標に辿り着くために必要な資格を判断することで、キャリアアップにつながります。

お金になりそうな資格をむやみに取得するのではなく、あくまでも自分が目指す目標・ゴールに必要な資格を選定し取得することが大切。

難関資格を保有していれば、合格するに至った努力も合わせて評価されます。

資格を持っているだけで「しっかりと努力ができる人なんだな」と、書類選考や面接時によい印象を与えられる場合もあるでしょう。難関資格取得の目的を明確であれば、自己PRや面接で資格について詳しく聞かれた際も、好印象を与えられるはずです。

20代前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格目的2・給料アップにつながる

シバッタマン

20代女性男性だやアラサー女性男性が転職をするにしてもしないにしても会社の福利厚生として資格手当がある会社が多いです。

資格手当とは、その会社での業務や職務に活かせる資格を取得した社員に対し、企業が支給する現金手当の福利厚生です。企業が必ず用意しなければならないものではなく、資格手当があるかどうかは企業の任意によります。

その資格がないと担当できない業務がある場合は、資格取得によって毎月の給与に「プラス数千円~数万円」という形で反映される形式です。資格がなくても業務に差し支えないが、スキルアップのために資格取得を推奨している場合などで、合格時にお祝い金として一時金を渡す形式。
受検費用や教材費を企業が負担してくれるかどうかも、任意の制度内容なので企業によって異なります。

20代前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格3・専門知識をさらに高めるため

シバッタマン

20代が仕事に関わる専門分野についての国家資格を取得すると、専門知識を身につける機会につながります。

資格を取得するために勉強することで、仕事への理解が深まり、スキルアップやモチベーションの向上にもつながるでしょう。スキルアップが多くの社会人や企業に注目されている理由は、個人としてできることの幅が広がったり、アウトプットの質が向上したりするためです。仕事ができない、あるいは現状に満足できないと考えているなら、なおさらスキルアップに取り組むことは大事です。

また、企業の事業活動に関わる資格を取得すると、キャリアアップにつながりやすくなります。

結果として資格内容によっては管理職に昇進したり、責任のある仕事やポジションを任されたりするなど、さまざまな可能性がうまれるでしょう。

【若いうちに取るべき資格】20代のうちにやるべきこと最強資格のおすすめ

20代若いうちに取るべき資格1・宅地建物取引士

宅建士は「宅地建物取引士」の略称で、毎年20万人前後の受験者数を誇る最大規模の国家資格です。

シバッタマン

宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)とは、宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。

 宅地建物取引業者(一般に不動産会社)が行う、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引法務の専門家となります。

創設当初は「宅地建物取引士」ではなく、「宅地建物取引員」という名称であったが、1965年(昭和40年)の法改正により「宅地建物取引主任者」となりました。

宅地建物取引士の仕事内容について

シバッタマン

宅地建物取引士の仕事内容は、以下の通りです。

・宅地建物の取引の契約締結の際に、重要事項説明をする
・宅地建物の取引の契約締結後に交付する書類に、署名や押印をする

このふたつの業務は、宅建の資格を持っている人しか行うことができません。

さらに下記の仕事もあります。

・土地や建物の売り出しをしたい人の手助けをする
・土地や建物の購入をしたい人、借りたい人の要望にあった不動産を探し、紹介する
・土地や建物の売主・買主の仲介をし、契約までの段取り、契約のサポートを行う
・土地や建物を貸したい人・借りたい人の仲介をし、賃貸契約までの段取り、契約のサポート

転職に役立つのか

不動産業界関連への就職や転職には特に大きなメリットとなります。

それ以外にも建築業界、金融業界などへの就職・転職活動でも有利になることがあります。昨今、全国に支店を展開する大手企業やIT業界でもニーズが高まってきています。

資格を持つことで、社会的に一定水準以上の知識を有することを証明することができます。また、昇格の宅建の取得を必須条件とする企業もあります。さらに、独立開業やキャリアアップにもつながることは、大きなメリットといえるでしょう。不動産鑑定士や司法書士などの資格と宅建を組み合わせることで、業務の幅を大きく広げられるチャンスもあります。

企業にもよりますが、毎月の給与のベースが5千円~5万円アップすることもあります。合格は一生有効ですから、資格を取得して損はありません。

受験資格について

シバッタマン

宅建試験には受験資格がありません。 年齢・国籍・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験できます。 つまり、どんな人にも平等にチャンスが与えられ、実力があれば合格できます。

宅建士(宅地建物取引士)試験の合格ラインは、実施回によって異なります 引用「一般財団法人不動産適正取引推進機構

年度合格基準点
2021年(令和3年度12月試験)34点
2021年(令和3年度10月試験)34点
2020年(令和2年度12月試験)36点
2020年(令和2年度10月試験)38点
2019年(令和元年度)35点
2018年(平成30年度)37点
2017年(平成29年度)35点
2016年(平成28年度)35点
2015年(平成27年度)31点
2014年(平成26年度)32点
2013年(平成25年度)33点

原則として12月の第1水曜日、または11月の最終水曜日に都道府県ごとに発表されます。また、合格発表は「不動産適正取引推進機構」のホームページでも、合格者受験番号・合否判定基準・試験問題の正解番号を確認することが可能です。

宅地建物取引士の給料について

企業に勤務した場合、宅建士の平均年収は約470万円~626万円程度です。企業規模・役職などによっても幅があります。企業規模ごとの平均年収は、大企業の場合は一般的に626万円、中規模の企業の場合は518万円、小規模の企業の場合は470万円となります。

20代若いうちに取るべき資格2・看護師

国家資格を必要とする看護師は、厚生労働大臣の免許を受けることが前提です。傷病者だけでなく、出産後間もなくの女性(じよく婦)の世話も看護師の担当となります。また医師の診療補助にあたり、医師の右腕となって医療に関わる重要なポジションです。

シバッタマン

厚生労働省では下記の通り定義されています。

「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。

引用元:厚生労働省

また、看護師は男女問わず使用するのに対し、看護士は男性に向けて使う言葉です。過去には女性を看護婦、男性を看護士と呼んでいたのですが、保健師助産師看護師法が始まり現在では看護師に統一されています。

看護師の仕事内容について

シバッタマン

看護師のお仕事は医師の診察にもとづき、診療や治療の補助を行い、病気やケガなどで不自由な生活を送る患者さんに対して、看護を提供します

社会保険労務士の受検資格
  • 具体的には、問診や各種検査、点滴や注射、食事・排泄の補助、患者移送、検温や入浴の介助、体位交換、記録、巡回、ベッドメイキングなど。 患者の症状を正確に把握し、医師に報告するのも仕事となります

医師の補助だけではあります。

 高度化・専門化する医療体制のなかで、患者さんと医療スタッフ間のコミュニケーションを円滑にし、患者さんの相談や指導などといった心のケアも看護師の大切な仕事です。

 夜勤からくる不規則な生活、それに加え患者さんのケアや巡回など多くの業務をこなすことが看護師には求められます。 そのため体力や精神力は、必要不可欠です。

転職に役立つのか

シバッタマン

資格を取得するのは困難なものの、人手不足な看護師の世界では、20代での転職もさほど難しくありません。

この時期を逃して50代に突入してしまうと転職市場も一気に変化するので20代での転職は「最後まで働く勤務先を決める活動になるかもしれない」という意気込みが必要になるでしょう。

しかし、今後のキャリアについて考える際は、個人ごとに事情が異なってくるので自分に合わせたキャリア選択が必要となってきます。

受験資格について

シバッタマン

最も一般的なのは、高校を卒業後に以下のような看護師養成校に通うルートです。ただ、20代でも十分に間に合います

看護師の受験資格

・4年制大学
・3年制短期大学
・3~4年制専門学校

通常の高校ではなく5年一貫性看護高校に通えば、最短20歳で受験資格を得ることもできます。最初の3年間を終了すれば高校卒業資格が与えられるため、その時点で大学に進学することも可能です。

年を重ねてから、看護師の資格取得を目指す人が増えている。全国の看護系大学や専門学校に入学した40歳以上の人は、2006年の698人から16年には1384人にほぼ倍増(厚生労働省調べ)。子育てが一段落して経済的自立を目指すが多い。団塊の世代がすべて75歳以上となる25年には深刻な看護師不足が懸念され、少子化で若い世代が先細る中、医療現場の期待も高い。

引用元:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/341643/

看護師の給料について

30~34歳の看護師の年収は476.9万円、35~39歳は476.4万円と差はほとんどありません。

しかし、40~44歳になると平均年収は506.4万円に跳ね上がり、45~49歳では525.9万円と更に増えていきます。

年代(歳)平均年収
(万円)
平均月収
(万円)
毎月の手取り額目安
(万円)
30~34460.632.425.9
35~39475.233.226.5

20代若いうちに取るべき資格3・登録販売者

薬剤師のいない店舗でも登録販売者がいれば医薬品を販売できるようになったことから、ドラッグストア以外の一般の小売店──スーパーやホームセンター、家電量販店などでも医薬品の取り扱いが増えました。

シバッタマン

登録販売者とは、2009年の改正薬事法(現在の薬機法)の施行により誕生した一般用医薬品(市販薬)の販売に必要な専門資格です。
登録販売者とは、2009年の改正薬事法により誕生した『かぜ薬や鎮痛剤などの一般用医薬品(第2類・第3類に限る)販売を行うための専門資格』です

登録販売者は一般用医薬品のうち第2類医薬品と第3類医薬品を販売することができます

一般用医薬品の中でとくにリスクの高い第1類医薬品については薬剤師にしか販売が認められていませんが、該当する品目は全体の1%程度に留まります。つまり、登録販売者は残りの9割以上です。

ほぼすべての品目を取り扱うことができます

登録販売者の仕事内容について

登録販売者はドラッグストアやスーパー・コンビニで働くのがほとんどです。これらの職場では医薬品の相談・アドバイスの他に店舗スタッフとしての仕事も任されます。

接客、レジ会計、品だし、薬の管理・発注など一般的な店舗運営の他、ドラッグストアでは花粉症薬など季節の商品の売り場づくりなども行います。

シバッタマン

登録販売者の仕事内容といえば、市販薬と呼ばれる第2類・第3類医薬品の販売です。
来店されたお客様にヒアリングをして症状や使用目的から適切な薬選びをお手伝いするのが登録販売者の重要な仕事です。


なかにはアレルギーがある方や、以前の薬が体に合わなかったなどというお客様もいます。

そういった方は一歩間違えれば重篤な事故につながりかねないため、登録販売者にはしっかりとした知識が必要です。
場合によっては生活習慣のアドバイスや医療機関の受診を勧めるケースもあります。

参考)厚生労働省

転職に役立つのか

シバッタマン

薬剤師が慢性的に不足していることからも登録販売者に対する需要は多く、制度開始から2021年3月末までに延べ30万人以上の方が登録販売者試験に合格しています

登録販売者は『医薬品販売の専門家として認められた国家資格』となっています。そのため、社会的信用性も高く就転職時にも有利な資格といえるでしょう。

薬剤師が薬の調剤から販売まで幅広く携わる医薬品の専門家なのに対して、登録販売者はあくまで医薬品の“販売”に関する専門資格です。

登録販売者薬剤師
根拠法薬機法薬剤師法
資格の位置付け都道府県知事の登録厚生労働大臣の免許
受験資格とくになし薬学部(6年制)卒
主な業務医薬品の販売医薬品の調剤
医薬品の販売
販売できる一般用医薬品第2類医薬品
第3類医薬品
第1類医薬品
第2類医薬品
第3類医薬品

受験資格について

シバッタマン

資格取得するためには、年1回各都道府県で実施されている『登録販売者試験』で合格する必要があります。昨年(2021年)の登録販売者試験の合格率は全国平均49.0%でした。

注意すべきは、都道府県ごとに試験日や申込期日が異なることです。下記ページで直近の試験について詳しく解説しています。登録販売者試験は各都道府県ごとに実施されており、試験問題も各都道府県によって異なります。

>> 登録販売者の試験日程・試験問題・受験申し込み方法

項目備考
受験資格学歴・実務経験問わず受験可能
問題数
出題範囲
問題数:120問

【内訳】
第1章:医薬品に共通する特性と基本的な知識(20問)
第2章:人体の働きと医薬品(20問)
第3章:薬事に関する法規と制度(20問)
第4章:主な医薬品とその作用(40問)
第5章:医薬品の適正使用と安全対策(20問)
※出題範囲・問題数は全国共通ですが、地域によって午前・午後で出題項目が異なる場合があります。試験案内(受験の手引き)や過去問などでチェックしてみてください。
試験実施日2021年8月25日~2021年12月12日
※各都道府県により異なります。
受験場所各都道府県の指定場所
受験料12,800円~18,100円
合格基準総出題数に対して7割程度の正答、かつ出題項目全て(5項目)で3.5割以上
※一部地域では4割以上の正答
合格率49.0%(2021年度全国平均数値)
※各都道府県により異なります。
合格発表日2021年9月28日(火)~2022年1月19日(金)
※各都道府県により異なります。

登録販売者の給料について

シバッタマン

正社員の登録販売者として働く場合の給料は20万円ほどが相場となります。年収に直すとおよそ300~350万円ほどで、日本の平均年収よりもやや低い傾向にあります。

正社員として収入アップをしたいなら、店長やマネージャーへの昇給を狙うのが確実と言えます。そのためには長年勤めて実務経験を積んでいく必要があります。

パート・アルバイトの登録販売者として働く場合は、地域によっても変動しますが時給1,000円以上が相場です。フルタイムで働いた場合、年収は200万円前後になります。


パート・アルバイトでも有資格者には資格手当がつくことが多いです。その場合、数百円が時給に上乗せされるのが一般的です。資格手当は5000円~2万円ほどが一般的です。正社員の場合はボーナスが夏と冬にそれぞれ2ヶ月分支給されることが多いです。

業種正社員パート・アルバイト
薬局【資格手当あり】
20万円~27万円
年収320万円~430万円
【資格手当あり】
1,090円~2,000円
※薬局では、登録販売者資格を持っていない方の募集はありません。
薬店・ドラッグストア【資格手当あり】
月給19.5万円~25万円
年収300万円~400万円
【資格手当あり】
1,300円~2,100円
【未資格者】
172,000円以上
【未資格者】
1,000円~
コンビニエンスストア【資格手当あり】
月給20万円~35万円
年収300万円~560万円
【資格手当あり】
1,200円~1,300円
【未資格者】
18万円~
【未資格者】
960円以上

国内で働く場合、1コマあたりの単価は約1,500~2,000円、正社員なら月収は20万円以上です。一方、海外の場合、国によって物価が異なるため一概にはいえないものの、働く国の給料水準と比較して同程度か少し高いくらいの給料である場合が一般的です

20代若いうちに取るべき資格3・行政書士

 行政書士にはそういった受験資格の制限がないので、誰でも受験できます。許認可申請のプロの視点でスムーズに行なわれるよう、相談から書類作成、提出代理までを行政書士が行ないます。

司法試験ならロースクール卒業、税理士試験なら簿記1級、社会保険労務士なら大卒以上、など、様々な受験資格が定められています。

シバッタマン

行政書士は、行政手続を専門とする法律家です。但し、行政書士が独占する業務に加え、他の資格で独占されていないものも仕事とすることができるため、非常に広い業務範囲を持ちます。

 行政書士は会計記帳、決算、財務諸表の作成など会計業務に携わることができます。 中小企業に対して法務的観点から幅広いアドバイスが行えます。

自分の興味がある分野やキャリアのある分野を専門としていくことができます。

引用元:https://gyosei-shiken.or.jp/

行政書士の仕事内容について

事業を経営する人にとって、公官署に提出する書類は煩雑で面倒ものが多く、自力で手続きするには時間がかかります。 行政書士は、そんな事業者に代わって書類を作成し、提出なども代行する事が出来るパートナーとなります。

官公署に申請する書類は膨大なものになります。

シバッタマン

提出書類を作成したり、申請のために必要となる公的証明書などを収集して、すべての書類が揃ったら役所に提出します。 たいていの書類は手続きの段階ごとに提出期限が定められているため、依頼者の希望するスケジュールによっては、急いで作業を進めなければなりません。

転職に役立つのか

一般企業に勤めていたなどで社会人としての経験や人脈がすでに培われている人の場合、合格後すぐに独立の準備をする人もいます。

合格後すぐの独立は無計画でいきなりするのではなく、だいたい半年から1年ほどの期間は開業のために必要な資金を貯めたり、開業に必要な知識を身に着けていくのがよいでしょう。

受験資格について

行政書士とは、主に行政への許認可申請が必要となる場合に提出する書類の作成、官公署に届ける書類に関する相談業務などを行う法律の専門家です。

同じように、法律の専門家とされる士業には、税理士や社労士、司法書士などがあります。 そのなかでも行政書士はほかの士業と比較し、幅広い業務範囲が特徴です。

シバッタマン

行政書士なる資格を有する者が行政書士なるためには、日本行政書士会連合会が備える行政書士名簿への登録を受けなければなりません。

 行政書士名簿への登録を受けるためには、行政書士事務所を設けようとする都道府県の行政書士会を通じて必要な書類を提出いただくとともに、当該行政書士会に入会していただきます。

行政書士に合格するまでの平均受験回数は2回前後と言われています。

そのため 行政書士は2~3かけて合格を目指すべき資格 であると言えます。 ただし平均受験回数が2回前後なのであって、1発で合格する人もいれば4かかる人もいます。 5以上かかる人は滅多にいませんが、1~3回受験して合格する人が多いのが現状です。

まとめ:【若いうちに取るべき資格】20代のうちにやるべきこと最強資格?

いかがでしたでしょうか。

【20代最強資格】前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格?男性女性についておつたえしました。

年齢をかさねるたびに保守的に考えがあり、ライフサイクルがかわってきます。難関資格は若いうちにとっておいたほうが良いと考えられますね。

関連記事:【50代人生やり直し資格】男性・女性で50歳から仕事食える資格定年のないスキルアップ

【20代最強資格】前半後半若いうちに取るべきやるべきこと難関資格?おすすめ男性女性

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

精神障害者保健福祉手帳 保持者&障害年金受給者身体です。今は発達障害の就労支援に通っています。

障害手帳もちで会社はクビになり今は無職です。この発達障害のブログを作成することが心の支えです。家族もローンもあります。発達障害でも頑張れるを皆様にお届けします

発達障害のため転職経験も多いですIT業界で働いていたので、転職経験についてもお伝えします。

【資格】
Webディレクション資格認定者、Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)など他 IT資格を取得

オンラインだからこそできるサポートを大切にしていきます。

コメント

コメントする

目次